So-net無料ブログ作成
PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV ブログトップ

PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い グランド・セフト・オートV 1.オフラインのシングルプレイも凄く、遊べる都市で、他にない開放感 [PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV]

PS4本体のBDドライブが元に戻り、心置きなく、『グランド・セフト・オートV』なのだが。このゲームは、グランド・セフト・オート シリーズの12作目、メインタイトルでは、7作目という 人気シリーズで、現時点では、最新作。

gta5.jpg

PS3版が、2013年に発売され、PS4版は、翌 2014年12月。昨年、半額ほどの廉価版で発売されたのが、今回のソフト。ゲームでも、これほどシリーズが続いているものは、数えるほどしかなく、絶大な人気があるのは知っていたのだが。どんなゲームかという イメージも掴めず、発売から時間も経っており、手を出し難かった。



公式サイトの動画から、映像の綺麗さは分かるのだが、広大なマップを自由に動き回れる オープンワールドは、自由度が高いだけに掴み難いところもあり。どうしようかと思った 大きなポイントは、オンラインがメインという 印象。このゲーム、プレイしている ユーザーからは、オンラインの話が多い。

オンラインということは、マルチプレイになり。そこに、2,3年前に発売されたゲームに、今さら、乗り込むのは、正直、分が悪い。どのゲームにも言えるのだが、他のユーザーが、すでに強い状態で、そこに、初心者が入れば、やられることも多くなる。そこに、マルチプレイへの抵抗があり。

これも、やり方次第なため、打ち込むタイプなら、そのうち、まともにやりあえるようになるためいいのだが。どちらかと言えば、一つのゲームを長くではなく、楽しめなければ、見切りを付けてとなるため、どうかなという 印象があった。

ところが、この『グランド・セフト・オートV』は、オフラインのシングルプレイでも、かなり遊べると聞き、それなら。実際、やってみると、確かに凄い。しかも、PS4版では、高画質化に加え、様々な改善も行われており、古さを全く感じさせない。廉価版とは言え、このクオリティで、この価格はお得感がある。

シングルプレイは、どんなゲームかというと、架空の都市 ロスサントスを舞台に、3人のメインキャラを使い分けながら、銀行強盗などギャングな気分が楽しめるというもの。何が凄いかというと、3Dで都市一つを高度に作り上げ、そこを行き交う人や車、繁華街もあれば、住宅街もあり、そこで、様々な出来事が起こるなど、自由に遊べる空間があること。

映画館に行けば、映画を観ることもでき、車からは、いくつものラジオ局があり、気分にあった曲を聴きながらのドライブもできる。もちろん、犯罪行為を行えば、警察に追われ、罰金を取られたり、好き勝手ができるのだが、社会的なルールもある。

しかも、ただ、自由にでは、何をしたらいいか、方向が定まらないのだが。自由さの中に、メインキャラによる物語はあるため、それを進めつつ、自由さもあり。オープンワールドでは、よくあるスタイルで、広さに違いはあるものの、『アサシンクリード』、『龍が如く』、『ウォッチドッグス』を彷彿とさせる。

ゲームメーカーが、ロックスター・ゲームズで、PS3『レッド・デッド・リデンプション』以来なのだが、こうだったと思うような 問答無用さ、ダーティーさがあり、お馴染みの字幕。つまり、音声は英語で日本語字幕、吹替えはない。英語の勉強にもなりそうだが、かなり口が悪く、言葉が汚い。それも、リアルさがある。

このゲームのCEROレーティングも『Z』で、18歳以上向けが分かる 内容で、殺伐とした感じがあり、アダルトな表現もカットされている。それでも、家庭用ゲーム機としては、ここまで表現されていればという感じもあり、特に気にはならない。それを踏まえても、他のゲームにはない凄さは、十分、ありそうだ。

    


nice!(234) 
共通テーマ:日記・雑感

PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い グランド・セフト・オートV 2.シングルプレイでも凄く、無茶苦茶なのだが、これほど、いろいろやれる ゲームは、他にない [PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV]

PS4 『グランド・セフト・オートV』の大きな魅力は、やれることの幅が広く、いろいろやれる自由さだろうか。しかも、3人のキャラを使い分けることで、それぞれの視点から楽しむこともでき、あらゆる乗り物に乗れることで、空を自由に飛び回ることもできれば、道なき道をバギーで走り抜けたり、開放感も凄い。

このゲーム、メーカーは、ロックスターゲームズなのだが、ゲーム機の性能を極限まで引き出し、究極のオープンワールドを目標として作られており、オープンワールドなゲームは、他にも結構あるのだが、広さと多様さにレベルの違いも感じられる。

オープンワールドでも、メインストーリーもありつつ、他にもやれることが多いことで、選べる自由さがあり。その時々の好みで、メインストーリーを進めたり、気ままに他で遊んだりできる。

自由に遊べる部分というのが、メインストーリーの進み具合で、徐々に広がったりもするため、このバランスもあるのだが。このゲームも、もちろん、そういうところはあるものの、出し惜しみせず、最初から広い空間がオープンで、やれることが多く。

