So-net無料ブログ作成

上にも下にも取り付けできる ドライブレコーダー フロントガラスにETCとGPSのアンテナ、バックミラーにレーダーで取り付け場所がなく、ダッシュボードに取り付可 コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 [ダッシュボードにも置ける ドライブレコーダー]

数年前から、スピード違反や危険運転などの違法な運転を動画で撮影し、YouTubeなどの動画配信サイトにアップしていた人が逮捕されたりという話はあったのだが。今年に入り、高速道路で無理やり停車させられ、亡くなった事件もあり、絡まれた際に、ドライブレコーダーがあったことで、大事にならずに済んだものもあり、ドライブレコーダーを取り付けなければと感じていた。

ただ、車のフロントガラスには、高速道路の支払いで使うETCのアンテナ、カーナビのGPSのアンテナもあり、バックミラーにはレーダー探知機もあるため、いろいろあり。

場所としては、そこに取り付けても構わないのだが、気になるのが電波障害。どれも使えないと困るものばかりで、何かなければ、悪影響があるかどうかも分からない。ドライブレコーダーをフロントガラスに取り付けるとなると、保安基準から上部20%以内と定められているため、どうやっても近くなる。


そこで、なかなか手が出なかったのだが、先月末、友人が事故に遭ったことで、とりあえず、付けてみようかと思うようになった。友人の事故は、怪我もなく、大した事はないのだが、忙しい年末に車の修理が大変らしく。相手の車が、真横で走っていた友人の車に気づかず曲がり、ぶつかったというもので、サイドミラーだけを見てたんじゃないだろうか。

ドライブレコーダーの電波障害を調べたのだが、ドライブレコーダーの作りも様々なため、全くないとも言い切れないというものばかり。個人で、問題なく使えたという話があるにしても、同じ環境ではないため、やってみないと分からないところがある。

結局、フロントガラスの上部に取り付けるのは諦め、ダッシュボードに取り付ける事にした。これなら、アンテナへの影響もないだろうし、視界に入っても上ではないため、そう気にならない。

ところが、上に取り付けるものが、ドライブレコーダーの主流のようで、下に取り付けられるものが、なかなか見つからず。やっと見つけたのが、『コムテック ドライブレコーダー ZDR-012』。

dorareco.jpg

これが、そのドライブレコーダーなのだが、思ったよりも小さく、手のひらサイズ。ドライブレコーダーは、どれも、そうなのだが、エンジンと連動しており、エンジンONで録画が自動で始まり、エンジンOFFで勝手に切れる。ダッシュボードなため、取り付けも簡単で、シガーソケットに電源ケーブルを挿し込むだけ。

録画データを保存する micro SDカード 8GBも付属しており、Full HD 30fpsの録画で、約100分録画できる。上書き禁止に設定しない限り、古いデータから常に上書きして録画を続けるため、これでも、十分じゃないだろうか。録画された映像も、パソコンで再生したのだが、実に綺麗でいい。

車好きなら、自分のドライブ動画を改めて観れると楽しいかもしれない。そうなると録画時間が長い方が良く、micro SD 32GBは、欲しいところだが。選ぶ際に、クラス10以上になっており、このクラスが重要。

クラスは、読み書きの速度を表しており、数字が大きい方が速く、クラス10では、10MB/秒。以前に比べ、micro SDカードが安くなっており、現在、32GB CLASS10でも、2000円前後で買える。

ダッシュボードにある方が、ドライブレコーダーの操作もしやすく、録画中の映像も、上より下にある方が、あまり気にならないかもしれない。今のところ、ドライブレコーダーを使いつつ、感じた不具合もなく、問題なさそうで。

ドライブレコーダーをダッシュボードなど下にも置けるものは、『コムテック ドライブレコーダー ZDR-012』の他、『セルスタードライブレコーダー CSD-500FHR』、『コムテック ドライブレコーダー HDR-251GH』、『コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP』などで数が少ない。

年末に車で帰省することを考えると、ドライブレコーダーで安心できるところもあるのだが、運転の楽しみも増したような気がする。


    


nice!(175) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 175