So-net無料ブログ作成

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 98.内面の複雑さも感じられ、独特な世界で映像の綺麗さもあり ザ・セル [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2000年に公開された映画『ザ・セル』を観たのだが、SF感もあり、犯罪者の内面にある不気味さのようなものも感じられ、意味深な映像も多く、独特な世界が広がり、興味深い映画だった。

物語は、小児精神科医の女性が主人公で、昏睡状態の少年の精神世界にダイブし、内面から治療しているのだが。そこに、FBIの依頼で、昏睡状態に陥った連続殺人犯から誘拐された女性の居場所を聞き出すことになり、ダイブしたところ、怪しげな世界が広があり。誘拐された女性は、時間が経つと溺死する仕掛けの中に閉じ込められており、どうなるかという話。

相手の精神世界に入り込むと、その人物の想像の世界というか、過去の出来事やしがらみも踏まえ、それにより生み出された世界があり。そこに、精神の奥深くにある トラウマのようなものも感じられ、荒々しい恐怖もあり、純粋な良心もあるなど内面の複雑さがあり。それが、不気味な雰囲気も漂う映像で表現している。

特殊な機器を使い、主人公が精神世界にダイブするのだが、手のボタンを押せば、緊急脱出できるようになっており。それでも、精神世界で受けたダメージが、現実になることもあり、そこに身の危険もある。

この映画を観ていて、現実には、あり得ないところに、SFな良さもあるのだが。実在しない世界を体験するという意味では、現在のVRに近いものがある。あまりにリアルな疑似体験になると、どれが現実の世界か曖昧になり、精神的なダメージが強く残るというのは、ある話かもしれない。

そう考えると、ゲームにVRを利用するのは、良くないような気もしてくるのだが。13歳未満で、VRゴーグルを使うと、斜視になるリスクがあるという話はあるのだが、大人にも良からぬ影響があるかもしれない。これも、程度の問題だとは思うのだが。

連続殺人犯は、女性が溺死する姿に快楽を覚えるという精神異常者なため、やってることの怖さもあるのだが。精神世界では、さらに、得体の知れないものが渦巻くような感じもあり、ホラー映画なところもある。




nice!(204) 

nice! 204