So-net無料ブログ作成
検索選択
印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ ブログトップ
前の10件 | -

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 94.想像していたものと違い、不可解さに面白さがあり インサイド・マン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2006年に公開された映画『インサイド・マン』を観ていたのだが。ありがちな銀行強盗の物語ではなく、怪しげな行動から何が起こるかを想像させるところに、謎解きのような 面白さもある。

物語は、4人の銀行強盗が、マンハッタン信託銀行に押し入り、従業員や客を人質に立てこもる。早々に建物を包囲した警察へ、犯人グループから様々な要求があるのだが、ジャンボジェット機を用意しろなど無理があり。お金を奪って逃げようとするでもなく、犯人の狙いが分からない 警察が降る回されながら、最後に、真の目的が明らかになるというもの。

銀行強盗を描いた映画というと、いかに上手く大金を盗むかというものを想像するのだが、この映画は、全く違い。お金に手を付けるでもなく、何をしているか分からないような 不可解な行動が続き、次第に何のためにやっていたかが分かるため、推理ものに近い感覚で観れる。

犯人グループと警察の間で駆け引きがあり、探りを入れる 警察側が裏をかかれるのだが。盗聴器から変な音声が聞こえ、周りの人に協力を求めると、さらに、厄介なことになるなど笑いを誘うシーンもあり。

警察側が、手玉に取られているところに、マンハッタン銀行の会長から密命を託された 女性弁護士も加わり。それぞれが何かを抱えているため、怪しさも漂い、三つどもえな感じに複雑さもあり。

映像もユニークで、物語を進めながら、間に解放された人質の取り調べが度々入り。人質だった人が事件を語るため、より多くの情報が違和感なく感じられ、映像の見え方も違ってくる。物語の結末の前に、それがあるのだが、全体の状況も掴みやすい。

この映画、誰かが撃たれて死ぬようなこともなく、暴力的なシーンもほとんどない。それでも、この緊迫した雰囲気があり、犯人グループの巧みさに見どころもあり、楽しめる映画だった。




nice!(130) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 93.追われながらも犯人に迫るスリルもあり 逃亡者 [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1993年に公開された映画『逃亡者』を観たのだが。想像していたものと違い、巧みに追っ手を逃れながら、大胆に真犯人に迫り、印象に残るシーンも多く、楽しめる映画だった。

この映画、1963年~1967年に放送され、最高視聴率を記録した長編テレビドラマ 『逃亡者』をベースに、映画が公開された当時を舞台にリメイクしたものなのだが。映画版も25年ほど前なため、古さを感じるところもあるのだが、気になるほどでもなく。

物語は、ハリソン・フォードが演じる外科医が主人公で、帰宅すると妻が死ぬ間際で、襲った犯人とも揉み合い、取り逃がしてしまう。ところが、駆けつけた 警察から妻殺しの罪を着せられ、連邦保安官などに追われながらも、妻を殺した真犯人を探し、無実を証明するというもの。

主人公が、最初は、おじいさんな感じだったのだが、逃亡しながら、白髪まじりのヒゲを剃り、髪型や色も変え、若返るように見た目も徐々に変わる。さらに、捕まらないよう巧みに振る舞う姿もギャップがあり、潜入する スパイのようなスリルもある。

護送車から逃げ出した時には、全く何もない状態なのだが。街の中で、誰かになりすましては、使えるものは何でも使い、段々と整っていくのだが。真面目な外科医で人望もあったため、逃亡犯でも助けてくれる同僚もおり、捜査に協力しないなど、警察とやり合う感じも面白く。

缶コーヒー BOSSのCMでお馴染みのトミーリー・ジョーンズ 演じる連邦保安官が、個性的なキャラで豪快さもあり、人間味があるところで親しみも感じられるのだが。捜査に長けた 連邦保安官が、主人公を捕まえそうで捕まえられず、次々とあざむかれるのも、痛快さがある。

映画『逃亡者』は、タイトルだけは聞いたことがあり、観たのは、初めてだったのだが。物語も、二転三転する展開にサスペンスな面白さもあり、こんな状況でも逃げられてしまうという映像の楽しさもある。

