So-net無料ブログ作成
PS4 SF好きに堪らない タイタンフォール2 ブログトップ

PS4 ロボットモノのSF感がいい タイタンフォール2 2.シングルプレイが終われば、初心者でも、マルチプレイが楽しみやすく [PS4 SF好きに堪らない タイタンフォール2]

『タイタンフォール2』のシングルプレイでは、物語に沿って進めるもので、ドラマティックさもあり、格好良さもあるなど楽しめるものだったのだが。メインのマルチプレイを楽しむための操作トレーニングでもあるため、遊びながら学べるのも良く。マルチプレイがメインのゲームながら、シングルプレイのデキもいい印象がある。

シングルプレイは、難易度を決められるようになっており、敵傭兵のボスキャラとの戦闘も度々あり、各種タイタンを使い分けしながら、動かし方や武器の特性も遊びながら身に付く。シングルプレイも、一つのゲームをやったなと感じられるくらいのボリュームもあり、アクロバティックな動きも要求されるため、難易度も低くない。

そのため、シングルプレイをクリアできるくらいだと、結構、マルチプレイでも、やれる状態になっており。マルチプレイでは、レベルを上げて、武器やタイタンがより使えるようにというところで、場慣れしたユーザーとの差はあるのだが。それでも、操作する兵士 パイロットの特殊な能力、強力なタイタンがあることから、思ったよりもやりやすく。

パイロットにも、いくつかのタイプがあり、選ぶことができるのだが。その中に、一時的に、姿が消せるものがあり、これを使えば、姿が敵に見えていないため、上手く遭遇すれば、簡単に敵が倒せる。姿を消し、走り回りながら敵を探し、それが切れたら、建物に姿を隠しとやっていたら、何人かは倒せる。

さらに、戦闘中、時間が経つとタイタンが呼べるようになり。これに乗り込めば、タイタン自体の強さもあり、ロボットならではの重さを感じる動きになるため、俊敏な動きのパイロットとは違い、操作テクニックの差が、そう大きく出ないところもある。

タイタン同士の戦闘が、派手に撃ち合う感じで面白く。パイロットも、タイタン向けの武器があるため、やり合えるのだが、一発で倒せる タイタンの方が強く。場慣れした パイロットと初心者のタイタンとなれば、タイタン側が勝てる可能性も高くなる。



上は、マルチプレイの動画なのだが。これをみると、人間離れした動きで、派手さもあるため、難しそうにも見えるのだが。実際、やってみると、同じEAの『スターウォーズ バトルフロント』の方が、よりリアルな人の動きなため、上手下手の差が強く出るところがあり。こちらの方が、初心者には優しい印象がある。

マルチプレイのゲームモードでは、消耗戦(6対6)、賞金稼ぎ(5対5)には、両軍に複数のAIも加わり、ユーザー同士の対戦のみでは、残るタイタンで勝敗が決まる LTS、8対8で戦う スカーミッシュなど様々なのだが。自分でモードを選んで、参加するユーザーを募るか、募ってるものに、マッチングで入るかになり、消耗戦になることが多い。

マルチプレイでは、初心者だと、不慣れな分、足を引っ張るんじゃないかと気にする人も多いのだが。このゲーム、役割分担で、戦略的にというものでもなく、敵味方入り乱れての乱戦。圧倒的に強いユーザーが、ガンガン行くため、最初は、それに付いて行くような感じで、誰かがスコアを稼いでないからという話でもない。

逆に、マッチングで、強いユーザーが入っていなければ、惨敗しそうなのだが。意外とそうはならないのは、発売されて時間が経ち、初心者が少ないからかもしれない。まもなく、廉価版も出るため、新規ユーザーも増えそうなのだが、そうなると、初心者同士の対戦も、ありそうな。

  


nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

PS4 ロボットモノのSF感がいい タイタンフォール2 1.シングルプレイの物語も面白く、ロボットならではの派手さもあり [PS4 SF好きに堪らない タイタンフォール2]

昨年末に発売された 『龍が如く6』を終えてから、これは良さそうだと思える新作もなかったため、PS4で遊んでおらず。これは、凄いと感じられるアイディアや発想があれば、興味も持てるのだが、出尽くした感があり。

それでも、『龍が如く』や『ヒットマン』などのシリーズなら、魅力的なキャラクターで、ヤクザや殺し屋の雰囲気も楽しめるため、続編が出れば、迷うことなく手に取るのだが。これも、昨年から待ち続けている ヒットマンの新作が、今年発売の予定なのだが、まだ、出る気配がない。

titanfall2.jpg

ゴールデンウィークで長い休みもあったため、とりあえず、何かやろうかと思い、『タイタンフォール2』。パッケージを見ると、ちょっと冴えない感じながら、シングルプレイの評判も良い。あまり期待せず始めたところ、世界観もしっかりしていて、作り込まれた感じもあり、かなり面白く。



前作の『タイタンフォール』は、PC版とXBOX 360版のみで、シングルプレイとマルチプレイの垣根を取り払い、マルチプレイで物語を進めることはできたようなのだが、シングルプレイがなく。それが、この『タイタンフォール2』では、シングルプレイが可能になり、一人で遊べるようになっている。上の動画では、英語と日本語字幕なのだが、日本語の吹き替えにもなっている。

シングルプレイの物語は、パイロットと呼ばれる兵士がおり、垂直な壁も横に走れるなど高い機動力を持ち、そのパイロットのみが操縦できるロボット タイタンもある。軍の特殊部隊のようなもので、エリートという存在なのだが、いつかはと思っているのが、主人公。戦場で、敵と交戦した際に、部隊が壊滅状態になり、パイロットが死ぬ間際に、生き残った主人公をパイロットに昇格させ、自身のタイタンを譲るところから、物語が始まる。

タイタンを動かすために、敵の真っただ中で、バッテリーをかき集めたり、極秘任務を引き継いだり、次々と現れるボスキャラのような 敵傭兵も個性的で、自軍の兵士と共に戦うこともある。戦場も狭い空間もあれば、高い塔の上もあり、多彩で飽きさせない。



タイタンにも種類があり、物語が進むにつれて、選択肢が増える。シングルプレイでは、タイタンのカスタマイズはできず、タイタンを選ぶことで、装備一式が変わるり、それにより、特性も変化する。これが、マルチプレイになると、パイロットやタイタンのカスタマイズができ、武器などのレベルアップもある。

レビューでは、人工知能を搭載した タイタンとの会話が、良かったという話が多く。これも、実際にプレイすると、タイタンの話に、選択肢で答えるのだが。タイタンは、パイロットの専属なため、途中で、主人が替わったようになり、最初は、主人公とタイタンの距離感があり。それが、物語が進むに連れて、打ち解け、お互いのノリも変わり、そこに、愛着もわいてくる。

以前、『ウォッチドッグス』が、ハッキングをパズルゲームのように表現し、ユニークなアイディアもあり、確かに面白かった。これの続編 『ウォッチドッグス2』が発売され、これも、かなり評判が良く、面白そうなのだが。ただ、前作の印象が強く残っていたこともあり、もう少し経ってからと、あえて、他に。やはり、全くやったことがないものの方が、比較できない分、新鮮な気分で楽しめるところはある。

このゲーム、マルチプレイがメインなのだが。シングルプレイでも、これだけ物語がしっかりあり、それなりのボリュームもあるため、ここだけでも、結構、楽しめた。シングルプレイをクリアしていれば、操作には十分慣れているだろうから、いい状態で、マルチプレイも始められそうだ。

   


nice!(192) 
共通テーマ:日記・雑感
PS4 SF好きに堪らない タイタンフォール2 ブログトップ