So-net無料ブログ作成
夏の便利グッズ クール敷パッドなど ブログトップ

とにかく暑い 今年の夏 快眠クール敷パッド、ユンケル1.6.12EXで乗り切れるか [夏の便利グッズ クール敷パッドなど]

30℃を超える暑い日が続き、さすがに体に応えるのだが、私が子供の頃には、こんなに頻繁に30℃を超えてただろうか。気のせいなのかもしれないが、毎年、最高気温が少しずつ上がってるような気がする。

そこで、今回は、少しでも役に立てばと、『アウトラスト 快適・快眠クール敷パッド』と『佐藤製薬 ユンケル1.6.12EX 150錠』を買ってみることに。布団に敷くもので涼しくという話は、なんとなく知ってはいたのだが、試しに使ってみようかと思ったのは、HKT48のラジオがキッカケ。

つい先日、HKT48 森保まどかのラジオ番組 『渡辺通り1丁目FMまどか〜まどかのまどから〜』を聴いていたところ、ゲスト出演の兒玉遥が、ニトリの涼しく寝れるグッズの話をしており、ジェル状と涼しく感じる繊維を使った2つのタイプがあり、どちらかまでは分からなかったが、使えるものは使っていこうと。

ついでに、疲れた体をどうにかしたいと、『ユンケル1.6.12EX 150錠』も注文。昨年は、夏バテ向けに、栄養ドリンクと普通の飲み物の間になるのか、エナジードリンクの『レッドブル』を箱買いし、夏の暑い時期は、ほぼ毎日飲んでいた。多少は効いたようだが、毎日飲むと缶のゴミがドンドン溜まる。そこで、手軽で邪魔にならない錠剤で効果があれば、こんな楽なことはない。近くに、ニトリもないため、いつものアマゾンに。

t01.jpg

上の写真が、涼しく感じるというクール敷パッドなのだが、使ってみて感じるのは、汗をかいても、濡れて体にまとわり付くようなこともなく、そのくらいなら、普通のパッドもそうかもしれないが、乾燥しやすいため濡れっぱなしではなく、濡れたものが乾くときに熱を奪う気化熱を利用しているため、冷やす効果があるというのも分かる。

他にも、使ってみて便利だなと思ったところは、今までシーツを使っていたせいか、布団の四すみをバンドで固定するため、布団をたたんだときに取れることもなく、扱いやすい。室温が上がった状態でも、もともと熱がこもり難い素材なのか、なんとなく冷えた感覚もある。

続いて、『ユンケル1.6.12EX 150錠』だが、確かに、錠剤モノとしては効果はあるような、栄養ドリンクを飲まなくてもなんとかなっているため、それなりに効いているんじゃないだろうか。あまりにも暑く、普通の状態じゃないため、なんとかなるだけでも上出来かな。

t02.jpg

パソコンなどでよく眼が疲れて、酷いときでは、ぼやけて見えにくいこともあるのだが、そんなときに飲むと楽にはなる。体の疲れに比べ、目の疲れは、見え具合で判断でき、分かりやすい。

錠剤の栄養剤は、あまり日常的に飲んだことがなく、それで気になるのかもしれないのだが、飲んだ後、しばらくニオイが口に残るような。錠剤なら、どれもそういうものなのかもしれない。

毎回、この手の栄養剤、最近買った 『新ヘパリーゼプラス』もそうだが、実店舗のドラッグストアで買うよりも、アマゾンはやはり値段が安い。送料分を入れても安いというのが凄いところだが、どういう料金設定になっているのか。それだけ、お店の方がコストがかかる分、高めになっているということだろうか。

夏の暑さをどうにかするグッズは、結構、いろいろあるのだが、ただ、近年、熱中症で倒れる人も増えており、どうにもならないときは、観念して、エアコンを使うしかない。この判断が、なかなか難しい。

そういえば、父の日に、『新ヘパリーゼプラス』をプレゼントしたと、以前、書いたのだが、その後、父から、これはいくらぐらいするものなのかという電話が来た。父は、お酒好きで、仕事の付き合い、自宅でも毎晩飲むため、どうも気に入ったようで。

私も、自分用に持っており、普段はお酒を飲まないのだが、たまの飲み会では、周りに合わせて飲みすぎるため、ヘパリーゼプラスを飲んでいる。これ以上は飲めないというギリギリのところでも、翌日にはお酒が残らず。効果は人それぞれだろうが、これはこれで、役に立つ。

説明書きには、滋養強壮などもあるのだが、栄養剤のように、これを飲んだから、すぐに元気になるという感覚はないのだが、肝臓にいいのは分かる。
 
   


nice!(268) 
共通テーマ:日記・雑感
夏の便利グッズ クール敷パッドなど ブログトップ