So-net無料ブログ作成
検索選択
PS3ゲームをしながら PCモニターでTVを観る ブログトップ

パソコンモニターでTVとパソコン使い分け、PS3でゲームしながら、テレビも観たい 1.地デジチューナーを使えば、モニターがテレビになる [PS3ゲームをしながら PCモニターでTVを観る]

このブログでも、PS3ゲームの感想などを書いているのだが、ふと、テレビを観ながらゲームができれば、どちらも楽しめるんじゃないかと感じた。普段は、パソコンしながらテレビを観ているのだが、ゲームしながらテレビも観たい。

部屋では、奥行80cm、幅1.5mほどのデスクを使っていて、かなり大きめなのだが、目の前にはパソコンモニター、デスクの左隅に液晶テレビを置き、どちらも、それなりに観やすい距離を保ちつつ、パソコンしながらテレビを観ている。

これは、パソコンする際ににはいいのだが、液晶テレビでPS3のゲームをすると、テレビをゲームで使っているだけに、テレビ番組が観れない。当然なのだが、短い時間で楽しむには、テレビも観ながら、ゲームもしたいところ。

ゲームをするとき、気になる番組があると録画するのだが、これがドンドン溜まってしまうのも、今回、ゲームしながらテレビが観れればという話のもとにもなっている。

ゲームもテレビ番組もそうだが、興味の割合というか、ゲームの内容に強い興味があれば、例えば、80%ぐらいなら、ゲームだけを集中してやるのだが、ゲームが50%ほどだと、テレビも観ながらという感じだろうか。これは、テレビ番組の興味の度合いに置き換えても同じで、HKT48のバラエティ番組なら、それだけを観るが、ニュースなどなら、ながら観がいい。

そこで、パソコンモニターでテレビを観れるという 『KEIAN 地上デジタルチューナー VGAコネクタ搭載 KTV-DIGIBOX-V』を買った。

01.jpg

02.jpg

これは、液晶モニター、昔のブラン管テレビなどに接続すると、地上デジタル放送のテレビが観れるというもの。もちろん、リモコンもある。これをパソコンモニターに接続し、TVとしても使おうということに。本体の他、分配器とアンテナケーブルのセット 『HORIC アンテナ2分配器 4C-FB ケーブル2本付』、そして、モニターケーブルも購入。

間違いやすいのだが、アンテナケーブルを分ける際、見た目は似ているが、役割が違う 『分配器』と『分波器』がある。『分配器』は、同じ電波を2つに分けるもので、『分波器』は、地デジとBSの電波を一つのアンテナケーブルに流すことがあり、これをテレビに接続するときに、地デジとBSに分けるときに使うもの。今回は、地デジの電波を2つに分けたいため、『分配器』になる。

まず、液晶テレビにつながる地上デジタル放送のアンテナケーブルに分配器を付け、そこからアンテナケーブルをKEIAN 地上デジタルチューナーに接続。そして、モニターケーブルでパソコンモニターと接続する。

IOデータの液晶モニターを利用しているのだが、このモニターには、デジタルとアナログの二つの差込口があり、パソコン本体とはデジタル、KEIAN 地上デジタルチューナーとはモニターケーブルでアナログ接続。

03.jpg

この状態だと、映像は映るが、音声がない。そこで、使っているモニターには、スピーカーも内蔵されており、KEIAN 地上デジタルチューナーからオーディオケーブルで、このスピーカーと繋げた。これで、完成。

映りはどうかというと、全く問題なく、液晶テレビと変らない。土曜の夕方にしており、写真は名探偵コナンなのだが、こんな感じで映る。色の具合は、パソコン向けにモニターを設定しているためで、ここら辺はやり方次第になる。

04.jpg

パソコンの電源を入れず、地デジチューナーの電源を入れれば、モニターにテレビが映る。では、パソコンと地デジチューナー、両方の電源を入れるとどうなるかというと、デジタル接続が優先され、パソコンの映像が映り、音声は地デジチューナーのテレビの音だけが聞こえた。

これで、大分、いろいろやりやすくなり、PS3でゲームをしながら、テレビを観ることができ、その気になれば、どちらもテレビとして使えば、同時に二つの番組を観るということもできる。

なんとなく、ゲームだけプレイするのもいいのだが、どこか、にぎやかさに欠けるというか、閉鎖されたような感覚がどこかにあり、何か楽しさに物足りなさがあるところがある。

そこに、お笑い芸人が登場するようなバラエティ番組、今日、どんなことがあったかという ニュースをながら観すると、そこら辺も補えて、個人的には、オープンな感覚で非常にいい。

  


nice!(266) 
共通テーマ:日記・雑感
PS3ゲームをしながら PCモニターでTVを観る ブログトップ