So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 72.印象に残るシーンも多く、裏がある面白さもあり 1976年版 犬神家の一族 [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1976年に公開された映画『犬神家の一族』を初めて観たのだが、古い映画ながら映像が綺麗で、俳優の若さに驚きもあり。裏の裏があるような物語で細かさがあり、刺激的なシーンも映像を工夫することで弱めていたり、不気味な雰囲気もありつつ、重くならずに楽しめた。

犬神家の一族と言えば、白いマスクをかぶり、湖に両足を出して殺されているシーンが、あまりにも有名で。物語を知らなくても、そのイメージだけがある人も多いかもしれない。

物語は、戦後まもなく、製薬会社で莫大な財を築いた犬神佐兵衛が死に、怪しげな遺書を残したことから、親族が揉めだし、次々と不可解な連続殺人が起こる。これに、探偵 金田一耕助が、優れた洞察力で事の真相をあばくというもの。

遺書には、製薬会社を立ち上げる際に、出資した恩人の孫娘が、結婚相手を選び、それに遺産を相続させるというもので。犬神佐兵衛に3人の娘がおり、それぞれ、息子が一人ずつ。その中に、戦争で顔に深い傷を負い、白いマスクの佐清(すけきよ)がいる。

この他、愛人に産ませた子供もおり、恩人の孫娘には、思いを寄せる法律事務所の男、命がけで守ろうとする男もおり。人間関係に複雑さがあるのだが、そこに、白いマスクの佐清なため、誰なのかという疑いもあり、怪しげで。

この物語、殺害方法に特別なトリックがある訳ではないのだが。気になる小さな出来事がいくつも積み重なり、最後に、それらの理由が分かり、納得できるところに、問題を解いたような気分の良さがある。

気になるところとしては、家系図のようなものが想像できないと、人間関係がやや込み入っているだけに、誰が殺されて、どうなっているのか、なぜ、この人が関わっているのかなどが理解できず、よく分からない物語になる。もともとが長編推理小説なため、本で読んだ方が、状況が掴みやすいのかもしれない。

『犬神家の一族』の映画は、1954年版、1976年版、2006年版の3作があり。中でも、1976年版には、原作者 横溝正史が那須ホテルの主人で出演しており、当時、ブームになった角川映画の初作品で、金田一耕助が原作のまま着物を着た初めてのものでもある。翌年には、テレビドラマも放映され、最高視聴率で40%を超えたというから、人気に火を付けた作品とも言えそうだ。

この映画、欲望が渦巻く、人間の卑しさが感じられるものの、石坂浩二 演じる探偵 金田一耕助は、どこか明るく、純粋に謎と向き合う姿もあり、そこで、暗く深刻になり過ぎない良さもある。

印象に残るシーンでは、那須ホテルの女中と金田一耕助が徐々に仲良くなり、お使いを頼んだりするのだが。その女中が、うどんだろか、麺類を食べていると、金田一耕助がいろいろ聞きながら食べる邪魔をしており、それでいて、『食べなさい、食べなさい』を繰り返すのが面白く。

最後は、ハッピーエンドでもあり、収まりも良さそうで。テレビドラマも、いくつもあるため、見比べてみるのも面白いかもしれない。




nice!(142) 

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 71.渋いキャラで格好良さもあり、意外に面白い ウェスタン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1969年に公開された映画『ウェスタン』(英題 Once Upon a Time in the West)を観たのだが。西部劇で、やり合う際の間が凄く、鳴り響く銃声に迫力もあり、登場人物それぞれに生き方も感じられ、人間模様に面白さもある。

西部劇というと、悪いギャングと正義のガンマンが戦い、古臭いような イメージしかなかったのだが。この映画は、印象に残るシーンが次々とあり、それが、なぜ、起こったのかが次第に明らかになり、スケールも大きく、惹きつけられる。蒸気機関車の『ドスン、ドスン....』という音も力強く、雰囲気がある。

