So-net無料ブログ作成
検索選択
iPhoneをリモコン操作 撮影・音楽・動画 ブログトップ

カメラのシャッターの他、音楽や動画の操作もでき、片手で使えて、意外と便利 iRemote Shutter [iPhoneをリモコン操作 撮影・音楽・動画]

通勤時に、イヤホンを使い、iPhoneで音楽を聴いているのだが。mp3プレイヤーを長く使っていると、ちょっとやり難いなと感じるのが、ボタン操作。

mp3プレイヤーなら、ポケットに入れたまま手探りでボタンの位置が分かるため、わざわざ本体を出さずに済むのだが、スマホだとこれができない。スマホの場合、ボタンは表示されたところを押すため、ボタンの凹凸がある訳でもなく、どうしても、本体を出さないと操作できない。

irshutter1.jpg

irshutter2.jpg

そこで、『iRemote Shutter』を使うことにした。これは、iPhone、iPad、iPod touch用のリモートシャッターなのだが、それにマルチメディアコントロール機能を付けたもの。

リモートシャッターなら、各社から様々なタイプが発売されているのだが、音楽や動画のリモートコントロールまで出来るのは、今のところ、これしかない。

使う前に、認識させる必要があり、リモコンの横の電源を入れ、iPhoneに表示された4桁の数字を入力。これで、ボタンを押せば、写真が撮れて、音楽のボリューム、曲の選択、動画の視聴にも使える。

これがあれば、ポケットの中でも、片手でiPhoneを自由に操作でき、本体を出す手間もない。リモコンの反応も良く、隣の部屋にiPhoneを置き、壁を挟んでも、リモコンで写真が撮れた。

この他、便利に感じたのが、実家に帰省した際、たまにしか帰らないこともあり、部屋には、地デジのテレビもなく、パソコンもなく、何もない。そんなときに、iPhoneがあれば、曲も聴ければ、動画も観れて、しかも、リモコンまで使えるとなれば、大分、快適に過ごせる。

『iRemote Shutter』は、周りで使っている人がいたため、以前から何となく、名前くらいは知っていたのだが。実際、使ってみると、意外と良く、ウォーキングしながら曲を変えたり、いろんな状況で使えそうだ。

私の周りでは、これをハイレゾプレーヤー AK100に使っている人がおり、操作するために、いちいち出すのが面倒だからと、理由は同じ。ハイレゾプレーヤーは、ハイレゾ音楽を聴くもので、CDに収録された曲に比べ、数倍のデータ量で、より高音質な曲を楽しめるというもの。

これが、好きな人にはたまらないらしく、曲は、音楽サイトでダウンロード購入になるのだが、曲自体は、高音質でも値段の違いは、ほとんどないという。

ハイレゾ音楽のDSD方式になると、CDの8倍の情報量というから、1曲あたりの容量が大きくなるのだが、繊細なクラシックな曲では、透明感に違いがあるとのこと。

同じ曲でも、ハイレゾになると、より細かい部分が感じられるということなのだが、対応するプレイヤーは、やや高めながら、曲の購入自体は、CDと変わらないなら、プレイヤーを買ってしまえばということにもなる。

趣味の世界なのだが、クオリティを求めると、いろんなものが違って見えるのかもしれない。どんなことでも、追求すればするほど、ならではの楽しみがありそうだ。

 


nice!(258) 
共通テーマ:日記・雑感
iPhoneをリモコン操作 撮影・音楽・動画 ブログトップ