So-net無料ブログ作成
身長を伸ばす方法を考えると ブログトップ

身長を伸ばす方法を考える 両親の身長から子の身長を計算、伸びやすい状態、成長ホルモンは飲んでも... [身長を伸ばす方法を考えると]

いつものように、ぐぐたすを見ていたところ、身長の話があり。身長を伸ばすことができるか、どうすれば伸びるのかを考えてみると、やはり、成長する時期に伸びやすい状態を作るのが、一番じゃないだろうか。

身長を伸ばす方法はあるのかと言われれば、これをすれば伸びるというよりは、伸びるべくして伸びるもので、こうすればいくらでも伸びるというものでもないというのが、一般的な見方ではないだろうか。

つまり、両親やその祖父母を大きく超えるような身長になるのは、まれな話で。遺伝的に、伸びる範囲がある程度決まっていて、その中で、順調に伸ばすことができるかという方が現実味がある。

遺伝的なところでは、父親よりも、母親の身長が高めな方が、遺伝的には、子に大きく現れるという話がある。これは、例えば、父親が170cm、母親が155cmよりも、父親が165cm、母親が163cmの方が子の身長が高くなる可能性が高い。これは、母親の身長が高めな方が、父親が高めよりも、発現したときの影響が大きく出ることが知られている。

これも、必ずしもそうなるというものではないのだが、確立として、身長が高くなる可能性が高いというもの。私自身も、このパターンに入るようで、母親が高めなため、父親よりも、それなりに身長がある。

この母親からの影響というものを考慮せずに、両親の身長から、成人になったときに、子供がどのくらいの身長になるかという目標身長の計算式があり、男子=(父親の身長+母親の身長+13)/2+2、女子=(父親の身長+母親の身長-13)/2+2。例えば、父親170cm、母親160cmだと、男子の場合 (170+160+13)/2+2=173.5cm、女子の場合 (170+160-13)/2+2=160.5cmとなる。必ずしもという話ではなく、目安としてだが。

この他、生活習慣の影響もあり、これは、成長ホルモンの話にもなるのだが。骨が成長する時期に、正常に成長ホルモンが出ているのかということが、ポイントになる。成長ホルモンは、その名の通り、成長を促すもので、この分泌が上手く行かないと成長に影響が出る。

骨の成長も、もちろん、これに含まれており、女性だと、バストの大きさにも関係しており、成長全般に言える。しかも、この成長ホルモンは、成長期だけの話でもなく、成人でも、細胞の修復や代謝とも関係しており、上手く分泌されないと、代謝が悪く、太りやすくもなったり。

気になるのは、成長ホルモンが、どんなときによく出るかなのだが、これは熟睡しているとき。通常は、夜に3~5回ほど大きく分泌されるタイミングがあり、寝不足な生活を続けていると、この成長ホルモンが十分に出ていないため、成長にも影響が出たり。さらに、満腹のままだと、この働きが悪いことが知られており、空腹で寝るのが良い。

運動することも、身長を伸ばすためには、必要という話もあり。健康な体を維持するという意味では、当然なのだが、それも、体を動かすことで、熟睡につながるというところも大きく。逆に運動し過ぎた場合、骨の成長を早めることにもなり、その分、伸びる期間が短く、低めになることもある。

程度の問題なのだが、これは、小学校低学年頃に極端に激しい運動を続けた場合。極端に体を鍛える体操選手は、身長が低いというイメージがあり、重なる部分があるかもしれないが、ただ、考えてみると、体操の特徴として、身長が低いことが有利に働くため、結果として、低めの人が集まるとも考えられるため、一概には言えないところもある。

食生活では、成長ホルモンを生成するにも、原材料が必要で、これが、たんぱく質。多い少ないはあるにしても、肉や魚であれば、どれにでも含まれており、骨の成長では、主成分がリン酸カルシウムだけに、カルシウム、リン、ビタミンDは欲しいところ。ただ、身長ということで骨の部分だけを成長させるというよりは、体全体を成長させる必要があり、バランス良く食べる必要がある。

成長ホルモンというと、それに関する製品が販売されていたり、サプリもあったりするのだが、日本内分泌学会でも、注射で投与しない限り、有効性は認められていないとしており、一般的にも、成長ホルモン治療は、飲み薬のカタチはなく、皮下注射になっている。身長が伸びるなどとして、成長ホルモンと称し販売しているサプリがあったら、注意が必要。

飲み薬がない理由としては、成長ホルモンがたんぱく質の一種だけに、胃や腸で消化されると効果がなくなるため。消化吸収には、いろんなプロセスがあり、口から入れて、単純に体内にも入るというのは、なかなか難しいようで。

ただ、一方で、ホルモンの飲み薬、塗り薬もあるという話も聞くのだが、どうだろうか。ゼロではないかもしれないが、体内に注射で入れるものに比べると、かなり、効率は悪そうだが。

成長ホルモンの分泌が、上手く行われないことで低身長になる 成長ホルモン分泌不全低身長症だと、成長ホルモンを薬として処方しており、それは、寝る前に注射するのだが、針が非常に細く、痛みもなく。

どのくらいが、この低身長にあたるかというと、16歳で、男性で約155cm、女性で約145cmが下限、これより、身長が低いと低身長に当てはまる。

話がそれてしまったが、身長を少しでも伸ばしたいとなると、成長ホルモンを十分出せるよう、夜更かしせずに、熟睡が一番ではないだろうか。寝れば熟睡できるものでもないため、適度に体を動かし、バランスのいい食事をしつつ、規則正しい生活を送り、伸びやすい環境を整えるのが重要になる。

ただ、言うのは簡単だが、これを日々実践するのは、現実的には難しそうだ。身長が伸びる時期は、ほとんどが学生の頃で、勉強も忙しく、部活もあるなど、考えてみれば、大人とは違ったカタチで、非常に忙しく、好奇心も旺盛な時期だけに、黙って寝るというのは無理があるかもしれない。


nice!(311) 
共通テーマ:日記・雑感
身長を伸ばす方法を考えると ブログトップ