So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1045.明るく元気な姿があり、お化けな話も様々で面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。前日の速報発表の重い雰囲気とは違い、メンバーの明るく元気な姿に、ファンの声援も大きく盛り上がっていた。ユニット曲の出演メンバーも変化に富んでおり、この公演で、地頭江音々が、ユニット制覇で一番乗り。

自己紹介とお題のところでは、『公演の見どころ』がテーマ。アカペラ動画を投稿している 坂本愛玲菜の歌いながらのキャッチフレーズも、最近、続いており、ファンの手拍子も入り、お馴染みなのだが。今回、いつものように歌いながら、続きもあり。坂本愛玲菜の『最近、この歌、あんまり評判良くない、だけど私は、続けますよ、へぃ!』と歌っており、周りのメンバーも笑い出していた。

このキャッチフレーズの後、あまり評判が良くないという事については、全く触れず、お題に沿って話し出すのだが。歌うキャッチフレーズで、手拍子まで入るものは他になく、そこに、ユニークさがあるのだが。評判に流されず、突き進むところに強さも感じられ、ここからの面白さもある。

キャッチフレーズでは、先日、卒業した 筒井莉子から引き継いだ 『探そう!』を宮﨑想乃が使い、客席からの『おぉー!』という声が一斉に上がり、みんなで、『探そう!』と大いに盛り上がっていた。4期生のフレッシュさに加え、馴染みがある キャッチフレーズというのも新しさがあり、今までとは違って見える。

前半MCでは、肝試しから思わぬ方向に話が広がるのも面白く。地頭江音々のAKB48の番組でやっていた 肝試しに憧れており、チームT2と4期生でも、やりたいという話になり。みんな怖がりな事から、この中で、最年長の栗原紗英にとなると、栗原紗英の低い声で、『無理、無理』があり。

ここで、栗原紗英の西鉄ホールで行われた お化け屋敷話になり。中学生ぐらいの頃、栗原紗英と女友達の8人ほどで夏休みに行き、料金の800円を払うも、怖さから、なかなか入れず、女友達にもキレられ。そこで、お化け屋敷の女性係員を巻き込み、お化けが出るポイントで、『今から出ます』と先に教えてもらうという 予告お化け屋敷も斬新さがあり。怖がりというのも、女の子な可愛らしさが感じられる。

ここから、村川緋杏(びびあん)の心霊話もあり。とある坂で、お母さんに動画を撮ってもらう際、誤って録画した映像に、『スタスタスタ......』と奇妙な音が入り。その音に覚えもなく、しかも、それが、単なる音ではなく、見知らぬ人の声となり。この話を聞いていた 栗原紗英と松岡はなの二人は、耳を塞ぎ、地頭江音々の首をすくめる姿からも、怖い話という雰囲気が伝わってくる。

それをチームT2と4期生のLINEに、その動画を貼ったところ、村川緋杏に不可解な現象が起き始め、スマホが充電できなくなり、ピアノの音源が急に『バチッ』と切れるとなるのだが。そこで、小田彩加から、投稿した動画を消した方がいいと言われ、消したところ、それが収まったとなり。宇宙人やオーラ話など、超常現象的なものに詳しそうな 小田彩加だけに、ここでのアドバイスも雰囲気がありそうで。

家電に影響があるというのも、心霊現象と電磁波が関係しているからじゃないかという説もあり、興味深く。家電も意外と不安定なものなため、そこに、心霊的な要素も入る余地があり、妙な話には、独特な面白さがある。こういう話が出てくると、改めて、肝試しが夏の風物詩と感じられ、そこに良さもあり。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(200) 
共通テーマ:日記・雑感