登場人物も魅力的で、特徴や雰囲気があり。どこからともなく現れ、ギャングを次々と撃ち殺す男 ハーモニカをチャールズ・ブロンソンが演じており。ハーモニカを吹くのだが、その音も不気味で、悲しげでもあり、無口なのだが、挑発的。

一家を皆殺しにするような ギャングのリーダー フランクは、悪人なのだが、無暗に危害を加えるというタイプでもなく。都会から田舎町にやってきた女性に、コーヒーを作らせようとするのだが、不慣れで火がつかず、そこで、自分で火をつけだしたり。悪人にありがちな 殺気立った感じがなく、ダンディーさもある。

このギャングに、濡れ衣を着せられた 有名な悪党 シャイアンは、悪人ではあるものの、子供には手を出さないと決めていたり。間の抜けたキャラクターで、怪しさもありつつ、陽気な感じもあり。どのキャラクターも、悪さだけではなく、どこか人の良さがあり、そこに、人間味がある。

西部劇だけに、1発で撃ち殺し、銃声も派手さがあり、対決シーンの雰囲気も凄く。銃を抜こうと手を動かせば、相手も抜くという状況で、物陰に隠れて撃つでもなく、先に撃つか撃れるかのみ。撃ち合えば一瞬で終わるのだが、緊迫した表情に凄みがある。

フランクの雇い主は、体の不自由な鉄道王なのだが。銃で解決しようとする フランク、金に物を言わせる 鉄道王で、やり方の違いに確執もあり。雇われつつも、不穏な空気が漂ったりもする。

この映画を観ていると、言葉少なく、雰囲気で伝える部分が多く、そこに、男らしいガンマンの格好良さがあり。最後の結末を知った後でも、意味深な言葉や気になるシーンも多いため、また観たくもなる。

最近、PS4『フォールアウト4』をやっているのだが、この映画を観ていて、建物の感じや中に置かれている物、物不足な環境も似ており、それとも重なる。だからだろうか、西部劇なのだが、全く違和感なく、素直に楽しむことができた。

 


nice!(184) 

売買が非常に簡単な フリマアプリ メルカリの感想 2.簡単に使える便利さから、良くも悪くもなところもあり [身近な物も気軽に売れる フリマアプリ メルカリ]

今年に入り、現金を額面以上で売買していたり、妊娠菌が付いた出品物など、度々、メルカリがニュースで取り上げられたのだが。これらの報道から、メルカリを知った人も多いかもしれない。

メルカリの特徴の一つに、振込のタイミングが、月に何度もあることもあり。月曜日に振込申請の期限があり、4日後の金曜日に振り込まれる。振込手数料は、1万円以上は無料になり、1万円未満は210円かかる。売上残高が211円以上あれば、振込申請が可能。

売上の現金化が早くできること、売れた金額の10%を払うだけで、クレジット決済が簡単に利用できることが、メルカリの魅力と言えそうだが。それだけに、お金のやり取りだけをメルカリで行う利用者もおり、便利さが悪用されることもあるようだ。

現在は、できなくなっている現金の出品は、なぜ、金額以上の高値で買う人がいたのか。これは、お金が必要な人が、クレジットカードのショッピング枠を利用し、お金を得るため。

クレジットカードには、物を買った時の支払いに使われる ショッピング枠、現金を借りるためのキャッシング枠の二つがあり。キャッシング枠の限度額まで利用し、直接、現金が引き出せない状態で、それでも現金が必要になり、そこで、お金を買うカタチで現金を得るというもの。

お金を商品として、ショッピング枠で買い、届くのは現金なため、まだ余裕があるショッピング枠から現金を引き出したことになる。現金の他、チャージした Suicaも同じように出品されていたが、貸金法などで違反にもなり、現在は禁止されている。

