So-net無料ブログ作成
検索選択
PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ ブログトップ

ハッキングで多彩な面白さがある ウォッチドッグス 3.クリアしても変わらず遊べる面白さ、渋い雰囲気もリアルでいい [PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ]

PS4『ウォッチドッグス コンプリートエディション』をクリアしたのだが、ここ数年、プレイしたゲームでは、一番と言えるほど面白いものだった。



このゲーム、見せ場が多く、銃撃戦、カーアクション、ハッキングによる潜入もあれば、セキュリティを解除するパズルゲームのような部分もあり、いろんなゲームがまとまり、それらが違和感なく調和しているような、そんなところに、遊びの自由さもある。

物語自体も、このゲームの対象年齢が18歳以上でもあり、大人向け。主人公も、おじさんな感じで、姪や甥がいる年齢でもあり、昔で言えば、ハードボイルドというのだろうか。冷酷さもあり、感情に流されないところに、プロっぽく、雰囲気もある。

物語が進むにつれ、主人公を助ける仲間達との拠点もあったり、その他にも、主人公が休息できるポイントもいくつかあり。ゲームメーカーは、ユービーアイソフトなのだが、どの作品にも、休める場所、帰る場所があるという共通点がある。

これも、プレイしている方としても、行って事を起こした後に、帰ることができるというのが、気分的にも収まりが良く、生活感やリアルさもある。

このゲームは、1年ほど前に発売されたのだが、当時、ネットでよく言われていたのが、追いかけて来るパトカーが酷いという話。パトカーの追跡が厳しく、すぐやられて、面白くないというもので、それならやらなくてもと思い、当時、手を出さなかった。

実際、やってみると、パトカーの追跡は、確かにきついのだが、それもそのはずで、警察側を操作しているのも、他のユーザー。追跡するゲームアプリになっており、スマホやタブレット端末で遊べるため、ゲームソフトなしで、誰でも遊べる。

パトカーには、絶対に勝てないのかというと、そんなこともなく。ハッキングで、信号や橋を操作したり、突然、車止めを上げたりすれば、簡単ではないものの、どうにかなる。

主人公のハッキング スキルが低いと、車の良し悪し、スピードが出る車かどうかが大きく左右するが、遅い車を乗り捨て、他の速い車に乗り替えることはできるため、やり方次第。ゲームには向き不向きもあり、不満の書き込みの方がネットでは目立つこともあり、やってみると違うというのは、ありがちかも知れない。

この警察、パトカーやヘリをユーザーが操作しているため、プログラムでありがちなワンパターン感がなく、動きが読めない。だからこそ、緊迫したカーチェイスが楽しめるところもあり、カーアクションがメインのゲームとも違った面白さがある。

物語の内容についても、シリアスなゲームでもあり、理由と行動が噛み合っているというか、無駄がない感じもあり、それでいて、ボリュームがあるほど様々な展開があり、飽きさせない。

本編だけではなく、犯罪者を退治するようなサブミッションも多く、さらに、別のユーザーから仕掛けられることもあり、これに、警察とのカーチェイスもあるため、本編が終わっても、何が起こるか分からないところで、ゲームとしての魅力もある。

自由に広い空間を動き回れる オープンワールドなゲームでは、本編をクリアした後でも、遊べるようになっているものが多いのだが、一度、クリアしてしまうと、全体を把握してしまうため、面白味がない。ただ、このゲームでは、他のユーザーが関わるところで、読めない変化もあるため、変わらず遊べる良さもある。

さらに、コンプリートエディションでは、ダウンロードコンテンツの『Watch_Dogs Bad Blood』もあり。本編との繫がりもありつつ、主人公とは違った視点で、他のキャラでの物語なのだが、これも、ゲームとして、普通に遊べるもので、楽しめる。

ユービーアイソフトは、フランスに本社があるメーカーなのだが、世界各地に開発スタジオがあり、ゲームの内容もバラエティに富んでおり、人気シリーズの『アサシンクリード』、『ファークライ』もある。

人気シリーズは、知名度もあり、ファンもいるだろうから、売上本数も多いのだが、この『ウォッチドッグス』は、2014年度、新規タイトルでは、最も売れた作品と言われ、世界で900万本。海外では、初週で400万本を売上げ、売上では、6週間1位だったというから、かなりのもの。

やってみると、このゲームならではの特徴やアイディアがあり、この売上もダテではなく、頷ける面白さがある。実写の映画のようなリアリティがあり、そこにゲーム感覚で楽しめる面白さもあるため、キャラモノのゲームとも違った感覚かもしれない。