この映画を観ると、トミーリー・ジョーンズのイメージが変わり、男らしい格好良さがあるのだが。これが、テレビCMとのギャップもあり、こんな俳優を起用している BOSS CMの凄さも感じられる。




nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 92.CGなしの大迫力で、暴走列車の怖さもあり アンストッパブル [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2010年に公開された映画『アンストッパブル』を観たのだが。列車が走る風景に雰囲気もあり、暴走機列車の迫力も凄く、展開も早く飽きさせない。アメリカ映画なため、日本の鉄道とも雰囲気が違うのだが、列車のイメージが変わるところもあり、楽しめる映画だった。

物語は、米ペンシルベニアを舞台に、39両編成の貨物列車が、運転手を乗せないまま無人で暴走。牽引するのが、最新鋭ディーゼル機関車 777号と767号の2つで、出力最大の猛スピードで走行し、貨車とエアホースもつながっておらず、外部からの緊急停止もできず。しかも、発火性も強い 有毒化学物質も大量に積んでおり、これが、スタントン郊外の大曲、レールが急カーブした部分で脱線すれば大参事になり、これをいかに防ぐかというもの。

以前、速度を落とせば爆発するという『新幹線大爆破』(1975年)を観たことがあり、これが面白かったため、それと比べ、どうかなと観ていたのだが。この映画、映像に惹き込まれるところもあり、鉄道会社の幹部と現場で意見も食い違い、最後の結末に爽快感もあるなど見応えがある。

多彩な映像で、暴走列車の凄さや異様さが表現されており、印象に残るシーンも多い。側面からだけではなく、上からや真下からの映像で、暴走列車の大きさや力強さも感じられ、CGを使わずに、この大迫力も凄く。高速な新幹線とは違った魅力があるのも分かる。

この映画、2001年に実際に起こった CSX8888号暴走事故を題材にしており。運転手を乗せないまま、47両編成の貨物列車が、時速80kmほどで走行し、2時間ほど暴走。この時は、無事に停車させることができ、大事には至らなかったのだが。実際に起こった事故なため、この映画のような事も全くないとも言えない。

あらすじでは、列車に詳しくもなく、あまり面白そうにも見えなかったのだが。観始めると、列車ならではの仕組みも分かり、路線に他の列車もいたり、速度を落とさせることも、脱線させることも意外に難しく。状況の深刻さが分かってくると、面白さが増してくる。

 


nice!(175) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 91.映像に雰囲気もあり、記憶について考えさせられる SF映画 ダークシティ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1998年に公開された映画『ダークシティ』を観たのだが。独特な世界感で雰囲気があり、物語から記憶の不思議さも感じられ、思うところもあり。20年ほど前の映画だけに、CGではない特撮が多く、そこに味もある。

物語は、目を覚ますとホテルのバスタブにおり、自分が誰かも分からない男が主人公。そこに、突然、博士から電話があり、追ってから逃げるように言われ、黒づくめの一団から逃げ、さらに、覚えのない連続殺人の犯人として、警察からも追われ。追い詰められると、主人公はチューンと呼ばれる超能力を発揮し、難を乗り切り、最後に、怪しげな世界のすべてが明らかになる。

黒づくめの一団や警察にも追われ、記憶喪失に超能力など、ごちゃごちゃした感じがあり。始めの20分ほどは、様々な出来事が次々と起こり、方向が掴み難くいのだが。物語が進むにつれて、裏でうごめく ストレンジャーの存在も明らかになり、徐々に謎が解けるところに面白さがある。

登場人物も、さりげない言葉に人間味もあり、渋さも感じられ、建物や車のデザインにレトロ感もあり、雰囲気が良く。これが、無感情な ストレンジャーの不気味さを引き立たせているようにも見える。

この映画を観ていると、記憶は記録のようなもので、記憶にあれば、それをやったことになるのが分かるのだが。この記憶が、もし、何者かに操作されてしまえば、実際には、やってない事もやった事になり、ここに怖さがある。

現在の技術では、この映画のように記憶を細かく操作することはできないものの、記憶の曖昧さは実感できるため、そこに、他人事ではないようなところもあり。興味や関心がないと記憶に強く残らず、思い出す機会もなく、時が過ぎれば、ぼやけた感じで、あったかどうかも曖昧になる。

