So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1114.清水梨央の生誕祭 大きな声援に活気が感じられ、温かい雰囲気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。清水梨央の生誕祭でもあり、客席の場所でペンライトの色も揃え、ファンの力強い掛け声や声援もあるなど盛り上がりが感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『朝起きて、清水梨央になっていたら』がテーマ。様々なメンバーから、清水梨央の声の話が多くあり、『うふふ』、『えへへ』と返されるとなるのだが。答え難い事を聞かれた時にも、この感じで逃げるとなるのも、ユニークさがあり。

清水梨央のSHOWROOMでは、明るく楽しそうに話す姿があり、女の子らしい可愛らしさがあるのだが。自己紹介MCでも、休日に起きたら動画を観ると話すほどで、配信についても、軽快さがあり、得意そうな印象もある。

『キスは待つしかないのでしょうか』の曲中に、清水梨央の『キス、教えてくれる』と台詞があるのだが。このとき、可愛らしさから、今村麻莉愛、地頭江音々、武田智加の3人だろうか、真後ろで倒れており、この崩れ落ちる感じも面白く。

生誕祭では、地頭江音々が司会を務め、企画 『ステップアップチャレンジ3』もあり。箱の中身が知りつつ、知らない感じでのリアクション、書かれた シチュエーションで即興で演じるもあり、大きな声で発声もあるのだが。どれも苦手そうなものばかりで、困った表情もあるのだが、ならではの感じに可愛らしさもある。

即興で演じるところで、ケンカした後に仲直りするというお題だったのだが、相手を選ぶ際、すぐに、小田彩加を呼んでおり。そこに、仲の良さも伝わってくるのだが、生誕祭の手紙も小田彩加から。

手紙には、入ったばかりの思い出も語られ、清水梨央に頼られているようで逆に助けられ、刺激をもらっているなど思いを打ち明けるような内容で、清水梨央も嬉しいと号泣していた。

最後に、ファンへの言葉があり。感謝の気持ちを伝えながら、ファンの応援に支えられて、辛い事も乗り越えられたと涙ながらに話していた。劇場公演でも常に笑顔を絶やさず、独特な穏やかな雰囲気もあるだけに、強くなると決めたという言葉が印象に残っている。

劇場公演後のトークでも、ユニット曲 『ウィンブルドンへ連れて行って』に、清水梨央が選び、小田彩加と地頭江音々の3人となり。生誕祭の司会に地頭江音々、手紙が小田彩加なことからも、関係の近さが伺える。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感