So-net無料ブログ作成
検索選択
頭や目の疲れに、頭にかぶるマッサージ器 ブログトップ

頭の疲れにかぶるマッサージ器 もむ力が意外とあり、目の疲れの他、眠気も覚める breo モンデール・ヘッドスパプラス iD1260 [頭や目の疲れに、頭にかぶるマッサージ器]

パソコンなどで、よく目を使うせいか、最近、目の疲れが酷く、気が付くと眉をひそめている。眼精疲労のサプリや栄養剤なども飲んでいるのだが、マッサージするような機器はないものかと調べ出てきたのが、『breo mondiale hesd spa Plus モンデール・ヘッドスパプラス iD1260』。

hedspa01.jpg

これは、頭にかぶるタイプのマッサージ器。いろいろ調べたのだが、手で持って使うようなもの他にもあるが、このかぶるタイプは、現在、モンデール・ヘッドスパのシリーズのみ。このシリーズには、『iD1168』、『iD1260』、『iD3』といくつかのバージョンがあり、それぞれが違いがある。

見た目も違うのだが、機能的には、『iD1168』は頭のマッサージなのだが、これに、目の周りのマッサージがあるのが、『iD1260』と『iD3』。そして、充電式でコードレスになったのが、最新の『iD3』。

目の疲れが気になることと、バッテリーを使うタイプは充電が面倒なため、それなら、電池で動く方が手間もないということで、『モンデール・ヘッドスパプラス iD1260』に決め、この土日に使っていた。

見た目から、やや正義の味方のようなところもあり、大丈夫だろうかという印象もあったのだが、使ってみると予想以上な作りで、選択肢としても、ありなんじゃないかと感じさせるほどの性能があり。

初めに感じたのは、意外と空気圧によるマッサージの力が強いこと、そして、単純に押してるというよりは、各部分が連動して動いているような動きをしていること。

コードの先にあるコントローラー部分から、空気を吸込み、それにより、頭部のマッサージ器のあちらこちらが膨らみマッサージするのだが、頭にかぶる部分も軽く、コントローラーもそれほど大きいものでもなく、無駄のない作り。

動きについても、目の周り、頭の側面、後頭部と首の付け根をもむのだが、これをパターンに沿って動いており、ヒーターで温めててもいる。

使った後に、目がハッキリすることからも、マッサージにより血行を高めることが、疲れを癒す方法なのも分かる。これを使い、目が疲れていると頭が疲れているような感覚もあり、どちらが疲れているのか、よく分からない気もする。それほど、目の疲れの影響は大きいということかもしれない。

この機器というか、このシリーズの機器は、強弱のあるもみ方はするのだが、マッサージ器には良くある強弱を調節する機能はない。ただ、少なくても、もむ力はあるため、弱過ぎてと感じる人はいないんじゃないだろうか。

ヒーリング音楽を流す機能もあるのだが、空気を吸い込んで動くため、コンプレッサーの音があり、静かに音楽を聴くような感じではなく。マッサージにかかる時間は、長くても15分程度なため、個人的には、音楽がなくても気にならない。

頭を360度の方向から押されるということは、普段はないため、感覚としては新鮮さもあり。頭をマッサージしつつ、手には何も持たない、いわゆるハンズフリーなカタチでできるのも、この機器ぐらいなため、こういうものが欲しいとなると、このシリーズになる。

今年に入り、モンデール・ヘッドスパのシリーズではないのだが、目の疲れを癒すというもので発売された 『モンデール・アイタッチ is4』もあり。これは、目の周りをエアプレッシャーでマッサージし、温めるのだが。

これだと、頭全体をマッサージすることはできないのだが、コンパクトで、機器が目の周りにしかないため、仰向けに寝ながらでもできる。どちらがいいか迷ったのだが、寝た状態の方が、断然、リラックスできるため、こちらでも良かったような。見た目も、SFな感じで、カッコもいい。

こういう製品は、他にないものだけに、よくこんな機器を作ったなという驚きもあり。どこが作ったのか、メーカーを調べたところ、テレビCMなどで聞いたことがある ドクターシーラボのグループ会社 ヴァルテックス。化粧品などの他に、こういう事業もやっているようで。

マッサージチェアでも日本は最先端なのだが、こういう機器を作るのは、日本のメーカーだけなのかもしれない。それだけ、疲れている人が多いということなのだろうか。

   


nice!(288) 
共通テーマ:日記・雑感
頭や目の疲れに、頭にかぶるマッサージ器 ブログトップ