So-net無料ブログ作成
検索選択

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 51.続編でもあり、独特な怖さもありつつ、思うところもある映画 ザ・フライ2 二世誕生 [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1989年に公開された映画『ザ・フライ2 二世誕生』は、グロさが強烈で、刺激的なシーンも多いのだが。それでいて、醜い怪物側を応援したくなるような思いにもなり、この感覚も新鮮で良く。

物語は、物質転送装置を開発しようとして、ハエ男になってしまい死んだ父の遺伝子を持つ 主人公が生まれた事から始まり。異常なスピードで成長し、賢くイケメンな若者になり、すべてが上手く行きかけたところで、体に異変があり。そこから、どうなるかというもの。

この映画は、『ザ・フライ』(1986年)の続編なのだが。ザ・フライは、父親の話でもあり、事の発端も分かるのだが、ハエ男化が進む中、父親が人間に戻る方法を見つけるも間に合わず、悲惨な結末になり。それを踏まえて観ると、結末を想像させるため、順番に観た方が、より楽しめそうだ。

前作に続き、虫ならではの気持ち悪さ、不気味さが上手く表現されており、そこに特徴も感じられるのだが。虫が嫌われる部分が強く出ており、虫が怖く、嫌いな人が観れば、気分が悪くなるかもしれない。

物語自体は、単純に、おどろおどろしい ハエ男が暴れまわるというものではなく。主人公の可愛らしい子供の頃から始まり、成長した先で、急変するため、思うところもあり。これは、ザ・フライにはない感覚。

主人公の体は、徐々に変わり始め、見た目だけではなく、性格も変わり、最後は、別人格に近く。この豹変ぶりも、優しい人が急に柄が悪くなるようなもので、ギャップも大きく。助けたくても助けられず、それにおびえる 恋人というのも印象に残っている。

見た目が醜く恐ろしい姿になり、次々と人に襲い掛かるのだが、主人公のこれまでの境遇から、そう悪くも思えず。最後は、ある意味、ハッピーエンドとも言えるのだが、因果応報なところに暗さも残る。

ザ・フライは、有名な作品ながら、ハエ男の話なため、ちょっとダサそうなという 勝手なイメージがあったのだが。続編も含め、実際に観ると、物語も興味深く、あるかもしれないと感じさせる雰囲気もあり、グロさも刺激的で場が引き締まるため、飽きずに楽しめた。


 


nice!(210) 
共通テーマ:日記・雑感

映像も綺麗で面白い 昔のアニメ・特撮ヒーロー 21.独特な格好良さがあり、ノリ良く楽しめる 人造人間キカイダー [面白い アニメ・特撮ヒーロー]

1972年に放送された『人造人間キカイダー』を初めて観たのだが。ヒロインも魅力的で、どのキャラも個性的で際立ち、物語の緩急もあるため観やすく。ギターを弾きながらの登場も、どうかなと思っていたのだが、これが実に良く。

見続けていると、人造人間の複雑な心境や境遇も感じられ、それを抱えながら、一人で敵に立ち向かい、派手な戦いぶりで倒すところに格好良さもあるのだが。その後、ヒロインなどと一緒に行動せず、一人、バイクにまたがり、颯爽と走り去るところも男らしい。

物語は、博士と助手でもある 娘が、悪の組織 ダークで、アンドロイドを作らされており。ダークは、兵器を売りながら、世界征服も企み、その悪事を食い止めるため、研究室の地下で密かに作っていたのが、人造人間 キカイダー。

ロボット工学者 プロフェッサー・ギルが、ダークの首領でもあり、学者な感じもあるのだが。奇妙な笛を吹き、ダークロボットを操り、その機能が、キカイダーにもあり。それを抑えるために、取り付けられた 良心回路も不完全。

笛の音に悩まされながら、キカイダーは戦うのだが。これも、ダークで生まれたことを意味しており、そこに複雑さもあり。プロフェッサー・ギルの笛を吹く姿も、不気味で雰囲気がある。音の印象というのも不思議なもので、どこからともなく聞こえてきそうな感覚にもなる。

原作者は、石森章太郎なため、イナズマンの丸目豪作のように、キカイダーにもユニークなキャラがおり、それが、伊賀忍者 服部半蔵の16代目という 服部半平。私立探偵で、お調子者なのだが、この個性的なキャラに味もあり、BGMの間の抜けた感じも良く。

