So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1037.違った一面も感じられ、いろいろ起こる 49㎞も凄く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。昼と夜の2回公演で、ファンの大きな声援や掛け声に活気が感じられ、いつものタイミングで聞こえる 女性ファンの通った声も、すっかりお馴染みで、あるんじゃないかと期待するところもある。

夜公演の自己紹介とお題のところでは、卒業を控えた 筒井莉子についてがテーマ。4期生からは、初めて話した先輩、初めて一緒におでかけした先輩、初めて手料理を食べてもらった先輩など、初めてという言葉が印象に残り。そこから、他の先輩とも仲良くなれたという話もあり、頼りになりそうな 人柄も感じられる

後輩からは、優しい先輩という話が多いのだが、同期の栗原紗英からは、根に持っていることがあるともなり。じゃんけん大会の予選で、レモン味の飴と貰ったものが、栗原紗英が大嫌いな バナナ味。それに泣き出してしまい、じゃんけんに負け、悔しくて泣いてる人みたいとなるのも面白く。

さらに、クリームを挟んだ ビスケットを使い、中のクリームをキレイに取り、歯磨き粉と挟んで渡すなど、いたずら好きな話もある。今度は、筒井莉子が嫌いなワサビで、仕返ししたいともなるのだが、仲も良さそうで。

このとき、坂本愛玲菜のSHOWROOMでは、この公演の実況をしており。このお題で、坂本愛玲菜から 『タイヤみたいな、まずいグミを食べさせられた』もあるのだが。これも、もしかしたら、いたずらなのかもしれない。

夜公演の後半MCでは、ジェスチャーゲーム。司会を務める 荒巻美咲は、やるメンバーに合わせて、お題を選び、それも良さそうで。小さな 堺萌香に恐竜をさせたり、お笑い芸人のお題も多く、その姿に、ギャップもある。

『松岡はな』 というお題では、堺萌香が、ニコニコしているところで、小田彩加の『......ぶりっ子』に、客席からの大きな笑いもあり、盛り上がっていたのだが。明るい笑顔が印象的な メンバーでもあり、それを表現すると、こう言われるのも、ありそうで。

昨日のSHOWROOMでは、朝8時から夜の20時まで、12時間で49㎞を走るという 村重杏奈の企画があり。マネージャーと共に、走る姿が何度も配信され、一生懸命な姿があり。49㎞は、選抜総選挙で49位を目指していることに掛けている。

途中でいろいろあり、元野球部という マネージャーが、脚を痛めてしまい、ホームセンターめぐりをしながら自転車に乗り出し、突然、村重杏奈の両親と弟が登場したり、いろいろあるのだが。最後は、ゴールまで、1㎞ほどのところで、秋吉優花が駆けつけ、一緒に走るのも、感動的。

ゴール地点の橋のところでは、必死で渡り切る手前で、SHOWROOMの映像が止まり、ゴール後、視聴者へ話していると、凄い音を立てて 電車が通るなど、次々と起こるところに、バラエティな感じもあり。

かなり辛そうに走っていただけに、大丈夫だろうかと心配にもなるのだが。今日の劇場公演で、元気な姿が見れるといいのだが。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(164) 

終わらない Windows Updateを修復・正常に戻す 3.Win 8.1や7、数ヶ月使ってないPCで、自動更新が正常に機能せず [終わらない Windows Updateを直す]

最近、世界規模のサイバー攻撃が大きく報じられ、世界で150を超える国と地域へ攻撃があり、企業や病院などが被害を受け、業務が妨害されるなど話題になっているのだが。これは、ラムサムウェアを使ったもので、PCを利用できないようにし、金銭を要求するという身代金要求型で、昨年あたりから、流行り出していた手口。

犯罪者集団が、ウィルスやワームなどの悪質なコード マルウェアを作り、通信ツールを通じで拡散させ、儲けようとするのだが。儲かりそうなものへ流れるため、こういうものにも流行りがあり。今回、北朝鮮が関与しているんじゃないかという報道もあるのだが、これだけ大きく報じられると、身代金要求型のラムサムウエアが、さらに流行ることにもなるのかもしれない。

