So-net無料ブログ作成
検索選択
PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人 ブログトップ

PS4 飛び回る爽快感が凄い 進撃の巨人  4.物語をクリアしても、進撃モードは終わらず、依頼を受けつつの様々な調査任務、対象エリアの拡大など、まだまだ続く [PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人]

『PS4 進撃の巨人』には、現時点では、物語に沿った 『進撃モード』、キャラクターを選び、自由にミッションを選んでプレイする 『壁外調査モード』の2つがあり、オンラインでの『共闘モード』は、3月末から利用できる予定になっている。

『進撃モード』も、『壁外調査モード』も、報酬や経験値は共有されているため、どちらをやっても、レベルアップなどはするようになっているのだが。アニメのようなシーンが間に入る 『進撃モード』は、20ステージあり、これを全てクリアしても終わるものではなく、三国無双を感じさせるところに、むしろ、ここからが始まりなのかもしれない。

進撃モードが終わると、兵舎を拠点に様々な調査任務を選んで行うことができ、その数も、結構な数なのだが。これをある程度、進めたところで、調査対象になるエリアが増え、さらに、ミッションに広がりがある。

物語を終えた『進撃モード』は、『壁外調査モード』と同じじゃないかと思われそうだが、これが、重なる部分もあるものの、違いもあり。『進撃モード』は、依頼があり、お馴染みのキャラもいるなど、物語の中という雰囲気がある。

一方の『壁外調査モード』は、近くに建物があるものの、野外でのキャンプという印象で、周りにいるのは、一般の調査兵のみ。進撃モードとの違いとしては、調査任務の他に、遠征任務があり、立て続けに調査任務を行うこともできる。どちらかというと、物語が続いているという感じはない。

どちらのモードも、キャラを選んでプレイすることになるのだが。進撃モードの依頼は、キャラにより違うため、例えば、エレンが依頼を受け、リヴァイで、その依頼をクリアするということはできない。依頼を請けたキャラで、やることになる。

依頼を満たすと、報酬ではなく、日常を感じさせるシーンが始まり、そこに、キャラクターの人間味もある。これも、アニメでもありそうな、ちょっとしたシーンなのだが、ゲームの中でも浮いた感じもなく、雰囲気がある。

依頼というのも、一つずつではなく、まとめて請け負うことができるため、依頼のために調査任務を行うというよりは、調査任務のついでに、依頼もクリアできるという感じだろうか。この依頼も、クリア後の『進撃モード』だけではなく、『壁外調査モード』で満たしても、クリアにはある。

これだと、クリア後の『進撃モード』では、物語に沿ったステージは、もうできないのかという、そうでもなく。拠点で過去の任務を見ることができ、そこから、再び、プレイすることができる。これも、戦闘だけではなく、ドラマ部分も、そのまま始まる。

進撃モードは、進撃の巨人の物語に沿ったものなため、アニメを観ていれば、進み具合から、このくらいで終わるだろうというのは分かる。ただ、その後、こういうカタチで続くというのは予想外で、ゲームとしてのボリュームはある。

進撃モードでは、アニメの第1期まで進み、クリア後は、物語の展開よりも、日々の任務がメインというような、そんな感じだろうか。装備品の細かさもあるため、長く遊べそうで、そう簡単に、やり尽せるようなものでもなく。

これに、オンラインでの共闘モードも加わると、他のユーザーと共に戦うことになり、さらに、楽しめそうだ。

 


nice!(249) 

PS4 飛び回る爽快感が凄い 進撃の巨人  3.ガス量やガス圧、巻取速度など様々な要素があり、装備品も開発・改造・補強と意外に細かい [PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人]

週末から、『PS4 進撃の巨人』をやっているのだが、ブレードやガスの消耗もあり、装備する武器や立体機動装置も様々。しかも、ブレードの形状もタイプにより、いろいろなのだが、それが、ドラマシーンのCGにも反映されている。

CGで作られたシーンも、激しい動きにスピード感があり、アニメと比べても、違和感は感じられない。様々なシーンで見られる 装備品も、ユーザーが選んだものになっているというのが、細かいところでもあり。装備した甲斐もあり、非常に良く。

装備品に関しても、意外に細かく。ブレード、鞘やガス、立体機動装置の3つがあり、それぞれで、資材を集め、新たに作るか、手持ちのものを改造するか、不要な装備を素材として使い補強するかになる。

それぞれに3つの要素があり、そのバランスも様々。ブレードであれば、切れ味・長さ・耐久性、両脇になる 鞘やガスだと、ガス圧・ガス量・替え刃の数、立体機動装置では、巻取速度・アンカー射程・アンカー強度になる。

