So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1025.偶然やトラブルなど、いろいろ起こるところにライブ感もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。ファンの声援も大きく、相変わらずのにぎやかさがあるのだが、いろいろ起こるところも劇場公演ならではで、ライブ感があり。

自己紹介とお題のところでは、『今、一番、欲しいもの』がテーマなのだが、隣のメンバーと思いっきり話がかぶるのが凄く。ファンの心や愛とう話では、松岡菜摘と神志那結衣、どの公演にも出れるでは、卒業を控えた二人 岡本尚子と井上由莉耶(ゆりや)と、これが、隣同士。しかも、言ってる事は同じながら、言い方が全く違うところに、本当に偶然なのが分かる。

前半MCと後半MCで、外園葉月の鼻血話で、やり合っており。外園葉月と同室になった 山内祐奈から『お風呂入るねと言ったら、だーって』となり、松岡菜摘の『そんな蛇口みたいなテンションで言わんで』となるのだが。今回も、同じようなシチュエーションで、3度目となり、『変態なんです』とハッキリ言われているのも面白く。

すると、後半MCでは、外園葉月からもあり。お風呂の中で、『鼻血が出た!』と言ったところ、山内祐奈が浴室のドアを開けてきたとなり、『あっちの方が、変態だと思います!』となるのだが。鼻血が出たときに隠さず、黙ってるのも気持ち悪いとなるのも、正々堂々な感じがり。以前、梅本泉を泣かせてしまった 田中美久の『泣かない方でよかったですね』もあり、これも、懐かしい。

前半MCで、人数が少なく、山本茉央がいないんじゃないかとなり。松岡菜摘の一緒に話そうと思っていたのに、山本茉央がいないとなり、すっかり、山本茉央が出番を間違えたという雰囲気なのだが。後半MCで、秋吉優花の『....ちょっといいですか。茉央ちゃんじゃねって、なってたけど、私です』となり、客席からも大きな笑いがあり。

これで、話が丸く収まったように見えたのだが、山本茉央のマイクが入っておらず、井上由莉耶の『濡れ衣なのに、なぜ』、田中菜津美の『茉央のいじめが凄いです』もあり、盛り上がっていた。たまに、メンバーが間違えて、次のMCに出るというのはあるのだが、マイクが入っていないところに、さらに、面白さがあり。

ここでは、つい先日、公開された 駒田京伽のウェブサイトの話もあり。ブラウザのタグやお気に入りで表示される タイトルも、これからで、出来立て感があり。許可を取り、非公式とのことなのだが、メインの作品紹介の他、HKT48の宣伝、出演スケジュールへのリンクもあり、公式感がある。メンバーが主に利用しているのは、コミュニケーション機能がある SNS。これでも、作品の掲載はできるものの、時間の経過と共に奥に追いやられ、作品が見ずらくもなり。これが、ウェブサイトになると、いつでも閲覧できる ギャラリーのようになる。

これができるのも、駒田京伽が、パソコンが使えるからもあり。スマホでも、ある程度は、やれるかもしれないが、パソコンは仕事でも使えるものなため、その違いがある。現在は、イラストが描けることでやれることも多く、LINEスタンプもあれば、comico コミコのような漫画を投稿するサイトもあるため、新たな展開もありそうな。

先日、駒田京伽のSHOWROOMで、PC用ヘッドセットが上手く接続できず、聞きながら頑張っていた。パソコンで何か新しいことをしようとすると、すんなり行かず、トラブルが付きもので。ヘッドセットは、通常、USBで差し込んで、後は、勝手に使えるようになるのだが。【録音デバイス】から接続したヘッドセットが有効かどうかの確認、マイクのボリュームを上げたり、拾った音を増幅させる マイクブーストを使ったりで、問題なく使えそうな。ただ、同じOSでも、パソコンのメーカーにより、オーディオで使われている ソフトの違いもあるため、これが関係すると面倒が増えそうな。

マイクの違いもあり。スマホのように、感度が良く、何でもよく聞こえるのとは違い、ヘッドセットだと、口元で話す声が入るように作られ、感度が絞られている印象もあり。頭にヘッドセットを付けた状態で動作を確認した方が、上手く接続できているか、分かりにくいかもしれない。

メンバーの強みを活かしながら、アイドル活動と並行して、何かができるところに凄さもあり。これが長く続けることができたら、新しいアイドル像にも、つながるのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(160) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1024.卒業をネタに盛り上げるたくましさもあり、初の緊張した雰囲気も新鮮で [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。この公演で、植木南央が700回を迎え、生誕祭を避け、実質702回という話もあり、卒業を控えた 岡本尚子と井上由莉耶(ゆりや)も出演するなど、特別な感じに盛り上がりもより大きく感じられる。

