So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

役に立つ本を読む 10.脳が冴える15の習慣 面倒なことが役に立つと思えれば、やりがいもあり [役に立つ本を読む]

以前から、頭の使い方にコツがあるんじゃないかと感じており。そこから、それに関する本を読みつつ、このブログでも、気になる部分があれば、書き留めたりしているのだが。

今回、読んだ 『脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める』は、何をすれば、効率よく頭を動かせるかを説いており、身近で実践しやすいことも多く、分かりやすさもある。

この本の中では、こういうことをすると良いとは書かれているのだが、これを踏まえて、自分なりにアレンジして、無理なくできるものを見つけるようにという話もあり。これは、自分に良くても、相手も同じように良いとは限らず、向き不向きがあるからだろうか。

特に、興味深く読めたのが、家事は脳トレという話。どこかで聞いたことがあるようなもので、特に珍しい話でもないと思われそうだが、この本に書かれているのは、ありがちなものとは、ちょっと違う。

脳には、思考や創造性を担っている 前頭葉があり、これが使い過ぎて、疲労すると、上手く機能しなくなり。そこで、感情に関する 原始的な脳が強くなり、頭を使って、何かやっていたとしても、疲れてやめるという 流れに。

ここで、スポーツを想像させるところがあり。前頭葉が、瞬間的にではなく、効率よく動き続けることが重要で、それを保つための脳の体力、耐性が必要という話。

それを鍛えるには、面倒に感じることをすればいいとなり、そこで、家事が理想的な脳トレとも書かれていた。この本の中で、料理と整理整頓を含めた掃除に触れており、なるほどと感じるのだが。

料理は、確かに、いくつかの料理を同時に作り始め、後片付け、火加減などタイミングもあるため、かなり頭を使っており。掃除にしても、綺麗にするだけではなく、整理整頓となると、使う状況を考えて行うため、複雑さがある。

面倒と感じることを積極的に行うことで、考える体力も付くということだが。もしかすると、考えること自体が、面倒なことで、日々の生活の面倒を避けると、考える面倒も避けがちになるのかもしれない。こうなると、忍耐の話にもなりそうだ。

家事の面倒は、ある程度、家電で補うこともでき、お掃除ロボットもあれば、食洗器もあり、面倒だったら、冷食を電子レンジで温めれば、ご飯は食べれる。便利になればなるほど、脳トレの機会は減るため、知らず知らずのうちに、考える力は低下するとも言えそうだ。

ただ、脳トレになるからと言って、疲れた状態で無理してやるのも体に悪く、適度にという話にはなる。それでも、面倒なことこそ、ためになると思えれば、辛さも緩和され、やりがいもあり、いい考え方なのかもしれない。




nice!(138) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  916.今村麻莉愛の生誕祭 年齢や先輩後輩という話も面白く、盛りだくさんで、にぎやかさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバ―が出演する『ただいま 恋愛中』公演。今村麻莉愛の生誕祭でもあり、4期生 武田智加と地頭江音々が劇場公演デビューし、フレッシュさが強く、大きな声援で盛り上がっていた。

自己紹介とお題のとこでは、『忘れられない思い出』がテーマ。2列目には、先日の劇場公演で、尊敬してくれる後輩として、冨吉明日香が話していた 地頭江音々、その隣に、冨吉明日香を好きという 山下エミリーもおり。

山下エミリーが、楽屋で、冨吉明日香から大好きと言われたと話始めると、その後ろにいた 冨吉明日香が、『言ってない、言ってない』となり、『え、ウソありなの。このMCって』となるのだが。強引さも新しく、はっきり言っているため、そうなんじゃないかという 雰囲気にもなる。

後半MCでは、『初日に、冨吉さんと出れたので』という地頭江音々の話から、栗原紗英の『憧れの先輩が冨吉さんで、驚き!』とも言われていたのだが。『すべて好きなんですよ。可愛いし、面白いし....』と理由も語っており、5年目にして、リハーサル中に怒られ、それでもと聞かれ、『全然、好きです』となり。尊敬してくれる後輩という話が、リアルに感じられる。