本来のフリマとは違った使い方としては、ツイッターなどで、やり取りしながら、買う人が決まった状態で、メルカリを利用する人もおり。これは、お金のやり取りだけをメルカリで済ませたいからなのだが。

このような使い方では、出品したときのタイトルに、『○○様専用』とあり。これは、買う人が決まっているから、他の人は、購入しないようにという意味。大半は、出品した後、買いたいとコメントがあり、専用表示を求められ、お店で買う際のお取り置きのようなものだが。これを悪用したようなものだろうか。

クレジット決済だけ、メルカリを使い、売る人が買う人も決め、出品となると、まだ、貸金法に違反するクレジットカードのショッピング枠を利用した金貸しを隠れて行っている人がいるかもしれない。

メルカリ側が、取り締まれるのは、直接、現金などを出品している場合に限られている。もし、素人では、価値が分からないような 壺や絵画などを出品し、○○様専用として、売る人と買う人が、裏で現金を送りますとしてしまえば、誰にも気づかれず、現金を売ることが可能になってしまう。

これは、メルカリ側は、出品されたものが、間違いなく相手に送られているかを確認する方法がないためで。現金を売るという方法も、もちろん、貸金法違反となり、違法行為なのだが。もしかすると、さらに悪質で、違法なものでも、同じ様な方法でやり取りされているかもしれない。

メルカリに限らず、同じ様に悪用される可能性は、ネットを通じての個人売買なら、どれにでもあると言えるのだが。それでも、現金化のしやすさ、手数料の低さ、使いやすさという点では、メルカリとなりそうだ。

気になるところとしては、メルカリ側は、どんな使われ方をしても、お金のやり取りさえあれば、10%の手数料が入ることに変わりはない。さらに、やり取りを厳しく制限すればするほど、使い難くもなり、利用者が減る方向にもなるため、そこに複雑さもある。

便利なものは、悪用される可能性も高いという話になるのだが、出品数が多く、取り締まるにも限界があるため、再び、ニュースで報じられるようなことが起こるかもしれない。


nice!(182) 

売買が非常に簡単な フリマアプリ メルカリの感想 1.思ったよりも気軽に売買でき、質問や値下げ交渉などやり取りもあり [身近な物も気軽に売れる フリマアプリ メルカリ]

テレビCMで見かけることも多い フリマアプリ メルカリなのだが、どういうものなのだろうかと気になり、試しに使ってみたのだが。使いやすく便利なのだが、思うところもある。

メルカリは、フリマアプリだけに、フリーマーケットがベースになっているようで、身近なもので使わなくなったものも多くあり、Yahooオークションなどのネットオークションよりも、幅広く出品されているような 印象がある。

利用するためには、登録が必要なのだが。登録だけなら、ニックネーム、メールアドレスなどを入力するだけと簡単なもので。実際に、出品したり、出品されたものを買うとなると、住所や電話番号なども必要になる。

購入時の支払い方法は、コンビニ払いやATM、クレジットカード、auかんたん決済、ソフトバングまとめて支払いがあり、クレジットカードが無くても、利用できる。手数料は、出品者側が、売れた金額の10%を支払うのみで、出品して、全く売れなければ、手数料を支払うこともない。

ネットオークションでは、低い金額から始まり、だんだんと金額が上がったり、即決の落札価格で、この金額で落札と決められていたりするため、提示した金額を下回ることがないのだが。

メルカリでは、コメントでのやり取りで、この金額になりませんかという値引き交渉もあるため、提示した金額よりも下がることもあり。さらに、出品したものに対しての質問もあるため、意外にやり取りが多い。

この他、『いいね』がやたらと付くのも、他にない感じで。『いいね』と言われると、応援されているような気にもなるのだが、これは、『いいね』を押すことで、その出品を記録するためで。SNSの『いいね』とは違い、お気に入りの機能のようなもの。

