So-net無料ブログ作成
検索選択

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1031.ギャップに面白さもあり、パターンに惹きつけられるところもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。昼夜の2回公演で、様々な話で盛り上がり、メンバー同士の掛け合いも多く、活気があり。村川緋杏(びびあん)が休演となり、急遽、松本日向が4時間で覚え、出演も凄く。

昼公演の自己紹介とお題のところでは、『ゴールデンウィークの思い出』がテーマ。堺萌香が習っていた少林寺拳法の合宿の話になり、枕投げで、顔に受けてしまい怪我をしたとなるのだが。少林寺拳法というところで、『ウソ!』と驚き、笑いが止まらない 山下エミリーに、堺萌香の『笑い過ぎですよ、エミリーさん!』もあり、これに、客席からの笑いも大きく。

笑いながら 山下エミリーの『なんか、少林寺拳法やってる....感じじゃ....』もあり、これに、堺萌香の笑みを浮かべつつの怪しい表情に、何かがありそうで。ここで、今村麻莉愛から 『やってやって』もあり、お客さんの『おぉー!』と声も上がり、構えてからの『やぁ~』なのだが。今村麻莉愛の『絶対、やってない』、山下エミリーの『見なければ良かった』もあり、これに、堺萌香の『ちょっと!』となるのも面白い。

女の子という見た目から、少林寺拳法のイメージとも結び付かないものの、以前、堺萌香のSHOWROOMでも、その話をしており。キレがある動きを期待していただけに、ゆるい感じにギャップもあり、すぐに、それを真似する 今村麻莉愛も可愛らしく、盛り上がっていた。

昼公演も夜公演も、後半MCでは、萌え台詞になり。昼公演では、告白となるのだが、荒巻美咲の『転校します』は、内に秘めているものを打ち明けるということで、罪を告白するのに近く。言ったメンバーが、次を指名し、荒巻美咲から指名された 山下エミリーの『美咲ちゃん、そういうの好きよね、ホントに』もあり、ありがちな感じも面白いのだが。

積極的でハグからという 今村麻莉愛から、次は、清水梨央となり。困ったような表情で前に押し出されると、荒巻美咲の『そんな言いつつね、一番、いいんでしょ』もあり。これも、清水梨央に癒されているという 地頭江音々の話もあり、『メール見てるよ、凄い釣ってるね』と山下エミリーからも言われ、ハードルが、さらに上がった感じなのだが。清水梨央の『あなたの事が好きになっちゃった、ダメかなぁ』に、爽やかさがある。

夜公演では、萌え台詞な しりとりとなり。家族が観に来ていることで緊張していた 筒井莉子も新鮮に感じられるのだが、他のメンバーにも伝わってそうな雰囲気もあり。基本がしりとりで、メンバーにより話し方もあるため、同じ言葉からつなげることも多く、ここに難しさもありそうで。

2周目になると、追い詰められた感じになり、今村麻莉愛の『寝よ』の『よ』から、山下エミリーの『もう、洋服脱がないでー!』も絞り出した感が強く。メンバーも笑い出し、客席も盛り上がっていた。どういう言葉を選ぶかで、メンバーそれぞれが思うシチュエーションの様々なのが分かる。

夜公演の感想のところで、萌え台詞が上手くできなかったという 月足天音が、改めてとなるのも凄く。流れがないところだけに、勇気も感じられたのだが。もやもやしたところで、地頭江音々がフォローしており。萌え台詞の告白でもあったのだが、月足天音の『それは、言わん約束やろ!』も、度々聞いていると、だんだんと感じる 面白さがある。

記念写真では、今村麻莉愛と松岡はなの二人が、お揃いな髪型をしながら、正座で並んで座り、姉妹な感じで可愛らしい。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(190)