So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 82.原作がゲームながら、戦闘の派手さも良く ヒットマン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2007年に公開された映画『ヒットマン』を観たのだが。原作のゲームキャラを意識したところも感じつつ、戦闘が問答無用で派手さもあり、静かな動きに雰囲気もあるなど、思った以上に面白く。

この映画、PCやPSなどで発売されているゲームソフト『ヒットマン』が原作になっており、2000年にPC向けに発売された『Hitman: Codename 47』から現在までシリーズが続いており、来月10日には、PS4やXbox1向けに、新作『HITMAN』が発売される。それを楽しみにしており、それで、この映画を観たのもあるのだが。

これまで発売された シリーズを通してやっているため、ゲーム版のイメージが強く。それだけに、キャラクターの違いが、やや気になる。ゲーム版の主人公は、おじさんという感じで、冷酷さがあり、プロの殺し屋という渋い雰囲気が漂うのだが。映画版は、それと比べると、表情が豊かで、渋さに欠けるような。

映画では、命を狙われている 女性も連れていたり、追い続ける捜査官とのやり取りもあるなど、主人公に人間味がないと物語にならないところもあるのかもしれない。同じ組織からも命を狙われ、複数の刺客と戦うシーンが印象的で、見応えがある。



上の動画は、来月発売のゲーム『HITMAN』の動画なのだが。このゲームの面白さは、敵のアジトなどに変装しながら深く潜入し、ターゲットを誰にも気づかれずに殺害し、静かに任務を終えるところにあり。殺害方法も様々で自由度も高く、周囲の環境から何が使えるかを判断し、事故死に見せかけたり、食べ物などに毒を盛ったり、それを無視して、次々と撃ち殺しながら、皆殺しもできる。

この映画では、警察官や謎の組織に追われ、大勢の敵に囲まれた状況で、次々と倒すところも見どころなのだが。ゲーム ヒットマンでは、ステルス性に特徴があるため、それとの違いもある。ゲームを知らない方が、素直に楽しめるのかもしれない。

主人公 エージェント47は、当初、この映画の製作総指揮 ヴィン・ディーゼルが演じる予定だったようで。映画『ワイルド・スピード』のドミニク・トレット役でお馴染みなのだが、どんな47になったかも興味がある。

   


nice!(57) 
共通テーマ:日記・雑感

ライブ配信 SHOWROOMが凄い! 6.ラジオも映像が観れると違った面白さがあり、VRで好きに観れるのも凄い [ライブ配信 SHOWROOMが凄い!]

昨日、深夜のラジオ 『AKB48のオールナイトニッポン』をSHOWROOMで観ており、指原莉乃、植木南央、駒田京伽(ひろか)、坂口理子、冨吉明日香が出演していたのだが。SHOWROOMで行われていた『オールナイトニッポン超直前スペシャル』もあり、どちらも、かなり面白く。

超直前スペシャルの罰ゲームでは、坂口理子がビリビリペンを使うことになり、ヒジでやると痛くないと言ってしまった 駒田京伽もとなり。駒田京伽がやる寸前に、『信じてるぞ、ユーチューバー』となり、情報の出どころも分かり、周りが半信半疑なところ、本当に痛くなく、『ユーチューバー凄い!』と驚いていた。

ヒジでは、全く何も感じなかったようで。ビリビリペンが、ちゃんと動いているのかと指で押したところ、椅子から飛び上がり。これが疑いもなく、自然にやり出すところに、コントのような面白さがある。これも、見なければ分かり難いため、映像ならではな良さとも言えそうで。

超直前スペシャルは、SHOWROOMで配信されるため、映像なのだが。ラジオ番組のオールナイトニッポンも、SHOWROOMで映像が見えると、ラジオ番組風に撮影しているテレビ番組のようにも見え、ラジオとは、違った感覚で楽しめる。

さらに、SHOWROOMには、VR配信もあり。これだと、スマホを使い360度が観れるため、通常のカメラマンが撮影したメンバーが次々と映るのとも違い、見たいメンバーだけを見続けたり、より自由になる。

