So-net無料ブログ作成
検索選択
タニタ体重計インナースキャン V50 BC622 ブログトップ

腕・脚・胴体の筋肉量・体脂肪率を測定!グラフ表示 ダイエットに便利な運動する気になる体組成計 タニタ インナースキャン V50 BC-622 2.この19日間で、体幹部筋肉量が3kg増加、グラフ表示で毎日計りたくなる [タニタ体重計インナースキャン V50 BC622]

PS3の体を動かすゲーム 『肉弾』で、どのくらい体が鍛えられるか、それが知りたくて買った 『タニタの体組成計 インナースキャン V50 BC-622』なのだが、計り始めて19日間、それなりの変化があった。

内臓脂肪が1レベル以上下がり、体脂肪率も、食事制限せずに好きに食べている割に、3%ほど減少。体脂肪率は、すぐに上下するものだが、これだけ食べても、下げ気味なのがいいところ。やはり、体を動かしているだけのことはある。

一番、顕著な変化は筋肉量、特に胴体部分にある体幹部筋肉量は、わずかな期間で3kg以上も増えた。それもそのはずで、お腹周り、特に脇の部分の筋肉の分かれ具合が見えている。お腹の真ん中が割れるまでではないが、お腹の両サイドについた筋肉は、自分でも分かるくらい引き締まっている。

tani01.jpg

これが、腹筋など、お腹部分の筋肉をつけようと特別に運動したものではなく、『肉弾』の相手を殴るアクションのみ。プレイする前は、それだけで、ここまでなるとは思わなかった。

『タニタ インナースキャン V50 BC-622』は、今まで、体脂肪が計れる体組成計を持ってはいたのだが、それとは全然違う。体の部分別に筋肉量や体脂肪率が量れるのも、体の筋肉と脂肪のバランスなどで体内年齢が出るのも凄い機能ではあるのだが、一番は、やはり、データを記録するところ。

普通に、体重などを測るだけで、本体に差し込まれたSDカードに情報を記録。それをパソコンで、グラフ表示できるため、体の細かい変化が流れとして掴みやすく、運動をする上では、これが大きなモチベーションにつながる。

運動して、体を鍛えようと思ったとき、体の変化は、外見からではそう簡単に分かるものではなく、効果が感じられないことで、どうしても続け難くなる。運動自体は、実際、体を動かしてしまえば、スッキリしたり、爽快感があるものだが、始める前は、時間もかかり、辛さもあれば、面倒さもある。その始める前の抵抗のようなものが、体がこれだけ変化していると分かると、意外と乗り越えられる。

この体組成計は、正直、ちょっと値段が高いところがあり、どうしようかとも考えたのだが、実際、買ってみて良かった。体の変化が分かると、測りがいもあり、思いのほか役に立っている。

運動しても、1日2日で、ダイエットできたり、健康になったりするものでもなく、継続が必要なため、こういう体組成計のように、客観的に状態が判断できるものが必要なのかもしれない。




nice!(220) 
共通テーマ:日記・雑感

腕・脚・胴体の筋肉量・体脂肪率を測定!グラフ表示 ダイエットに便利な運動する気になる体組成計 タニタ インナースキャン V50 BC-622 1.部分別に計れる [タニタ体重計インナースキャン V50 BC622]

最近、PS3 『肉弾』で汗を流しつつ、体重を落とそうと楽しく鍛えているのだが、タニタの活動量計で消費カロリーは分かるものの、もっと知りたいことがある。それが、部分別の筋肉量と体脂肪率。

特に、『筋肉量』が分かれば、運動で筋肉がどれだけ付いたかが分かり、体を鍛えただけの変化が数値で感じられれば、やる気も起こるし、やり甲斐も出てくる。

何度か、運動不足解消のため、体を動かしたことがあるのだが、なかなか続かない。その理由は、運動の効果が分からないため。見た目だけでも、大きな変化があればいいのだが、1日、2日、どんなに体を激しく動かしたところで、そう変化はない。

運動した結果が全く分からないと、やはり、モチベーションが保てない。そこで、『タニタ インナースキャン V50 BC-622』を買った。これが、ちょっと高めの体組成計なのだが、機能的にはかなり凄い。

01.jpg

02.jpg

何が凄いかというと、この体組成計は、筋肉量と体脂肪率などを数値で、しかも、部分別に計測できる。例えば、右腕の筋肉量は2kgほど、体脂肪率20%など。分けられる部位は、右腕、左腕、右脚、左脚、そして、体幹(胴体)の5つ。それぞれの状態を個別に計測するため、部分ごとの状態が分かる。

さらに、それらの数値を元に部分別に、9段階にレベルを分け、どこに脂肪が多く、どこの筋力があり、どこにないのか、健康的な状態なのかどうかが分かるという仕組みになっている。

そして、それらのデータを本体に差し込んだSDカードに常に書き込み、パソコンでSDカードのデータを見れば、体重だけではなく、筋肉量、体脂肪などの変化まで、グラフで表示され、変化の流れを見ることもできる。

マイ・ボディー・アナライザーという機能があり、1000人以上のアスリートからのデータをもとに、筋肉の質、バランスなどのレベルをカテゴリー別に分類。運動しない人などのビギナー、日常的に体を動かしている アマチュア、プロに近いレベルのアスリート、そして、プロ並みのプロアスリートの4つに分れ、客観的にどの程度動ける体なのかが分かる。

この他、体脂肪率が低い人ほど多いという体水分率(体に含まれる水分の割合)、筋肉量から基礎代謝量、推定骨量(骨に含まれるカルシウムなどの量)、体の状態を年齢で示す 体内年齢、統計的に健康的かどうかが分かるBMIなどもある。

昨日、届いたばかりなのだが、体重計としても広めではあるが薄く、細かい数値が分かる割に、操作は面倒でもない。しかも、5人まで登録でき、電源を入れ、体組成計に載っただけで、登録した誰かを自動判定するため、家族で使っても、自分用に選択する必要もなく、良くできている。

これから、スポーツで体を鍛えるという方には、体の変化が細かく記録され、鍛える方向の目安にも役立ち、運動する人やダイエット、健康的に体を管理したい人向けの体組成計といったところだろうか。

数値で出るため、痩せているか、太っているかが客観的に分かる。これを使って、もう夏のような気温だが、夏には、体をスリムに絞りたい。

見かけというよりは、物理的に差し迫っており、最近、お腹周りが特にきつく、このままだとサイズの大きなモノに、ほとんど買い換えなければならなくなる。

それだけは、避けたい、というか避けなければならない。もともと細すぎる体ではあったのだが、上から下まで、総入れ替えは厳しい。

これで体を管理しつつ、PS3 『肉弾』で楽しく痩せてみようじゃないか。




nice!(260) 
共通テーマ:日記・雑感
タニタ体重計インナースキャン V50 BC622 ブログトップ