ユニット曲 『おしべとめしべと夜の蝶々』では、初出演でユニット制覇の岩花詩乃、助っ人で出演した 井上由莉耶(ゆりや)の二人。落ち着いた雰囲気で、岩花詩乃の黒の衣装もよく似合っていたのだが、ショートカットな井上由莉耶の白い衣装も、新鮮さがあり。井上由莉耶の方が、身長があることから、自宅から平らな靴を持参しており。これは、穴井千尋とのペア以来だろうか。

ここでは、自由なセリフも見どころなのだが。井上由莉耶、岩花詩乃、宇井真白、上野遥の4人で、I4Uなのだが、卒業で抜けてしまうことになり。井上由莉耶の『私が、卒業したら、I4Uは、どうなるの?』に、岩花詩乃の『こっちが聞きたいわ』に客席から笑いが起きていた。

その後のMCでは、二人とも仲はいいものの、抱き付くようなタイプではないため、曲中に抱き合い、キスをするような感じに、変に意識したとも話していたのだが。岩花詩乃は、『HKT48に入って、初めて公演に立つくらいの気持ちになりました』とも話しており、曲中の怪しげでリアルな雰囲気に表れていたのかもしれない。植木南央の『ワンチャン、卒業撤回とか、どうですか?』に、井上由莉耶の『だめー』もあるのだが、キャラのイメージと違った 軽い感じにギャップもあり、可愛らしさがある。

自己紹介とお題のところでは、『一緒に住んでみたい人』がテーマなのだが。仲のいいメンバーや好きなメンバーと住みたいという話が多く、中でも、下野由貴が一番人気。下野由貴は、一生働きたい、ゴリゴリの働きマンだから、ヒモになりたいという 植木南央、一人暮らしなことから、おふくろ感を求めての 冨吉明日香がおり。選んだ理由が面白いのだが、どちらに対しても、下野由貴は、『大丈夫です』と言っていた。

下野由貴と言えば、お菓子作りや料理が得意そうで、家庭的なイメージもあるのだが。下野由貴 本人から、『料理は、やればできるだけで、全然、やってない』となり、部屋も汚いとなると、下野家に泊まりに行った 植木南央も、イメージと違うということだろうか、『ホント、詐欺』と言い出し、客席からの笑いもある。

前半MCでは、これから出演が度々あることから、なおぽんウィークという話もあり、これも興味深く。この日、チームHからの助っ人で、岡本尚子が出演しており、Hの公演もありとなるのだが。T2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演には、出演する機会がなく、そこで、『Glory days』のバックダンサーでとなると、本村碧唯の『なおぽん出てきたら、めっちゃおもろい!』もあり、盛り上がっていた。

さりげなく バックダンサーで登場しても、存在感があるため、すぐに、バレそうで。バックダンサーの爽やかな印象に、雰囲気がある 岡本尚子となれば、驚きの声が上がるに違いない。前座ガールの『ロマンスかくれんぼ』に続き、これも、面白くなりそうだ。

坂本愛玲菜のインドカレーのお店の話も、面白さがあり。料理が出てくるも、フォークやスプーンがなく、店員も外国人なことから、本場な感じと思い、手で食べていると、後からスプーンを出され、恥ずかしかったと。このとき、カメラが、深川舞子、井上由莉耶、岩花詩乃の3人に向くと揃って驚き、これも分かりやすく。手で食べ出したところで、店員側も驚いてそうなのだが、柔軟に合わせようとする感じも良さそうな。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(168) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1024.裏がる話も興味深く、雰囲気の違いにリアルさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。メンバーの爽やかなフレッシュさもあり、ファンの力強い掛け声も多く、にぎやかさや活気が感じられる。

自己紹介とお題ところでは、『幸せな瞬間』がテーマ。キャプテン 山下エミリーが、副キャプテン 外園葉月と一緒に、T2メンバーを集めたT2会で焼肉をおごったという話があり、こっそり勘定を済ませ、帰り際に驚かれるのが幸せという話なのだが。栗原紗英の前に出ながら、『上ロース、上カルビは、頼ませてくれなかった』に笑いもあり、メンバーが遠慮なく頼むとなるのも面白く。