ユニークな機能としては、観ている人が、コメントすると観ている方向に白い点が付くようになっていることで。昨日のオールナイトニッポンのVRでは、この白い点が、2つの方向に集まっていた。これが、もし、この方向にどれだけ観ている人がいるかも分かれば、単純に人気の度合いも表すことになりそうな。

VRを使うには、Wi-Fiが使える環境が必要と注意もあり。インフラに力を入れ、同時アクセスもかなりの数まで耐えられるという話もあるのだが、それでも、過剰にアクセスが集中すれば、つながり難かったりは、するようで。通常の映像に比べると、どうしても、画質は下がるのだが、それでも、これだけのことができるのだから、仕方ないのかもしれない。

他のスマホやタブレットは、VRで観れたのだが、SIMフリースマホ 『ASUS ZenFone 2 Laser ZE500KL』では、見れず。このSIMフリースマホは、ポケモンGoなどは、問題なく動作しており、ジャイロセンサーもあるため、機能的には、問題なさそうなのだが、何かが違うらしい。


nice!(173) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 81.怪しげな語りに雰囲気があり、大人も楽しめるSFドラマ ウルトラQ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1966年に放送されていた特撮SFドラマ『ウルトラQ』を観たのだが。奇妙な出来事から始まり、ホラーのような怖さに雰囲気もありつつ、後を引かない感じもあるため、気軽に楽しめる良さがある。

『ウルトラQ』は、円谷プロの空想特撮シリーズ第1弾、第2弾に『ウルトラマン』があり。これを観る前に、怪獣が出てくる話と聞いていたいたため、それを倒す ウルトラマンが出てこないと物語が終わらないんじゃないだろうかと気になっていた。

実際、観始めると、ウルトラマンが登場しない ウルトラQの方が、奇怪な出来事への解決法に様々なパターンがあり、怪獣を倒せることもあれば、謎めいたまま終わることもあり、どうなるか分からないところに、大人な感じがある。

1話完結の物語なのだが、登場人物が生き生きとしており、展開に見応えもあるのだが。子供向けとは思えない内容で、様々な現象に、それなりの理由があるところにリアルさもあり。

物語と最初と最後に入る 怪しげな語りも意味深で、BGMも不気味で薄気味悪く。そこに、怪談話やお化け屋敷と同じ様な、人を惹きつける魅力があるのかもしれない。

さらに、昔の作品だけに、映像がカラーではなく、白黒なのだが。これが、逆に、実写と特撮の違いが分かり難くなり、全てが実写に見えるような、そんな感覚にもなる。

全体としては、不気味な雰囲気が漂っているのだが、登場人物は、逆に陽気だったり、果敢に挑む姿もあるため、暗くなり過ぎない良さもあり。巨大な怪獣が登場することで、物語のスケールも大きく感じられ、これは、特撮ならではとも言えそうだ。

ウルトラマンでは、怪獣が現れ、それを倒すところに分かりやすさがあり、観る側を期待させるのだが。ウルトラQでは、ウルトラマンという決め手がないため、結末がぼやけたようになりやすく、こういう出来事が実際に起こるかもしれないと締めくくることもある。

敵を倒すヒーローもおらず、憧れの対象もないため、子供が観たら、面白くないんじゃないだろうかと思うのだが、そんなことも無かったようで。当時、大半の放送回で、視聴率が30%台というから、人気の高さが伺える。

ウルトラQには、シリーズ45周年に、構想18年、製作に2年以上かかったというカラー版があり、『総天然色ウルトラQ』もある。カラーになると、また違った良さがあるのかもしれない。

 


nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 4.NMB48の上場が決まるも、気になるところもあり [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

株取引シミュレーションのゲームアプリ AiKaBuでは、SKE48に続き、NMB48が8月1日に上場することになり、このペースなら、年内にも、HKT48、NGT48、STU48も上場するかもしれない。

上場にあたり、各NMB48メンバーの株価を決めるため、ブックビルディング方式が採用されており、これも、実際の株取引に近く。どのくらいの値段で、どれほど買いたいかを調べ、マーケットの動向から公開価格が決まる。

