So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 82.原作がゲームながら、戦闘の派手さも良く ヒットマン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2007年に公開された映画『ヒットマン』を観たのだが。原作のゲームキャラを意識したところも感じつつ、戦闘が問答無用で派手さもあり、静かな動きに雰囲気もあるなど、思った以上に面白く。

この映画、PCやPSなどで発売されているゲームソフト『ヒットマン』が原作になっており、2000年にPC向けに発売された『Hitman: Codename 47』から現在までシリーズが続いており、来月10日には、PS4やXbox1向けに、新作『HITMAN』が発売される。それを楽しみにしており、それで、この映画を観たのもあるのだが。

これまで発売された シリーズを通してやっているため、ゲーム版のイメージが強く。それだけに、キャラクターの違いが、やや気になる。ゲーム版の主人公は、おじさんという感じで、冷酷さがあり、プロの殺し屋という渋い雰囲気が漂うのだが。映画版は、それと比べると、表情が豊かで、渋さに欠けるような。

映画では、命を狙われている 女性も連れていたり、追い続ける捜査官とのやり取りもあるなど、主人公に人間味がないと物語にならないところもあるのかもしれない。同じ組織からも命を狙われ、複数の刺客と戦うシーンが印象的で、見応えがある。



上の動画は、来月発売のゲーム『HITMAN』の動画なのだが。このゲームの面白さは、敵のアジトなどに変装しながら深く潜入し、ターゲットを誰にも気づかれずに殺害し、静かに任務を終えるところにあり。殺害方法も様々で自由度も高く、周囲の環境から何が使えるかを判断し、事故死に見せかけたり、食べ物などに毒を盛ったり、それを無視して、次々と撃ち殺しながら、皆殺しもできる。

この映画では、警察官や謎の組織に追われ、大勢の敵に囲まれた状況で、次々と倒すところも見どころなのだが。ゲーム ヒットマンでは、ステルス性に特徴があるため、それとの違いもある。ゲームを知らない方が、素直に楽しめるのかもしれない。

主人公 エージェント47は、当初、この映画の製作総指揮 ヴィン・ディーゼルが演じる予定だったようで。映画『ワイルド・スピード』のドミニク・トレット役でお馴染みなのだが、どんな47になったかも興味がある。

   


nice!(81) 
共通テーマ:日記・雑感

ライブ配信 SHOWROOMが凄い! 6.ラジオも映像が観れると違った面白さがあり、VRで好きに観れるのも凄い [ライブ配信 SHOWROOMが凄い!]

昨日、深夜のラジオ 『AKB48のオールナイトニッポン』をSHOWROOMで観ており、指原莉乃、植木南央、駒田京伽(ひろか)、坂口理子、冨吉明日香が出演していたのだが。SHOWROOMで行われていた『オールナイトニッポン超直前スペシャル』もあり、どちらも、かなり面白く。

超直前スペシャルの罰ゲームでは、坂口理子がビリビリペンを使うことになり、ヒジでやると痛くないと言ってしまった 駒田京伽もとなり。駒田京伽がやる寸前に、『信じてるぞ、ユーチューバー』となり、情報の出どころも分かり、周りが半信半疑なところ、本当に痛くなく、『ユーチューバー凄い!』と驚いていた。

ヒジでは、全く何も感じなかったようで。ビリビリペンが、ちゃんと動いているのかと指で押したところ、椅子から飛び上がり。これが疑いもなく、自然にやり出すところに、コントのような面白さがある。これも、見なければ分かり難いため、映像ならではな良さとも言えそうで。

超直前スペシャルは、SHOWROOMで配信されるため、映像なのだが。ラジオ番組のオールナイトニッポンも、SHOWROOMで映像が見えると、ラジオ番組風に撮影しているテレビ番組のようにも見え、ラジオとは、違った感覚で楽しめる。

さらに、SHOWROOMには、VR配信もあり。これだと、スマホを使い360度が観れるため、通常のカメラマンが撮影したメンバーが次々と映るのとも違い、見たいメンバーだけを見続けたり、より自由になる。

