So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  892.続けて観ると流れも感じられ、意外な話も面白い [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ドラフト2期生の3人も揃い、フレッシュさがあり、にぎやか。これから、4期生も加わるため、先輩後輩の面白さも増えそうだ。

自己紹介とお題ところでは、『最近のニュース』がテーマなのだが。冨吉明日香と駒田京伽(ひろか)の話が、つながりもあり、お互いの話でユニークさもある。

冨吉明日香は、先日、終わったばかりのツアーの出来事なのだが、気まずそうな話が面白く。このツアーでは、配られたうちわで ファンが投票し、残留派と離脱派でどちらが勝つかが決まり、それにより、セットリストも決まる。

宮崎で行われた公演には、二人の地元でもあり、多くのファンが駆け付け。冨吉明日香と駒田京伽で残留派と離脱派に分かれており、票が半々に分かれ、最後は、二人のじゃんけん。ファンが聴きたい曲が、『大人列車』なため、ファンが駒田京伽がいる 離脱派に投票する中、冨吉明日香がじゃんけんで勝ち。すると、『心なしか、自分のファンと目が合わない』という話に、笑いも起きていた。

観に来たファンの好みが、反映されるため、凄いアイディアだと思うのだが。見た目で自分のファンと分かり、どちらに投票しているかも、うちわで分かるとなると、ファンとの距離も近そうな。

じゃんけんで負けたという話では、駒田京伽が、じゃんけん大会でもHKT最弱王になったこともあり、弱いことで知られているのだが。今年も、シードながら、1回戦負け。握手会の日に予備選が行われていたため、そこで、負けたことをファンに伝えたところ、期待通りとなり。すっかり読まれているところも、ファンに理解されているようでもあり。

この日も、栗原紗英のオリンピックの話があり。『オリンピックが終わったらしく...』と話し始めると、隣の岡本尚子から、『安倍マリオが出て来て、凄かったね』と言われ、それに、『何それ?』と話が噛み合わず。前日の『勉強します』から、遅れた感じが変わらないのも、マイペースな良さが感じられる。

山田麻莉奈のお酒に酔った話も、興味深いのだが。前回は、酔うと、指原莉乃とも仲良くなれるという話で終わっており、一線を超えたような話だけに、そこから、話せるようになりそうなのだが、そうはならず。指原莉乃からも、『酔ったまりりとしか、仲良くなれない』と言われ、全く距離が縮まらないのも、面白さがある。

現在、『れなっち総選挙』が行われており、HKT48からも立候補したメンバーが、SHOWROOMで配信しており。朝にやっているため、今村麻莉愛のSHOWROOMを観る機会が多く。途中までで、最後まで観たことはないのだが。

朝から元気で、女の子な可愛らしさもあり。1日2本までと決めながら、ヤクルトを美味しそうに飲んでおり。目の前で、飲んでいる姿をみると、飲みたくなるから不思議なもので。

以前、選抜総選挙のSHOWROOMでは、今村麻莉愛が、揚げパンをよく食べており。自宅で揚げるという発想がなかったため、これは良さそうだと思い、真似をしたところ、胃もたれが半端なく、体の作りが違うと痛感したのだが。ヤクルトなら、そんなことも無さそうだ。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(118) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  891.夏休みな雰囲気もあり、ユニークな使い方も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。メンバーの話から夏休みな雰囲気もあり、大きな声援に活気が伝わってくる。

自己紹介とお題のところでは、『この夏、やり残したこと』がテーマだけに、夏らしい話が多いのだが。中でも、お祭が大好きで、田中菜津美と一緒に行く約束をしたという 植木南央の話があり。その約束も叶いそうになく、お祭をヤフーの画像検索で調べ、もう十分となり。

夏の終わりも感じさせる話なのだが、実際に、お祭で画像検索したところ、幻想的な画像が並び、お祭の雰囲気がある。画像検索の話では、以前、子供服を見て、元気になるとも話しており、画像検索の賢い使い方なのかもしれない。