このゲームでは、これに参加することで、報酬があったりするため、やらないよりは、やった方がというもので。新規上場株が抽選で当たれば、公開価格で手に入れることができ、株数は、申し込んだ分だけ手入るとは限らないのだが。

申し込む際に決めた価格が、公開価格を上回っていたとしても、抽選に当たり、支払う額は、公開価格で計算される。高めに付けたからと言って、その分、多く取られるというものでもない。

株取引の仕組みとして、1日の株価で、上げ幅と下げ幅が決まっており、低い金額から始まると、1株当たりでは、上限いっぱいのストップ高が続いても、それなりの株価になるまで、日数がかかる。その分、多くの株を持っていればとなるのだが、この株数が、抽選・割当では、どれほどになるか分からないため、ここに微妙さがある。

実際の株取引では、新規上場株は、初日に大きく株価が跳ね上がり、そこに、驚きがあるのだが。アイカブでは、もっとも高値を付けそうなメンバーが、すでに上場していたり、新規で上場するメンバーも多いため、どうかなという感じもあり。今回のNMB48の上場が、大いに盛り上がるといいのだが。

SKE48の21枚目のシングル『意外にマンゴー』に掛けたイベントもあるのだが、SKE48メンバー株を売買することで、ポイントも稼ぎやすくなっていたものの、株価を下げるSKE48メンバーも目立ち、なかなか厳しい。ただ、これまでに比べ、報酬の方向が違っており、それもあるのかもしれない。

メンバーのSHOWROOMを観ると、自身の株で、誰が大株主かをチェックしているという話も聞くのだが。これも、現時点では、アイカブに全てのメンバーが、銘柄として、登録されている訳ではないため、推しメンが上場したところで、大きく動く可能性もあり。レベルアップ目的で、株価を買い集めていたりもするため、多少の変化がありそうで。

このゲームアプリが始まった頃、株価が極端に低くなるメンバーが結構おり、イベントで持ち直すなどしていたのだが。それでも、低めに推移することに変わりはなく、そう簡単に流れが変わるようなものでもなさそうだ。

株取引の経験があったり、株に興味がある人なら、ある程度、楽しめそうなのだが。株取引自体が、ゲームとしては、地味さもあるため、どれほどのファンがやっているのだろうかという疑問もある。


nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 80.俳優の雰囲気が印象に残り、分かりやすい面白さもある チェーン・リアクション [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1996年に公開された映画 『チェーン・リアクション』を観たのだが。有名な俳優が多く出演し、漂う雰囲気もあり、展開で気になるところもありつつ、進むに連れて惹きつけられ、意外に楽しめた映画だった。

物語は、水から新エネルギーを生み出す実験に成功した直後、博士が殺され、研究所も大爆発。そこから、研究員の一人で、キアヌ・リーブスが演じる主人公が、裏で手を引く組織に証拠をでっち上げられ、事件の容疑者に。逃亡しながら、無実を証明するため、巨大な組織に挑むというもの。

水からの新エネルギーだけに、水素を連想させ、現在、水素で走る車もあるため、そのイメージがあるのだが。この映画では、エネルギーを得る上で、水素も発生しているのだが、それと比べものにならない 莫大なエネルギーが発生しているようで、原子力に近いような、そんな印象がある。

物語としては、身に覚えのない証拠が次々と見つかり、犯人に仕立てられた主人公が無実を証明するというもので、ここだけを見れば、似たような映画は、他にもありそうなのだが。

この映画では、主人公がいなければ発生装置を安定させることができず、女性物理学者を連れての逃亡劇、敵か味方か分からない怪しげな人物もいたりと様々。巨大な実験施設など、スケールの大きさが感じられ、アクションシーンも多い。

最初に、研究所の大爆発があるのだが、周囲の建物が次々と破壊され、爆風で大きなトラックも宙に舞い、一帯が焼け野原があり。クリーンなエネルギーと言いつつ、暴走した際の爆発が派手で。これがあるからこそ、終盤の危なさも分かりやすく、楽しめるところもある。