司会の冨吉明日香から、『麻莉愛先輩から見て。今日の4期生、どうですかねぇ』と聞かれ、今村麻莉愛が低めの声で、『そうですね。まぁ...』となり、これが、小さい女の子ながら、大人っぽい口調でもあり、何か言いそうなところで、『怖い、怖い』ともなり。

最後は、笑顔で、『いいと思います』と可愛らしく、ギャップに笑いが起き。『麻莉愛先輩が、いいって言うんですから、いいですよ。素晴らしいですよ』と言われ、今村麻莉愛、武田智加、地頭江音々の3人が頭を下げているのも、楽しそうで。

突然、『4期生とか見て、自分、超、年取ったなと思う』と言い出す 田中美久も、面白く。冨吉明日香の『私達はいいけど、私達はいいんだけど。みんな、どんな気持ち』と客席を見ると、笑いもあり。年齢の話というのも、子供らしい可愛さも今村麻莉愛が入ると、一気に幅の広さが実感でき、そこに、面白さもある。

生誕祭の手紙は、同じドラフト2期生 松岡はなから。特に仲が良さそうな二人でもあり、今村麻莉愛を妹のように見守っているというのも感じられ、温かさがあり。チューを求められ、大好きだけど遠慮しますという話や鼻血の話に、笑いも起きていた。

最後に、ファンへ向けての言葉では、複雑な心境も感じられたのだが。大好きな 松岡はなが、選抜入りし、センターにもなり、嬉しさもありつつ、悔しいという思いも打ち明けていた。笑顔を絶やさず、可愛らしい女の子というイメージが強いのだが、しっかりを気持ちを伝えており、大人な一面も感じられる。

昨日、放送された『HKT48のおでかけ』も観たのだが、『特別講師から食レポの極意を学べ!』と題して、若田部遥のお母さん 若田部佳代に食レポを学ぶというもの。福岡で、メンバーよりも、よっぽどテレビに出ているというのが面白いのだが、食レポのテクニックが満載でもあり。お店は、指原莉乃が、一番好きと話していた 『博多らーめん ShinShin』。

一人一人、メンバーに食レポをしてもらい、上手く見せる ポイントを話すのだが。先ずは、若田部遥からとなり、緊張した表情も新鮮で、坂口理子と岡本尚子の食レポ感もあり、最後が、若田部佳代。

美味しそうに見せるために、見せ方もいろいろあり、お店の雰囲気や伝わり難い香りも感じられ、違いが大きく。短い時間の中で、様々な情報が詰め込まれているのだが、さりげないようでもあり。気軽に行きたくなるところに、凄さがありそうで。

食レポは、食べてみないと分からないことを伝えるだけに、食レポする人により、様々な工夫やテクニックがありそうで。これだけ、詳しく解説されると、食レポそのものも、楽しむことができ、興味深く。おでかけMVPは、博多ラーメンならではの替え玉まで食べ、完食した 岡本尚子。

親子の面白さもあり。若田部遥が恥かしそうにしていたのだが、親子だけに、雰囲気や仕草が似てるように見え、お母さんも若く、ノリの良さもあり。こうなると、メンバーから健ちゃんとも呼ばれている お父さん 若田部健一が登場すると、どんな感じになるのかも気になる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(209) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  915.若田部遥の生誕祭 選抜の話が盛り上がり、タイミングの面白さもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。若田部遥の生誕祭でもあり、K4から下野由貴も助っ人出演し、ファンの力強い声援もあり、盛り上がっていた。

この公演では、ファンの面白さもあり。最前列にピカチュー姿でサングラスの二人がいたり、若田部遥と言えば、福岡ソフトバンクホークスなのだが、客席に、プロ野球でどこのファンと話を振ると、カープや楽天となり、ちょっと違うというところに、ユニークさもある。