最近は、VRなどで疑似体験でき、これが、より高度になれば、脳が誤認することで、現実との違いが分からなくなるかもしれない。そうなると、この物語も、全くあり得ない話でもなく、そこに、考えさせられるところがある。




nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 90.映像にリアル感があり、物語の展開も面白く コンタクト [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1997年に公開された映画『コンタクト』を観たのだが。SF映画なのだが、映像や展開にリアルさも感じられ、何が起こるか分からない怪しさに惹きつけられるところもあり、楽しめる映画だった。

物語は、両親を早くに亡くした少女が成長し、地球外知的生命体探査の研究員になるのだが。成果もなかな上がらず、研究費を打ち切られるなど様々な出来事があり。その後、宇宙からの謎の電波信号を受信すると、隠されている情報が徐々に明らかになり、思わぬ展開になるというもの。

この映画、カール・セーガンによるSF小説を映画化したものなのだが。この人物、SF作家なのだが、アメリカの天文学者でもあり、元コーネル大学教授で、この大学の惑星研究所の所長も務めていたなど異色の経歴。NASAで惑星探査の指導者でもあり、火星探査機 マーズ・パスファインダーの着陸地点は、カール・セーガン基地と名付けられている。

作者が専門家というのもありそうで、この映画に、妙なリアルさがあり。研究の厳しさや苦労のようなものも感じられ、発見したら発見したで、様々な意見を飛び交い、周りが勝手に揉め出すのも独特で。

研究の成果が表れた途端、これに無関心で邪魔していた 天文学の権威が関わり始め、政府も加わり、第一発見者の主人公が、カヤの外に追いやられそうにもなり。様々な登場人物が、それぞれの思惑で動いているところに人間模様もある。

当時のビル・クリントン大統領の会見映像をデジタル加工して使用しており、これも凄く。20年前の技術なため、合成感はあるのだが、当時、この映画を観た人は、驚いたに違いない。この他、実際のCNNリポーターなども多く出演しており、現実のように楽しめたんじゃないだろうか。

この映画、最初は、心温まる物語のような雰囲気で始まり、進むにつれて、刺激的に。夢がある話から、突然、どぎついものが入るなど驚きがあり、最後に大きな謎が残るなど、物語の面白さがある。




nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 89.和風で実現できそうな人型兵器で、見せ場もあり ガサラキ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1998年から1999年に放送されていたアニメ『ガサラキ』を観たのだが。和風な物語が新鮮で、重みがあるロボットの動きに現実味もあり、戦闘シーンの見せ場もしっかりあるなど面白い。

アニメ『装甲騎兵ボトムズ』と同じで、原作と監督が、高橋良輔なのだが。この2つは、似てるところが多いようにも感じられ、物語としては、主人公とヒロインが敵味方に分かれ、謎めいた部分がありつつ、ロボットの格好良さがある。

ガサラキでは、TA(タクティカルアーマー)、ボトムズでは、AT(アーマードトルーパー)なのだが。どちらも、量産型のロボットで、そう大きなものではなく。デザインとしては、実践的な兵器という地味さがあり、現在の技術でも、できそうに感じさせる リアルさがある。

そんな兵器に、冴えない 主人公が乗り込むと、常人を超える能力を発揮し、敵を倒すところに痛快さがあり。そのギャップも大きく、戦闘シーンの格好良さもあるため、観ていて素直に楽しめる。

キャラクターも、あまり可愛らしさを強調しておらず、そこも、物語との違和感を感じさせないところで。軍が関係するため、上下関係もしっかりあり、そこに、プロという 軍人らしい雰囲気もある。

『ガサラキ』や『装甲騎兵ボトムズ』に登場するロボットは、動きの表現も細かく、こんな感じじゃないだろうかと想像させるのだが。現実にありそうなると、そこに機械的な限界、都合良くいかない不自由さも生まれ、そこに味もある。

どちらも最後まで観ると、最終回に微妙さは残るものの、そこに至るまでの物語や展開は面白いため、割り切って観れるかどうかで、この作品の評価が大きく分かれるかもしれない。




nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 88.定番な展開に適度な意外さもあり、安心して楽しめる良さがある イレイザー [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1996年に公開された映画『イレイザー』を観たのだが。派手なアクションシーンもあり、期待を裏切らない流れもありつつ、意外な展開に驚きもあり、安心して楽しめる映画だった。