ユニークな機能としては、観ている人が、コメントすると観ている方向に白い点が付くようになっていることで。昨日のオールナイトニッポンのVRでは、この白い点が、2つの方向に集まっていた。これが、もし、この方向にどれだけ観ている人がいるかも分かれば、単純に人気の度合いも表すことになりそうな。

VRを使うには、Wi-Fiが使える環境が必要と注意もあり。インフラに力を入れ、同時アクセスもかなりの数まで耐えられるという話もあるのだが、それでも、過剰にアクセスが集中すれば、つながり難かったりは、するようで。通常の映像に比べると、どうしても、画質は下がるのだが、それでも、これだけのことができるのだから、仕方ないのかもしれない。

他のスマホやタブレットは、VRで観れたのだが、SIMフリースマホ 『ASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL』では、見れず。このSIMフリースマホは、ポケモンGoなどは、問題なく動作しており、ジャイロセンサーもあるため、機能的には、問題なさそうなのだが、何かが違うらしい。


nice!(173) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 81.怪しげな語りに雰囲気があり、大人も楽しめるSFドラマ ウルトラQ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1966年に放送されていた特撮SFドラマ『ウルトラQ』を観たのだが。奇妙な出来事から始まり、ホラーのような怖さに雰囲気もありつつ、後を引かない感じもあるため、気軽に楽しめる良さがある。

『ウルトラQ』は、円谷プロの空想特撮シリーズ第1弾、第2弾に『ウルトラマン』があり。これを観る前に、怪獣が出てくる話と聞いていたいたため、それを倒す ウルトラマンが出てこないと物語が終わらないんじゃないだろうかと気になっていた。

実際、観始めると、ウルトラマンが登場しない ウルトラQの方が、奇怪な出来事への解決法に様々なパターンがあり、怪獣を倒せることもあれば、謎めいたまま終わることもあり、どうなるか分からないところに、大人な感じがある。

1話完結の物語なのだが、登場人物が生き生きとしており、展開に見応えもあるのだが。子供向けとは思えない内容で、様々な現象に、それなりの理由があるところにリアルさもあり。

物語と最初と最後に入る 怪しげな語りも意味深で、BGMも不気味で薄気味悪く。そこに、怪談話やお化け屋敷と同じ様な、人を惹きつける魅力があるのかもしれない。

さらに、昔の作品だけに、映像がカラーではなく、白黒なのだが。これが、逆に、実写と特撮の違いが分かり難くなり、全てが実写に見えるような、そんな感覚にもなる。

全体としては、不気味な雰囲気が漂っているのだが、登場人物は、逆に陽気だったり、果敢に挑む姿もあるため、暗くなり過ぎない良さもあり。巨大な怪獣が登場することで、物語のスケールも大きく感じられ、これは、特撮ならではとも言えそうだ。

ウルトラマンでは、怪獣が現れ、それを倒すところに分かりやすさがあり、観る側を期待させるのだが。ウルトラQでは、ウルトラマンという決め手がないため、結末がぼやけたようになりやすく、こういう出来事が実際に起こるかもしれないと締めくくることもある。

敵を倒すヒーローもおらず、憧れの対象もないため、子供が観たら、面白くないんじゃないだろうかと思うのだが、そんなことも無かったようで。当時、大半の放送回で、視聴率が30%台というから、人気の高さが伺える。

ウルトラQには、シリーズ45周年に、構想18年、製作に2年以上かかったというカラー版があり、『総天然色ウルトラQ』もある。カラーになると、また違った良さがあるのかもしれない。

 


nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 4.NMB48の上場が決まるも、気になるところもあり [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

株取引シミュレーションのゲームアプリ AiKaBuでは、SKE48に続き、NMB48が8月1日に上場することになり、このペースなら、年内にも、HKT48、NGT48、STU48も上場するかもしれない。

上場にあたり、各NMB48メンバーの株価を決めるため、ブックビルディング方式が採用されており、これも、実際の株取引に近く。どのくらいの値段で、どれほど買いたいかを調べ、マーケットの動向から公開価格が決まる。

