So-net無料ブログ作成
検索選択

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1091.自己紹介MCの面白さもあり、イケメンな盛り上がりも凄く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援が、しっかり聞こえ、メンバーとファンの距離も近そうで、温かさも感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『劇場内にいるみなさんが、爆笑する話』がテーマ。今回は、これまでにない ハードルが上がったお題に、メンバーのざわざわした感じも新鮮で。このお題を聞いたメンバーは、みんなで笑う練習をしたとなり、ウケなくても、メンバー側が笑えばという 保険も用意してたという 栗原紗英の話があり。

その時も話していたのだが、保険で用意したものが、出だしで、すでに保険を発動しており、周りのメンバーが大笑い。これも、一列目がはけた途端、急になくなるのだが、その分、ファンのリアクションも大きく、優しさが感じられる。

荒巻美咲の『このお題、誰が考えたんですか!』というのも、他のメンバーの思いを代弁しているようで、声を大にしてという感じにギャップもあり。最後の宮﨑想乃から、お題で心配そうな ファンや自己紹介MCを終えて安心する メンバーの話があり、状況も感じられ、締めくくりも良さそうで。

前半MCでは、地頭江音々の『葉月さんになりたい』という話が面白く。外園葉月になりたいという話なのだが、『ほど良いイケメン』という表現もユニークで、鼻血も出したことがないため、初の鼻血体験になるかもしれないとなり。

松岡はなの『そのキャラ、やめたいんですよね』と目を細めて聞く感じに雰囲気があり、外園葉月の『やめたいというか、勝手になってる』もあるのだが。その後、先月末、F24のSHOWROOMで行われた『愛してるゲーム』での外園葉月の話になり、松岡はなの『イケメンになっちゃう訳ですよ』や『イケメンボイスかましてて』という説明も面白く。

『愛してるゲーム』は、二人が向かい合い、愛の言葉を言い合いながら、照れた方が負けというもので。ここで、外園葉月と地頭江音々で、『愛してるゲーム』をやってみようとなると、『無理、無理、好きになっちゃう』という 地頭江音々も可愛らしい。

最後は、坂本愛玲菜が考えたセリフ 『俺の瞳の中は、お前しか見えねぇ』を外園葉月に言わせ、他のメンバーが集まり、それを観賞となり。外園葉月の『俺の瞳の中は、お前らしか見えねぇ』に、松岡はなの『何で、お前らとか言っちゃんてんの!』、栗原紗英の『なんか、全員を取り込もうとしてる。やらしい、やらしい』、坂本愛玲菜の『言わせたくせに、厳しかったね』もあり、盛り上がりが凄く。

外園葉月は、やってと言われて、散々なのだが、仕方ないなという雰囲気がありつつ、結局、それをやってくれるところに、イケメンさもあり、心の広さも伝わってくる。

SHOWROOMの『愛してるゲーム』でも、外園葉月のイケメンキャラが目立っており。山本茉央は、外園葉月を真似て、イケボ(イケメンボイス)で勝っており、声を低めにするのもポイントなのだが。これも、真似るのが難しそうで。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(175) 
共通テーマ:日記・雑感