調べてみると、丸目豪作を演じた 北村晃一、服部半平の植田峻も、その後、数々の作品に出演し、大河ドラマへの出演も多く。雰囲気を一気に変えるような、こういう 面白キャラほど、演じるのが難しいのかもしれない。

キカイダーが、変身した時に乗っているバイクが、カワサキなのだが。1970年、東京モーターショーで、参考出品された『カワサキ・マッハIII500・GTスペシャルサイドカー』を借り受け、白だった車体を黄色に塗装し、それほどいじらずに使われており。

未来の車をイメージした コンセプトマシンとして発表されたというのだが。それでも、これだけ、特撮ヒーローが乗り込んでも、映える デザインなのも凄く。他のヒーローマシンに比べ、洗練された 格好良さもある。

キカイダーは、日本でも有名なのだが、ハワイでも、熱狂的な人気があるらしく。日本で放送された2年後、ハワイでも放送が始まり、40年以上経った現在でも、多くのファンがおり、誰もが知る特撮ヒーローというのも凄い話。


 


nice!(237) 
共通テーマ:日記・雑感

役に立つ本を読む 15.広告コピーの役割、作り方、面白さも感じられる ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議 [役に立つ本を読む]

『ここらで広告コピーの本当の話をします。 宣伝会議』という本を読んでいたのだが。商品などを宣伝するキャッチコピーの役割、どのように作るかなどが書かれており、四六時中、様々なカタチで宣伝を目にするだけに興味深く。しかも、他の事へも役に立ちそうな、ためになる話も多い。

コピーライターの仕事が、どういうものかが分かるのだが。キャッチコピーやキャッチフレーズは、商品や作品などを宣伝するために使われる、短い言葉なため、一瞬のひらめきやアイディアのようなものかと思っていたら、そうではないようで。

短い言葉ながら、そこには、誰に向けての宣伝なのか、他社製品と比べて、優れている部分がどこかを伝え、さらに、言葉のセンスや心理的な効果なども考慮しており、巧妙に作られているのが分かる。

宣伝の大事さは、例え話として、紹介された エジソンの蓄音機もあり。エジソンが発明した蓄音機は、当初、遺言を録音する機器として発売されており。それをお客さんから、音楽を録音できるんじゃないかと言われ、その後、音楽鑑賞用で世に広まっており。遺言よりも、日々楽しめる 音楽の方が、欲しいという気持ちを掴んだということになる。

広告コピーも、明確に製品の価値などを伝える タグラインがあり、お客に対して、巧みにアピールする キャッチコピーもあるなど、製品を紹介する際に使われる言葉も、それぞれに役割があり。

これらを踏まえて、CMを見ると、違った見え方になり。なるほどと思えるものもあれば、分かり難かったり、どうかなというものもあり、CM自体の面白さも感じられる。

CMは、出してみないと分からない 一発勝負なものなため、だからこそ、あらゆる情報を集め、時代の流れも読んでとなるのだが。出来上がったものが、短いフレーズなため、簡単にできるんじゃないかと思われがちなのかもしれない。

この著者は、主なクライアントに大手企業が名を連ねており、PlayStation、サントリー、日本生命、キリン、ファミリーマート、TOYOTA、日産自動車、三菱地所、Amazon、明治製菓、ハウス食品、資生堂、SONY Music、JALなど誰もが知るものばかり。

これでも、一部なため、ほとんど、この人が作ってるんじゃないかと思えるほどで。この本の中で語れるエピソードも、それらの話になるため、分かりやすく、面白さがある。

キャッチコピーは、短い言葉で、いかに効率よくアピールするかがポイントなため、宣伝に限らず、いろんな事に役に立ちそうで。この本は、堅苦しい文章でもないため、読みやすさもある。





nice!(227) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 50.プロレスを知らなくても楽しめるトークバラエティ 有田と週刊プロレスと [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

昨年、2016年11月からプライムビデオに、プロレストークバラエティ『有田と週刊プロレスと』があり。プロレスは詳しくないのだが、初歩の初歩からの話で分かりやすく、バラエティな面白さもあり。知らないことが多いだけに、新鮮な感覚で楽しめ、そうだったのかという驚きもある。