このゲームでは、これに参加することで、報酬があったりするため、やらないよりは、やった方がというもので。新規上場株が抽選で当たれば、公開価格で手に入れることができ、株数は、申し込んだ分だけ手入るとは限らないのだが。

申し込む際に決めた価格が、公開価格を上回っていたとしても、抽選に当たり、支払う額は、公開価格で計算される。高めに付けたからと言って、その分、多く取られるというものでもない。

株取引の仕組みとして、1日の株価で、上げ幅と下げ幅が決まっており、低い金額から始まると、1株当たりでは、上限いっぱいのストップ高が続いても、それなりの株価になるまで、日数がかかる。その分、多くの株を持っていればとなるのだが、この株数が、抽選・割当では、どれほどになるか分からないため、ここに微妙さがある。

実際の株取引では、新規上場株は、初日に大きく株価が跳ね上がり、そこに、驚きがあるのだが。アイカブでは、もっとも高値を付けそうなメンバーが、すでに上場していたり、新規で上場するメンバーも多いため、どうかなという感じもあり。今回のNMB48の上場が、大いに盛り上がるといいのだが。

SKE48の21枚目のシングル『意外にマンゴー』に掛けたイベントもあるのだが、SKE48メンバー株を売買することで、ポイントも稼ぎやすくなっていたものの、株価を下げるSKE48メンバーも目立ち、なかなか厳しい。ただ、これまでに比べ、報酬の方向が違っており、それもあるのかもしれない。

メンバーのSHOWROOMを観ると、自身の株で、誰が大株主かをチェックしているという話も聞くのだが。これも、現時点では、アイカブに全てのメンバーが、銘柄として、登録されている訳ではないため、推しメンが上場したところで、大きく動く可能性もあり。レベルアップ目的で、株価を買い集めていたりもするため、多少の変化がありそうで。

このゲームアプリが始まった頃、株価が極端に低くなるメンバーが結構おり、イベントで持ち直すなどしていたのだが。それでも、低めに推移することに変わりはなく、そう簡単に流れが変わるようなものでもなさそうだ。

株取引の経験があったり、株に興味がある人なら、ある程度、楽しめそうなのだが。株取引自体が、ゲームとしては、地味さもあるため、どれほどのファンがやっているのだろうかという疑問もある。


nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 80.俳優の雰囲気が印象に残り、分かりやすい面白さもある チェーン・リアクション [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1996年に公開された映画 『チェーン・リアクション』を観たのだが。有名な俳優が多く出演し、漂う雰囲気もあり、展開で気になるところもありつつ、進むに連れて惹きつけられ、意外に楽しめた映画だった。

物語は、水から新エネルギーを生み出す実験に成功した直後、博士が殺され、研究所も大爆発。そこから、研究員の一人で、キアヌ・リーブスが演じる主人公が、裏で手を引く組織に証拠をでっち上げられ、事件の容疑者に。逃亡しながら、無実を証明するため、巨大な組織に挑むというもの。

水からの新エネルギーだけに、水素を連想させ、現在、水素で走る車もあるため、そのイメージがあるのだが。この映画では、エネルギーを得る上で、水素も発生しているのだが、それと比べものにならない 莫大なエネルギーが発生しているようで、原子力に近いような、そんな印象がある。

物語としては、身に覚えのない証拠が次々と見つかり、犯人に仕立てられた主人公が無実を証明するというもので、ここだけを見れば、似たような映画は、他にもありそうなのだが。

この映画では、主人公がいなければ発生装置を安定させることができず、女性物理学者を連れての逃亡劇、敵か味方か分からない怪しげな人物もいたりと様々。巨大な実験施設など、スケールの大きさが感じられ、アクションシーンも多い。

最初に、研究所の大爆発があるのだが、周囲の建物が次々と破壊され、爆風で大きなトラックも宙に舞い、一帯が焼け野原があり。クリーンなエネルギーと言いつつ、暴走した際の爆発が派手で。これがあるからこそ、終盤の危なさも分かりやすく、楽しめるところもある。

最後に、追われる身から立場が逆転するところに、面白さもあるのだが。全てが丸く収まったようでいて、謎めいた部分も残り、そこに良さもありそうな。




nice!(188) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -