So-net無料ブログ作成

PS4 ロボットモノのSF感がいい タイタンフォール2 1.シングルプレイの物語も面白く、ロボットならではの派手さもあり [PS4 SF好きに堪らない タイタンフォール2]

昨年末に発売された 『龍が如く6』を終えてから、これは良さそうだと思える新作もなかったため、PS4で遊んでおらず。これは、凄いと感じられるアイディアや発想があれば、興味も持てるのだが、出尽くした感があり。

それでも、『龍が如く』や『ヒットマン』などのシリーズなら、魅力的なキャラクターで、ヤクザや殺し屋の雰囲気も楽しめるため、続編が出れば、迷うことなく手に取るのだが。これも、昨年から待ち続けている ヒットマンの新作が、今年発売の予定なのだが、まだ、出る気配がない。

titanfall2.jpg

ゴールデンウィークで長い休みもあったため、とりあえず、何かやろうかと思い、『タイタンフォール2』。パッケージを見ると、ちょっと冴えない感じながら、シングルプレイの評判も良い。あまり期待せず始めたところ、世界観もしっかりしていて、作り込まれた感じもあり、かなり面白く。



前作の『タイタンフォール』は、PC版とXBOX 360版のみで、シングルプレイとマルチプレイの垣根を取り払い、マルチプレイで物語を進めることはできたようなのだが、シングルプレイがなく。それが、この『タイタンフォール2』では、シングルプレイが可能になり、一人で遊べるようになっている。上の動画では、英語と日本語字幕なのだが、日本語の吹き替えにもなっている。

シングルプレイの物語は、パイロットと呼ばれる兵士がおり、垂直な壁も横に走れるなど高い機動力を持ち、そのパイロットのみが操縦できるロボット タイタンもある。軍の特殊部隊のようなもので、エリートという存在なのだが、いつかはと思っているのが、主人公。戦場で、敵と交戦した際に、部隊が壊滅状態になり、パイロットが死ぬ間際に、生き残った主人公をパイロットに昇格させ、自身のタイタンを譲るところから、物語が始まる。

タイタンを動かすために、敵の真っただ中で、バッテリーをかき集めたり、極秘任務を引き継いだり、次々と現れるボスキャラのような 敵傭兵も個性的で、自軍の兵士と共に戦うこともある。戦場も狭い空間もあれば、高い塔の上もあり、多彩で飽きさせない。



タイタンにも種類があり、物語が進むにつれて、選択肢が増える。シングルプレイでは、タイタンのカスタマイズはできず、タイタンを選ぶことで、装備一式が変わるり、それにより、特性も変化する。これが、マルチプレイになると、パイロットやタイタンのカスタマイズができ、武器などのレベルアップもある。

レビューでは、人工知能を搭載した タイタンとの会話が、良かったという話が多く。これも、実際にプレイすると、タイタンの話に、選択肢で答えるのだが。タイタンは、パイロットの専属なため、途中で、主人が替わったようになり、最初は、主人公とタイタンの距離感があり。それが、物語が進むに連れて、打ち解け、お互いのノリも変わり、そこに、愛着もわいてくる。

以前、『ウォッチドッグス』が、ハッキングをパズルゲームのように表現し、ユニークなアイディアもあり、確かに面白かった。これの続編 『ウォッチドッグス2』が発売され、これも、かなり評判が良く、面白そうなのだが。ただ、前作の印象が強く残っていたこともあり、もう少し経ってからと、あえて、他に。やはり、全くやったことがないものの方が、比較できない分、新鮮な気分で楽しめるところはある。

このゲーム、マルチプレイがメインなのだが。シングルプレイでも、これだけ物語がしっかりあり、それなりのボリュームもあるため、ここだけでも、結構、楽しめた。シングルプレイをクリアしていれば、操作には十分慣れているだろうから、いい状態で、マルチプレイも始められそうだ。

   


nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感