そこからの広がりも大きく、様々なゲームをしていると、ここまでできるんじゃないかという、やれる範囲を想像してしまうのだが。それを超える細かさがあり、これができれば、これもできるという、たたみ掛ける感じがあり、これが、同社の『レッド・デッド・リデンプション』を思い出させる。



例えば、強盗を計画する際には、プランがあり、どちらを選ぶか。さらに、選んだ方で、必要なものを調達したり、現場を視察、犯行に必要な人手を集め、誰を採用するか、能力により支払う報酬も違ってくる。これだけでも、ちょっとしたゲームができそうだが、そんなミッションが様々あり。

この他、麻薬や銃の密売では、バギーを走らせ運ぶか、プロペラ機で空から運ぶか。それを阻止しようとする警察もいれば、それを横取りしようとするギャングもいたり、一筋縄ではいかない。不動産を買う事ができ、お店を買う事で収入が得られるのだが、それがあるからこそのトラブルもあり、そこからの闇のビジネスが広がったりもする。

稼いだ資金で、不動産を増やすか、車や銃を買ったり、キャラクターの外見を変えることもできる。理髪店で髪型を変えたり、服装を変えるにしても、紳士服を扱う店もあれば、若者向けのカジュアルな店もあり、種類も豊富で、トップスとボトムスに分かれ、靴、サングラスもあり、タトゥーも変更できたりする。

さらに、テニスやゴルフなどのスポーツもあり、映画館もあれば、ストリップもある。映画館も海外アニメな映画が上映され、お金を払い、ゲーム内だけに、観たという感じで、映画館を出されるのではなく、物語があるものが観れる。これが、結構、長いのだが、タブーにどんどん踏み込むような内容で、皮肉も凄い。

ストリップでは、ポールダンスを見つつ、1ドル札を投げ込んだり、お金を払って、ラップダンスもある。店内の薄暗さ、胡散臭い雰囲気もあり、こんな感じなのかという新鮮さはあるのだが。タトゥーが凄く、柄の悪そうな女性が、次々と登場し、龍が如くシリーズのキャバクラも凄いと思ったが、これも、家庭用ゲーム機に挑戦する 攻めの姿勢なのかもしれない。

こんなことができればを網羅しており、やり尽しているような ゲームなのだが。何でもやれて、面白おかしくと思われそうだが、そう簡単に上手く行くものではないという厳しさもあり、オフラインのシングルプレイでも、このゲームの凄さは感じられる。



日々の生活に疲れていたり、思い悩んでいるような人が、このゲームをやったら、無茶苦茶で破天荒なため、元気が出そうだ。映像も綺麗で、キャラクターの目の視点、1人称の視点でもプレイでき、疑似体験した感覚になるかもしれない。

廉価版で、5000円を切った価格なのだが、その分、お得感も大きい。長く続く、人気シリーズは、やはり、凄い。

  


nice!(228) 
共通テーマ:日記・雑感

PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い グランド・セフト・オートV 3.あらゆるものが運転でき、子供の頃が懐かしく、ちょっとしたシーンも凄い [PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV]

PS4 『グランド・セフト・オートV』は、やればやるほど、自由さや開放感が感じられる。それも、強盗など反社会的な行動も含めてなだけに、より広がりもあり、現実には、全く縁が無いだけに、新鮮さもある。この感覚が、面白さとも言えそうだ。



遊びに来た際に、兄に、こんなゲームがあると、この『グランド・セフト・オートV』を見せたところ、『最近のゲームは、凄いな!』と驚いており。そのときに、こんなに凄いなら、欲しいなと言いつつ、ソフトは安いが、本体が高いとも話していた。

この手のゲームをまともにしたことがない 兄だけに、そう感じるのも分からなくもなく。他の家庭用ゲーム機と比べても、確かに高い。ただ、PS4をしばらくやっていて、現実と錯覚しそうな 高画質で、これほどのゲームができる割には、ソフトの価格が安く、値下がりも早い。

本体の価格自体は、そう変わらないのだが、ソフトの価格は、最新のもの以外は、アマゾンなどでは、割安感がどれもある。人気があり、そう価格が崩れず、高値で推移しているような ソフトでも、ちょっと待てば、廉価版で半額ほどになるため、手は出しやすい。

この『グランド・セフト・オートV』も、廉価版で4000円ほどだが。これが、PC版ならどうかというと、これほど下がることはなく、家庭用ゲーム機の方が、評判でソフトの価格が大きく変動するように見える。PC版には、PC版の良さがあるものの、それほどこだわりがなければ、PS4の方が、画質も良く、数をやりたいとなるとお得感はある。

このゲームで、こんなこともできるのかと感じたのが、あらゆるものが運転できること。これまで、オープンワールドで自由に様々な乗り物に乗れるものでは、『ザ・クルー』や『ウォッチドッグス』を思い出すのだが、それとも、比べ物にならないほど、いろいろ乗れる。

路上にある 車やバイクも、種類が豊富で、トラックだろうが、軽自動車だろうが、何でも乗る事ができ、これは、他と同じだが。さらに、各種 航空機やヘリ、船舶や戦車などもあり、このゲームだけじゃないかと感じるのは、工事現場などにありそうな ダンプやドーザーなどもあり、港で大きなコンテナを運ぶ ガントリークレーンまで操縦でき、大型トレーラーの荷台にコンテナを載せたりもする。