物語は、大手軍事企業に勤める女性が、内部で最新鋭兵器を密売しようとしている証拠を掴み、法廷で証言する証人になったことから、命を狙われ、それを守るのが、この物語の主人公で、証人保護プログラムのエージェント。二人が危機的な状況を乗り越え、濡れ衣を着せられたりしながら、大きな敵に立ち向かうというもの。

主人公を演じるのが、俳優 アーノルド・シュワルツェネッガーなのだが。FBIと共に行動しつつも、単独で行動することも多く。証人を保護するため、証人が殺されたように偽装したり、個人を特定できる歯型などの情報まで操作し、新たな人生を歩ませるなどやり方が凄く。

主人公が助けた証人の中には、元ギャングのような者達もおり、死んだことにされ、名前も変え、第二の人生の牧師などになっていたり。身を隠して生活しながら、主人公を命の恩人と慕っている。そこで、一匹狼で孤独に戦う主人公に、突然、そんな仲間が手を貸すというのも、温かさがある。

アーノルド・シュワルツェネッガーと言えば、筋骨隆々な肉体に特徴があり、重々しい外見から動きに迫力があるのだが。見た目から想像できないような派手な動きにギャップもあり、細身の体格で素早い動きとは大きく違い、どこか面白さがある。

面白いと感じられたところに、決め顔というか、決めのポーズのようなものがあり、これがいい意味でしらじらしく。しかも、お馴染みなパターンも感じられるため、距離を置いて見れるところもあり、そこに安心感がある。

証人を守るというところに、日本との社会的な違いもあるため、分かり難さもあるのだが。物語としては、善悪がハッキリ分かれ、アクションシーンも多く、CGじゃない派手な爆破も味があり、逆転劇の痛快さもある。

この映画、コメディではないのだが、やり過ぎなド派手さに思わず笑ってしまいそうにもなり。気軽に観れて、疲れずに楽しめるような、そんな良さもありそうな。





nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 87.展開が早く意外さもあり、惹き付けられる面白さがある スピード [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

1994年に公開された映画『スピード』を観たのだが。大ヒットした映画で、大きな話題にもなったアクション映画。初めて観たのだが、走り続けなければならいバスもスリルがあり、展開も早くテンポが良く、全く飽きずに楽しめた。

物語は、犯人がバスに爆弾を仕掛け、身代金を要求。そのバスは、時速50マイル(約 80km/h)で走り続けなければ、爆発するとなり、それに乗り込んだ主人公と乗客が、バスをなんとか走らせながら、事件を解決するというもの。

カーアクションも、もともと小回りが利かないバスなため、どんな感じになるんだろうかと思っていたのだが。バスが、周りの車をパワフルに押しのけながら走り、大きなジャンプや片輪走行もあるなど、大きいだけに迫力もある。

爆弾に異常な執着がある犯人も、警察を欺き、追っ手を次々とかわすような巧みさもあり。マスコミのテレビ中継だけではなく、どこからともなく、バスの様子を伺っているというのも、スマホもない時代だけに、奇抜さがありそうで。

1975年の日本映画『新幹線大爆破』と似てるという話もあるのだが。どちらも観た印象としては、速度を落とすと爆発したり、多くの乗客を乗せているという共通点はあるものの、違いも多いため、特に似ているようにも見えなかった。

道路を走るバスには、カーアクションがあり、レールを走る新幹線には、走るルートが決まっているだけに、制限時間が迫り。犯人像も全く違い、新幹線大爆破は、誰も傷つけず、身代金を得るのが目的だが、スピードでは、邪魔者は次々と容赦なく殺しており、無慈悲なところに違いもある。

驚いたのは、この映画のBGMなのだが。映像は、初めて観るのだが、BGMは、同じなのか、似たようなものなのか、よく聞いた記憶があり、初めて聞いた気がしない。それだけ、当時、大きなブームになったということだろうか。

1988年の映画『ダイ・ハード』からアクション映画が低迷し、そこからの大ヒットが『スピード』という話もあり。主人公が付けていた腕時計 『カシオ G-SHOCK DW-5600C-1V』から、DW-5600シリーズがヒットし、別名『スピードモデル』と呼ばれるなど影響があり、凄い作品なのも感じられる。

 


nice!(198) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 86.ゲームを知らなくても楽しめるホラー映画 サイレントヒル [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2006年に公開された映画『サイレントヒル』を観たのだが。フランスとカナダの合作で、コナミのゲーム『SILENT HILL』が原作のホラー映画。映像に雰囲気もあり、白く静かな世界と暗くうごめく恐怖な黒い世界が繰り返され、独特なホラーさもあり、楽しめる映画だった。