ブレードでは、切れ味が良ければ、与えるダメージは高いものの、耐久性が低ければ、すぐに替えることになる。立体機動装置では、巻取速度が高い方が、アンカーを打ち込んだ先への引き付けるスピードが上がるが、アンカー強度が低ければ、打ち込んだ状態が長く持たない。

アンカー強度が高い方が、部位を狙う際に、多少、時間的な余裕がある。打ち込んで、真っ直ぐ攻撃するなら、強度がなっくて構わないのだが、巨人も動いており、打ち込んだ状態で、狙いを定めるには、強度がある方がいいなど、いろいろある。

巨人を相手に、どういう戦い方が好みかで、選ぶことができ。狙って、一撃で倒すなら、ブレードの耐久性を気にせず、手数を多く、補給がなくても、しばらく戦えるようになら、耐久性も重要になる。

単純に、新たな武器が選べるようになり、それに乗り替えればいいというだけではなく、3つの要素のバランスが違うため、気に入った武器があれば、それを改造しながら、使い続けるのも良さそうで。改造も、何段階かあり、どちらに改造するかという話にもなる。

開発や改造には資材が必要で、巨人を手足を切り落とすことで獲得できる。巨人への攻撃も、頭上からなら、首を狙えるものの、高さがある 巨人では、やはり、狙いやすいよう 地面に倒した方がよく、そうなると、脚を狙うことにもなる。

巨人のタイプによっては、低めのものもおり、超大型もいたりと多彩なのだが。さらに、急所をガードされているのものもあり、こうなると、手足から。巨人を攻撃する際にも、距離があれば、切り付ける際に回転が加わるキャラもあり、ダッシュすることで、さらに、大きなダメージを与えたりもする。

手足を切り落とし、全身、血まみれというのも、凄いのだが。巨人を倒した後に、死んだ仲間が出てくることもあり、そこから、アイテムを得ることもある。

ゲームが進むと、音響弾、閃光弾、火炎瓶なども使えるようになり、巨人により、聴力が発達していれば、音響弾で惑わすことができ、視覚では閃光弾、毛があれば、火炎瓶など。巨人の特性が違っていれば、効果はない。

補給兵もいるため、ブレードやガスを補給できるのだが、そう、どこにでもいる訳でもなく。補給兵も、巨人に食べられたりもする。ブレードが消耗し、替え刃がなければ、攻撃力は一気に下がり、ガスが切れれば、動きも鈍くなり。

何かを消耗しながら戦うというが、ある意味、リアルさがあり。押し寄せる巨人を前に、追い詰められた感じも、なかなか無く、このゲームならではかもしれない。

 


nice!(250) 

PS4 飛び回る爽快感が凄い 進撃の巨人  2.立体機動装置の飛び回る感覚に、開放感や爽快感もあり、大きな巨人に迫力もある [PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人]

singeki01.jpg

今月18日に発売された『PS4 進撃の巨人』なのだが、これが、思ったよりも面白く。広いマップを飛び回る爽快感、小さな人間が、大きな巨人を次々と倒すというのが、分かりやすい痛快さも感じられる。



巨人は、仲間を食べ、内股で走り込んできたり、口を開けて、飛び込んで来たりなど動きの奇妙さもあり、得体の知れない巨大な化け物という感覚もある。

見た目は人に近くもあり、腕や脚を切り落とすのも惨いようだが、巨人の残虐さもあるため、そうでもなく。この感覚が、異様で独特さがあり、ある意味、新鮮でもある。

『進撃の巨人』と言えば、巨人のイメージも強いのだが、人気は、立体機動装置。小さな人間が、これを使いこなし、宙を自由に飛び回り、そこも大きな特徴の一つ。

これは、アンカーを打ち込み、それを高速で巻き取ることで動力を得て、アクロバティックに飛び回るのだが。このゲームでは、これが、上手く表現されており、しかも、操作も簡単。

巨人との戦闘では、巨人の体にアンカーを打ち込み、そのまま突進して、距離を詰め、切り付けたり。アンカーを打ち込んだまま、そこを支点に円を描くように右へ左へ動き、狙いを定め、攻撃したり。ダッシュを使えば、巨人に急接近し、強烈な一撃で倒すこともできる。

巨人にアンカーを打ち込む際には、両腕、両脚、急所の首と5つあり、どこに打ち込むかは立ち位置で決まる。戦闘中でも、アンカーを打ち込む先は切り替えられ、攻撃した後に、アンカーを打ち直し、別の部位を攻撃することもできる。