お笑いコンビ くりぃむしちゅー 有田哲平と元AKB48 倉持明日香の二人がMCを務め、一人 ゲストを迎えるという感じなのだが。プロレスに疎いゲストが、異常に詳しい二人に巻き込まれる感じも面白く。

初歩の初歩というのも、日本のプロレスは、力道山からとなり。弟子だった ジャイアント馬場とアントニオ猪木が、それぞれの道を歩み、対立しながら、様々なプロレス団体が生まれてとなるのだが。

プロレスの最初の頃は、日本人と外国人の対戦が当たり前というのも知らなかったのだが、団体により、プロレスのスタイルもいろいろあり、団体が生まれては消えてなど、現在に至るまでの変遷もあり。

これらの話が、堅苦しく解説するというものではなく、プロレス好きな マニアな感じで、モノマネをはさみながら、楽しそうに話すところに聞きやすさもあるのだが。プロレスの話だけに、どうしても、男臭くなりがちなところ、倉持明日香がいることで、場が和む感じもある。

試合をするようなプロレス番組を観たこともないため、知っているプロレスラーは、誰でも知ってそうな ジャイアント馬場やアントニオ猪木の他、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組に登場する プロレスラーぐらいなのだが。この番組を観ると、凄さが分かり、見方も違ってくる。

驚いたのが、第65代IWGPヘビー級王者 オカダ・カズチカの話。PS4『龍が如く6』に、新日本プロレスの選手が多く登場し、そこに、ボス的存在で、レインメーカーと呼ばれる オカダ・カズチカがいるのだが。

龍が如くは、ヤクザな物語でもあり、金を雨のように降らせるというのも、その世界観からありそうなため、ゲーム内のキャラクターだと思っていた。ところが、この番組を観ていたら、そうではないことが分かり。

プロレスの世界で、『新日本に金の雨を降らせる』と語り、自らをレインメーカーと称し、その後、実績を積み重ね、現実に、金の雨を降らせる 大きな存在になっているという話が凄く。物語の中だけと思っていた事が、急に、現実と結びつく感じもある。

プロレスというと、好みが分かれるものだが、歴史も感じられ、その流れを知ると面白さがあり、興味も湧いてくる。


 


nice!(211) 
共通テーマ:日記・雑感

映像も綺麗で面白い 昔のアニメ・特撮ヒーロー 20.宇宙人感が強く、違った面白さがある 伝説巨人イデオン [面白い アニメ・特撮ヒーロー]

NASAの発表で、太陽系から、わずか39光年の距離に、7つも地球と同じような大きさの惑星があるとなり、話題になっているのだが。NASAと言えば、予算が削られそうになると、新たな情報を公開するとも言われており、もしかしたら、さらに進んだ情報を握っているかもしれない。そう考えると、より面白さがある。

地球外生命体となると、やはり、宇宙人を連想するのだが、それとイメージが重なるのが、『伝説巨人イデオン』。富野由悠季(富野喜幸)の代表作と言えば、機動戦士ガンダムなのだが、それに続く作品に、伝説巨人イデオンがあり。放送されたタイミングも、機動戦士ガンダムの翌年、1980年に放送されている。

興味深いのが、人気の出始めなのだが。機動戦士ガンダムは、放送された当初は、低視聴率に悩まされ、予定を繰り上げて最終回を迎えたほど。打ち切りが決まった頃に、急に人気が出始め、主人公 アムロが最終回で死ぬという内容を変更し、続編につないだという話もあり。

この伝説巨人イデオンも、終盤に人気が高まり、同じような感じなのだが。機動戦士ガンダムが、面白いと感じていると、伝説巨人イデオンの面白さも分かりやすく、個性的なキャラによる人間模様も近いものがありつつも、全く違う物語で楽しめる。

伝説巨人イデオンで、凄いと感じる部分が、いくつかあり。合体して巨大ロボになるところが、大きな見せ場で盛り上がるところなのだが、主人公が操縦するものの、他にも多くの乗組員がおり、戦艦をロボットにしたようなものと思うと分かりやすいかもしれない。