最後に、追われる身から立場が逆転するところに、面白さもあるのだが。全てが丸く収まったようでいて、謎めいた部分も残り、そこに良さもありそうな。




nice!(188) 
共通テーマ:日記・雑感

エアコンで喉が痛く 龍角散 小さなスプーンですくって飲み、苦味が強くもなく、やはり、喉には良さそうで [のどの不調に龍角散 飲んでみると意外にいい]

毎日のように、エアコンをつけたまま寝ていたところ、朝には喉が痛く。なぜ、エアコンで喉が痛くなるかなのだが、乾燥もあれば、ホコリやカビという話もあるのだが。喉が痛い状態で、さらに、熱っぽい感じもあり、正直、よく分からない。

クーラー病や風邪じゃないかとも思うのだが、しばらく経つと元に戻るため、体のバランスを崩しているような、そんな感じじゃないだろうか。何が原因かは別にしても、喉が痛いことに変わりはないため、これをどうにかしようと思い、『龍角散』。

以前、喉が痛いときに、龍角散 のど飴が良かったと書いたことがあるのだが。毎朝、寝起きにのど飴というのも、ちょっと辛いため、それなら、元々の龍角散をそのまま飲めばいいじゃないかと感じ、とりあえず、飲んでみることにした。

rks01.jpg

rks02.jpg

これが、粉末の龍角散。金属の缶に入っており、中のフタを開け、付属の小さなスプーンで粉末をすくって飲む。飲み方があるようで、粉末を舌の上にのせ、少しずつ溶かしながら、喉の方へ運ぶとある。飲むと喉の痛みも、大分、良くなり、喉にいいのは、間違いなさそうで。

味は、苦いというほどでもなく、微妙な甘みがあり。砂糖などの甘みではなく、生薬な甘みというのだろうか。舌の上で溶かすとあるのだが、すぐに溶けるため、そう、長く口に含んでいるようなものでもない。ただ、後味が、長く口に残る。

粉薬が苦手だと、この龍角散は、微妙な味でもあり、厳しいかもしれない。ひんやり感が凄いのだが、コンビニなどでも手に入る 『龍角散ダイレクト』の方が、同じ粉末なら飲みやすいかもしれない。

粉末が細かいこともあり、飲み始めた頃は、龍角散も多く入っているため、ちょっとこぼれるのは、当たり前だったのだが。量が減るにつれ、それも起こらなくなる。2週間ほど飲み続け、味も気にならず、すっかり慣れたようだ。

 

nice!(189) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 79.アップル社の始まりも分かり、伝記映画らしくもあり スティーブ・ジョブズ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2013年に公開された映画『スティーブ・ジョブズ』を観たのだが、アップル社の共同設立者 スティーブ・ジョブズの半生が描かれており、どのようにして、現在のアップル社が生まれたかも感じられる伝記映画。

この映画を観れば、スティーブ・ジョブズについて、知ることができるのだが。一方で、大きな出来事に次々と触れつつ、あまり深く掘り下げないところもあり、全体を掴もうとするとこうならざるを得ないのも分かるのだが。

晩年のところだけなのだが、個人的に当時の出来事を覚えており。これだけの事が起これば、もっといろいろあるんじゃないかと期待して見てしまうと、裏話的な話があまりないだけに、あっさりしていると思うかもしれない。

スティーブ・ジョブズを演じている 俳優 アシュトン・カッチャーは、イケメンなのだが。2015年の映画『スティーブ・ジョブズ』で演じている俳優 マイケル・ファスベンダーの方が渋さがあり、こちらの方が、どちらかというとイメージが近い。

2015年の『スティーブ・ジョブズ』は、プレゼンでの出来事がメインなため、アップル社が、どうやって、これほどの大企業に成長したかが分からず、そこに物足りなさもあるのだが。

この映画を観れば、自宅のガレージから始まり、パーソナルコンピューターという新たな分野に人も集まり、紆余曲折を経て、現在に至るまでがあるため、理解が深まるところがある。

この映画でも、妊娠した彼女を追い出し、生まれた娘も認めないというのは、同じなのだが。終盤には、農作業などをしながら、妻や娘と一緒に生活しており、仲睦まじいい家族になっていた。