ラムサムウェアも、100を超える種類があり、感染したときの状態も様々で。感染したときの対処法には、どういうラムサムウェアかを調べるサイト ID Ransomwareを使い、解除ツールを探したり、システムの復元、バックアップがあれば、それで戻したりなど、いろいろなのだが。感染しないよう、変なメールは開かず、怪しいファイルも開けず、知らないメールのWebリンクもクリックしないのが基本になる。

今回のラムサムウェアは、そう、高度なものではないという話もあり。Windowsを標的にしており、OSの脆弱性を狙ったものなのだが、これは、Windowsをアップデートしていれば、避けられる可能性が高そうで。それなら、Windows Updateも自動更新なため、特に気にすることも無いだろうと思っていたのだが、これが、そうでもない。

毎日のように使われている パソコンは、常に更新がチェックされるため、全く問題ないのだが、3ヶ月ほど使っていなかった ノートPC(Win 8.1)を起動すると、自動更新に設定されていても、Windows Updateが正しく機能せず。半年以上も、まともに使われていない 父のノートPC (Win 7)も、もちろん、同じ状態。

どういう状態かというと、パソコンを起動し、Windows Updateの設定が自動更新なため、パソコン内の更新プログラムを調べ始め、それが、終わらずに続いているだけ。そのため、更新作業が進んでおらず、しかも、一応、更新中なため、更新されていないという エラー表示も出ない。

たまにしか、パソコンを使わず、何ヶ月ぶりに起動したり、自動更新にしておらず、長らく更新していなかったりすると、コントロールパネルから、Windows Updateを利用するなど、通常のやり方では、OSの更新できないことになる。OSが更新されなければ、ウィルスなどに感染するリスクも高く、とりあえず、前回、やったことも踏まえ、直すことに。

前回、兄のパソコンでは、更新されつつも上手く入らず、そこから、更新されなくなったという感じなのだが。今回の2台は、その後の更新に必要な 更新プログラムそのものが入っておらず、これを入れる必要がある。

Windows 8.1には、KB3173424とKB3172614と、Windows 7では、KB3177467とKB3172605の2つをスタンドアロンでインストール。これは、Windows Updateを使わず、このプログラムを公式サイトからダウンロードし、実行して、インストール。

検索サイトで、『KB3173424 ダウンロード』などとすれば、公式のmicrosoft.comの『Download Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム』と表示され、そこから、ダウンロード。

この二つをそれぞれに入れ、Window Updateを実行したところ、更新の確認に10分ほどかかり、その後、正常に使えるようになった。

スタンドアロンで更新プログラムをインストールするには、自動更新のWindows Updateは止める必要があり。Windows Updateの設定を『更新プログラムを確認しない』にし、再起動するのが、停止させる方法としては、一番、簡単で間違いないかもしれない。

Windows 8.1だと、【コントロールパネル】 ⇒ 【システムとセキュリティ】 ⇒ 【Windows Update】で、横にある『設定の更新』を開き、重要な更新プログラムで、『更新プログラムを確認しない』を選び、再起動。これで、Windows Updateが動いていない状態になり、スタンドアロンで、更新プログラムをインストール。Windows Updateが正常に戻ったら、推奨の『更新プログラムを自動的にインストールする』に戻して、終わり。

Windows Updateで、こういうことが起こるというのも、どうなんだろうか。更新されていないにもかかわらず、エラーメッセージの表示もなし、さらに、スタンドアロンで更新プログラムのインストールというのも、不慣れな人には、面倒そうで。


nice!(191) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1036.一緒に呼びかけるのも温かく、にぎやかさに活気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームHの『シアターの女神』公演。ファンの大きな声援もあり、岡本尚子に呼びかけるのも温かく、自由なところに活気も感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『自分の褒めたいところ』がテーマ。田中菜津美のプロフィールでは、168cmから170cmにという話もあり。前日の劇場公演では、外園葉月と武田智加の二人が、プロフィールの身長よりも縮んだと話していただけに、その流れも感じられ、ファンのコメントにも、ユニークさがあり。身長の話になると、今年、卒業した 若田部遥も思い出す。

国語のテストで、自分らしさについて書いたという 秋吉優花の話も興味深く。私生活ではなく、HKTについて書き始めたところ、思いが溢れ、裏まで書いても入り切れず、『結局、自分らしさって何だろう』となり、笑いも起きていた。自分らしさという質問も、客観的に自分を見るということだろうか、答えるのが、かなり難しそうで。