みんなに振る舞う感じが、キャプテンというか、上に立つ者として、ありそうな事でもあり。チームのまとまり、モチベーションなどにも影響しそうで、いい話だと思い聞いていたのだが。この話、その後のMCにも続き、これも興味深く。

お題が暴露話の前半MCでは、村川緋杏(びびあん)のバスの話があり。先輩から二期会の話を聞き、Kマネージャーが出してくれたとなるのだが。それに、村川緋杏が、『私達は、T2会したんですけど、エミリーさんと副キャプテン 葉月さんがおごってくれたんですよ』と話したところ、先輩が、『Kマネージャーさん、お金渡したって言ってたけどな』と話してたとなり。栗原紗英の笑いながら『おまえ、ふざけんなよ』もあり、メンバーや客席が、ざわざわしていた。

外園葉月からは、『それは、キャプテンに言ってもらえる』となり、この件をキャプテンに預ける感じに、メンバーが、『怖い!怖い!』となり。このとき、坂本愛玲菜からも 『私も聞いてたんですけど......言わないでおこうと思って』となり、周りのメンバーが驚き、いよいよ怪しいという 雰囲気が、リアルに伝わってくる。

外園葉月の『マネージャーさんに言わないでって、言われたんだよ』に、『じゃ、シャトーブリアン食べれたやん!』となる栗原紗英、これに続き、『オレらのシャトーブリアン!』となる 村川緋杏に、大きな笑いと拍手もあり。お金は降ろしていたとも話しており、ある程度のお金を渡され、足が出た分は、二人の自腹ということだったんじゃないだろうか。

バレたという話なのだが、キャプテンと副キャプテンのおごりということだと、いい話で終わってしまうのだが。裏があることで、さらに続く 面白さもあり、メンバーの意外な一面も感じられ、盛り上がっていた。最高級部位とも言われる シャトーブリアンを注文しようとしているくらいなため、二人で出した分もありそうな。

先日の劇場公演で、山内祐奈と同室になり、外園葉月は、再び、鼻血が出てしまうのかと言われていたのだが。結果は、やはり、鼻血が出たとなり、山内祐奈のお風呂のタイミングで、これで、3度目。村川緋杏の『もはや、コントロールしてるんじゃない』というのも、山内祐奈に3度目で、鼻血が出る体質じゃないという話から、説得力がある。2度目と違い、3度目というと、鼻血が出る原因、鼻血が出やすい パターンのようなものが、あるのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1023.熊沢世莉奈の生誕祭 明るい温かさもあり、愛でる会の面白さもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。二十歳を迎えた 熊沢世莉奈の生誕祭でもあり、一面に、黄色のペンライトが揺れ、大きな声援もあり、盛り上がっていた。MCでは、熊沢世莉奈を愛でる会の存在感もあり、ここに、ユニークさもある。

大勢のファンが、肩から『熊沢』と書かれたタオルをかけており、タオルの真ん中を口元に当てると、ヒゲのイラストが顔と重なり、ヒゲの顔になるという アイディアも凄く。それを一斉に行う ファンの姿も鏡越しに見え、楽しそうで。

自己紹介とお題のところでは、『これから頑張りたいこと』がテーマ。『そろそろ、熊沢世莉奈を愛でる会に入りたいんですけど...』という 深川舞子の話もあり、入ると研究生の研究生と位が低くなり、来年の生誕祭には、研究生くらいにとなるのだが。後ろにいた 熊沢世莉奈から『なんで、研究生なの?一員になってよ!』となり、客席からも『おおー』と声が上がり、深川舞子の『ホントに言ってる?』もあり、最後は、『まどかに聞かなきゃ分からないんだけど....』となるのだが。

この『熊沢世莉奈を愛でる会』は、2015年11月、『箱推宮 4生会(ふぉーじょうや)』で行われた 森保まどかの企画から。当初のメンバーが、森保まどか、下野由貴、田中優香の3人で、後から加わった 村重杏奈が、研究生になり。ここに、深川舞子の『研究生の研究生』という話とつながりそうで。

これまで、HKT48の非公式ユニットとしては、ひややっこ、いもむChu!、I4U、植木チルドレンなどがあり、HKT48のおでかけでも、『地味7』、『ネオ地味7』などもあるのだが。熊沢世莉奈を愛でる会は、それらとも異なり、会長 森保まどか、副会長 下野由貴がおり、その上に、神のような存在 熊沢世莉奈と組織の複雑さがある。

