So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1227.宮脇咲良の生誕祭 ファンの声援も物凄く、1期生のにぎやかさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『制服の芽』公演。宮脇咲良の生誕祭でもあり、ピンク色のサイリウムが一斉に揺れ、ファンの大きな声援も力強く、出演メンバーの半数以上が1期生で和気藹々とした雰囲気がある。

自己紹介とお題のところでは、『気分転換にしていること』がテーマ。映画が最も多く、音楽を聴いたり、本を読むなど様々なのだが、気分転換に求めているものの違いもあり、メンバーの趣味や好みも感じられ興味深く。

中でも、村重杏奈の弟に会うことが面白く。『元気がない時は、ママに弟の動画送ってもらうとか、写真送ってもらうとかして、ホントに無理という時は、実家に帰るんですよ。弟に会って、はぁ~と癒されて』と嬉しそうに話しており、小さな弟を思う姿に家族愛も感じられるのだが。

この話に続きがあり、村重杏奈の『真ん中の妹がいるんですけど、最近、物凄い反抗期で。村重への当たりが、マジで強いんですよ』に客席からの笑いがあり。芸能人のインスタを見るため、妹がアカウントを作ったと話ながら、『フォロワーを見たら、1番の芸能人の姉をフォローしてなくて。村重が、今すぐ、お姉ちゃんフォローしなさいって言ったら、えー、私、芸能人しか見ないもんって言われて、村重、ホントに悲しくて』に大きな笑いと拍手もあり。

『癒されに帰ってるのに、ずたぼろになって帰って来たので、こないだ。なので、今度から、マジで真ん中の妹に会わないようにしたいなと思います』があり。大好きな弟の話から真逆でギャップも大きく、妹や弟の動画や画像を公開しているため、想像できるところにより面白さもある。

生誕祭は、村重杏奈が司会を務め、今回は、手紙ではなく、ビデオレターとなり、じゃんけん大会の3人組ユニット『はんたんねぇ』 AKB48 横山由依と NMB48 山本彩の二人から。ビデオレターでは、熱い思いや人となりが語られ、山本彩の『もしなんかね、悩みあったらね、アラサーの我々がね..』に、横山由依の『ホンマにアラサーやで』からの掛け合いにファンの大きな笑いもあり、温かい雰囲気もある。

運営からの『はんたんねぇ』推しが凄く、『ジャーバージャ』と『Teacher Teacher』で並びが『はんたんねぇ』とも話していたのだが。宮脇咲良の『今まで、AKBの選抜に馴染めなくて、今まで、村重にLINEとかして....』に、村重杏奈の『最近、来ないなと思ってたら、そういうことだったんだね』にファンの大きな笑いもあり。

後半MC後の暴露話のところでは、『アンテナ』の曲中、鬼ごっこの鬼 宮脇咲良に捕まった 本村碧唯から 『私、最近、咲良といっぱい、いろんな話して。もう喜びも悲しみもいっぱい共有してるから、村重より親友だと思ってる』もあり、客席から声も上がるなど盛り上がるなど、そこからの流れもある。

最後、ファンへの言葉があり。支えてくれるファンに感謝の気持ちを伝えながら、HKT48を支えなければという強い思いも打ち明けていた。選抜総選挙の話では、指原莉乃の存在の大きさが感じられ、兼任ではなく専任になり、最後の総選挙とも話していた。

後輩メンバーの卒業が続いたことについても触れており、宮脇咲良の『1期生は、まだまだ、いっぱいいるんですけど。いや、嬉しいです、すごく嬉しいです』にファンの笑いもあり。先輩として、いい見本を見せられていないからかなと涙ながらに話ながら、『このグループにいたら、たくさんの可能性が広がってるってことを、もっともっと私が見せていけたらなと思います。これからも応援、よろしくお願いします』に大きな拍手もあり、応援するファンの頼もしさも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(260) 
共通テーマ:日記・雑感