ユニット曲後のMCでは、光が苦手という 駒田京伽 (ひろか)の話も、面白さがあり。ホテルで同室になった 坂口理子からは、キーを差し込み、部屋の電気が点いた途端、駒田京伽が、ブチッと切るとなり。朝、起きて、カーテンを開け、トイレなどから戻ってくると、いつの間にか、カーテンが閉まっており。ちょっと目を離すと、駒田京伽が閉め出すというのも、真逆な二人で面白く。

開けたはずのカーテンが、閉まっているというのも、起きたばかりの朝だと、奇妙な感じにもなりそうで。ホテルの部屋で、電気の消し忘れを防止するためだと思うのだが。キーを入れ、部屋の明かりが点くというのが、便利だなと感じていただけに、それが、そうでもないのも新鮮で。

前半MCでは、先日、卒業した 岡本尚子の話になり。『なおぽん、いないね』という 松岡菜摘の話から始まり、岡本尚子のポジションで衣装もという 坂口理子もおり、曲中、お馴染みの掛け声もないため、違和感がある。メンバーやファンも揃って、『なおぽん、元気!』と叫び、イナバ物置のCMみたいという話に拍手もある。

このとき、岡本尚子のファンが劇場におり、松岡菜摘と矢吹奈子が、二人並んで、ライトの光をまぶしそうに手でさえぎりつつ、同じ様に見ているのも微笑ましく。このとき、井上由莉耶(ゆりや)の『立ち直りが早いね。他にも推しメンがいるかな』に、坂口理子の『あなた、卒業するでしょ、しかも』となるのも面白く。

後半MCでは、田中菜津美が、緊張すると楽屋で騒ぐという話もあり。深川舞子の『そんな可愛いところ、みかんにもあるんだなぁって、ちょっと思いました』となり、同期でもあり、いい話な雰囲気で、田中菜津美の『うるせぇ』があり。『はぁ!はぁ!』となる 深川舞子に、宇井真白から 『いつも、バチバチしとうけん』とも言われていた。

田中菜津美が、『うるせぇ』となるのも、深川舞子が自分にだけ厳しいというのもありそうで。曲中、田中菜津美が、深川舞子に小道具を渡すため、渡す場所を伝えるも、坂口理子と話している 深川舞子は聞いておらず。そこで、しつこく何度も言ったところ、深川舞子から『お前、ちょっと黙って』となり。田中菜津美が、口調を真似しているのだが、悪さを強調してそうなところも面白い。

後輩メンバーからは、優しいエピソードばかりが語られるだけに、このギャップも大きく。同じ1期生でもあり、その中で、唯一の年下なため、何でも言えるとも話しており、仲の良さも伝わってくる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(177) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1035.家族の話も多彩で面白く、アカペラの4分割動画も凄い [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。メンバーの様々な話で盛り上がっており、にぎやかさもありつつ、寂しさもある。

自己紹介とお題のところでは、『家族の話』がテーマなのだが、ユニークな話が多く。姉がシスコンという 豊永阿紀、犬の名前は言いませんと言いながら 『梅太郎は....』の松本日向、矢吹奈子とのツーショット写真でお母さんがアイドルなピースという 今村麻莉愛など様々なのだが。中でも、運上弘菜の話が、強く印象に残っている。

北海道のお父さんについて、運上弘菜が話しており。HKT48に入り、二度目の帰郷で、最近、北海道に帰った際、お父さんが、『寂しすぎて....』と引き出しから、何かを取り出し、この間、落とした髪の毛を取っておいたとなり。これに、運上弘菜の『結構、弘菜の事が好きなのは、分かってたけど。あまりに、ホントに気持ち悪すぎて、本気で引いちゃいました』もあり、盛り上がっていた。

周りのメンバーからは、小さい女の子な 今村麻莉愛の『こわい、こわい』、坂本愛玲菜の『きっとくる~』もあり。髪の毛だけに、ホラーなイメージを連想しているのも感じられ、このリアクションも面白い。お父さんだけに、娘が大好きというのも感じられ、しかも、奇妙さもあり、そこに、新鮮な 面白さがある。しかも、運上弘菜のキャラクターから、ウケを狙って話していないところに、内容とのギャップも大きく。

