So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1174.穏やかな雰囲気にも面白さがあり、AKB48グループセンター試験も興味深く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。駒田京伽(ひろか)が700回を迎え、ユニット曲『キャンディー』では、要望に応え、でこ出しもあり、ファンの声援も大きく盛り上がっていた。

ユニット曲後のMCでは、3期生とドラフト1期生で同期なメンバーが揃い、雰囲気が良く。『インコ飼ってると似てくるんだよね』という 矢吹奈子の話に、坂本愛玲菜の『たまに、ファンの方から鳥顔だねって言われるけど、鳥顔って何と思って』もあり。二人ともインコを飼っており、顔が似てくるという話なのだが、山本茉央の『茉央なんか、恐竜飼ってないのに恐竜に似てるねって言われる』に笑いもあり、スケールの違いにユニークさもある。

坂本愛玲菜から田中美久への話では、直して欲しいところがたくさん見つかるものの、正反対の性格が羨ましく、悪く思わないとなり。矢吹奈子の『なんかそれ、ズルくない』に、坂本愛玲菜の『ホントだね。自分でさ、この際、言っちゃいましょうとかいいながら』となり、このやり取りに仲の良さも伺える。坂本愛玲菜から改めて 『大好き』と言われ、田中美久の『バカぁ』もあり、矢吹奈子の『ノリ気~』も面白い。

右隣のメンバーについて、いいところや直して欲しいところを話していたのだが。途中から順番も関係なく、言いたい事を言うようになり、田中美久のデレた時にツンで返されるのがいいというのも好みが感じられ、 ツンの山内祐奈や矢吹奈子もそのままがいいという話に、山内祐奈の『変態だよ』で笑いもある。

前半MCでは、矢吹奈子から今月10日に行われる AKB48グループセンター試験の話があり。書籍 『AKB48公式10年史 涙は句読点』の字が小さく辞書みたいという話もあるのだが、村川緋杏(びびあん)が一生懸命読んでおり、ツアーの初日もという話まである。

1月に試験のパイロット版を運営スタッフが受験したところ、最高 67点、最低 19点、平均 36.2点。試験内容が、AKB48グループの歴史、歌詞や振り付けなどメンバーが知っておくべき内容という事なのだが。試験結果の上位16名が、特別選抜として楽曲をリリースする。

メンバーの他、ファンも受験することができ、国内では、東京、名古屋、大阪、福岡、新潟、広島の6カ所で行われ、海外では、メンバーのみが受験でき、インドネシア、タイ、台湾でも行われる。

全メンバーに対しての試験でもあり、問題のバランスが難しそうなのだが。運営スタッフによる結果からも、知識の違いが大きく感じられ、難しい問題が多そうなのだが。運営スタッフの誰が最高点だったかで、問題の傾向が分かりそうな。メンバーの点数も気になるのだが、ファンが凄い点数を叩き出すんじゃないかという期待もあり、生みの親でもある 総合プロデューサー 秋元康なら、どうなのだろうか。

山本茉央の畑を継続という話では、『マネージャーさんが、SHOWROOM配信をすると言ってたので...』となり、これも楽しみなのだが。今田美奈のSHOWROOMでは、つりニュースのロケが配信されることもあり、畑を使っての配信というのも何をするかの興味もあり、自然も身近に感じられそうで。

ここで、坂口理子から『ぴーちゃんも連れ添ったら、畑で』と言われ、駒田京伽の『....いいよ』となるのだが。ここで、矢吹奈子の『え、いたんですか。全然、見えなかったから、気づかなかった』と笑顔で驚き、坂口理子の『光から避けて生きてるから』も面白く。

後半MCでは、チームHでお花見しようという話があり、前日に、チームK4でも話題になっていたため、春らしさがあり。去年の話になり、田中菜津美から『人数減ったね、そう思ったら。由莉耶ちゃんが、バカみたいに大きなシートを持ってきてくれて』、秋吉優花の『女子力高い』もあり。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(157) 
共通テーマ:日記・雑感