So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1012.春爛漫公演 春らしい雰囲気が感じられ、明るいにぎやかさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。昼と夜の2回公演で、昼は、春爛漫公演。春らしい曲もあれば、懐かしい曲もあり、ファンの声援も温かく、メンバーのフレッシュさなど春の雰囲気が感じられる。

夜公演の自己紹介とお題のところでは、『最近のニュース』がお題なのだが、山下エミリーの話が興味深く。あまり女の子に関心がないような、二十歳の兄が、朝、h部屋をのぞいたら、女の人と寝てましたと話しており。生中継で観ていたため、内容が内容だけに、大丈夫だろうかと思いつつ、ダウンロード後に観たところ、カットされずに残っていた。

ある意味、春らしくもあり、伝え方も、明るく元気で、オープンな感じも良さそうなのだが。言っていいのと聞かれ、『大丈夫、大丈夫』と話していたのだが、以前、兄がご飯を作ってくれるとも話しており、栗原紗英の『こんな妹、持ちたくないわ』もあり。のぞかれ、さらに広くばらされ、散々な感じなのだが、盛り上がっていた。

小さい女の子な 今村麻莉愛の先輩らしい話もあり。小田彩加が、開演5分前に、新ポジなため、動画で振りを倍速で観つつ、小田彩加も倍速で踊ってたとなり、客席からも笑いがあるのだが。これに、今村麻莉愛の『ちゃんとしたテンポで踊った方が、体には身に付くと、先輩は思います』があり、小田彩加と二人で握手しているのも、面白さがある。

山内祐奈のお風呂上りの電話という話もあり。お風呂上りに、とっさに電話に出たところ、マネージャーから真剣な話があり。何も着ていない状態と話すと、荒巻美咲の『そういう趣味なの?』もあり、それに、『そういう趣味じゃない!』と言い返していた。そのままで、15分、20分が経ち、体も冷え、それを見かねた お母さんが、低い体勢で、パンツを構え、その姿を真似ると客席からも大きな笑いがあり。

この話から、山内祐奈とホテルで同室になると、お風呂から裸で出てきて、『うぇーい』とやりだすという 坂本愛玲菜の話もあり。『それで、鼻血を出したのは、やつだ』と山内祐奈が、外園葉月を指さし、飛び火した感じに面白さもある。その後、山内祐奈と外園葉月は、同室にならなくなったとなるのだが、にぎやかさがあり、メンバーの仲の良さも伝わってくる。

春爛漫公演の写真撮影では、メンバーの左胸に、ピンクの花が付けられ、村川緋杏(びびあん)が先生役になり、役に入った感じに盛り上がりもあり。写真撮影が終わった後も、役が抜けずに続くのも面白いのだが。大きなマイクを持ちつつ、栗原紗英の『卒業証書っぽくない』に、荒巻美咲の『私が教えたやつだ』もあり、この感じも良さそうで。

夜公演後のトークでは、この日、新ポジだった 運上弘菜と小田彩加の二人なのだが。カメラが上から下に向けて撮っており、近くで見ているような 感覚で、映像の面白さがある。そこで、独特なノリで、ふわふわ感もあり、二人が話しているのも楽しそうで。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(204) 
共通テーマ:日記・雑感