福岡と北海道だけに、かなり距離があり、遠い分だけ、娘を案じる親心もより強くなりそうな気がする。この髪の毛が、1本なのか、それとも、数本や束になっているかでも、イメージが変わりそうで。微妙さはありつつも、お父さんだけに、いい話な感じもあり。それを娘に直接話すところに、親子の仲の良さも伝わってくる。

ユニット曲後のMCでは、新しくなったばかりのプロフィール話で盛り上がっており。最近、更新されたばかりながら、すでに、身長が違うというのも、ユニークで。1cmちょっと縮んでいるという 武田智加、それを大きく上回り、3cmほどという 外園葉月もあり、差が大きいだけに、姿勢の違いだろうか。プロフィール画像では、前日、本人も話していたのだが、冨吉明日香の画像が、最も良く見える。

その後のMCでも、話題になっていたのだが、Google+や755に投稿されている 坂本愛玲菜の動画が凄く。ちょっと前から、自作の歌を動画でアップしており、ピアノを弾きながら歌う 二分割動画などもあるのだが、先日は、アカペラで『恋するフォーチュンクッキー』を歌いながら、全く違うキャラで4分割動画と進化している。

この4分割動画、それぞれの動画が、一つの曲でつながっているのだが。それだけではなく、共通する出来事があるところに、アイディアもあり。見た目も様々で、キャラの違いが分かりやすく、背景にも工夫があるなど、作り込んだ洗練さがある。カツラをかぶりつつ、そのまま寝てしまったという話まであり、大変さも伺える。

最後の曲 『遠くにいても』では、泣きながら歌うメンバーの姿から、筒井莉子の卒業が近いことも改めて感じられる。残り 3公演なのだが、休演が続いていただけに、卒業が突然なようでもあり。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(195) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1034.朝長美桜の生誕祭 手紙が面白く、笑いもあり、サプライズに強い思いも感じられる [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。誕生日当日で、朝長美桜の生誕祭でもあり、久しぶりの劇場公演なのだが。ノリも軽快で、大きな声援もあり、盛り上がりも凄く。

自己紹介とお題のところでは、『最近のマイブーム』がテーマ。昨年から500円玉貯金しつつ、100枚以上貯まっているという 駒田京伽(ひろか)の話では、NMB48 山本彩がセンターを務める 『あの頃の五百円玉』に選ばれたとなり、貯金から曲につながるところに、ユニークさがあるのだが。

この500円玉の話、結構、前から劇場公演のMCで話しており。半年ほど前、最初は、無意識に、500円玉が貯まるとなり、当時は、10枚ほど。しばらくして、20枚貯まったとも話していたのだが。それから、半年ほどで、100枚以上と3ケタになっており、このペースも早い。

一方、500円玉貯金をするために、おつりを計算して、500円玉が出るようにしているという 朝長美桜の話もあり。余ったお金を貯金箱へ貯金するという感じではなく、積極的にということなのだが、500円玉へのこだわりも感じられる。好きな通貨で集めてみるというのも、お金の感覚とは違った面白さがありそうな。

植木南央の先生のモザイクが外れるという話も興味深く。現在、植木南央のぐぐたすでは、33人にインタビューする企画があり、その動画が、度々、投稿されているのだが。堺萌香などメンバーは、そのままながら、スタッフや友人など顔を出せない人に聞いていることも多く、そこで、夜な夜な編集で モザイクとなり。

先生にインタビューした際、どうしても、モザイクがかからない部分があり、一瞬、見えてしまうようで。それを高校の先生に伝えたところ、全然、いいよと言ってくれるところに、温かさも感じられるのだが。『高校の先生が出たがりで良かった』となり、そこに、面白さがある。

生誕祭の手紙は、NGT48 山田野絵から。NGT48の朝長美桜という書き出しに笑いもあり、朝長美桜にぐいぐい行きつつ、そのときの微妙なリアクションも書かれていたり、一番の後輩になるとも書かれている。面白さもあり、強い思いも感じられ、控えめそうでいて、言いたい事もしっかり書かれており、その内容に盛り上がっていた。

最後に、ファンへの言葉では、嬉しい時も悔しい時も、ファンと分かち合ってという 関係にも触れ、選抜総選挙では、選抜入りを目指すという強い意志も伝わってくる。ふわふわした印象もありつつ、強さのようなものも感じられる。