巨大なだけに、動きの重々しい感じも機械的でいいのだが。動きが遅い分、スピード感がある戦闘ができず、格好良さに欠けそうなところ、そうでもなく。各ブロックにいる 乗組員が、言い合いながら戦う姿も、違った面白さがあり。

バッフ・クランというのが敵方なのだが、この異文化の宇宙人感が強くあり。メカデザインが、ダサくなりそうな際どさがありながら、作りが細かく、洗練された感じがあり。

海外のアニメで、似たようなものを見たことがあるのだが。それは、メカニカルな部分への意識が低く、取って付けたような 適当なもので、格好が悪かったのだが、それとは、全く違う。

BGMも、レトロなSF感があり、得体のしれない 宇宙人が攻めてくるという雰囲気を盛り上げるのだが。バッフ・クラン側も、単純に、侵略するだけの悪者ではなく、それぞれに事情があるところで世界の広がりもあり。

観る前は、機動戦士ガンダムとも大きく違い、アフロな主人公が登場し、巨大ロボで戦って、面白いのだろうかと疑問に思っていたのだが。見続けていると、盛り上がる見せ場もあり、希望が持てる展開でもあるため、明るさがある。

巨大ロボは、発掘した兵器なため、これは、何なのかというところで、敵も味方も驚く感じが素直に面白い。


 


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

映像も綺麗で面白い 昔のアニメ・特撮ヒーロー 19.つながっているようで、設定の違いも大きく イナズマンF [面白い アニメ・特撮ヒーロー]

『イナズマン』に続き、1974年に放送された『イナズマンF(フラッシュ)』も観ていたのだが。イナズマンとのつながりがあるような流れで、始まっているのだが、違いも大きく、別の物語のようでもあり。

イナズマンの終盤には、新たな悪の組織 デスパー軍団が度々登場し、帝王バンバが率いる新人類で内乱もあり。ゴタゴタの中、帝王バンバを倒して終わるのだが。続くイナズマンFでは、このデスパー軍団が敵になり、つながりがあるような流れ。

前回も書いたのだが、イナズマンは、変身が良く。サナギマンには、すぐに変身できるのだが、ゲージがMAXにならないと、イナズマンに変身できず。敵にやられ気味で変身するのだが、サナギマンが粉々に飛び散る中からのイナズマンが、格好良かった。

ただ、これも、イナズマンの途中で無くなり、もちろん、イナズマンFも、それは変わらず。サナギマンに変身すると、すぐにイナズマンになり、変身も光の演出のみ。もしかすると、最初の変身、イナズマンに変身するまでの手順が長過ぎたんじゃないだろうか。

イナズマンFになると、超能力を持った少年少女で構成され、イナズマンの仲間として活躍する 少年同盟に代わり、インターポールの秘密捜査官になり。こうなると、刑事モノな雰囲気になり、ノリも全く違うように感じられる。

イナズマンでは、中盤辺りから、九州男児でユニークなキャラ 丸目豪作とイナズマン 渡五郎の二人で物語が展開したりもするのだが。それまでは、少年同盟の少年少女の出来事からになり、その中に、ヒロインらしき女性もいるため、暗くなり過ぎず、バランスが取れていたような。

それが、イナズマンFになると、少年同盟や丸目豪作の影が薄く、ダンディーな秘密捜査官と二人だけに、緩い感じがなく。さらに、悪の組織 デスパー軍団も、悪さが刺激的で、シリアスな物語が多いなど、子供向けではないかもしれない。

当時、変身ヒーローが乱立する中、低視聴率に悩まされ。そこで、起死回生を狙って、イナズマンFということなのだが。イナズマンFは、視聴率的に、どうだったのかは分からない。この物語の展開から、子供ウケしそうになく、これも、厳しかったのかもしれない。


 


nice!(211) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 49.ウイルスの恐怖もありつつ、派手な展開で楽しめる映画 アウトブレイク [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

前回に続き、同じ1997年に公開された映画『アウトブレイク』も観たのだが。ウイルスの感染拡大を食い止めるというものなため、研究室がメインで地味なものかと思ったら、様々な出来事が絡み合い、軍も登場するなど派手な展開で、楽しめる映画だった。

物語は、致死性の高いウイルスが、どこからともなく現れ、小さな街で感染が拡大。次々と人々が倒れ、死んでいく中で、軍の強引なやり方に逆らいながら、ダスティン・ホフマンが演じる主人公、研究チームを率いる 軍医大佐が、大活躍するというもの。