   


nice!(291) 
共通テーマ:日記・雑感

ハッキングで多彩な面白さがある ウォッチドッグス 2.様々なサイドミッションや対戦もあり、手間が掛からず、多彩な遊びが楽しめる [PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ]

ウォッチドッグスには、本編のストーリーの他に、多彩なサイドミッション、他のユーザーとの対戦など遊び方も様々。本編だけでも、ボリュームがあるのだが、突然、始まる対戦が加わることで、他のユーザーもいるという感覚も面白い。

サイドミッションには、街で起こる強盗や暴行などの犯罪を解決するものもあれば、人身売買などの調査、車を使ったものもあり、移動する敵の車列を襲撃したりもする。犯罪に関係するものの他、仮想空間で遊ぶ デジタルトリップ、ポーカー、チェス、酒の飲み比べなどまである。

これらは、本編とは関係ないところなため、やってもやらなくてもというものだが、経験値にはなる。このゲーム、資金は、道行く人をハッキングすることで簡単に稼げるのだが、経験値を稼ぐには、ミッションになる。経験値を貯めることで、主人公の様々な能力が解放されるため、そこで必要になる。

この他、ユーザー同士での対戦もあり、ここにも特徴がある。このゲーム、シングルプレイとマルチプレイが分かれておらず、シングルプレイのはずが、他のユーザーが現れ、ハッキングで挑んで来たり、4対4で銃撃戦をしつつのファイル探しなど対戦できる。本編に集中して遊びたいという ユーザー向けに、これは設定でオフにもできる。

このゲームをプレイするユーザーの他に、無料アプリ 『ctOS mobile』からの対戦もある。これは、ゲーム機でプレイするユーザーが逃走したときに、ヘリを操作し、警察車両を手配するなどで、それを阻止するというもの。

これは、ゲームソフトがなくても遊ぶことができるのだが。このアプリでも、ミッションをクリアすれば、アビリティやシステムが解放される。ゲーム性が高く、これはこれで、かなり面白いという話。

ただ、相手が、現在、プレイしているユーザーなため、マッチングが上手くいかなければ、待たされることになる。相手が、コンピューターではないため、これは仕方ないのかもしれない。

このゲームの凄いところは、アクティブに動き回る主人公が、ハッキングにより、様々なものを操れることなのだが。機器へのハッキングが、実に簡単で、スムーズに行えるようになっており、建物の外から、瞬時に防犯カメラを伝い、内部まで侵入するというのが、スピード感があり、まるで、ドラマや映画のカット割りのようで。これまでのような、主人公に近い位置からの視点とは、大きく違い、刺激的。

これに加え、ユーザー同士が、自然に対戦できるような仕組みがあったり、物語に囚われずに、楽しめるサイドミッションがいくつもあり、遊びの幅が広い。斬新さもあり、いろいろできる割に操作が簡単、飽きさせないようなアイディアや工夫が多く感じられ、人気があるのが分かる。





nice!(284) 
共通テーマ:日記・雑感

ハッキングで多彩な面白さがある ウォッチドッグス 1.ハッキングによる潜入もスリルがあり、やり方も様々で自由さがあり [PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ]

watchdogs01.jpg

バブル景気で沸いた日本を舞台に暴れまわる 『PS4 龍が如く0』以来、しばらく、PS4で遊んでいなかったため、面白そうなものはないかと手に取ったのが、『PS4 ウォッチドッグス コンプリートエディション』。

これは、今年、6月25日に発売され、これまでにリリースされた有料コンテンツを含むコンプリード版。もともとのタイトルは、2014年に発売されたのだが、シリーズモノではない新規タイトルでは、その年、世界で最も売れた大ヒット作という話。

このゲーム、ネットワークに侵入するハッキングに、大きな特徴があり、昨年、発売された当時は、どんなゲームなのかというイメージが掴めず、面倒そうにも感じられ、面白くなさそうに見えたのだが、実際にプレイすると、人気が分かる面白さがある。



どこら辺が面白いかというと、反社会的な犯罪者な感覚が刺激的でもあり、ハッキングによる侵入の斬新さもありつつ、様々なゲームの面白さも詰まっており、シカゴを舞台にしたオープンワールドも雰囲気もあり、自由に遊べる良さがある。

犯罪者な感覚と言っても、犯罪を助長するようなものかというと、そうとも言えないところがあり。確かに悪さもするものの、物語の流れとしては、復習やさらわれた妹を助けるため。

アメリカのシカゴが舞台なのだが、高層ビルが建ち並ぶ大都会もあれば、郊外には、のどかな風景もあり、その他にも、さびれた街並みも非常にリアルに再現されている。晴れや雨などの天候の変化もあり、時間の変化もある。