お客さん全員へのサプライズでは、手紙と共に、選抜総選挙のポスターで実際に使われた 桜の花びらも入っており。この特別な感じに、選抜総選挙への思いも伝わってくる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(189) 

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 68.ちょっとエレベーターが怖くなりそうな ホラー映画 デビル [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2010年に公開された映画『デビル』を観たのだが。エレベーターに閉じ込められた男女が次々と死に、殺し続ける悪魔は誰かという サスペンスホラー。狭い空間ならではの独特な怖さもあり、殺され方にホラー感もあるのだが、最後の結末に思うところもあり。

物語は、高層ビルのエレベーターが、突然、止まり、そこにいわせた男女5人が閉じ込められたことから始まり。エレベーター内の音声は聞こえないものの、防犯カメラで中の映像は、監視室から見える。そこで、一人が殺されたことで、殺人事件になり、呼ばれた刑事が、主人公。

犯人は、エレベーターに乗っている誰かなため、それぞれの名前を名簿などから割り出し、素性を調べるのだが。そこで、それぞれが外見とは違った 裏の顔があることが分かり、誰もが怪しく見えてくる。

偶然、同じエレベーターに乗ったはずの5人に、奇妙な共通点があり。そこで、信心深い警備員が話していた悪魔の話も、最初は、おとぎ話と冷たくあしらわれていたのだが、徐々に真実味を帯びてくるというもの。

手を伸ばせば届きそうな距離に、殺人鬼がいながら、それが誰か分からないというところに、ユニークさがあり。誰が悪魔かと想像しながら観るのだが、それが、モニター越しに見ている 刑事の姿とも重なる。

一方で、エレベーターの故障を修理しようとした整備士が、事故に遭い、修理も進まないことから、消防士も駆け付け、建物の壁をぶち抜こうとしたり。救助作業も進めながら、エレベーター内では、惨劇が続いている。

悪魔というと、文字通り悪そうなイメージが強く、無暗に殺されそうなのだが。この映画の悪魔は、邪魔をすれば問答無用ながら、狙われている人達には、それぞれ理由があり。そこに、ホラー映画ながら、距離があるため、それほど怖さが残らない。

この映画を観ると、実際、エレベーターに乗った際に、乗り合わせた人を妙に意識しそうで、止まるんじゃないかと、しばらく、気になりそうだ。1時間20分と短めなのだが、見ごたえがある映画だった。




nice!(197) 

深い睡眠で疲れも取れれば グリシンサプリ  いろいろ飲み比べ、飲みやすさの違いはあるものの、それほど、大きな違いも無さそうな [深い睡眠で疲れも取れれば グリシンサプリ]

『AJINOMOTO グリナ』、『ファイン グリシンプレミアム』、『オーガランド グリシン』、そして、原料そのまま グリシン 100%の粉末 『グリシン 1kg』を飲み比べてみて、感じたことなのだが。どれも、寝る前に飲むと、深い睡眠になるという グリシンが主成分。ちなみに、グリシンは、深い眠りが得られるというもので、睡眠薬のような 眠くなるという話ではない。

グリシンは、動物性たんぱく質の牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、ゼラチン、魚介類に多く含まれ、体内で作り出すこともできるという アミノ酸の一種。しかも、細菌の増殖を抑える 静菌作用もあり、ニオイもほぼなく、味もやや甘めなことから、調味料、お惣菜やお菓子などの添加物にも使われ、普通に生活してても、口に入ってそうなもの。

眠りが深くなることが明らかになり、話題になったのは、ここ数年の話。グリシンが、発見されたのは、1820年で、まもなく、200年。ゼラチンに甘味があることから、加水分解で取り出された結晶が、グリシンで、当初、ゼラチン糖と呼ばれていた。このグリシン、絹糸に水を加えた 加水分解でも得られたり、地球に落下した隕石からも、微量のグリシンが発見されたり。

睡眠への働きが分かったのも、たまたまのようで。薬の効果を調べる実験で、薬を飲ませるグループと偽薬を飲ませるグループで比較した際、当時、何の効果もないとみられていたグリシンを偽薬に。すると、 偽薬を飲んだ人から、疲れが取れたという話があり、それが切っ掛けと言われている。睡眠への働きについて、研究が進んだのは、2000年に入ってから。