自己紹介とお題のところでは、『びっくりしたこと』がテーマ。先日、SHOWROOMで、9thシングルの選抜発表があり、選抜入りした 下野由貴が話始めると、周りのメンバ―から『選抜様!選抜様!』と声が上がり、田中菜津美の『今日ね、助っ人に、選抜様が....忙しいのに』となり。これに、下野由貴の『K4よりも、そのいじりが早い』に笑いも起きていた。

ユニット曲後のMCでは、1期生の4人 下野由貴、田中菜津美、松岡菜摘、若田部遥が登場し、ここでも、下野由貴だけが選抜メンバーということで、いじられつつ、盛り上がっていたのだが、興味深い話もあり。

SHOWROOMで、突然、発表された9thシングルの選抜メンバーなのだが、アニメ 『カミワザ・ワンダ』で10月から曲が流れるため、選抜メンバーだけが先に知らせ、すでに、曲の収録も終えており、他のメンバーの驚きが伝わってくる。今月、新曲が発売されたばかりなため、かなり意表を突いた発表だったことが分かる。

選抜から落ち、多少なりとも、ショックがあるという 松岡菜摘に、非選抜の大先輩という 田中菜津美から『徐々に慣れるよ』と言われたとなり、客席からも笑いがあり。初めて選抜を落ちたメンバーもおり、どうしようか迷いながらも、気にすることないよとアドバイスしたとも話しており、優しさが感じられる。

松岡菜摘の『選抜発表の後って、なかなか、こんな話できないから。だから、楽しいです』と話しており、楽しそうな雰囲気も印象的で。メンバ―同士で、笑いながら話しているところに、たくましさも感じられる。

前日に、多田愛佳が話していた、みんなに選抜のチャンスがあるという話が気になり、AKB48、SKE48、NMB48で、選抜メンバーの変化を調べてみたのだが。選抜入りしたメンバーは、その後の曲にも、立て続けで入るのが大半で。

各グループのメンバ―総数から考えると、選抜に入れるメンバーは、ごくわずか。しかも、選抜メンバーが、卒業したことで、新たに選抜入りするというケースが多く、ほぼ固定化されているように見えた。これを思うと、今回の選抜発表の大胆さが、強く感じられる。

生誕祭のファンから寄せられた質問コーナーでは、若田部遥と司会 田中菜津美が面白く。若田部遥の推しメン発表では、田中菜津美が、同期をはぶこうと話すと、若田部遥が『1推しが、いなくなっちゃう』となり、誰とも話していないところ、田中菜津美が『もう、やめろって。てれるよ』となるのだが、1位 森保まどか、2位 松岡菜摘、3位 神志那結衣、4位 井上由莉耶 (ゆりや)。

手紙は、下野由貴から。同じ1期生で、熟年カップルような 特別な仲というのもありつつ、仲がいいと言われると、『仲良くないもん!』と言い張るという、この関係が、独特で面白さがあるのだが。今回は、若田部遥の生誕祭でもあり、下野由貴が手紙で思いを打ち明けているところもあり。

お互いが信頼していると話したところで、この流れから、田中菜津美から『ちゃんと気持ち伝えなよ。好きなんだから』となり、松岡菜摘の『お見合い大作戦、見てるみたい』に笑いもあり、恥かしいとなるのが。『何これ、告白するの』という若田部遥が、下野由貴を前に、何かを話そうとしていたのだが。

このタイミングで、突然、静かな声で、『すいません。生誕祭中に、本当に申し訳ないんですけど。飛行機の関係で、はけることになりました。すいません、本当にありがとうございました。若ちゃん、おめでとうございます』と田島芽瑠が早退、『こういうところで、忙しいアピールやめて』と言いつつ、『こういうの、格好いい!』と田中菜津美も羨ましそうで。上手く行きそうなところで、雰囲気が壊れた感じも、ドラマのような面白さがある。