面白かったのが、栗原紗英のオリンピックからの話。『オリンピックやってて....』と話し始めると、近くにいる 若田部遥や下野由貴から、『終わった』や『今日、閉会式』となり。急に話が続かなくなり、『すいません。勉強してきます!』と締めくくっていた。

オリンピックの閉会式と台風が重なったため、やってるんじゃないかという感覚も分かるようでもあり。ただ、福岡は、台風も来ておらず、天気も良さそうで。そこに軽さがあり、面白さも感じられる。

オリンピックの後には、パラリンピックもあり。来月の7日に開会式があるものの、オリンピックの閉会式を先に見ると、どこか終わったという 印象も強く。オリンピックとパラリンピックが、一緒にやれれば、さらに盛り上がりそうな気はするのだが。

ユニット曲 『帰郷』では、秋吉優花が、ずいぶん荷物を持ち、動き難そうなのだが、外園葉月が忘れたリュックも持っていた。これも、劇場公演ならではで珍しく。その後のMCでは、ファンからの質問に答える予定が、秋吉優花のアドリブで変わったとも話していた。

このときに、伊藤来笑(らいら)が留学するため、2期生の行けるメンバーで、ご飯に行ったという話を冨吉明日香がしており。人数を伝え、サプライズで、メッセージ入りのケーキを出してもらったところ、そのケーキが思いの他小さかったようで。5cmほどのケーキに、スプーン15本が凄く、客席からも笑いが起きていた。

興味深いのが、秋吉優花と冨吉明日香は、仲が良くても、二人で出かけると、何を話したらいいのとも話しており。間に、誰とでも仲良くなれる 坂口理子を挟めばとなるのだが。先日の劇場公演でも、制服姿の下野由貴と福岡に帰って来た 村重杏奈が、偶然、出会い、そのときの気まずさを話しており、それとも、近そうな。

ステージ上と楽屋での違いというのも、MCで語られたりするのだが。意外な一面が感じられると、見え方も違ってくるようなところがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(193) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  890.坂口理子と田中菜津美の生誕祭 声援の勢いが凄く、企画の面白さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。昼と夜の2回公演で、坂口理子と田中菜津美の生誕祭でもあり、大きな声援に盛り上がりもあり。

自己紹介のときには、各メンバーに対して、大きな声援があり。坂口理子の生誕祭なのだが、他のメンバーも生誕祭のような雰囲気になるほど。公演後のトークでは、生誕委員の人が、80名ほど入っていたとも話しており、全体の2~3割ということだろうか。

生誕祭の質問コーナーで、意外な話もあり。何でも卒なくこなし、大人なイメージがある 坂口理子なのだが、トマト、キュウリ、ピーマンなど野菜の好き嫌いが多いとなり。外で食べると、駒田京伽(ひろか)に食べてもらうというのが、子供らしくもあり、ギャップがある。

手紙は、坂口理子のお姉さんから。『私の夢を叶えてくれて、ありがとう』という言葉が、やはり、印象に残っており、いい話なのだが。手紙からは、優しさの中に、厳しさも感じられ、これは、家族ならではかもしれない。

夜公演では、田中菜津美が、ソロ曲 『夜風の仕業』を歌っており。その後、かなり緊張していたようで、この曲を歌っている メンバーを尊敬するとも話していた。MCが得意で、堂々としたイメージが強い 田中菜津美だけに、ソロ曲の大変さも強く感じられる。

田中菜津美の生誕祭では、毎年恒例の本人による司会もあり、自身による企画 『74億分の1の確率でうつりこみ大賞』が、かなり 面白く。田中菜津美が選抜に入り、音楽番組へ出演したときに、いかに映り込んできたかなのだが。

カット割りが、渕上舞や松岡はなのところ、しっかり後ろに映っていたり、立ち位置をさりげなく変えながら映るなど、いろいろあり。その状況をホワイトボードに貼り付けたりしながら、『ここッ!』と田中菜津美が指さすと拍手が上がり、大きな笑いで盛り上がっていた。

