So-net無料ブログ作成
検索選択

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  996.様々な話で盛り上がっており、怖い話も思わず笑える面白さがある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、様々なメンバーが出演する『ただいま 恋愛中』公演。昼と夜の2回公演で、様々な話で盛り上がっており、客席からの笑いも多く。

昼公演も夜公演もなのだが、自己紹介MCの栗原紗英と松本日向が面白く。松本日向が、キャッチフレーズで、『みんなのハートも、日向の衣で包んだんで~』と言うのだが、栗原紗英を見つつ、再び『包んだんで~』となると、反対側の端にいる 栗原紗英が、回りながら『わ~』と動き出し。栗原紗英の『もう、やらせないでよ、これ!』に、松本日向の『裏でやりたいって、言ってきたんです』もあり。

前日の劇場公演では、『包んだんで~』というところで、駒田京伽(ひろか)と栗原紗英が、二人で回っており、このときも、面白さがあったのだが。2期生 駒田京伽、3期生 栗原紗英、そして、4期生の松本日向なため、後輩のキャッチフレーズでの遊び心も伝わってくる。

昼公演では、武田智加のちょっかいが、厄介という話も可愛らしく。地頭江音々に、よくちょっかいを出していたところ、最近、無視されるとなり。度々、ちょっかいを出され、それに、どうしたらいいのとも言われていた。

SHOWROOMでも、地頭江音々と武田智加の二人で配信しており、一緒にお菓子作りしていたり、前日にも、お互いのメイクをするとなり、言い合いながらも楽しそうで。この感じが、姉妹のような雰囲気で、仲の良さも感じられる。

MCで司会を務めていた 田中菜津美に聞かれ、地頭江音々は長女、武田智加は末っ子と答えており。長女には長女らしさがあり、末っ子だと末っ子な感じもありそうで、育った環境で共通するキャラがありそうな。

夜公演では、栗原紗英が話していた メイク中の月足天音という話も面白く。可愛くなるための工程が凄いようで、半目で、口も半開き、たまに、白目にもなるとなり。メイクしやすい表情でとなると、こうなるということだろうか。メイクの話というのも、女性ならではでもあり、こういう話を聞くと、他のメンバーは、どんな感じなのかというのも気になる。

その後のMCでも、この話が続いており。月足天音が、楽屋にいた4期生に、『私、ホントに白目むいてる?』と聞くと、一斉に、『むているから』と言われ、物静かな 衣装さんからも、白目が気になってたとなり。こうなると、他のとの違いも伝わってくるのだが。今田美奈や田中菜津美の『ちょっとスキがあるくらいの方が、アイドルは、可愛いよね』というのも、説得力がある。

ユニット曲後のMCでは、客席からの質問に答えており。推し変されたら、どう思うかという質問では、その質問をしているファンの姿から、地頭江音々推しも分かり。堂々と推し変してますよねという感じで、話が進んでおり、客席の盛り上がりも凄く。最後は、元のメンバーに戻ると言われていたのだが、この盛り上がりからも、他人事ではない感じも多かったのかもしれない。

思わず笑ってしまったのが、『帰りにお塩を買っていかれた方が...』という 松本日向の話。メイクさんから教わったようで、部屋に、立て鏡、クローゼット、四角い角があると、霊がいるとなり、そこで、お塩の話につながるのだが。

ありがちな部屋でもあり、周りのメンバーから『だいだいおる』と言われ、さらに、村川緋杏(びびあん)の『四つ角がないって言ったら、丸い家しかない』に客席からも笑いがあり。松本日向の楽しそうな表情や話し方からも、怖さがあまり感じられないのだが、ここから話が広がり。

霊を見たことがあると振られた 清水梨央から、現在、中学生なのだが、学校の帰りに、以前、通っていた小学校を通り、そこの門におじいちゃんが立っていたのが、次の瞬間、姿が見えず。この話で、井上由莉耶(ゆりや)の『おうちに出たんじゃないんだね』も、話の流れから家の中での話と思い込んで聞いていただけに、この感じも分かるところもあり。

岡本尚子の玄関に何かがいたという話も、以前、話していただけに、変わらないところに真実味もあり、怖そうな雰囲気になるのだが。続く、村川緋杏の玄関に気配を感じたという話では、近所の人が階を間違えたようで、『すいませんでした!』と帰っていったとなり。これには、秋吉優花の『不審者じゃん、それ』、松本日向の『霊じゃないです~』もあり、怖い話から笑い話になるのも、にぎやかさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(226)