最後に、ファンへの言葉では、ソロ仕事を通じて、HKT48をしっかり支える存在になりたいと話していたのが、印象的で。プロ野球中継もあり、西日本シティ銀行もあり、アイドル活動とは違う広がりがあるところに凄さがあり。CMが、爽やかで可愛らしさもあり、そこから、ファンになった人も、多いんじゃないだろうか。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(196) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  914.交錯する思いも面白く、鼻血の話も興味深く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。久しぶりに、キャプテン 多田愛佳が出演しており、相変わらずのにぎやかさに、どこか、引き締まった雰囲気も良く。金髪姿で、グレってないとも話していたのだが、その姿に、驚く ファンというのも面白さがあり。

自己紹介とお題のところでは、『今、欲しいもの』なのだが。山下エミリーが、先輩でもある 冨吉明日香と岩花詩乃と話しており、二人は下野由貴が好きなため、そこから、自分推しになってもらえるようにとなるのだが。一方、冨吉明日香からは、『つい最近、欲しかったものが手に入ったんですよ』となり、尊敬してくれる後輩 地頭江音々。

様々なところで、冨吉明日香を尊敬していると話しているとなり。地頭江音々は4期生、山下エミリーは3期生と、どちらも、同じ後輩ながら、扱いに差があり。山下エミリーを見つつ、『今まで、そんなことなかったから。これが、後輩というものなんだと......』としみじみと語る 冨吉明日香が面白く。入ったばかりの後輩に、先を越された感じも、ユニークさがある。

その後のMCで、話が続いていた 今村麻莉愛の鼻血の話も、興味深く。新幹線で、今村麻莉愛が、大好きな 多田愛佳と隣になり、鼻血が出たとなるのだが。多田愛佳は、寝ており、それを知らなかったところ、今村麻莉愛が、鼻血を出したことを話しつつ、さらに、証拠のように、リュックに付いた血も見せられたとなり。

今村麻莉愛が、話しに来てくれるという 下野由貴からは、話の9割が多田愛佳となり。その後のMCでも、多田愛佳の金髪姿が似合っているという話に、今村麻莉愛が、一際、大きく、うなずきながら聞き、『今日、愛ちゃんに写真撮ってもらわないと、絶対、後悔する』と呪文のように唱えていたなど、熱い思いが伝わってくる。

これだけ熱狂的だと、テンションが上がり、鼻血が出てもと思うのだが。血が出るのは良くないとも言われ、多田愛佳と離されそうな 雰囲気から、成長しているから鼻血が出ると、今村麻莉愛が話しており。これも、一理ありそうな。

確かに、子供の頃の方が、鼻血を出している イメージがあり、小さな女の子の今村麻莉愛が話すと説得力もある。もしかすると、成長痛があるくらいだから、鼻血が出ても、おかしくはないのかもしれない。

多田愛佳と仲が良いい 今田美奈が、多田愛佳のファンに嫉妬されるという話もあるのだが。劇場が、しばらく休みになり、暇になるという話から、釣りニュースの仕事があるという 今田美奈の話もあり。スポーツだと、できるシーズンが決まっているのだが、釣りは、一年中なため、そこに凄さがある。

釣りというと、釣る面白さもあり、しかも、食べて美味しく、一石二鳥。獲物を捕まえて、食べるということが、人の行動としても自然なようでもあり、他の趣味にはない 良さもありそうだ。

この公演の最後に、先日、SHOWROOMで発表された 9thシングルの話が、多田愛佳からあり。選抜メンバーに大きな変化があることに触れ、みんなが選抜に入れるチャンスがあり、今まで、AKB48にはない事と話していたのが、印象に残っている。AKB48を知る 多田愛佳だけに、この話に、重みも感じられる。

9thシングルでは、選抜メンバーが大胆に変わっているように見え、指原莉乃をセンターに、宮脇咲良、兒玉遥、下野由貴、井上由莉耶、駒田京伽、田中優香、冨吉明日香、朝長美桜、荒巻美咲、今村麻莉愛、松岡はな、小田彩加、地頭江音々、武田智加、月足天音。