先に進まないと乗れない乗り物もあるのだが、ほとんどの乗り物に乗ることができ、微妙な違いも凄い。普通のセダンやワゴン車もれば、スピードがでる高級車、大きなトラックなど様々あり、しかも、新品なのか、まもなく廃車というような古い車なのかの違いもある。それらが、ちゃんと走りも違い、いい車のキレのある走りもあれば、今にも壊れそうな、動きも鈍く、エンジン音もカラカラしり、こだわりがある。

しかも、乗れるものは、ほとんど何でも乗れるため、バイクもあれば、モーターボートもあり、電車などにも乗ることができる。

路上に駐車しているものの他に、仲間に連絡して、車を用意させたり、信号待ちなどで停車している車からドライバーを引きずり降ろし、盗むこともできる。ただ、露骨に盗んで乗ると、警察に通報される。

警察に追われると、手加減がないため、強烈なカーチェイスになる。パトカーで追いかけられるだけではなく、警告の後に発砲され、路上には、タイヤをパンクさせるスパイクベルトを広げ、待ち構えていたりと散々な目にも遭う。

主人公は、ハッキングにより、信号や上げ下げする橋、破裂させることで道路に穴ができたり、交通網に手を加えることもできれば、路上を歩く人のケータイにアクセスしたり、ハッキングの幅も広い。

街を行き交う人々のケータイから口座番号を盗むことで、ATMからお金を勝手に引き出すのだが。そのお金で、武器、道具、衣類などを買ったり、他にも、ソフトドリンクやお酒など、使い道もいろいろある。

口座番号も簡単に盗めるということでもなく、エリアにより、盗めたり盗めなかったり。基本的にセキュリティがかかっているため、それを管理するセンターにハッキングを仕掛け、解除する必要がある。

口座番号の他に、通話を盗聴して、会話を聞いたり、チャットを盗み見たり、その人の経歴を調べるなど様々な情報も手に入る。それが、外見上のリアルな人の動きだけではなく、それぞれの事情も感じられるため、より人間味も感じられ、社会の中にいる臨場感もある。

情報を集めることで、これから犯罪を犯しそうな相手というのも分かり、犯行を起こしたところで、それを叩きのめせば、住人の反応も違ってくる。住人が好意的になれば、流れるニュースなどでも擁護する話になり、姿が見られてもスマホで撮影されるなど人気者な状態になり、通報される可能性も低くなる。逆に、住人を巻き込むなど悪さばかりだと、評判が悪くなり、見掛けると通報されて、手ごわい警察がやってくる。評価の良し悪しで、やり易さの違いもある。

ハッキングでは、セキュリティの解除や情報収集のために、大がかりな施設に仕掛けることもあり。防犯カメラから侵入し、それを伝って、施設の奥にたどり着き、セキュリティを突破して、サーバーにアクセスする。このときに、パズルゲームのような部分があり、それをクリアすることで、目的の情報にたどり着く。

施設は、武装した集団が守っており、ハッキングだけでも済むこともあれば、銃撃戦になったりすることも多く。この武器での戦闘というのも、非常に良くできている。ハッキングなしで、あちらこちらにトラップを仕掛け、ライフルで狙撃しつつ、敵を全滅させて、奥に進むということも、もちろん、できる。

主人公には、様々な仲間もおり、渋い雰囲気に大人な感じもあるのだが。妹を人質に取られた主人公が、利用されつつも、出し抜いてやろうとするところもあり、物語としての展開の面白さもある。

このゲームのメーカーも、ユービーアイ ソフト。特にメーカーを意識している訳でもないのだが、最近でも、『アサシンクリード ユニティ』、『ザ・クルー』、『ファークライ4』と、ここのゲームを選ぶことが多い。

『アサシンクリード ユニティ』は、フランス革命時代での暗殺劇で、密かに潜入してターゲットを倒すというところに醍醐味があり、武器や防具などの装備品の細かさも凄く。『ザ・クルー』は、全米を再現し、走り回るというもので、カスタマイズも細かく。『ファークライ4』は、東南アジアの雰囲気で、反乱軍と共に戦いつつ、ワイルドなサバイバル感もある。

『ウォッチドッグス』も含め、どの作品も共通して言えるのは、それぞれに違った特徴がありつつも、オープンワールドで動き回れる世界が広く、リアル感もあり、自由に遊べる細かさと幅の広さがあることだろうか。自由度が高いということは、それだけ、遊び方も様々で、長く遊べるという話にもなる。

2014年の新規タイトルとしては、『ウォッチドッグス』は大ヒットなのだが。ユービーアイ ソフトのお馴染みの良さのようなものも感じられる。

   


nice!(292) 
共通テーマ:日記・雑感
PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ ブログトップ