出禁覚悟で みかんポーズ、3列目から2列目への移動など、この思い切りの良さが凄く。この話を聞いていると、撮影時の細かさのようなものも感じられ、それを考慮しながら、巧みに映る 田中菜津美が面白く。

手紙は、みかん姉妹の秋吉優花から。田中菜津美への思いがつづられているのだが、手紙の書き方に、大人な雰囲気もあり。田中菜津美と秋吉優花は、同い年で、しかも、高校では、クラスメイト。学校では、田中菜津美が、黙々と『火花』を読んでいるとも話していた。同級生でクラスメイトでもあり、HKT48では、同じチームながら、先輩後輩でもあり。この関係も、他に無い面白さがありそうな。

最後の曲のところでは、『最後の曲です』と言うと、客席から、『ええー』となり、メンバーによって、ダメの言い方も様々なのだが。今回は、田中菜津美から 『だめぞー』があり。

秋吉優花から、社会の先生の真似となるのだが、この部分は、カットされていた。苗字まで、言ったからだろうか。これも、クラスメイトならではで、二人だからこそのユニークさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(215) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  889.森保まどかと村重杏奈の生誕祭 様々な話で盛り上がり、思うところもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。昼夜の2回公演で、森保まどかと村重杏奈の生誕祭でもあり。にぎやかさもあるのだが、生誕祭の特別な雰囲気もある。

昼公演では、植木南央が話していた 中学生の男の子が面白く。握手会で、森保まどかのレーンに男の子がやって来るというのだが、そこから、3レーンほど離れた 植木南央に、『うえき!』と叫ぶようで。植木南央のレーンに来たことは無いものの、認知しており、凄くなめられているという話。

この話をステージ上でしていたところ、客席から、『おるぞ!』と声が上がり、その中学生が観に来ていた。植木南央から、『うえきって呼ぶの、やめてくれるかな』と話掛けると、『お久しぶり!』となり、話に出ていた本人がいるというのも凄く。大きな声で、返事していたところに、その状況を想像してしまうのだが。

森保まどかのお父さんも観に来ており、下野由貴から誰を推すようになったかも、気になるところで。最後まで、誰かは明かさなかったのだが、言い難そうな 口ぶりからすると、同じ 一期生ではないのかもしれない。

生誕祭の手紙は、卒業した 伊藤来笑 (らいら)から。読み始めたときに、『まどかてぃん』と言った途端に、誰かが、すぐに分かり、そんなところにも、変わらない 仲の良さが伺える。一緒にやってきた 同期で仲がいいというのは、ありそうな話なのだが、先輩後輩で、これほど仲が良くというのは、珍しいようにも感じられる。

夜公演では、村重杏奈とホテルで同室だった話が、興味深く。特に仲が良さそうな 植木南央からは、疲れているときに、村重杏奈が笑わせてくれるとなり、優しい気遣いが感じられ、いい話なのだが。一方で、心配になった事では、ツアーが終わったにもかかわらず、いきなり ツアーの練習をやり出し、植木南央が、一生懸命、笑いを取りに行ったとなり、持ちつ持たれつのような雰囲気がある。

最後は、深川舞子の話で盛り上がっていたのだが。村重杏奈と同室で寝ていると、単語が聞こえ、寝言がロシア語となり。これには、『私も経験者』という 森保まどかもおり。そこで、森保まどかからも、『しかも、歯ぎしりめっちゃ凄いです』と言われ、そうそうという話に、司会の冨吉明日香が抑えようとしたり。

この話の締めくくりに、『そういえば、外国人だったなって思う』という 深川舞子に、村重杏奈は山口県出身なため、冨吉明日香が、『外国人では...ないですね』となり、客席からも笑いが起きていた。