この映画を観ると、ホラー映画なのだが、原作がゲームというのもあるのだろうか、よくあるホラー映画と作りが違い、ホラーアドベンチャーで派手さがあり、異世界という感じなのだが。

昼と夜のように、時間帯で全く違う世界になり、闇で迫りくる恐怖もパワフルで迫力があり、映像も刺激的。謎を解きながら、消えた娘を探すのだが、追ってきた女性警官が仲間になったり、敵か味方か分からない怪しい人物も多く、そこに含みもある。

最後は、街で起こった恐怖の出来事、事の発端が解き明かされ、復讐するような展開で次々となるのだが。惨殺の表現も凄く、残酷さがあるものの、これまでの流れもあるため、納得できる良さがあり。

1996年、カプコンから発売されたゲーム 『バイオハザード』が大ヒットし、ホラーゲームが注目を集めた頃、コナミもホラーゲームの開発を始め、それが、『SILENT HILL』という話。当初、スティーブン・キングの小説をゲーム化しようとするも上手く行かず、そこで、オリジナルタイトルに。

スティーブン・キングは、モダンホラーの第一人者として知られる小説家。最近、これは面白いと感じたのが、『アンダー・ザ・ドーム』なのだが、ホラー以外にも数々の作品があり、『スタンド・バイ・ミー』や『ショーシャンクの空に』など映画化されたものも多い。どの作品をゲーム化しようとしていたのだろうか。

『SILENT HILL』は、1999年から2013年にかけて、PS、PS2、PS3、PSP、PS Vita、Xbox、PC向けに発売され、シリーズとしても長く続き。1作目は、米大手ゲームサイト『GameTrailers.com』で、最も怖いホラーゲームランキングで1位となり、映画化されたことからも、人気の高さが伺える。

この映画は、ゲームに近いらしく、こういう感じなら、かなり面白そうなのだが。PS4では、2年ほど前、『SILENT HILLS』の開発が中止になり、その後、新作が発売されるという話もない。




nice!(191) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 85.読んだ時の印象とも違い、期待していただけに 機動戦士ガンダム THE ORIGIN [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2015年~2016年にかけ、全4章で作られたアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ~Ⅳ』を観たのだが。3DCGが多く使われ、今どきな感じもあるのだが、最初の機動戦士ガンダムが良かったため、どうかなと思うところもあり。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、当初、日本国外へ『機動戦士ガンダム』を紹介するコンテンツとして、サンライズが企画し、2001年から2011年まで漫画雑誌『ガンダムエース』に連載、累計発行部数 1000万部を超えるというヒット作でもあり。

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』をコミカライズした作品で、単行本を読んだことがあるため、どんな内容かは知っていたのだが。アニメ化されたものを観ると、期待していただけに残念なところもあり。

漫画で読んでいたとき、登場する モビルスーツは、機動戦士ガンダムのような 重々しい動きを想像していたのだが。この映像では、モビルスーツの動きが早く、巨大な戦艦も軽そうで、CGの問題なのだろうか、どこか慌ただしく、せっかちにも見える。

キャラクターも動きがある分、よりコミカルさが強く印象に残るところもあり。最初の機動戦士ガンダムのキャラクターとは、40年ほど経っているだけに、声優のほとんども変わっており、それは仕方ないのだが。雰囲気や話し方の違いもあるため、当時のキャラクターと結び付かない感じもある。

初代の『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送されており。世代ではないため、当時の事は、よく分からないものの、5年ほど前に、TVシリーズの全話を観ており、古さを感じさせない物語で、面白かったことを覚えている。

物語の世界に広がりがあり、ドラマティックな人間模様もあるのだが、子供向けとは思えない大人な作りで。モビルスーツも多彩で、戦う戦場も様々だったり、飽きさせない要素も多く。

日本では、現在でも、機動戦士ガンダムのプラモデルが発売されているくらい、大ヒットした作品なのだが。これを米国に売り込んだ際には、全く振るわず、受け入れられなかったという話もあり、それも、思い出すのだが。

もしかしたら、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が海外で流行り、『機動戦士ガンダム』もという話になるのかもしれない。

  


nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ ブログトップ