So-net無料ブログ作成
何に使えるのか Amazonコイン ブログトップ

割引で課金が安く Amazonコイン 商品や動画の購入には使えず、アプリの購入やアプリ内課金アイテムのみ、割引購入も常に [何に使えるのか Amazonコイン]

アマゾンで何かを購入した際に、Amazonコイン 500が無料で付いていたのだが。使用期限が短く、7月まで。そこで、何かに使おうとしたところ、Amazonでの買い物やキンドルストアでも使えず、プライム・ビデオで有料の『サンダーボルト』かと思ったら、これにも使えない。

Amazonコインというと、お金の代わりで使えるのは、すぐに分かるのだが。アマゾンで、他に、使えそうなものがあるだろうか考えても思い当たらず、調べたところ、Amazon Androidアプリストアでの、アプリの購入やアプリ内課金アイテム。

スマホやタブレット端末では、App StoreやGooglePlayがあり、他でアプリという感覚もなかったため、Amazon Androidアプリストアがあるのも知らなかった。

Amazonコインは、アプリの購入やアプリ内課金に使えるのだが、Amazon Androidアプリストアでダウンロードしたアプリが前提で、他でダウンロードしたアプリの場合、アイテム課金などには使えないとある。

つまり、GooglePlayでダウンロードしたアプリで、アイテム課金をするため、Amazonコインを使うことはできないという話になる。ゲームプリ自体は、どちらをダウンロードしても、違いはない。

どこに、お得感があるかなのだが、Amazonコインは、最大で10%の割引になり、キャンペーン中には、20%になることもある。課金するユーザーにとっては、Amazonコインを活用することで、課金が安く済む。

割引が常にあるのが、珍しくもあり、そこに特徴があるのだが。Amazonで、Amazonコインを購入することができ、もちろん、AmazonギフトでAmazonコインを買う事もできる。

コンビニで、Amazonギフトカードを購入し、それで、買う事もできるため、何度も課金のために買う人にとっては、GooglePayカードよりは、いろいろ買える Amazonギフトカードの方が、買いやすいかもしれない。

この違いは、なぜなのかだが。どこから、アプリをダウンロードするかで、決済方法が違う。GooglePlayであれば、Google側が課金の処理を行い、GooglePlayカード、auなどのキャリア決済、クレジットカードになり、Amazon Androidアプリストアなら、Amazonで行うため、Amazonコインが利用でき、逆に、キャリア決済は使えない。

こうなると、例えば、GooglePlayでダウンロードしたアプリで遊びながら、途中で、Amazon Androidアプリストアからダウンロードした同じアプリに乗り換えられるかなのだが。これは、可能なようで。

Androidでは、GooglePlay以外からアプリがインストールできないようになっており、この設定を変える必要があり。【設定】⇒【セキュリティ】⇒【提供不明元のアプリ】にチェック。後は、Amazonのウェブサイトから、Amazonアプリ完全版をインストールすれば、Androidアプリが検索できるようになる。

aapr.jpg

上の画像が、それなのだが、アプリだけではなく、アマゾン全体をアプリ版にしたようなもの。Amazon Androidアプリストアには、パズドラ、白猫プロジェクト、魔法使いと黒猫のウィズ、Minecraftなど有名なものはあるものの、GooglePlayなどに比べ、扱っているアプリの数は少なく、アプリがあるかどうかもある。

アプリによっては、乗り換えが面倒なものもあり、自己責任なところもある。課金しそうなものなら、Amazonからやってみる方が、後で乗り換えよりは、無難で良さそうだ。

  


nice!(244) 
共通テーマ:日記・雑感

課金が安くなる Amazonコイン 2.使ったところ10%が戻り、セガのチェンクロも気軽に楽しめる [何に使えるのか Amazonコイン]

7月31日までという 500 Amazon コインがあり、何かを買った際に付いてきたものだが。これは、Amazon コインへの引き換えが、この日までという話で、Amazon コインに交換してしまえば、急いで使う必要もない。

ただ、普段、ゲームと言えば、PS4ばかりなため、スマホやタブレットでは、ゲームはしておらず。これを機会に、ゲームアプリで、Amazon コインを使う事に。

前回も書いたのだが、Amazon コインを使うには、Amazon Android アプリストアからゲームアプリをダウンロードする必要があり、そこから選んでいたのだが。もともとやっていたものがあり、乗り換えでもなく、何がいいのかも分からない。

そこで、人気があるゲームは、評価が高く分かるのだが。グランド・セフト・オート5で、動き回っているため、歩きまわらないものが良く。さらに、アクションゲームよりは、カードバトルのような 気楽なもの。

ゲームには、メーカーのクセがあるものだが。ゲームのやりやすさ、軽快に遊べるものと思うと、『龍が如く』でお馴染みのセガ。セガに絞って探し、これは、いいんじゃないかとインストールしたのが、『チェインクロニクル』。略して、チェンクロ。

chainchro01.jpg

これが良さそうに見えた理由は、歩き回る必要がなく、スゴロクのように移動させた先で何かが起こるタイプ。さらに、カードバトルを探していたのだが、思ったようなものが見当たらず、タワーディフェンスで、やりやすそうに見え、これにした。

chainchro02.jpg

タワーディフェンスは、攻める敵を撃退し、自軍の陣地を守るようなもの。このゲームのバトルシステムは、簡単ながら、動きもあり、面白さがある。

左から右に、敵がやってきて、それを撃退し、敵が左端まで到達すると負けになる。自軍の配置は、特に決まっている訳ではなく、戦闘中にも移動でき、枠を超えて、敵に斬り付けることもできる。

遠距離攻撃ができるキャラで攻撃しつつ、目の前まで迫れば、近距離攻撃のキャラとなるのだが。スロットで必殺技が出せるようになったり、4名+ゲストで戦闘しつつ、やられると、2名まで待機させていたキャラが戦闘に加わる。

物語自体は、始めたばかりで、いいのか悪いのかは分からないのだが。大きな特徴は、登場キャラの多さで、600ほどという話なのだが、非常に細かく魅力的に見え、それだけに、イラストレーターの数も凄い。このゲーム、3年前に公開され、声優を多く起用しており、ラジオ番組もある。

変わっているのが、ガチャをやり、キャラが増えるのだが。そのキャラがいるからこそのクエストがあるのもユニークさがあり、広がりが感じられる。戦闘による経験値の他、合成で大きな経験値が一気に入るため、キャラの成長が早く、初心者でも、すぐに強くなる。

Amazon コインを使おうと始めたため、使ったところ、キャンペーンなのか、10%ほどのコインが戻ってきた。様々なキャンペーンが行われているようなのだが、新規プレイヤー向けに、2週間ほどの経験値ボーナスもある。

どんなゲームも始めの方は、報酬が大盤振る舞いなものだが、そこに、500 Amazon コインでの課金もあり、キャンペーンも重なるため、輪を掛けてという感じはある。

ただ、課金で手に入る精霊石を使い、アイテムが買えるというもので。この精霊石は、ゲーム内でも、クエストで手に入り、他のゲームアプリをダウンロードし、起動することでも、手に入るため、集めやすい。課金しなくても、かなり遊べるもののようだ。

キャラの豊富さに加え、BGMや効果音の派手さ、バトルもアクションパズル感もあり、盛りだくさんな 豪華さもある。アイテム課金はあるにしても、このクオリティで、基本プレイ無料なのかという感覚もある。

  


nice!(222) 
共通テーマ:日記・雑感
何に使えるのか Amazonコイン ブログトップ