グリシンは、深い睡眠だけではなく、核酸を構成する主成分 プリン体、抗酸化物質 グルタチオン、クレアチン、ポルフィリンなどを作る物質としても知られており。クレアチンは、運動能力を高めるため、プロのアスリートが飲んだりするもので。ポルフィリンは、体内で酸素を運ぶ ヘモグロビンに含まれており、ヘム(鉄とポルフィリン)とグロビンで、ヘモグロビン。

どこにでもありそうな グリシンなのだが、体内でも様々なところで利用されており。それだけに、食生活の乱れなどで不足することもあるのかもしれない。欠乏症では、不眠症、関節痛、肌荒れなどもあるのだが、肉類、魚介類に多く含まれることから、余程の偏食じゃない限り、そこまでは、ならないんじゃないだろうか。

glycine01.jpg

本題の『AJINOMOTO グリナ』、『ファイン グリシンプレミアム』、『オーガーランド グリシン』、グリシン 100%の粉末を飲み比べの感想なのだが。これも、個人的なものなため、人それぞれで違いがある。

『AJINOMOTO グリナ』は、原料が、グリシン、クエン酸、香料。グリシンは、1本あたり 3000mgなため、3gになる。この中では、クエン酸を加えているところに特徴があるのだが、クエン酸というと、スポーツドリンクにお馴染みな成分で、運動中や運動後に飲むイメージが強く。寝る前に飲むと、寝つきが悪そうな気がするのだが、これは、そうではないようで。疲れを取るために、クエン酸を飲んで寝るという話もあり、寝る前に飲んでも、気にならなかった。

『ファイン グリシンプレミアム』と『オーガランド グリシン』は、1本あたりのグリシンが、450mgと480mgで似たようなもの。さらに、加えている他の成分も、ギャバ、L-トリプトファン、L-テアニンと同じで、これらは、リラックスさっせるため。これらは、グリシンプレミアムの方が、ギャバが約 40倍、L-トリプトファントとL-テアニンが約 5倍と多め。

飲んだ感じでは、グリナは、中身がシンプルな分、味がそのままなのだが、そう飲み難くもなく。グリシンプレミアムは、レモン風味なため、これも飲み難くはないのだが、量がやや多めで、シャリシャリしている。これに比べ、オーガランド グリシンは、グリシンプレムアムの半分の量で、しかも、パウダー状なため、非常に飲みやすい。

飲んだ後、眠りやすさでは、『ファイン グリシンプレミアム』と『オーガランド グリシン』。それは、リラックスさせるものが入っているため。個人的に眠り難い方ではないため、そのままでも寝れるのだが、寝やすさの違いは感じられる。ただ、眠りやすさという点では、分量の違いがある割に、あまり差がないような。

どれを飲んでも、よく眠れたという 実感はあるのだが。共通して言えるのが、最初ほどではないということ。初めて飲むと、驚くほどよく眠れたという感じになるのだが、飲み続ければ、翌日には、そんな感覚ではなく。これは、よく眠れたことで、疲れが取れたからかもしれない。そこで、1週間飲み、1週間飲まずと、それぞれで繰り返していた。

glycine02.jpg

グリシン 100%の粉末を飲むと、グリシンで深く眠るというのは分かるのだが、グリシンだけでは、大きな差が出ないような。粉末のグリシンを多めに飲んでも、3g飲んでも、飲めば飲むほどということでも、無さそうで。不足した分を十分補えれば、違いが分かるということかもしれない。

結局、規則正しい食生活で、栄養のバランスも取れていれば、必要な グリシンも補えているだろうし、何も飲まなくても、いい睡眠が取れているはず。飲み始めで、効果を感じるということは、食生活に問題があるのか、年齢やストレスなどで体内で合成される分が減っているのか、そんなところだろうか。

   


nice!(201) 

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 3.クリーンさを保つのが難しそうで、アカウントの停止で気になることもあり [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

AiKaBuは、基本プレイ無料なこともあり、初心者向けのチュートリアルをクリアすれば、多くの報酬が手に入る。これは、どのゲームアプリでも、ありがちな事なのだが。そこで、複数のアカウントを作り、最初に得られる報酬で、特定のメンバー株を買い集め、株価を上げてそうな ユーザーが、結構、いるようだ。