2つの映画を比べると、それぞれでテーマが違い、こちらにあるものが、こちらにないという感じなのだが。どちらも観ることで分かることも多く、半生を描いた 2013年の『スティーブ・ジョブズ』を観てから、2015年を観た方が、良かったかもしれない。

 


nice!(185) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 78.プレゼンの裏で揉める感じも凄く、懐かしさもあり スティーブ・ジョブズ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2015年に公開された映画『スティーブ・ジョブズ』を観たのだが。アップル社の共同設立者 スティーブ・ジョブズの半生というよりは、プレゼンテーションの裏での出来事を通じて、人となりを描いたようなもので、イメージだけが強く残り、思うところもある。

実在する人物の映画だけに、どこまで実際にあった話なのだろうかという疑問があるのだが。この映画、雑誌『TIME』の編集長やCNNのCEOも務めた ウォルター・アイザックソンが書いた伝記が原案で、この伝記は、スティーブ・ジョブズが唯一公認のもの。

この伝記を書く際に、スティーブ・ジョブズへの取材も40回以上、家族や社員など100人以上の周囲の人へ取材し、2年以上かかったとある。ただ、唯一公認ではあるものの、発売前に原稿に目を通すことはしなかったともあり、どう書かれているかに関心がなかったのかもしれない。

この伝記が原案ながら、映画では、新製品のプレゼンテーションの裏で、人間関係のゴタゴタが主に描かれており、スティーブ・ジョブズのサクセスストーリーと期待して観ると話が違うとなりそうだ。

この映画を観ていて、大成功を収めた『Apple II』の話が度々あり、世代が違うため、実感できないところもあるのだが。もし、Apple IIを使ったことがある人なら、もっと違った面白さがあるかもしれない。

パソコンについての激しい言い合いでは、内容が分かるだけに主張の食い違いも分かり、現在のパソコンと比較することで、昔は、こうだったのかと楽しむこともできた。

学生の頃、2年くらいだろうか、Macintoshを使っていたことがあり、その後、好きなように組み立てたいと、Windows PCに乗り換え長いのだが。この映画の中で、ユーザーは、カスタマイズしたがるという話に、スティーブ・ジョブズは、誰にもいじらせないと真っ向から対立するシーンがあり、それが、当時、MACで感じた硬さとも重なる。

この映画、物語があって無いようなものなため、物語としての面白さは感じられないのだが。実際に、プレゼンのタイミングで揉め事があったかどうかは別にしても、スティーブ・ジョブズが、これだけ多くの悩みや問題を抱えながら、華々しいステージで、涼しい顔で立っていたと思うとタフさが強く感じられる。

最後に、年頃の娘と言い争い、どうしようもない父親とののしられながらも、スティーブ・ジョブズがステージに立てば、会場に詰めかけた熱狂的なファンが、歓喜に沸き、これが大スターのようで。そのシーンを目の当たりにする娘の表情も、どこか誇らしくもあり、それも印象に残っている。




nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 77.若い頃が別人に見え、スリルも多く、見やすさもあり ニック・オブ・タイム [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1995年に公開した映画『ニック・オブ・タイム』を観たのだが、タイトル通りの緊迫したシーンが立て続けにあり、どうするかと迫られる 瞬間に惹きつけられ、結末も良く、楽しめる映画だった。

物語は、ジョニー・デップが演じる主人公が、幼い娘を人質に取られ、その命と引き換えに、女性州知事の暗殺を強要するというもの。女性州知事を殺害すれば、汚名を着せられ、その場で殺されるかも知れず、やらなければ、娘が殺されるという状況で、追い詰められながら、時間も迫り、葛藤するという内容。

最初に、突然、誘拐され、暗殺者にされそうになるため、強引さが気になっていたのだが。その後の展開にスピード感があり、敵に囲まれたような状態で、主人公の心理的な混乱もあり、次々と何かが起こる 面白さがある。

女性州知事が集会を行うホテルで、主人公を監視する男の目を盗み、何とか暗殺計画があることを誰かに伝え、助けを求めるのだが。ここでも、思わぬ展開になり、次第に事の大きさが明らかになる。

