So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1173.今田美奈の生誕祭 ファンの温かさも感じられ、大きな笑いも多く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。今田美奈の生誕祭でもあり、真っ赤なペンライトが一斉に揺れ、ファンの大きな声援もありつつ、MCも様々な話で笑いが多く、にぎやかさがある。

前半MCでは、村重杏奈の合いの手で盛り上がっており。『仲間の歌』では、本村碧唯がファンも一緒に歌えるよう 歌詞を伝えるのが定番なのだが、今回は、村重杏奈も続いており。本村碧唯と同じ様で違いもあり、冨吉明日香から『歌詞を先に言うのが普通なんですけど、心を一つにで、終わった歌詞を言って意味がないんですよね』に笑いもあり、『自分だけ気持ちいいだけですから』に拍手もある。

リハーサル中から村重杏奈がやり始め、本村碧唯の役割のところ自分のものにというのも、ユニークさがあり。『リハーサルで、村重、全然違うんだけど、あ、音声さん、村重マイク大きめでって言ってしまった』となり、下野由貴の『その時のスタッフさんの顔見てた?すごい真顔』と真似する姿も面白い。

さらに、先日まで行われていた『最終ベルが鳴る』公演では、曲 『会いに行こう』で4人のラップのところ、村重杏奈がこっそりラップに加わり、ダンスの先生がそれに気づかず、本番も5人となり。ここで、村重杏奈のポジションで出演していた 宮﨑想乃から 『歌割に自分のラップのところ名前書いてないのに、なんか、行かなきゃっいけない雰囲気で、ずっと、一人でラップ歌ってて』に、冨吉明日香の『かわいそう!被害者』もある。

話が弾んでいるところ、突然、村重杏奈から『ねぇ、はるたん、楽しいよね』と聞かれ、上野遥の『素敵だと思います』も爽やかで、この温度さに大きな笑いがあり。さらに、『ねぇ、なっぴ、どう?』と運上弘菜にも話が振られ、『村重さんがいると、常になごやかで、すごい、ホント楽しいです......』となるのだが、冨吉明日香の『いいよ、別に、なごやかって言わなくていいんだよ。うるさいって、言っていいんだよ』も優しい。

村重杏奈の『でも、結構、ファンの人の中では、村重、早くやめないかなという人多いよ』という話に、『そんなことないよ』とファンの大きな声が上がるのだが、『でも、見てますよ、twitterとかで、ちょくちょく』に大きな笑いがあり。冨吉明日香の『やめて、みんな』、熊沢世莉奈の『やめて、やめて』、下野由貴の『おい!自分の事、強く持つんじゃなかったのかよ』もあり、にぎやかさがある。

さらに話が続き、『結構、4期のファンで、村重のこと嫌いなやつ多いですよ』と言いつつ、結構、メンバーがパトロールしてるとも話していた。応援するファンの方が圧倒的に多いはずなのだが、やはり、悪口の方が心に残る分、大半がそう言っているように感じてしまうのかもしれない。

自己紹介MCでは、髪をばっさり切り、安心安全なメンバーと話したばかりで、この展開になり、逆に振った感じも凄く。先週、放送された『踊る!さんま御殿!!』では、村重杏奈が出演しており、名だたる出演者の中で頑張っており、可愛らしさもあるだけにギャップも大きい。

生誕祭では、下野由貴が司会を務め、魚の写真で名前当て、魚の漢字でクイズもあるのだが。『翻車魚』では、何の魚だろうと悩みつつ、劇場のお客さんでも一人だけ知ってたとなるのだが、最後、『マンボウ』と正解していた。週刊つりニュースもあり、プレッシャーがかかるところだったのだが、魚を次々と答えると周りのメンバーから驚きの声もあり。

手紙は、松岡菜摘から。卒業した 多田愛佳の話もあり、これまでを振り返りながら、そばで見守っているような優しさが伝わってくる。今田美奈と一緒に釣りに行き、今田美奈が魚を釣り、松岡菜摘がそれを食べるという話なのだが。これが、自己紹介MCで森保まどかが話していたこととも重なり、最後の松岡菜摘に驚きがある。

最後、ファンへの言葉があり。一年を振り返り、思い悩んでいたことを打ち明けながら、21歳の目標にも触れ、落ち着いて話す姿に大人な印象もあり。メンバーそれぞれの持ち味を活かして、ファンを楽しませたいという思いが感じられ、ファンの拍手も温かく。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(170) 
共通テーマ:日記・雑感