So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1018.メンバーのにぎやかさも感じられ、最近の話に思うところもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームHの『シアターの女神』公演。大きな声援に活気も感じられ、井上由莉耶の初ショートヘアも、髪が長かっただけに驚きもあり。インフルエンザで休演していた 岩花詩乃も復帰し、渕上舞と共に、K4からの助っ人出演なのだが。すっかりお馴染みなため、Hのメンバー感が強く、普通に体調不良から復帰な印象になるのも凄く。

自己紹介とお題のところでは、『言いたいこと』がテーマなのだが、キャプテン 松岡菜摘の公演が怖いという話もあり。『最後のあいさつに、私が話すんですけど、みんなが、続々と卒業発表しすぎて...』となり、次があったら、そのセリフを誰かに渡すとも話していた。

卒業発表のタイミングが、最後のあいさつのところでもあり。チームHでは、今月だけで、岡本尚子と井上由莉耶(ゆりや)が卒業発表しており、最後のセリフは、どちらも、松岡菜摘。最後の締めで、急な話になるため、心臓にも悪そうなのだが。

前日には、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演で、筒井莉子が卒業を発表しており、4月だけで、HKT48から3人。いずれも、選抜総選挙へ不参加という共通点もあり、よく言わるジンクスとも重なるのだが。同じように不参加では、駒田京伽(ひろか)もおり、そこに不安もある。

駒田京伽は、自身のSHOWROOMで選抜総選挙へ立候補しなかった理由を話していたのを覚えている。選抜総選挙の不参加を前向きにという メンバーでは、『1から自信をつけて自分のペースで頑張っていきたい』という NMB48 谷川愛梨などもおり、前回、不参加からのランクインという ケースもある。

前半MCでは、ポジションかぶりというのも、珍しそうで。『シアターの女神』で、松岡菜摘のポジションに、助っ人出演の渕上舞がおり、後ろ姿なため、誰か分からなかったようで。松岡菜摘の『そこ、私のポジション! だれ~』と曲中に言い出すというのも、動きながらのユニークさもあり。

田中菜津美のMステのMという話も面白く。小嶋陽菜の卒業から、ミュージックステーションで最後のパフォーマンスとなり、テンションが高かった 田中菜津美の『MステのMは、みかんのMってこと、知ってた』と話したところ、今田美奈の『そういうの面白くないからいいよ』もあり、すると、半ギレした深川舞子の『まいこむのMだから』に、周りのメンバーも笑い出していた。

穏やかで天然キャラな イメージが強い 深川舞子だけに、半ギレというのも、真面目に大事な話でもしそうなところに、面白さがあり。先日の劇場公演で語られていた、右足に左足用の靴が履けず、怒っていたという話も思い出すのだが。キャラのイメージと結び付かないような 意外な話もギャップがあり、面白さがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(198)