So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1051.違いがあるのも面白く、意外な話もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。自由な雰囲気に、メンバーの個性も感じられ、明るいにぎやかさが感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『今、謝りたいこと』がテーマなのだが。ゆで卵にハマり、6個ほど食べるという 神志那結衣の『ばんどうえいじーな』も、長過ぎるところが妙に面白く。元プロ野球選手でタレントでもある 板東英二で、ゆで卵も懐かしいのだが、YouTuber 『B.E.(Boiled Egg)』としても活動しているようで。

秋吉優花のややこし過ぎる名前もあり。秋吉優花の『吉』は、本当は、下の横棒が長く 『土』のようで。自分のサインを書くとき、それで書いたところ、ファンから間違えてると言われ、『間違える訳ないじゃないですか』と話していた。

ファンが間違えてると感じたのも、無理もなく、HKT48の公式プロフィールでは、秋吉優香。下が長い『吉』は、一般的ではないようで、このブログでも空白になり、正しく表記できなかった。自分の名前を書いて、間違ってると言われると、ただ、漢字を間違えたのとも違うため、話しぶりから、不愉快さも伝わってくる。

前半MCでは、メンバーに街で会ったときの話も、それぞれで違いがある面白さがあり。この日、一人、窓際に座り、ご飯を食べていたという 坂口理子の話では、ピンクで派手な子がいると見ていると、それが、上野遥だったとなり。目が合うと、上野遥が大きく手を振りながら、『りこぴー』となるのも明るい元気の良さが感じられる。

この流れで、街でメンバーに会っても声を掛けられず、他人のふりをするという 駒田京伽(ひろか)の話もあり。お母さんと洋服を買いに行ったところ、神志那結衣もお母さんと来ており。邪魔しないよう 会釈だけにしたところ、不仲説が流れたとなり、そこの店員が、ファンだったためとなるのだが。

特に仲が良さそうな 坂口理子に会っても、すれ違いざま、さりげなく合図する感じで、これなら、誰にも気づかれなさそうなのだが。一方、坂口理子は、そこをケータイで撮り、LINEで見せてくるとなり、この感覚の違いも、ユニークで。

冨吉明日香からも、駒田京伽と会い、自然な感じで、一緒に行動しているところ、『これ、可愛くない?』と話しかけたら、いなくなっており。そこで、『ぴーちゃん、どこいったん』とLINEするのも面白さがある。

LINEでつながっていれば、一緒にいなくても、コミュニケーションが取れるため、場所に縛られない良さも感じられるのだが。コミュニケーションの手段も様々で、自分に合ったものを選べる時代なのかもしれない。

井上由莉耶(ゆりや)のエレベーター話もあり。西鉄ホールがある ソラリアステージで、エレベーターに乗ったところ、ファンが大勢おり、『失礼しまって、乗ったよ』となり。坂口理子の『由莉耶と一緒にエレベーターに乗るとか、もう、イベントできんじゃん、そこで』に、笑いも起きていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(200) 
共通テーマ:日記・雑感