So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1090.森保まどかの生誕祭 笑いも多く、明るく嬉しそうな表情もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『最終ベルが鳴る』公演。森保まどかの生誕祭でもあり、500回を迎えるなど、このタイミングも凄く。ファンの揃った声援が力強く響いており、声の多さも伝わってくる。

ユニット曲 『おしべとめしべと夜の蝶々』では、熊沢世莉奈と森保まどかの二人。熊沢世莉奈を愛でる会 会長 森保まどかだけに、二人が登場した時には、客席から『おぉ!』と声も上がり。曲中の台詞では、熊沢世莉奈の『じゃ、しなもんよりも、愛してくれる?』に、森保まどかの『当たり前じゃない、会長だもん』もあり、盛り上がっていた。

ユニット曲後のMCでは、植木南央、下野由貴、冨吉明日香の3人で笑いも多く。お母さんとの会話で、たまに運転しながら人格が変わる人っているんだよという話から、『それ、私でした』という 下野由貴の話が面白く。九州最大級の遊園地 グリーンランドへ、下野由貴、田中優香、冨吉明日香、渕上舞の4人で行き、下野由貴がゴーカートに乗ったところ、人格が変わり。

隣に乗っていた 冨吉明日香の『疑うぐらい。こんな言葉発するの、くらいな』という驚いた感じもリアルで、『何年、マリオカートやってると思ってるんだよ!』という叫びに、客席からの笑いも大きく。優しそうなイメージが強いだけに、叫ぶ姿が想像できず、そのギャップに面白さもある。

植木南央のタクシーにケータイを忘れたという話も、思わぬ方向に話が広がり、話が弾んでおり。領収書もなく、どのタクシーかも分からず、4時間が経ち、ようやく、公衆電話から自分のケータイに電話すると、電話に出たのが、警察。ここで、下野由貴の『言い方あれですけど、結構、警察の方にお世話になってますよね』に、大きな笑いと拍手もあり、植木南央の『福岡県警には、ホントに感謝してる』もあるのだが。

植木南央は、以前、道路の真ん中から咲いている花に水をかけ、綺麗な花と投稿したところ、それが、ケシの花で警察から連絡があり。ケシと言えば、麻薬の話にもなり、ネットニュースでも大きく取り上げられたことがある。

さらに、薬で大きなカプセルが飲めず、アプリ 755を通じて、ファンに飲み方を教わり、『今では、どんな薬も飲めるようになった!!お薬のプロ(?)』と書き込み、下野由貴の『また、福岡県警の方に、お世話になっちゃうから』と言われ、再び、笑いもある。

これまでも、様々なメンバーから粉薬が飲めないという話もしており、錠剤が飲めないというのも、結構、ありそうで。薬の飲み方というと、食後などの飲むタイミングを説明するものはあるのだが、錠剤の飲み方となると調べ難そうで。ファンに聞いて、教えてもらおうというのも、今風な良さがある。

前半MCでは、村重杏奈の話で盛り上がっており。村重杏奈の『ねぇ、詩乃ちゃん。詩乃ちゃんに関しては、笑うの我慢、マジでしないでいいよ』と岩花詩乃に度々絡んでおり、みんな笑いを我慢しなくていいんだよという感じに面白さがある。

ここで、山下エミリーから、チームT2にも、そういう人が欲しいとなり。村重杏奈の『全然、レンタルできるから』に、同じ1期生 今田美奈と下野由貴から 『どうぞどうぞ』もあり。今田美奈の『延滞料金かかんないんで』に、村重杏奈の『待て待て、それは違う!』となるのも面白く。手をつなぎながら公演のMCだけに出たいもあり、冨吉明日香も巻き込み、二人で 『ハッピーセット』も、ユニークさがある。

生誕祭では、二十歳を迎えた 森保まどかの鏡開きもあり。木槌で割ると、中から、熊沢世莉奈の生写真にサインとメッセージがあり、この時の嬉しそうな表情もあるのだが、さらに手紙も、熊沢世莉奈から。手紙には、これまでを振り返り、思いを打ち明けており、熊沢世莉奈を愛でる会の話もあるのだが。森保まどかの後ろに熊沢世莉奈がおり、代読された手紙を聞きながら、二人の表情から伝わってくるものもある。

最後に、ファンへの言葉があり。今年の選抜総選挙で31位にランクインし、これが、前日に発表された ジャパネットのCM起用でも理由の一つにあり、感謝の気持ちを伝えていた。1年を振り返り、結果を恐れず挑戦することの大事さにも触れ、前向きな姿勢も強く感じられる。今年、選抜総選挙で初のランクアップも果たし、9thシングルで選抜から外れ、10thシングルで選抜復帰を果たすなど思うところもあり。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感