これを見たとき、子供の頃、大きな乗り物に操縦したいと感じていたことを思い出し、ゲームの中ながら、精巧に作られているだけに、こんな感じなのかと興味も沸き、懐かしさもある。

これだけ、いろいろできるというのも、何かを盗み出すために、潜入するためで。単純に、操縦できるだけでは終わらず、普通に仕事をしながら様子を伺い、そこで情報を集め、計画を練るという流れ。

ちょっとしたシーンで、このときだけというようなものでも、作りが細かく、臨場感があり。ただ、無法地帯のようなゲームかと思っていたのだが、そんなことはなく、物語の方向もしっかりあり、しかも、細かく。確かに、シングルプレイだけでも、かなり遊べる。

   


nice!(231) 
共通テーマ:日記・雑感

PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い グランド・セフト・オートV 4.シングルプレイだけでも、気楽な自由さがあり、目的がなくても楽しめる [PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV]

PS4 『グランド・セフト・オートV』なのだが、シングルプレイだけでも、十分、楽しめる面白さがあり。内容としては、強盗や車を盗んだり、柄の悪さはあるのだが、これだけ広く、自由に遊べる空間に、生活感もあり、様々な事が起こり、起こせるところに凄さがある。



簡単に全体が把握できないほどの広さがあり、ビルが建ち並ぶ 都会もあれば、そこから車を走らせると、さびれた雰囲気の荒れた 街並みもあり。自然も変化に富んでおり、草木が生い茂るところもあれば、乾燥して、草木もろくに生えないようなところの一本道もあり。もちろん、昼夜の違いもあるため、ロープウェイで山の頂上へ行き、街を見下ろし、夕日が見えたり、他のゲームにはない、自由さがある。

これだけ、いろいろあると、詰め込み過ぎて、バランスが悪いんじゃないかと思われそうだが、空間の広さに加え、作り込まれた細かさもあり、違和感がない。

例えば、都会な ロスサントスから、車を走らせ、山の頂上まで行こうと思えば、車のゲームをやってるんじゃないかと思うほど、長く車を走らせることになり、他の車も行き交う中で走らせるだけに、リアルさがある。

それだけ、長い間、車を走らせれば、いくら、見える風景が変わるにしても、退屈そうだが。そこに、ラジオの豊富さがあり、選曲できるのだが、今どきの曲もあれば、有名な曲もあり、カントリーソングなど様々。凄いのは、曲が流れているだけではなく、英語などで、ラジオらしい会話もあり、CMもちゃんとある。

これを聴きながらなため、普通に、ラジオや音楽を聴きながらゲームをしている感覚になり、それほど、面倒とも感じない。ドライブを疑似体験しているという感覚だろうか。個人的には、フリーウェイ沿いの工場が、ビール工場だろうか、妙に懐かしく、。

最近、龍が如く シリーズをやるうちに、自由度の高いゲームは、メインストーリーばかりを追うのではなく、いろんなことをのらりくらりとしながら、遊んだ方が、気楽に楽しめていいと気づいた。

これは、メインストーリーの他に、多彩な サブストーリーがあり、その他にも、様々な出来事があるのだが。メインストーリーをクリアしてしまうと、その後も、遊べるようになっていても、面白味が半減するな感じがあり。やはり、最後の結末まで見てしまうと、終わったという印象が強いのかもしれない。

柄の悪さというのも、言葉遣いもそうだが、突然、銃を撃ってくる連中もいたり、無茶苦茶なのだが。これも、これだけ、広い空間で、平凡なだけでは、単調で間延びするため、いい刺激になっているところもある。

3人のキャラを使い分けながら、進めるゲームなのだが。猛スピードで車を走らせ、周りの車に当たりつつ走れば、もちろん、罵声を浴びせられ、しばらくすると、パトカーに追いかけられる。

これは、ユーザーだからという訳でもなく、路上を歩いていると、関係ないところで、ギャングと警察が銃撃戦を始めたり、別の車の衝突事故が目の前で起こるなど、いろいろある。何が起こるか分からない 雰囲気、住民の生活する姿に、飽き難い面白さもある。

展開が変わっているというものでは、事故で立ち往生する女性を助けたところ、この女性も逃亡中の犯罪者で、その後、運転手として、使えるようになり。夜中に車を走らせていると、クラクションが鳴り響いており、そこに行くと、仲間割れなのか、撃ち合いで数人が死んでおり、そこで、大金を発見するなど、突然、起こり、読めないところで新鮮さがある。

シングルプレイをクリアした後、オンラインに移ろうと思っていたのだが、かなり遊べるだけに、今だに、シングルプレイ。オンラインばかりが、動画の宣伝で多いため、シングルプレイは、トレーニング程度かと思っていただけに、すっかり勘違いしていたのが分かる。

 


nice!(203) 
共通テーマ:日記・雑感
PS4 無茶苦茶ながら自由な世界が凄い GTAV ブログトップ