その後、村重杏奈のところでは、『実は、私も、熊沢世莉奈を愛でる会の研究生なんすよね』と話すと、近くにいた下野由貴の『村重は、研究生です』とハッキリ言われ、客席からの笑いも大きく。なかなかメンバーに昇格できず、研究生としての認知もあまりされてないようで。下野由貴の『もうちょっと仕事していただきたいなって』に、仕事内容を聞かれ、即答で『ひたすら愛でる』となり、大きな笑いと拍手が起きていた。

副会長 下野由貴がいろいろ言いつつ、会長 森保まどかは、細かいことは言わず、この感じも面白いのだが。一番は、崇められている 熊沢世莉奈が、優しく気を遣うため、熊沢世莉奈を愛でる会と入りたいメンバーとの板挟みになり、ちょっと困った感じがあるところだろうか。

生誕祭の手紙は、田中菜津美から。手紙には、出会った頃の話から始まり、どうして、仲良くなれたかもあるのだが。4人兄弟がいる中での長女と末っ子なため、だからこその特別な思いのようなものも伝わってくる。前日から、熊沢世莉奈が緊張しており、田中菜津美とLINEでやり取りともあるのだが、自分らしく伝えれば、思いが伝わると背中を押す感じもあり。文面全体に、落ち着いた 大人の雰囲気がある。

最後に、ファンへの言葉があり。一年を振り返って、様々な出来事に触れながら、ファンへの感謝の気持ちを伝えていた。印象に残るのは、途中で、涙ぐむところもあるのだが、辛い話でも、常に明るい表情を絶やさないことで。それを司会を務めた 森保まどかが、静かに頷きながら聞いていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(208) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1022.動物を描く話も面白く、優しさにもいろいろありそうで [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームHの『シアターの女神』公演。メンバーの様々な話で盛り上がりもあり、話の内容やノリに、どこか暖かくなった春も感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『楽しみにしていること』がテーマなのだが。劇場にある ウェルカムボードの話を松岡菜摘がしており、これが興味深く。メンバーそれぞれが、自分を動物に見立てて描いていると思い、松岡菜摘の『何がいいと思う?』に、田中菜津美の『オオカミ』と即答で言われ、イラッとしたとなるのだが。

動物も、様々で、それぞれに特徴もあるため、動物に当てはめて言われると、そう思われているという話にもなりそうで、そこに、面白さもあるのだが。オオカミで違うとなると、逆に 可愛らしい動物に行きそうなところ、自分で、ライオンを描き出すところに、ユニークさがあり。

この話、ユニット曲後のMCでも、続いており。ここでは、出演メンバーの1期生が揃い、松岡菜摘、田中菜津美、そして、助っ人で出演の深川舞子の3人。ここでは、公演前、みんなが深川舞子に描いてもらう動物を決めようという 話になり、田中菜津美の『アリクイ』に、深川舞子から『バカじゃねぇの!』があり、『まいこむが、じゃねぇの』と笑い出していた。

このウェルカムボード、神志那結衣のGoogle+に画像があり。これを見ると、深川舞子は、アリクイではなく、ブタになったようで。他のメンバーでは、猫や犬が多く、動物の枠を超えてそうなものに、田中菜津美のアンパンマン、山田麻莉奈のつるんとしたものなどがある。

深川舞子と言えば、メンバーからは、優しさが感じられる エピソードも多く、不思議さがある 天然キャラなイメージだけに、この話は、そことのギャップも大きく。ここで、二人から、後輩には、あんなに優しいのに、同じ1期生には、素っ気ないとも言われ、後輩への気遣いからというのも伝わってくる。

つながりがありそうなところで、誰かを連れて行かないと服が決められないという 駒田京伽(ひろか)の話もあり。岡本尚子と原宿へ買い物に行った話では、マネキンが着ていた服をボディーという 岡本尚子に、駒田京伽が棒読みで『ジャパネットたかた社長しか言わないよ』というのも、ありそうなところに面白さがある。

このとき、いもむChu!メンバーでお出かけした際、駒田京伽が優柔不断で迷うことを考慮して、坂口理子の『ぴーちゃんの迷い時間を設けてる』となり、笑いも起きていた。これは、同期で気が知れた仲で、こういう人というのを踏まえての優しさが感じられる。

感想のところでは、松岡菜摘からの『なおぽんさー、前座やって欲しい。ロマンス観たいよね』に、客席からの拍手もあり。これは、チームK4が、この公演をやっていた頃から、岡本尚子が話していたことで、これが、実現したら、大いに盛り上がるに違いない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(198) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -