So-net無料ブログ作成
検索選択
公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話 ブログトップ

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 3.クリーンさを保つのが難しそうで、アカウントの停止で気になることもあり [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

AiKaBuは、基本プレイ無料なこともあり、初心者向けのチュートリアルをクリアすれば、多くの報酬が手に入る。これは、どのゲームアプリでも、ありがちな事なのだが。そこで、複数のアカウントを作り、最初に得られる報酬で、特定のメンバー株を買い集め、株価を上げてそうな ユーザーが、結構、いるようだ。

AiKaBuのホーム画面で、上部にあるメニューから、【TOPICS】を押すと、時価総額ランキングが表示される。そこで、メンバー別の 【貢献度】を押せば、週間トレーダー貢献度ランキングが表示され、ここに、名前も同じ、獲得ポイントも同じというのが、どんどん出てくる。何株買っているかは分からないものの、どのメンバーを買っているかは、見ることができ、それも、同じ。こうなると、どうしても、意図的なものが感じられる。

同じ名前を立て続けに使っているところに、悪意があるのか、それとも、そうせざるを得ない何かがあるのか分からないのだが。どうしても、推してる メンバーの株を引き上げたいという気持ちも、ファンの心理としては、分からなくもなく。これに対して、運営側が効果的な対策を講じることができれば、いいのだが。

実際の株取引でも、株価を不正に操作する 仕手集団、内部情報を悪用した インサイダー取引があり、もちろん、不正が明らかになれば逮捕される。これが、ゲームアプリとなると、アカウントの利用停止が、処分としては、最も重そうで。だた、これが、再発防止につながるかの疑問もある。

最近、AiKaBuで、禁止行為を行った アカウントの利用停止が続いており、11日に 6,112件、13日にも 1,687件。これが、どの禁止行為で行われているか分からないのだが、利用規約の禁止事項には、『(6)複数のユーザーアカウントの付与を受ける行為』もあり。これが、先ほどの話に該当しそうで。

気になるところに、利用停止されたアカウントの株は、どうなるかもあり。もし、アカウント停止で、浮いた分が大量にあり、そのまま、ロックされた状態になると、絶対に動かない株が存在することになる。時価総額は、発行済株式数 × 株価なため、数が多い分、時価総額を押し上げることになるかもしれない。単純に数を減らせばとなると、株価を引き上げた影響は、そのまま残ることになる。

このゲーム、地味な株取引を明るく学べるというところに良さがあるのだが。さらに、他のメンバーへの関心も高まり、ニュースサイト感覚で、メンバーの情報が、次々と流れるなど、様々な情報を結び付けるツールとしても役に立つ。

ただ、メンバーそれぞれを株に見立てることから、株価が上がったり下がったりするのも、常に変動する人気投票のようなもので、どうかなと感じるところもあり。そこに、今回の禁止行為による アカウント利用停止のお知らせからも、難しさが伺える。ゲームとしては、単純なため、公平さが保てなければ、成り立たないところもある。

AiKaBuが始まった当初、株価が底に付きそうな メンバーが何人もおり、しかも、配当金がそれを上回るという異常な状態。これが、前回のアップデートで改善され、しかも、ゴールデンウィークのキャンペーン以降、株価が反発し、その後、ある程度の株価を維持している。

いい方向へ向かっているとは、思うのだが。基本プレイ無料のゲームアプリでは、レアアイテムを得るために、インストールとアンインストールを繰り返し、当たりを出そうとする リセットマラソン(リセマラ)などもあり。気軽に誰もが遊べるところで、いろいろ起こりがちなのは、仕方ないのかもしれない。


nice!(185) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 2.ありがちなゲームとも違い、株取引の分かり難さもありそうで [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

様々なメンバーのSHOWROOMを観ていると、ゲームアプリ AiKaBuが始まって間もなないこともあり、ファンのコメントからAiKabuの話になることも多く。そこで、ダウンロードしても、やり方がよく分からず、やっていないという話をよく聞くのだが。よく分からないという部分が、同じ様にも感じられる。

一番は、その株を買おうと注文しながら、実際は、買えてないことのようで。これも、他のゲームで、アイテムを買おうとすれば、当然、お金とアイテムで交換になり、すぐにでも買える。この感覚で考えると、注文しても、すぐ手に入らなかったり、買えなかったりというのは、解せないというか、腑に落ちないのかもしれない。

株取引は、売買のゲームで、売りたい人と買いたい人の条件が上手く合わなければ、株が買えず、そこに、ポイントがあり。株を買おうとすると、売りたい人の付けた価格で買うと注文すれば、株が買える。

これも、売る人と買う人が、1対1なら、簡単な話なのだが、売る人も買う人も複数いるところに複雑さがあり。売る方も、買う方も、混雑すれば、注文を入れた順に順番待ち。しかも、お店の人が、商品を売るのとは違い、売る方は高く売りたく、買う方は安く買いたいため、そのせめぎ合いになる。

注文方法も、基本は、指値(さしね)と成行(なりゆき)で。指値は、買いたい価格を指定して注文するもので、成行は、現在の価格で注文するもの。価格を指定して買えば、いくらかかるかが明確で、現在の価格、時価で買えば、価格が変動するため、高めになることもある。

指値よりも、成行が優先されるため、売買が成立しやすい。ただ、成行の注文も、殺到すれば順番待ちになり、ここら辺の価格で買えそうだという見込みが外れ、思った以上に高値で買ってしまうこともなる。ただ、株価の変動は、1日あたりの上限と下限があり、その範囲での価格なため、驚くほど高くとはならない。

AiKaBuならではの特徴としては、株保有枠に上限があることで。実際の株では、買える分だけ買うという感じなのだが、AiKaBuでは、株が持てる数に上限があり。これが、レベルアップやショップで買うことで上限を引き上げることができる。ショップで買うと言っても、ダイヤでなのだが、このダイヤ、課金しなくても、手に入るようにはなっている。

この他、配当金もあり。実際の株では、配当金は、年に1回か2回程度、しかも、業績により、配当金が上下し、赤字になれば、配当金が無いこともある。これが、AiKaBuでは、毎日、配当金があり、その金額も安定している。

ゴールデンウィーク中に行われていた AiKaBuのイベントが、間もなく、終わるのだが。これが、気になっていた部分が、上手く補われ、かなり良さそうで。このイベントが始まる前、極端に株価が下がり続け、1株 20YL台のメンバーが、何人もおり。メンバーの名前で、直接、行われているようなもので、人気投票に近い部分もあり、この状態が気になっていた。

これが、このイベントが始まり、どのメンバーも、200YL前後まで値を回復しており。このイベントは、株を売買した際の株数がポイントになり、報酬があるというもの。低価格な株は、大量に買いやすく、ポイントも稼ぎやすいことから、注目を集めたんじゃないだろうか。このイベントが、今日で終わるため、その後、どうなるかも気になる。

AiKaBuは、もともと地味な 株取引にアイドル要素を加え、株へのイメージも変わり、良さそうなのだが。株が初めてとなると、ルールが分からないゲームをしているような 感覚にもなり、ゲームを進める上での方向も掴みにくいため、そこに、難しさもありそうだ。

このゲーム、やり方次第なところもあり。課金しなくても、株保有枠を600くらいまで引き上げるのは、そう手間がかからなかった。これも、HKT48 メンバーで、買える株が限られており、株を持ち続けずに、買えるだけ買い、売れるだけ売ったためなのだが。


nice!(204) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲームアプリ 公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ 1.アイドル要素を加え、華やかさがある株取引シミュレーションゲーム [公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話]

『公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブ』は、4月17日にリリースされた ゲームアプリなのだが。各AKB48メンバーを一つの企業に見立て、その株を売買することで、推しメンの大株主を目指したり、得られるメンバー画像(写名刺)を集めたりというもの。