村重杏奈の生誕祭では、手紙は宮脇咲良から。村重杏奈が、手紙が誰からか気になったようで、ずっと、マネージャーに聞きつつ、『咲良がいい』と言ったところ、『あいつは忙しいから、お前のために書く時間なんかねぇよ』みたいに言われたとなり、生誕祭ながら酷い言われように、客席からも爆笑があり。手紙が誰かを司会の今田美奈に聞いたところ、お父さんと言われ、現在、お父さんとケンカ中なため、複雑な気持ちになるとも話していた。

いろいろあっての、宮脇咲良からの手紙で、嬉しそうな表情も印象的なのだが。こうなると、お父さんじゃなくて、良かったともなりそうで。前日の松岡菜摘の生誕祭からも、お父さんは、やはり、分が悪そうだ。

生誕祭の手紙は、どちらも、特に仲がいい人で、なかなか会えない人から、そこが似ているように感じられたのだが。だからこそ、思いがつのることもあるのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(216) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  888.松岡菜摘の生誕祭 酔った話も面白く、優しさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームHの『シアターの女神』公演。キャプテンになり、二十歳を迎えた 松岡菜摘の生誕祭でもあり、ファンの温かさも感じられ、新たな始まりの雰囲気もある。

自己紹介とお題のところでは、『今日の意気込み』がテーマなのだが。駒田京伽 (ひろか)が、坂口理子と同室だったところ、酔った松岡菜摘と坂口理子がやって来てようで。『もうすぐ、ぴーちゃんも、こっちの世界だよ』と言われ、怖かったと話すと笑いも起きていた。

ここまでの話では、大人の仲間入りな感じで、良さそうだが。その後、生誕祭の企画で、松岡菜摘に物申すコーナーがあり、話が進むにつれ、妙な 面白さがある。メンバーからの投稿は、匿名となっていたのだが、酔っていた話は、岡本尚子が詳しく説明していた。

大人なメンバーが部屋で、軽く飲み、楽しくなってきたところでの解散になり、その寂しさから、松岡菜摘が、誰かの部屋のピンポンを押し始めたとなるのだが。ピンポンと押された 指原莉乃は、怪しい人が押していると思い、マネージャーへ連絡。ご飯を切り上げて、駆け付けたというから、結構な騒ぎ。

その状態から、坂口理子が、一人で寝せるのは危ない判断し、松岡菜摘の荷物も一緒に、坂口理子の部屋へ。この話、坂口理子の優しさや気遣いが感じられ、いい話なのだが。

松岡菜摘の誕生日は、8月8日。10日ほどしか経っておらず、同じ日の出来事かどうかは分からないのだが、自己紹介で話していた 駒田京伽の話ともつながっているのかもしれない。

お酒の話が、連日、続いているのだが。アイドルとお酒というのも、ギャップがあるものの、酔っていることで、思いが行動に出やすいのも、面白く。これは、大人なメンバーならではなため、他のメンバーとは違った ユニークさがある。

生誕祭でのプレゼントには、ラム酒の『キャプテンモルガン』もあり。ヘンリー・モルガンに、ちなんでの、この名前だけに、キャプテンとしての期待が込められているのかもしれない。

手紙は、松岡菜摘のお父さんから。手紙の最後で、お父さんと分かり、お母さんと思い手紙を聞いていた 松岡菜摘が驚いていた。このとき、司会を務めていた 田中菜津美の話ぶりも、お父さんへの優しさが感じられ、印象も良く。

松岡菜摘が、以前、ラジオでも話していたのだが、年頃の娘と父親だけに、仲良くというのも難しそうで。そこで、田中菜津美が、手紙を書いてくれた お父さんへの言葉を求めるのだが、恥かしいとなり。帰って話すよう言うと、『うん、わかった。絶対、言わんと思うけど』となり、客席からも笑いがあり。

松岡菜摘よりも、田中菜津美の方が、松岡菜摘のお父さんとLINEでやりとりしつつ、ツアー前に、ツーショットを送るとも話しており。心配する お父さんにとっては、身近にいる 友人や同僚から連絡が貰えるのは、こんな嬉しいことはないんじゃないだろうか。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(201) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -