So-net無料ブログ作成
検索選択

PS3 ロックスミス2014 遊んで、エレキも上手くなる♪ 7.ロックスミス2014も凄いが、カオシレーターも凄いな [PS3 ロックスミス2014 遊んでエレキ上達]

PS3の『ロックスミス2014』をプレイしつつ、レッスンでは、実践するプラクティス部分だけすることもできるのだが、瞬間的な繰り返し練習をするとなると、ギターテクニックを使うゲーム ギターケイドで遊ぶ方がやりやすい。

繰り返しやることで、弾き方の良し悪しというか、弾きやすいポジションも分かり、弦を押さえやすい位置も掴める。レッスン部分のプラクティスだと、時間が短い分、ちょっと無理な状態でもクリアできたりするが、ゲームは上手く行けば続く分、無理があるとだんだん分かる。

そんなことを繰り返しながら、自分に合った手の位置やエレキギターを持つ位置が定まり、だんだんとやり易くもなる。無理して、お手本にというよりは、弾きやすく、自分なりがいい。

これをプレイしていると、ボーリングのノーガーターレーンにどこか似ている。ノーガーターレーンは、転がしたボールが、ガーターに入らないようにレーンがそったり、フェンスが出るなどして、ガーターをなくし、ガーターが出やすい子供なども、とりあえず、前にボールが行き、楽しめるようにというものだが、あの感じに近い。

とりあえず、前に進めるように、カタチになるように、そして、レッスンも細かく分けることで、階段に例えるなら、高過ぎず、低過ぎず、一段ずつ無理なく上がれる、バランスの良さが感じられる。

職場などで、楽器の話になると、意外と他の人達も、キッカケがなかったから話さなかっただけで、学生の頃にドラムをやってたとか、子供の頃にピアノを習わせられたとか、いろんな話が出てくるもの。

そこで、こんなものもあると見せられたのが、『カオシレーター2』。手のひらサイズで、スマホのような大きさなのだが、これ一つで、100種類以上の音が出せて、タッチパッドの上で指先を動かすだけで、好きなように演奏できるという話。



ホントに指先だけで、こんな曲ができるのかと思って見ていたのだが、多少の慣れは必要ながら、かなり遊べるようで。タッチパッドの左右が音程、上下が音色。やり方としては、タッチパッドで自由に音をコントロールしながら、録音を重ねて、主に、ダンスミュージックができるという。

この他、この『カオシレーター2』には、マイクで音を拾い、それを元に音が作れたり、ミニSDカードにデータを保存するため、パソコンにデータを移すのも簡単とのこと。

楽器を弾くとなると、慣れるまでに手間がかかり、個人的には、できないことができるようになる過程がいいところでもあると思うのだが、人によっては、もどかしいと感じるところかもしれない。

それを、使い慣れた楽器を弾くかのように、感覚的に音をコントロールでき、誰でも簡単に音を楽しめるところに大きな特徴がありそうだ。小型ながら音も比較的良く、アレンジができるという点では、楽器が弾けることとも別の分野でもある。

学生の頃、『Acid Pro 4』を使ったことがあり、これは、音源集を買い、それを組み合わせることで、曲ができるというPCソフト。これは、短いフレーズの音データを貼り合わせたり、カットすることで、自分好みの曲ができるというもの。

もともと購入したキッカケは、自分好みのBGMを作ることで、ノリで勉強がはかどればと考えたことから。当時は、よく洋楽を聴いていたのだが、それも、邦楽だと勉強しながら聴く場合、歌詞の意味が分かるため、意識が引きずられがちで、それが勉強には向かないと思ったため。

その流れで、行き着いたのが、歌詞もなく、リズムだけで、自分好みのものができればということ。曲だと、5分も続かず、次の曲になるため、そこで、意識が曲に向きがちになるが、20分でも、30分でも続く、長いBGMを作れば、ノリもよく、そのうち、その曲を聴いただけで、なぜか、習慣で勉強したくなったり。

当時、健康のために、スポーツジムにも通っていて、そのときに、よく聴いていたのが、ロックバンド LUNA SEA ルナシーのギタリスト SUGIZO スギゾーの『Replicant Lucifer』。これをよく聴いており、その影響もありそうだが。

2,3年前にリリースされた 『FLOWER OF LIFE』もお気に入りで、何となく、SFを感じるというか。SF映画だと、『ブレードランナー』が好きな作品なのだが、どこかつながるような印象がある。

そんな、音楽作成ツール 『Acid Pro』も、現在では、7まであり、より使いやすく、自由度が上がったとのことだが、プロでも使える凄いものだが、その分、ややソフトは高い。

Acid Proは、カット&ペーストと微調整で曲を仕上げていくのだが、それをより感覚的に、指先だけでできるようにしたような、そんな印象を『カオシレーター2』を見ていて感じた。

どこにでも、気軽に持ち運べる手のひらサイズで、自分好みの曲ができるという点では、この『カオシレーター2』も凄い。頭の中に浮かんだリズムや曲を元に、一つのカタチにできるというのは面白く、普段と違うことをすると、頭がリフレッシュする感覚もある。

久しぶりに、『Acid Pro 4』をパソコンに入れて、遊んでみたくもなる。今なら、当時とは違った感じの曲が、できるのかもしれない。

     


nice!(308) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 308