戦闘中に、4人まで仲間を同行させることもでき、散開、防衛などの指示も出せる。さらに、狼煙を上げつつ、複数の仲間で、一斉攻撃もでき、巨人に群がる姿も凄さがある。

巨人も一体だけという訳ではなく、街のあちらこちらから出現し、さらに、仲間の救援要請があれば、助けに行くことにもなる。他の巨人が、拠点を襲撃したりもするため、戦闘の慌ただしさがある。

広い空間の中で、あちらこちらから、巨人が押し寄せ、それぞれが動いており。しかも、守る拠点や進路もあれば、助けを求める仲間もおり。順番に巨人を倒して、全てが丸く収まるという感じでもなく、深追いせずというところも、やり方次第で面白さがある。

現時点では、3月24日に予定され、最大4人のオンライン共闘モードがなく、進撃モードと壁外調査モードの2つがある。進撃モードは、物語に沿って進めるもので、様々なシーンもCGで再現されており、巨人との死闘を繰り広げるというもの。

壁外調査モードは、物語とは別で、キャラが選べるようになっており、様々なミッションを楽しめるというものになる。このミッションも数が多く、一人で戦うのではなく、仲間も連れている。どちらのモードでも、戦闘の経験値や報酬はつながっており、貯まるというのも、遊びやすさがある。

『スターウォーズ バトルフロント』も、昨年に発売され、今でも、変わらない面白さがるのだが。それと比べると、スターウォーズのは、狙いを定める余裕があるのだが、『進撃の巨人』では、巨人に突撃するような激しさがあり、時間の流れ方が違うように感じられる。

このゲームは、メーカーが、コーエーテクモゲームス。三国無双シリーズと同じなのだが、三国無双は、複数の敵兵をなぎ倒す豪快さはありつつも、その兵士は、積極的に攻撃してこないイメージもある。

それが、『進撃の巨人』の巨人は、より攻撃的。ステージの最後には、大型 巨人が出ることもあるのだが、画面を覗き込むなど、なかなかの迫力。

重要なシーンは再現されており、展開の面白さもあるのだが、やり方が様々で、ゲーム性も高い。アニメや漫画などで、進撃の巨人を知らなくても、十分、楽しめそうだ。

  


nice!(257) 

PS4 飛び回る爽快感が凄い 進撃の巨人  1.ガス・ブレードの交換、返り血も浴びつつ、他とは違った面白さもありそうな [PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人]

今月18日に、コーエーテクモゲームス 『PS4 進撃の巨人』が発売されるのだが。進撃の巨人は、国内外で話題になり、映画化もされた人気作品。立体機動装置を操り、小さな人間が巨人を倒すところに特徴があり、これが、高画質のPS4で再現できれば、楽しめそうだと思い、予約した。



立体機動装置のガス交換、ブレードの交換もあり、巨人を手足など部位別に攻撃もできる。この感じは、他のゲームにはない感覚そうで、巨人とは言え、見た目は人で、この表現も、際どそうな。コーエーテクモゲームと言えば、信長の野望、三国志、無双シリーズで有名なメーカーでもあり、期待は持てる。

一見、人に切りつけているようにも見えるのだが、相手が巨人というところで、人とは違うという一線もあり。だからこそ、露骨な表現も可能なのかもしれない。グロいシーンが見たい訳ではなく、迫力の問題なのだが。

際どい表現で思い出すのが、スパイク・チュンソフト 『スナイパーエリート3』。2014年8月7日に発売予定だったもので、当時、予約したのだが、これは、発売中止になった。



上の動画は北米版になるのだが、銃弾が当たったときの表現が細かく、骨格や内蔵を破壊するシーンが凄いのだが。発売中止の理由は、告げられなかったものの、ネット上では、グロさから審査を通らなかったんじゃないかとも言われている。

ただ、PS3『スナイパーエリート V2』は、日本でも発売されており、これと、そう大きな違いがあるのだろうかという疑問もある。もしかすると、タイミングとして、批判が集まりそうな雰囲気でも、あったのかもしれない。

日本語版は、発売されなかったものの、北米版はある。北米版 PS4ソフトも、アマゾンでは普通に売られており、日本のPS4でも動くため、これを買うという方法もあったのだが。当時、発売中止で、価格が1万円以上につり上がり、そこまでしてと諦めた。

現在は、適正な価格まで下がっており、今なら、手は出しやすいが、まずは、『進撃の巨人』。現在、動画配信サイト huluでも、アニメ 進撃の巨人 第1期の25話があり、今年、第2期も放送予定。進撃の巨人も、まだまだ続きそうだ。

   


nice!(261) 
PS4 面白くなりそうな 進撃の巨人 ブログトップ