主人公が、この状況から逃れようと、様々な手を尽くすのだが、それも上手く行かず。女性州知事を目の前に、やりそうでやらない主人公に、監視する 男も焦り、娘の命をちらつかせながらプレッシャーを掛け、追い込み。これが続くからこそ、最後の痛快さもある。

20年以上も前の映画で、当時の若々しい ジョニー・デップが登場するのだが。これが、初々しさに現在のイメージと違った感じがあり、まるで別人のように見える。

冷静に物語だけを考えると、解せないところが多そうなのだが。それを感じさせない 展開の早さ、テンポの良さもあり、主人公が、いかに活路を見出すかが見どころだけに、気軽に観れる良さもある。

緊迫した状況で、スリルも多く、刺激的なのだが。一方で、昔の作品だからなのか、惹き込まれつつも、ちょっと距離を置いて観れる感覚もあり、そこに、見やすさも感じられる。




nice!(185) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1074.ファンの声援が凄く、様々な金縛りにユニークさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。メンバーの話も多彩で、にぎやかさがあり、ファンの声援が力強く迫力もあり、勢いや活気も感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『最近、○○だったこと』がテーマ。今村麻莉愛の曲中に投げられるクマの話があり、そでのところだろうか、クマが置いてあると、いつも投げられているため、駒田京伽(ひろか)が肩を揉んでたとなり、めちゃくちゃ可愛いと言われていたのだが。

その後、駒田京伽のところでは、小さい子が苦手で、人見知りを発揮していたところ、二十歳を迎えて変わったとなり。この日は、今村麻莉愛と二人で、片方のイヤリングを交換し、ペアルックとなるのも新鮮さがあり。駒田京伽と今村麻莉愛は、髪型で左側だけイヤリングが見え、どちらも、ハートになっている。

キャッチフレーズをどうしようかと悩んでいるという 山本茉央の『やらないかという雰囲気が漂ってますね』に客席からの笑いもあり。やりたそうな ファンに応え、一緒に、『どろぼう!』となるのだが、この時の客席からの声も凄く、拍手もあり。先日、このキャッチフレーズが生まれた番組 『HKT48のおでかけ』も最終回を迎えており、タイミング的な事も感じられる。

後半MCでは、金縛り話で盛り上がっており。楽屋では、上野遥が金縛りの話をしていたようで、そこから、荒巻美咲の『昨日、私も金縛りにあって』があるのだが。『足元に恐怖が襲ってくる』、『不幸がどんどん近づいてくる感じ...』という表現が、不気味な何かが感じられ、その状況が伝わってくる良さもあり。

上野遥からは、家でならず、飛行機限定の金縛りという話もあり。乗ったら必ずなり、『そのせいか、凄い尾てい骨が痛くて、最近...』と話しているのも、ユニークさがある。これは、機内限定なため、切っ掛けになるものが、そこにあるということなのだろうか。

金縛り話が途切れたところ、今村麻莉愛が引き戻しており。沖縄でメンバーが泊まったホテルで、お化けが出るという噂があり。怖いと思いながら、お昼寝していると、生まれて初めて、金縛りになったとなるのだが。

今村麻莉愛の『目を開けたら、絶対、お化けがいるじゃないですか!』となるのも、可愛らしさがあるのだが。YouTubeでNMB48 吉田朱里の女子力動画を観ながら寝てしまったようで、金縛りにかかりながらも、怖さを紛らわせるため、片目で動画を観ていたとなり、この話に、メンバーも微笑んでいた。

最後に、駒田京伽の金縛りの対処法もあり。以前、月に何十回も金縛りに遭い、お祓いに行ったところ、枕の下にカミソリを置いたらいいと言われ、実際にやったとなるのだが。本当にならなくなったという話に、周りのメンバーも声を上げて驚いていた。刃物は、何かを切ることに使われるため、悪いものを断ち切るという意味もあるのかもしれない。

劇場公演後のトークでは、下野由貴、村重杏奈、小田彩加の3人なのだが、上手く行かなかった後輩を励ます先輩に温かさもあり。村重杏奈の『村重が最初の頃なんて、間違えたって、何とも思わなかった』に、下野由貴の『思えよ』もあり、笑い合いながら雰囲気も良く、優しさが感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(176) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