基本プレイ無料でもあり、チュートリアルや日々変わる チャレンジで、課金で手に入るダイヤも、結構、手に入るため、無課金でも普通に遊べるゲームになっている。

メンバーの株を買う際には、ゲーム内で使われる 仮想通貨 YL(エール)か、ダイヤになり。株を売った時や配当金で手に入るのは、YLになる。売買により経験値が貯まり、レベルアップすることで、株が保有できる量が増加するのだが、ダイヤで買い、保有枠を拡張することもできる。大株主になるには、多くの株を買い集めることになるため、保有枠の拡張が大前提になる。

このゲームでは、ダイヤを使い、プレミアム30日プランがあり。これを使うと、獲得貢献度が1.5倍になったり、各種テクニカルチャート、逆指値注文の利用、指値と逆指値の注文期間が通常3時間から最大72時間に延長、ダイヤ購入の10%割引などがある。

これも、この価格で買いたい売りたいという 指値(さしね)、この価格になったら買い、この価格に下がったら売ると設定できる 逆指値があれば、ほっといても勝手に売買が進み、良さそうなのだが。

個人的に、よく使うのは、指値よりも優先される 成行(なりゆき)なため、価格を決めずに、買える価格で買い、すぐに結果が出る方がよく。成行も混んでいると時間がかかるのだが、こちらは、1つの注文は、当日まで有効なため、3時間の指値とは違う。メインで成行を使うため、プレミアムには、あまり興味がない。

経験値を効率よく得るには、推しメンに設定した株の売買で、経験値が1.2倍になることを利用したり、大きな利益を求め過ぎず、適度に売買を繰り返した方が、短期間でも、レベルは、上がりやすそうで。

実際の株売買も、試しにやったことがあり、売り買いで利益が出れば、お金として使えるのがポイントで、ギャンブルな印象があるのだが。アイカブでは、YLは、株を買うか、写名刺のガチャを回すかくらいしか使い道がないため、稼ぐことの意味が違ってくる。

現在、AKB48メンバーや兼任しているメンバーなどなため、他のグループもあればとも思うのだが。もしかすると、上場というカタチで、追加されるのかもしれない。

株の価格で、メンバーの人気が分かるかどうかという疑問もあり。純粋に推しメンだから買う人もいれば、高くなったら売るために買う人もいるだろうし、実際の企業のような業績発表のようなものもないため、動きがどうなるんだろうか。推しメンの株価が下がれば、上げなければという 心理もありそうな。

株取引シミュレーションゲームは、他にもあるのだが、実際の株売買でも、非常に地味なため、面白みに欠けるところがある。それに比べると、アイドルな華やかさもあり、ゲームとしての新しさもあり、やりやすい。株売買をやってみたいという人には、気軽に学べて、役立ちそうだ。

AKB48のファンで、ゲームらしいゲームは、あまりしないという人には、株感覚で楽しめ、大人のゲームな良さもありそうな。さらに、株主総会まであるようで、これが、どんなカタチになるかも興味深い。

SHOWROOMなどで、メンバーも身近に感じられるため、そこから、AiKaBuもとなり。それが、株価に反映されるようになると、違った動きも感じられ、より面白さが増すかもしれない。

人気投票な側面もあり、通常は、投票するのみなところ、売買なため、動きもあり、マイナス票も入れられるような事にもなる。こうなると、様々な思惑が交錯し、株価の動きも刺激的なものになるのだが。

ただ、いろんなものが絡んでの株価なため、実際の人気が反映されない面もあるはずで。それを株価が低いことで、メンバーが不快に感じるようだと、それも、気の毒な話になる。

実際の株では、意図的な大量の売買で株価が乱高下する 仕手株などがあり。これと同じようなことが起こり、極端に株価が落ちた時に、ゲームだからで済むだろうかという疑問もある。もし、メンバーのイメージに影響するとなると、問題にもなりそうだ。

始まったばかりなため、しばらくして、安定すると、違った印象になるのかもしれないのだが。実際の株取引のように、良からぬことが起こらないよう 独自の仕組みが必要になりそうな、そんな気もする。


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感
公式アイドル株式市場 AiKaBu アイカブな話 ブログトップ