おじさんな主人公なのだが、仕事人間で妻から離婚され、軍の上官からも、腕が立つものの、頑固で問題を起こすため、厄介者扱い。このキャラで、冗談を言いつつ、無茶もするため、ギャップも大きく、面白さがある。

そんな主人公が、ウイルスに感染した人々を助けるため、軍の命令も関係なく、上官をあざむきながら、現地に入りこんでいたり。ウイルスに絡む軍事機密も嗅ぎ付け騒ぎ出し、手段を択ばず、ことごとく盾突くところも痛快で。

感染拡大を阻止するのが最優先な軍が、街を包囲し、問答無用な感じも凄いのだが。これに対して、身の危険をかえりみず、主人公と新人のペアで、大暴れも見せ場で。展開もスピーディーで、間延びしない感じもある。

モターバ・ウイルスという架空のウイルスが登場し、症状としては、エボラ出血熱のようなものなのだが。瞬く間に感染が拡大し、パンデミック(世界的大流行)の恐怖も伝わってくる。

ウイルスの怖さというのも、現実に語られることもあるのだが、普段、目に見えるものでもなく、怖がり過ぎても仕方ないようなものでもあり。暗くなりがちな 題材だと思うのだが、その怖さも表現しつつ、映画としてのエンターテイメントな面白さもあり、そこに良さもありそうで。





nice!(203) 
共通テーマ:日記・雑感

ドライマークも自宅で洗える 天然系洗剤 ドライニング セーターなどクリーニングに出すような服も、自宅で洗えるらしく [ドライマーク セーターを自宅で洗う ドライニング]

まだ、寒い日がありそうなのだが、ヒーターベストを使うようになると、セーターを着なくなり。そこで、そろそろセーターを片づけようかとなるのだが、その前には、洗わなければならず。

セーターというと、普通に洗濯できず、クリーニングとなるのだが、出すのも面倒。こちらから宅配で送る方法もあるのだが、毎日のように着ているものでもないため、それほど数もない。

以前、『レザーウォッシュ』で革のジャケットを洗ったことがあり、革が洗えるなら、ドライマークのセーターも、もちろん、洗えるだろうと思い、アマゾンで探したところ、『天然系洗剤 ドライニング』があり。レビューの件数も多く、それでいて、評価も高めなため、これなら良さそうだと使うことに。

dc01.jpg

使い方が簡単で、水30リットルに、15mlの液体を入れ、衣類とたたんで、5~10分のつけおき洗い。その後、20~30秒の脱水、きれいな水で15~20秒すすぎ、再び、5~10秒の脱水、最後に、陰干し。陰干しで時間がかかるものの、手際よくやれば、秒で済むことも多いため、15分もかからないことになる。

dc02.jpg

とりあえず、薄手と厚手のセーターを試しに洗ってみたのだが、問題なく洗えた。つけおき洗いで、水の汚れ具合からも、洗えているのも分かり。乾いたセーターを見ても、繊維におかしなところもなさそうで。

陰干しで使っているのは、『ダイヤ 折り畳み いろいろ物干しネット・2段』なのだが。ねじって、小さくなるため、これも、便利で良く。

『ドライニング』のパッケージにオレンジが大きく載っているのだが、洗った後のセーターからオレンジなニオイは、特にない。ボトルの見た目が、ちょっと海外もののようなに見えるのだが、メーカーは、UYEKI (ウエキ)で日本製。

この会社の製品は、洗剤ものが多いのだが、中でも、ダニクリンが興味深く。全自動洗濯機で、柔軟剤の投入口に入れるだけ、柔軟剤や漂白剤などとも併用でき、使いやすい。ダニが嫌がる成分で寄せ付けないというものだが、洗濯するものなら、2~3回程度は効果が持続し、頻繁に洗わなければ1カ月ほど続くとある。

大事な衣類は、クリーニングに出すのが一番だと思うのだが。そこまでしなくてもというものなら、試しに洗ってみるのもいいかもしれない。


     


nice!(217) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 48.CMとは全く違い、男らしい姿にギャップも大きく ボルケーノ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1997年に公開された映画『ボルケーノ』を観ていたのだが、都市部を溶岩が襲うという パニック映画。苦難を乗り越えるところに、映画としての面白さもあるのだが、最近、実際に地震があるだけに気になるところもあり。

