So-net無料ブログ作成
検索選択
写真加工・イラスト製作に便利な ペンタブレット ブログトップ

写真加工・イラストにも十分使える ペンタブレット お絵かきソフト・ペイントソフトが2つ付き、この使いやすさで、この低価格が凄い [写真加工・イラスト製作に便利な ペンタブレット]

パソコンを使っていると、文字の入力は、キーボードが使えるため便利なのだが、書き留めたい図などは、マウスを使うため、意外とやり難く。紙に手書きのように、自由に図も描けないかとなると、ペンタブレットになる。

ペンタブレットは、平らなボードの上を専用ペンで描けば、それが、そのままパソコン上に取り込まれ、主に、イラストヤの製作などに使われるもの。現在では、写真に手描きの文字やイラストを組み合わせる 写真加工、LINEのスタンプ製作などにも使えるため、より身近かもしれない。

ペンタブレットのメーカーとして、世界的にも有名なのが、日本のWACOM ワコム。業務用から気軽に使えるものまで、幅広いペンタブレットを扱っており、日本国内はもちろん、世界シェアも8割以上。

pentab01.jpg

今回は、邪魔にならない小型のものと、『ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1』を買ったのだが、これが、思ったよりも使いやすく驚いた。

5年ほど前だろうか、大きめのペンタブレットを買ったことがあるのだが、当時、4万円ほどしただろうか。書き心地の抵抗が少なく、どちらかというと、表面を滑るような、そんな感覚だったのだが、それと比べ、今回の『ワコム Intuos Pen CTL-480/S1』は、紙の上で書いているような感触がある。紙にマジックで描くような、そんな感じに近いだろうか。

何が、凄いかというと、8000円を切る低価格。本体の他、2つのペイントソフト『AUTODESK SketchBookExpress 6』と『ArtRage Studio』が無料ダウンロードまである。このソフトのデキも非常に良く、筆圧の表現も細かく、絵具のカタマリを落とし、それをパレットナイフで伸ばしたり、複数の色の混ざり具合も自然で、エアブラシなども、もちろんある。油彩も水彩も、これ一つで、結構なところまでやれそうだ。

2つのソフトだけでも、この価格で足りない気がするほどで、これに、ペンタブレット本体も付いており、かなりの割安感。以前、購入したペンタブレットに付属したソフトとは、比べものにならないレベルの違いもあり、本体の使いやすさ・感覚的な違いなど、進歩の大きさを感じる。

絵心があり、これが使いこなせれば、いろんなものが描けそうだが、ペンタブレットを使うには、慣れも必要になる。紙にペンで描くなら、ペン先を見ながら描けるのだが、ペンタブレットでは、画面を見ながらペンを動かすため、ペン先を見ないで動かす。これが、初めてだと、やや難しい。

ペンタブレットは、タッチパネルのように使い、マウスの代わりにもなるため、絵を描く以外に、マウス感覚でペンを使えば、ペン使いにも、より慣れやすいかもしれない。

パソコンで、モニター2つの2画面表示をしている場合、その2つのモニターの真ん中が、ペンタブレットの真ん中と認識され、ペンを置く位置と実際に線を描く位置がズレることがある。これは、ペンタブレット側の設定によるもので、【ワコムタブレットのプロパティ】⇒【その他すべて】⇒【マッピング】にある表示エリアを設定すれば、ポインターと描く位置が一致するようになる。

さらに、上のシリーズには、『ワコム Intuos Pro』もあり。こちらは、ペンだけではなく、指先も使えるため、スマホなどのように、指先で拡大・縮小ができ、回転も可能。さらに、横にはファンクションキーもあり、ボタン操作で切替えもできる。

ペンに加え、指も同時に使うとなると、描くスピードが上がりそうだが、ある程度のスペースも必要になり。使い勝手を考えると、Mサイズ以上は欲しいところで、それなりの価格になる。

いずれにしても、ペンタブレットがあるとパソコンの使い方も広がるため、あったらあったで便利なものとは言えそうだ。


 


nice!(304) 
共通テーマ:日記・雑感
写真加工・イラスト製作に便利な ペンタブレット ブログトップ