これまで、リリースされた シングルから、センターだった メンバーは、その後の新曲にも必ず入るような イメージがあったのだが、今回は、違っており。劇場支配人でもある 指原莉乃が、センターを務めることからも、新しい何かが始まるのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(212) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  913.坂本愛玲菜の生誕祭 様々な話で盛り上がり、姉妹のような関係も温かく [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、様々なメンバ―が出演する 『ただいま 恋愛中』公演。坂本愛玲菜の生誕祭でもあり、意外な話で盛り上がり、メンバー同士の絆が感じられる温かさもある。

自己紹介とお題のところでは、『楽しみにしていること』がテーマなのだが。坂本愛玲菜について、山本茉央の『真面目キャラで行くのか、不良キャラで行くのか...』と話しており、これは、『HKTバラエティー48』の話かもしれない。

前半MCでは、一人っ子だから、甘えたいけど、甘えるのが得意じゃないという 坂本愛玲菜の話もあり。これは、生誕祭の手紙からも、一人で抱え込んでしまうという話と、つながりそうなのだが。

ここで、キャプテン 山下エミリーから、『甘えていいよ』と言われ、キャプテンらしさに、『おぉ』と声も上がるのだが。坂本愛玲菜から、『エミリーってさ。裏では、絶対、こういう事、言わないよね』となり、笑いも起きていた。山下エミリーからのLINEに、T2メンバーの返信がないと、以前、言われていただけに、関係が面白そうで。

生誕祭の手紙は、植木南央から。手紙の内容から、坂本愛玲菜を気に掛けているのも感じられ、一人っ子の坂本愛玲菜が、植木南央をお姉ちゃんのような存在と慕い、末っ子の植木南央も、妹のように思っているというのが、温かくもあり。植木南央の『うえきチルドレン』では、第1号の坂本愛玲菜でもあり、特別な絆も感じられる。

最後に、ファンへの言葉があり。1年を振り返り、研究生から昇格したときの思い、ファンの支えが、自信につがっているという話もあり、変化の大きさも伺えるのだが。持たれている イメージとは、実際は違うという話もしていたのだが、やはり、落ち着いて話している姿に、真面目さや几帳面さが感じられ、優等生のような印象がある。

先日、放送された『HKTバラエティー48』も観たのだが、『新曲発売記念!レジェンド山本だったら、こう振付けをするだろう選手権・とにかく明るくなりたい坂本~再び~』と題して、恒例の企画に、新しさもあり。坂本愛玲菜の豹変ぶりが、真面目なイメージが強い分、ギャップが凄く。

これまでは、新曲が出ると、メンバーそれぞれで、どんな振付をするかだったのだが。山本茉央の奇抜さが、常に群を抜いているため、今回は、山本茉央だったらとなっており。

深川舞子、秋吉優香、上野遥、岡本尚子の4人が、山本茉央なら、どんな振付をするかを考え、それを披露するのだが。山本茉央が、これまでやっていたことを元に考えつつ、やはり、動きのしなやかさや雰囲気に綺麗さがある。

そこに、何も知らない 山本茉央が登場するのだが。この企画も知らないため、5分で振付を考えてと言われると、『5分も?』となり、ベテラン感が面白く。実際にも、5分かからず、思い付き、やり始めるのだが。これまでとは全く違うものとなり、メンバーの予想も総崩れ。

深川舞子の『数学の数式ができてしまうんじゃないかというくらいの。想像の斜め上を行ってしまうんですよ』という知的な表現が、山本茉央の怪しい振付と噛み合わないところに、面白さもある。

今回は、坂本愛玲菜が、ここに乱入しており。真面目で爽やかな印象から、昭和感を出しつつ、暴れ回り、このギャップが凄く。周りのメンバ―も、坂本愛玲菜のイメージが覆されたことで、驚きと引いた表情もあり。

坂本愛玲菜側に付いていた 村川緋杏から、『ナイス、サルでした』とも言われていたのだが。出番が来るまで、ゴリラの動画を見て勉強していたともあり、特徴ある動きも細かく。しかも、曲が終わっても、止まらない。

『明るくなりたい』という テーマから、かなり怪しい方に振り切っているものの、どこかに可愛らしさもあり。ニヤリとしたときの表情も、素のような 飾らない感じもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(215) 
前の5件 | -