So-net無料ブログ作成
汚れやすい キーボードも楽に掃除できる ブログトップ

ホコリで汚れやすい キーボードの掃除 エアダスターより簡単にキレイになる、小さいハケで強力吸引 すきまノズル [汚れやすい キーボードも楽に掃除できる]

ホコリをかぶりやすいものは、いろいろあるが、中でも、厄介なのが、パソコンのキーボード。キーの間には、わずかにすき間があり、頻繁に押すことから、そこに、小さなホコリが入り込み、たまりやすい。

今まで、スプレー缶の 『エアダスター』を使っており、空気を勢いよく吹き付けることで、キーボードのホコリを外に飛ばし、キレイにしていた。これだと、吹き飛ばすため、キーボードを取り外し、外で使うことになる。これはこれで、面白く感じるところもあるのだが、やはり、キーボードを外してというのが、意外と面倒。

この他、ホコリを吸い付けるスライム状の 『アイリスオーヤマ サイバークリーン』も使ったことがあるのだが、これは、凹凸のある表面のホコリは取れるものの、キーのすき間となると話は別。それなら、USBメモリーのような小型でハケが出せる 『ELECOM コンパクトブラシ』の方が、ホコリが吸い付き、まだ、中のホコリは取れる。

この3つを使っても、これが一番という決め手に欠けるところがあり、もっと簡単にキーボードをキレイに掃除できるものかと探したところ、目に付いたのが、『すきまノズル』と『サンワサプライ CD-83KT バキュームアタッチメントキット』。

この2つは、掃除機の先に取り付け、ペンのような太さのハケで強力に吸い込むというもの。キーボードの掃除にも使えるが、エアコンの吸い込み口、手が入らないようなすき間など、いろんなところを掃除できる。

『すきまノズル』と『サンワサプライ CD-83KT バキュームアタッチメントキット』の違いは、『すきまノズル』の方が、ホースが長めで、ブラシを取り付けた棒も長くなること。キーボードの掃除だけなら、『バキュームアタッチメントキット』で十分そうだが、エアコンもとなると長い方が良く、『すきまノズル』にした。

sukima01.jpg

sukima02.jpg

小型のお掃除キットの感じが、ミニチュアを見ているようで面白く。実際、使ってみると、小型のハケでも掃除機に取り付けるため吸引力があり、表面的なホコリはもちろん、キーボードのすき間の奥のホコリまで、あっという間に吸い込む。

sukima03.jpg

エアダスターだと、ホコリを吹き飛ばすため、室内では使えないが、この『すきまノズル』なら、掃除機感覚で使えるため、部屋を掃除するときに、一緒にキーボードも掃除すれば、大した手間もない。

注文する前に気になったのが、どの掃除機でも使えるかということなのだが、差込口が丸いものなら、どれでも使えるようで。掃除機の吸引力が、そのままだと強過ぎるため、取り付け部分に穴があり、これを大きくしたり小さくすることで、吸引力の強さも調節できる。

sukima04.jpg

『すきまノズル』では、柔軟なホースの先に、棒状のノズルを付けるのだが、組み合わせると、棒状の部分は、長さ30cmほどになる。身長にもよるのだが、このくらいあれば、エアコンの吸込み口の掃除も、手を伸ばせば届く。

エアダスターなら、2缶で1000円ほどなら安いくらいで、モノの割に高い気もする。それなら、『すきまノズル』の方が、いつまでも好きなだけ使えて、便利でいい。

このくらい細いと、パソコン本体の分解掃除にも役に立ちそうで、エアダスターを使う機会は、もう無いかもしれない。こういう便利なものがあるなら、もう少し早く気付くべきだった。

    


nice!(287) 
共通テーマ:日記・雑感
汚れやすい キーボードも楽に掃除できる ブログトップ