So-net無料ブログ作成
検索選択

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1007.岩花詩乃の生誕祭 面白さもありつつ、思いが感じられる良さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。岩花詩乃の生誕祭でもあり、MCも様々な話で盛り上がっており、ファンの声援も温かく。幕が上がると、客席が一面、真っ赤なペンライトで統一され、同じリズムで揺れており、特別な雰囲気がある。

チームK4のキャプテンになった 本村碧唯の話も面白く。自己紹介MCでも、『そうなんです、キャプテンになったんです.......どうしましょう』となり、泣けと言われたら、泣けるくらいというところに不安な気持ちも伝わってくるのだが。村重杏奈の『じゃ、村重、変わってやろうか』には、『村重よりは、できると思ってる』となり、周りのメンバーも笑い出していた。

前半MCでは、チームT2でキャプテンを務める 山下エミリーから、キャプテンになり、1周年なため、『何でも、相談して欲しいなと思って。ね、碧唯』となるのだが。本村碧唯が1期生、山下エミリーが3期生でもあり、上からな感じも面白く。本村碧唯から『あの....キャプテンって、何ですか』と聞かれ、山下エミリーが、笑みを浮かべながら、『いるだけでいいの』と答えており、坂口理子の『おしめしのセリフみたいな』というのもユニークで、客席からも笑いが起きていた。

リハーサル中、キャプテン 本村碧唯で、初めての劇場公演という中、村重杏奈の『碧唯ちゃんも、キャプテンになったんだし、まいこみーやも、副キャプテンになったんだから』という話に、深川舞子の『そうなの?』と驚き、冗談と気づいてくれと盛り上がっていたのだが。副副キャプテンに植木南央が控えていることからも、意外さもありつつ、面白くなりそうで。

後半MCでは、岩花詩乃のキャラが変わったという話もあり。キャッチフレーズをやめたことで、自分の中でスイッチが入り、現在のキャラにという話も興味深く、キャッチフレーズの影響も感じられるのだが。冨吉明日香の『しのっちが、オンしちゃった?』、植木南央の『違うしのっちがね』となるのも、妙な面白さがあり。

深川舞子からは、岩花詩乃の真面目な一面が感じられる良さもあり。『ただいま 恋愛中』公演で、深川舞子と岩花詩乃は、同じユニット曲 『Faint』に出演しており。ステージに立つ前、岩花詩乃は、自分で納得できる踊りができるまで、その部分だけを練習しており、後輩だけど尊敬するとも話していた。冨吉明日香からも、『リハーサルで、一番、踊ってるよね』と言われ、頭に手をのせなながら、恥ずかしそうにしている 岩花詩乃も可愛らしく。

生誕祭の手紙は、上野遥から。出会った頃の話から、一緒に歩んできて、辛かったことや嬉しさも綴られ、喜びを分かち合うところに、特別な関係も感じられ、家族のような存在とも書かれていたのだが。手紙の後には、17歳だけどと前置きしながら、『これ以上の人に出会えないんじゃないかと思えるくらい、遥のことが大好きで』と岩花詩乃が話していた。

最後に、ファンへの言葉があり。亡くなった ひいおじいさんの話が、心に残っているのだが。病院で、看護婦さんからテレビに出ていた 岩花詩乃の話を聞き、ひいおじいさんが凄く喜んでいたと後から知らされ、卒業を悩んだ時期に、限界まで頑張ろうと思えたと涙ながらに語っていた。

昨年末、5周年記念公演後に、7日連続9公演を行い、現在、チームHの劇場公演でも、お馴染みで、Hのメンバーに見えるほど。出演が多くても、変わらない 一生懸命な姿に、凛々さがあるのだが。限界までという言葉も、リアルに感じられる。

劇場公演の最後に、『実況民のみなさん、ありがとうございました』と言うはずが言いそびれてしまい、劇場公演後のトークで話しつつ、『いつもお世話になってます』となり。マネージャーから、『あれ、言ってきて!』と言われ、再びステージに戻ったら、終わってたようで。この感じも、岩花詩乃ならではで、ユニークさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(196) 
共通テーマ:日記・雑感