So-net無料ブログ作成

映像も綺麗で面白い 昔のアニメ・特撮ヒーロー 24.格好が悪くても、ノリが良く面白さがあり ザ・カゲスター [面白い アニメ・特撮ヒーロー]

1976年に放送されていた 『ザ・カゲスター』を観ていたのだが。見た目も強烈で、ところどころにギャグを盛り込むキャラも多く、変わってるのだが、意外に観やすく。定番の格好いいヒーローとは違うものの、慣れてくると独特な面白さがある。

当時、これを観ていた人に話を聞いたところ、子供心に格好悪いと思ったとなり。子供が観て、格好悪いと感じる ヒーローとは、どんなものだろうと逆に気になり、観始めたのだが。

確かに、独特なデザインで、ダサさがあり。主人公の影から登場する カゲスターは、真ん丸頭に、大きな丸めの目があり、頭は渦巻きのようなグルグル、しかも、マントは米国の星条旗を思わせるデザインながら、やはり、格好は悪く。

ヒロインからのベルスターも、これに負けてない感じがあり、ひらひらのミニスカートで、露骨に、パンチラも多く。二人が乗り込む マシンも格好良さは無く、輸送機のような カゲボーシーは、上が回転しつつ、怪しさがある。

好き嫌いが分かれそうな作品なのだが、何話か観ていると、それぞれのキャラが、ところどころで行う ギャグやクセにも慣れ始め、それも段々と良くなり。中盤からサタン帝国という悪の組織との戦いになるのだが、それまでは、一話毎に、奇妙な犯罪者とその手下との戦いで、ワンパターン感が少なく、新鮮さがある。

物語は、主人公が平社員で、ヒロインが、その会社の社長令嬢。二人が乗る車が崖から転落し、二人が、高圧電線で感電したことで、二人の影から、カゲスターとベルスターが現れる。それを使うことで、悪を倒すため、いわゆる、主人公が変身して戦うのとは違う。カゲスターを出して戦うと、主人公は、体から魂が抜けたようになり、もうろうとしていたり、そこに、ユニークさもある。

カゲスターとベルスターは、影を自在に操ることができ、自分の影を使い、逃げようとする敵を影に捕まえさせたり。影の手が伸びたり、巨大化したりするのだが、ここに不気味さもありつつ、親分子分のような関係で、陽気な感じもある。

原作は、八手三郎なのだが。この名前は、特撮ヒーローモノでは、原作者の他、主題歌の作詞など、時代を超えて、やたらとあり。これは、誰かの名前ではなく、東映テレビプロデューサーが共同で使う ペンネーム。特徴がある名前なため、特別な思いもありそうな。

ザ・カゲスターは、見た目は変わっているものの、力強く格好良さそうな テーマソングも耳に残り、登場人物も個性的で、作り自体は、細かくしっかりという印象がある。子供の頃に観て、格好悪いヒーローと思ってたと話していた人も、内容を覚えていることからも、よく観ていたのも分かり、他とは違った魅力があるのかもしれない。

外で遊ぶ子供にとっては、特に影は身近な存在だろうし、ふとした瞬間、『影よ、ゆけ!」と真似して遊んでいたりするんじゃないだろうか。





nice!(209) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 209