So-net無料ブログ作成

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 82.原作がゲームながら、戦闘の派手さも良く ヒットマン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2007年に公開された映画『ヒットマン』を観たのだが。原作のゲームキャラを意識したところも感じつつ、戦闘が問答無用で派手さもあり、静かな動きに雰囲気もあるなど、思った以上に面白く。

この映画、PCやPSなどで発売されているゲームソフト『ヒットマン』が原作になっており、2000年にPC向けに発売された『Hitman: Codename 47』から現在までシリーズが続いており、来月10日には、PS4やXbox1向けに、新作『HITMAN』が発売される。それを楽しみにしており、それで、この映画を観たのもあるのだが。

これまで発売された シリーズを通してやっているため、ゲーム版のイメージが強く。それだけに、キャラクターの違いが、やや気になる。ゲーム版の主人公は、おじさんという感じで、冷酷さがあり、プロの殺し屋という渋い雰囲気が漂うのだが。映画版は、それと比べると、表情が豊かで、渋さに欠けるような。

映画では、命を狙われている 女性も連れていたり、追い続ける捜査官とのやり取りもあるなど、主人公に人間味がないと物語にならないところもあるのかもしれない。同じ組織からも命を狙われ、複数の刺客と戦うシーンが印象的で、見応えがある。



上の動画は、来月発売のゲーム『HITMAN』の動画なのだが。このゲームの面白さは、敵のアジトなどに変装しながら深く潜入し、ターゲットを誰にも気づかれずに殺害し、静かに任務を終えるところにあり。殺害方法も様々で自由度も高く、周囲の環境から何が使えるかを判断し、事故死に見せかけたり、食べ物などに毒を盛ったり、それを無視して、次々と撃ち殺しながら、皆殺しもできる。

この映画では、警察官や謎の組織に追われ、大勢の敵に囲まれた状況で、次々と倒すところも見どころなのだが。ゲーム ヒットマンでは、ステルス性に特徴があるため、それとの違いもある。ゲームを知らない方が、素直に楽しめるのかもしれない。

主人公 エージェント47は、当初、この映画の製作総指揮 ヴィン・ディーゼルが演じる予定だったようで。映画『ワイルド・スピード』のドミニク・トレット役でお馴染みなのだが、どんな47になったかも興味がある。

   


nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 189