So-net無料ブログ作成

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 85.読んだ時の印象とも違い、期待していただけに 機動戦士ガンダム THE ORIGIN [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2015年~2016年にかけ、全4章で作られたアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ~Ⅳ』を観たのだが。3DCGが多く使われ、今どきな感じもあるのだが、最初の機動戦士ガンダムが良かったため、どうかなと思うところもあり。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、当初、日本国外へ『機動戦士ガンダム』を紹介するコンテンツとして、サンライズが企画し、2001年から2011年まで漫画雑誌『ガンダムエース』に連載、累計発行部数 1000万部を超えるというヒット作でもあり。

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』をコミカライズした作品で、単行本を読んだことがあるため、どんな内容かは知っていたのだが。アニメ化されたものを観ると、期待していただけに残念なところもあり。

漫画で読んでいたとき、登場する モビルスーツは、機動戦士ガンダムのような 重々しい動きを想像していたのだが。この映像では、モビルスーツの動きが早く、巨大な戦艦も軽そうで、CGの問題なのだろうか、どこか慌ただしく、せっかちにも見える。

キャラクターも動きがある分、よりコミカルさが強く印象に残るところもあり。最初の機動戦士ガンダムのキャラクターとは、40年ほど経っているだけに、声優のほとんども変わっており、それは仕方ないのだが。雰囲気や話し方の違いもあるため、当時のキャラクターと結び付かない感じもある。

初代の『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送されており。世代ではないため、当時の事は、よく分からないものの、5年ほど前に、TVシリーズの全話を観ており、古さを感じさせない物語で、面白かったことを覚えている。

物語の世界に広がりがあり、ドラマティックな人間模様もあるのだが、子供向けとは思えない大人な作りで。モビルスーツも多彩で、戦う戦場も様々だったり、飽きさせない要素も多く。

日本では、現在でも、機動戦士ガンダムのプラモデルが発売されているくらい、大ヒットした作品なのだが。これを米国に売り込んだ際には、全く振るわず、受け入れられなかったという話もあり、それも、思い出すのだが。

もしかしたら、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が海外で流行り、『機動戦士ガンダム』もという話になるのかもしれない。

  


nice!(177)