『いいね』を押される度に、スマホに通知が来て、厄介という声もあるのだが。プッシュ通知をオフにすることもでき、【設定】⇒【お知らせ設定】を開けば、『いいね』だけをオフにし、コメントが書かれたときの通知はオンなど、切り替えられる。

個人的な感想としては、メルカリは、フリーマーケットをネット上でやっているようなものなため、安く売れるという印象が強く。他で売れないようなものも売れるというメリットはあるものの、Yahoo!オークションやアマゾンで売れそうなものなら、そちらで売った方が良さそうだ。

Yahoo!オークションは、買い手が多く付きそうなものでは、金額が上がることもあり、オークションならではの仕組みもあるため、売る側に都合が良さそうで。オークションとフリーマーケットでは、オークションの方が、お金を出しやすい雰囲気がある。

アマゾンの場合、新品と価格が比較されるため、そこで割安感を伝えやすく、結果として、中古にしては、高く売れるやすい。下に表示される商品は、TVゲーム関連のベストセラーなのだが。新品を買おうとアマゾンを開き、中古価格が思ったよりも安ければ、中古が気になるというのも、ありがちじゃないだろうか。




nice!(184) 

PS4 広い世界と物づくり 自由さが半端ない 大人のRPG フォールアウト4 5.やれることが豊富にあり、終わらない感じに良さもある [PS4 荒廃した世界が楽しめる フォールアウト4]

PS4 『フォールアウト4』で、様々なミッションやサイドミッションもあるのだが、拠点の防衛を強化しても、敵の襲撃があったり、ミッションをクリアしたところも、敵がいる状態にもなり、これが、意外に良く。

オープンワールドで広いため、歩いていると、あちらこちらにマップに表示されるような 敵のアジトがあり。そこの敵を一掃し、あちらこちらにある アイテムを手に入れ、倒した敵からも、装備を奪い取るのだが。

アイテムを持って行こうにも、一人で持てる量に限りがあり、同行させた仲間に持たせるも、とても、全ては持って行けず。この大量にあるアイテムというのが、惹きつけられるポイントになり、広がりを失わないところでもあり。

持てる量に限りがあると、何度か行き来するのも面倒なため、すぐに使いそうなものだけを持ち、後は、放置。気が向いたときに取に行こうとするのだが、すると、マップ上で、敵を倒して、クリアと表示されたところが、いつの間にか、その文字が消えており、行ってみると元の敵が棲みついた状態に。

最初、バグが何かかと思ったりもしたのだが。そうではなく、どうも、依頼を受けたミッションとしては、クリアしたことになるものの、時間が経つと敵は戻ってくるようで。これが、敵のすべてが戻ることもあれば、一部だけ戻ることもあり、違いがある。

クリアすれば、行かなくてもいいじゃないかと思われそうだが、アイテムの取り残しもあれば、鍵開けのレベルで開けられない金庫などもあり、買えば高い弾薬の補充にもなる。内部が入り組んでいるものも多いため、何かあるんじゃないかと感じさせることもあり。

銃の弾薬は、銃のタイプ別に細かく分かれ、何mmの弾と分かれており、それらを買うと高いため、敵を倒して奪った方が手っ取り早く。不要な武器は、売ることもできるため、クリアしたかどうかを別にしても、攻撃する価値がある。

ミッションを終え、それで、戻ることがないほど完全に終われば、達成感はあるものの、その分、やることが減り、徐々に世界が狭くなる。そうならないところに、このゲームの飽き難さもあり、何かを手に入れて、それを使うという 一連の流れが、しっかりあり、それが、大きな魅力なのかもしれない。

他のゲームでも、やり込み要素として、いろいろあるのだが。このゲームは、豊富なアイテムからの拠点づくりが凄く、こだわれば、有料のダウンロードコンテンツもあり、シムピープル並みになり。長く遊べるゲームとしては、世界感の好みがあるにしても、『フォールアウト4』が、自由度の高さもあり、一番かもしれない。

 


nice!(204) 
前の5件 | -