舞台は、米カリフォルニア州 ロサンゼルス。大きな地震の後、突然、地下から溶岩が溢れ出し、噴火により、炎に包まれた岩石も降りそそぎ、大惨事になるのだが。それを食い止めようと助け合いながら、人々が奮闘する物語。

赤々とした溶岩に触れた瞬間、次々と炎に包まれ、車も溶けて飲み込まれるのだが。それが、じわじわと静かに迫る感じも怖く。ウィルシャー通りを400mを超え、再現したセットも凄く。20年ほど前の作品だけに、CGを多用してないため、実際にあるものがという リアルさがある。

主演が、トミー・リー・ジョーンズなのだが。これまで、トミー・リー・ジョーンズが出演した映画は、いくつもあるものの、やはり、毎日のように見ている CM 缶コーヒー BOSSのイメージが強く。

渋い宇宙人が、爆破するビルに駆け込むなど活躍する姿にギャップも大きく、男らしさも格好がいい。ただ、見た目のおじさん感は、あまり変わらないような。

脚本のアイディアは、科学雑誌『サイエンティフィック・アメリカン』に掲載された ロサンゼルスでの火山活動の記事からのようで。元になった記事を探したのだが、見つからず。地震が多いところでもないため、当時も、そう大きな話題にならなかったのかもしれない。

溶岩に襲われるというのは、火山が噴火してのことなため、そうある話ではないものの、あるなら山間部というイメージもあり。そこを都市部で、しかも、突然、下から噴き出すところに意外さがある。

こういう災害は、あるはずがないと思う反面、最近、地震が多く、大きな震災もあり。そう考えると、何が起こるか分からないため、あるんじゃないかと思えるところもある。




nice!(219) 
共通テーマ:日記・雑感

シャットダウンで勝手に再起動する PCの不具合 終了したはずが再起動、とりあえず、起こらないように [終了しても勝手に再起動 パソコンの不具合]

パソコンを終了しようと シャットダウンしたところ、勝手に再起動になることがあり。これが、必ず起こるものでもないのだが、たまにというほど起こらないでもなく、エラーチェックも問題ない。時間があるときに、どうにかしようと思いつつ、半年ほど経っていた。

勝手に再起動する原因として考えられるのは、周辺機器との互換性やプログラムの問題などだが。周辺機器を替えたタイミングで起こり始めたものでもなく、必ず再起動にならないことからも、ここは問題なさそうで。

残るは、プログラムなのだが。起動した直後か、大したことをせずに終了するなら、勝手に再起動することは、ほとんどなく。このことからも、何らかのプログラムが動き出し、そこに問題がありそうだ。

ただ、これも、このアプリを使ったときにと分かりやすいものでもなく、裏で勝手に動くものもあるため、どれを使ったときに、こうなるかまでは掴めず。アプリごとに、CPUやメモリをどう使っているかを見ても、特におかしなこともない。

タスクを一つずつ消して行けば、いつかは何が問題か見つかるかもしれないが、再起動になるかどうかを確認するのが面倒で。これをすれば、勝手に再起動すると分かれば、やりやすいのだが。

パソコンの動作自体は、全く問題なく早いため、それで、今までは、勝手に再起動がかかっても、再び、シャットダウンすればと放置していた。とりあえず、いい加減、この再起動だけを止めた方が良さそうだとなり。

restart.jpg

画面左下の【スタート】⇒【コントロールパネル】⇒【システムとセキュリティ】⇒【システム】で、画面左に【システムの詳細設定】があり、これをクリックし、起動と回復にある【設定】を押すと、これが出る。

システム エラーのところに、『自動的に再起動する』があり、初期設定では、チェックが入ってるのだが。これを外せば、システムエラーによる再起動なら、起こらなくなる。ちなみに、OSは、Windows 8.1 64bit。

使っているソフトで、風変わりなものだと、Windows 8.1をWindows XP感覚で使える『Back to XP for 8』ぐらいで。これも、使いやすく見た目を変えるというものなため、問題はなさそうで。




nice!(232) 
共通テーマ:日記・雑感