AiKaBuのホーム画面で、上部にあるメニューから、【TOPICS】を押すと、時価総額ランキングが表示される。そこで、メンバー別の 【貢献度】を押せば、週間トレーダー貢献度ランキングが表示され、ここに、名前も同じ、獲得ポイントも同じというのが、どんどん出てくる。何株買っているかは分からないものの、どのメンバーを買っているかは、見ることができ、それも、同じ。こうなると、どうしても、意図的なものが感じられる。

同じ名前を立て続けに使っているところに、悪意があるのか、それとも、そうせざるを得ない何かがあるのか分からないのだが。どうしても、推してる メンバーの株を引き上げたいという気持ちも、ファンの心理としては、分からなくもなく。これに対して、運営側が効果的な対策を講じることができれば、いいのだが。

実際の株取引でも、株価を不正に操作する 仕手集団、内部情報を悪用した インサイダー取引があり、もちろん、不正が明らかになれば逮捕される。これが、ゲームアプリとなると、アカウントの利用停止が、処分としては、最も重そうで。だた、これが、再発防止につながるかの疑問もある。

最近、AiKaBuで、禁止行為を行った アカウントの利用停止が続いており、11日に 6,112件、13日にも 1,687件。これが、どの禁止行為で行われているか分からないのだが、利用規約の禁止事項には、『(6)複数のユーザーアカウントの付与を受ける行為』もあり。これが、先ほどの話に該当しそうで。

気になるところに、利用停止されたアカウントの株は、どうなるかもあり。もし、アカウント停止で、浮いた分が大量にあり、そのまま、ロックされた状態になると、絶対に動かない株が存在することになる。時価総額は、発行済株式数 × 株価なため、数が多い分、時価総額を押し上げることになるかもしれない。単純に数を減らせばとなると、株価を引き上げた影響は、そのまま残ることになる。

このゲーム、地味な株取引を明るく学べるというところに良さがあるのだが。さらに、他のメンバーへの関心も高まり、ニュースサイト感覚で、メンバーの情報が、次々と流れるなど、様々な情報を結び付けるツールとしても役に立つ。

ただ、メンバーそれぞれを株に見立てることから、株価が上がったり下がったりするのも、常に変動する人気投票のようなもので、どうかなと感じるところもあり。そこに、今回の禁止行為による アカウント利用停止のお知らせからも、難しさが伺える。ゲームとしては、単純なため、公平さが保てなければ、成り立たないところもある。

AiKaBuが始まった当初、株価が底に付きそうな メンバーが何人もおり、しかも、配当金がそれを上回るという異常な状態。これが、前回のアップデートで改善され、しかも、ゴールデンウィークのキャンペーン以降、株価が反発し、その後、ある程度の株価を維持している。

いい方向へ向かっているとは、思うのだが。基本プレイ無料のゲームアプリでは、レアアイテムを得るために、インストールとアンインストールを繰り返し、当たりを出そうとする リセットマラソン(リセマラ)などもあり。気軽に誰もが遊べるところで、いろいろ起こりがちなのは、仕方ないのかもしれない。


nice!(183) 

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 67.一風変わった 詐欺師も面白く、娘との絆もあり マッチスティック・メン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2003年に公開された映画『マッチスティック・メン』を観たのだが。個性的な詐欺師を主人公に、娘との葛藤もあるなど喜怒哀楽が描かれている。ノリの良さもあり、あまり重くならない感じもあり、それでいて、最後の結末に思うところもある。主演は、ニコラス・ケイジ。

物語は、極度の潔癖症を持つ、天才的な詐欺師が主人公。プロ意識も高く、生活の仕方などにも、強いこだわりがあり。ゆるぎないスタイルを持つ 主人公のもとに、突然、年頃の娘との生活が始まり。娘ができたことで、喜びや不安もありつつ、様々な出来事が起こるというもの。

こだわりというところに、面白さもあり。ドアを開ける際など、『ワン、ツー、スリー』や日本語で『いち、にい、さん』と言いつつ、開け閉めを繰り返し、バタンバタンとしながら、開けたりするのだが。これも、極端な縁起担ぎのようにも見え、几帳面さが伝わってくる。

さらに、日本人のように、家に入るとき、靴を脱いでおり。強迫性障害から強烈な潔癖症を発症し、ちょっとした汚れも見過ごすことができず、寝る間も惜しみ、掃除が止まらず。ここに、粗暴な娘が転がり込み、一緒に生活するため、これまでの生活スタイルが崩れ、頭を抱えたり。

詐欺師の姿を描いているため、安いものを高く売りつけ、そこから、さらにというところで、手口の複雑さもあり、バレたらまずいという緊張感が漂うのだが。詐欺をするために、いろんな人物になりすましており、俳優が役を演じ、その役で様々な人物を演じるということにもなる。これが、なりすまし芸のような感覚で、楽しめるところでもあり。

一方で、強迫性障害の薬が切れた途端、しゃっくりが止まらないような しゃべり方で、『ッン、ッン』となり、片目のまばたきも止まらず、これが、ウィンクのようで。シリアスなシーンで、真面目に話しながら、この状態になるのも面白く。

主人公は、詐欺師なのだが、流儀のようなものを持っており。騙すことを楽しんでいるのでもなく、人をだまして、得られたお金を地道に貯金していたりもする。正しい事を行っている訳ではないため、そこに、強迫性障害とも結び付きそうで。

この映画、最後は、騙し合いで意外な結末を迎えるのだが。やはり、悪事を積み重ねれば、報いがあるというのも感じられ、終わり良ければというところで暗くもならず、映画としての楽しさもある。




nice!(194) 

PS4 残忍ながらゲームの良さも詰まった ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー 敵地へ潜入し大暴れ、兵器を奪い、仲間も助け、残酷ながら分かりやすい面白さ [PS4 ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー]

PS4『タイタンフォール2』が、予想以上に面白く、気分も盛り上がり、ゲームの良さが改めて感じられたことで、他もやってみたくなり。そこで、当時、気になりつつ手を出さなかった 『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』もやることに。

ダウンロード版で、容量が50GB弱もあり、ネット回線が、WiMAX2+なため、どうかと思っていたのだが。ダウンロードが、ある程度進めば、完了していなくても、ゲームができたため、あまり時間も気にならず。それでも、12時間近くはかかったんじゃないだろうか。



『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』は、2014年6月に発売され、当時、宣伝動画の戦闘シーンを見たところ、ありがちなようにも見え、そこで、もう少しかと感じたのだが。実際、やってみると、過激な残忍さがあることで、復讐の分かりやすさもあり、主人公側も問答無用なところで、バランスも取れている。

やられっぱなしではなく、やられてやり返してなところで、残忍な印象も中和されるところもあり。映像自体も、実写に近いものではなく、ゲームらしいものなため、これが逆に良く、別世界な感覚で見れる。

物語も、戦場で負傷し、植物人間になった主人公が、14年後に目を覚ますと、世界がナチスに征服されており。主人公は、収容所に送られた昔の仲間を助けるなど、仲間を増やしながら、兵器も盗み軍備を整え、反撃に転じるというもの。映像からは、残酷さが目立つのだが、絶望的なところから、希望を見出すような物語でもあり、登場人物のノリもあるため、思ったほど暗い感じでもない。

ゲームとしての面白さも、詰まっており。まず、主人公が扱う武器も多彩で、ライフルやショットガンなどもあるのだが、充電式のレーザー銃もあり、さらに両手に銃を持って撃ちまくったりもする。敵に弾が当たると、血が飛び散り、頭部が吹き飛んだり、肉片が散乱したりと様々。

撃てば弾数も減るため、倒した敵の武器も拾い、部屋に置かれているアイテムも上手く活用しながら、先に進めることになる。このアイテムも、部屋のデスクや棚に置かれているものもあれば、木製の箱などを壊すと、中に入っていたり、とにかく、アイテムが、どんどん手に入る。これも、ゲームらしい面白さで、テンポよく進められる ポイントにもなる。

激しい撃ち合いも、いいのだが。敵に見つかれば、増援で敵が増えるため、ナイフ一つで、密かに近づき、敵を倒したり、やり方もいろいろある。しかも、正面からだけではなく、隠された 抜け道を通り、裏から攻撃などもあるため、それを探しながら。

最初から自軍の総攻撃なため、ド派手なものなのだが。こんな展開になるのかという驚きもあり、物語自体も長く、小さくまとまらない スケールの大きさがある。このゲーム、シングルプレイのみなのだが、これだけ遊べればと感じるくらいのボリュームがあった。

 


nice!(206) 
前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