So-net無料ブログ作成

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 109.敵を前にした緊張感、西部劇で独特な格好良さがあり マグニフィセント・セブン [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2016年に公開された映画『マグニフィセント・セブン』を観たのだが。悪徳実業家に乗っ取られそうな町を7人の用心棒が救うという西部劇で、敵と対峙したときの緊張感、轟く銃声も迫力があり、率直に格好良さが感じられる映画だった。

1954年の日本映画『七人の侍』(監督 黒澤明)をもとに1960年の『荒野の七人』があり、この『荒野の七人』をリメイクしたのが、この映画なのだが。キャラクターの個性がより強く、面白いという話を聞いた事があり、実際に観たところ、洗練された雰囲気でキレがあり、絵になるシーンも多い。

物語は、西部開拓時代、近くに金鉱がある事から、悪徳実業家が小さな町に目を付け、教会を焼き払い、逆らう住民を撃ち殺しながら、強引に立ち退きを迫り。期日が迫る中、住民が7人の用心棒を雇い、町を守るため、死闘を繰り広げるというもの。

基本的には、怯えていた住人が用心棒の手を借りて立ち上がり、敵と戦うという流れは同じなのだが、『七人の侍』と『荒野の七人』は盗賊と戦うのだが、こちらは、実業家が雇った大勢のガンマンが敵になっている。

『七人の侍』は、観たことがあり、オリジナル版で3時間以上、上映した際に、前編後編で分かれていたのか、BGMが流れつつの休憩時間があり、これに驚いたことを覚えている。白黒でもあり、時間の長さも感じたのだが、最後まで観ると展開の面白さもあり、見応えがあった。『荒野の七人』は、観た事あるようなと感じる程度で、よく覚えていない。

この映画、住人とのやり取りで揉めず、それぞれの思惑が錯綜することもなく、住人と一丸となって戦うため、物語の方向が掴みやすく、分かりやすさもある。映画でありがちな恋愛もなく、男の映画という感じだろうか。

派手に撃ち合うシーンも、回転式の拳銃や1発ずつのライフルなため、戦う姿に味があり。敵と対峙した時の雰囲気も独特で、一発勝負な緊迫した感じに、命懸けな男気も伝わってくる。

最後の結末も良く、こういう映画を観ると、気合いで頑張ろうという気にもなるのだが。

  


nice!(178) 
共通テーマ:日記・雑感

意外に便利なアプリ どのくらい時間が経っているかが音で分かれば、見る手間も省けていい [意外に便利なアプリ]

先月末から風邪を引いたらしく、どうにもならず、病院へ行き、薬を飲んでいるのだが。微熱程度で熱も高くなく、咳も大したことないため風邪という感覚があまりなく、ただ、お腹の調子がかなり悪かった。

最初、悪いものでも食べたんじゃないかと思い、定番の正露丸を飲みつつ、そのまま過ごしていたところ体調が悪くなり。1週間で3kgほど体重が下がり、変だなと思い、病院へ行ったところ、風邪らしく。『点滴しますか?』と医師に聞かれるも、早く帰りたかったため、断ってしまった。今思えば、やっといても良かったかもしれない。

kaze.jpg

貰った薬は、こんな感じなのだが。喉を見たところ、喉の奥が炎症を起こしているとなり、酷い風邪でお馴染みな薬に、整腸剤を加えたようなものだろうか。これでも、お腹の調子悪ければ、また来るようにという話だった。

とにかく、消化にいい食べ物ということで、うどんを食べている。おかゆは、作ろうとすると時間もかかり、それに比べ、うどんならゆでるだけでいいため、すぐに食べれる良さがある。

毎日のように、うどんを食べているのだが、うどんは、ゆで時間でコシが全く違う。最初、ストップウォッチを使っていたのだが、いちいち時間を見るのが面倒になり、何かいいアプリがないかと探したところ、Androidアプリの『萌え声 ストップウォッチ&タイマー』があり。

これは、女の子の声で時間を読み上げるというもので、音声で分かるため、いちいち見る必要がなくなる。しかも、何分前だけ音声で知らせるという設定もできるため、ゆで上がる時間がくる前に、そろそろだなと前もって分かるため、慌てることもない。

ストップウォッチやタイマーだけではなく、時間もそうなのだが、表示を見て、時間を知るのが当たり前なのだが。これが、音で聞こえてくると、耳をふさがない限り、勝手に聞こえてくるため、楽でいい。


nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1130.6周年特別記念公演 ファンの声援も温かく、今後が楽しみな話もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、昼に1期生による『手をつなぎながら』公演、夜に6周年特別記念公演。ファンの大きな声援に温かさも感じられ、当時の映像に思うところもあり、今後が楽しみな発表もある。

昼の『手をつなぎながら』公演では、AKB48に移籍した 中西智代梨も加わり、4年9ヶ月ぶりになるのだが。現在、チームT2+研究生公演で行われているため違いも感じられるのだが、落ち着いた中に、フレッシュさもある。

自己紹介MCでは、当時のキャッチフレーズになり、ファンの盛り上がりも凄く。中西智代梨の『新しいファンの方とかいて、私の事とか知らない人もいるかなと思ったら、親戚のような人達ばっかりで安心しました』もあり、笑いも多く、この話す姿も懐かしい。

MCでは、HKT48が結成されたばかりで1期生でもあり、最初の頃の緊張した雰囲気、思っていた事もなかなか口に出せなかった事など笑顔で話していたのだが、先輩もおらず、自分達だけでという大変さが伝わってくる。

2分半映像では、椅子取りゲームをしつつ、勝った人が、1期生会の打ち上げを全額払うというもの。村重杏奈の『お小遣い制だから、無理だよ』もありつつ、聞かれると『払いたい!』となり、そのまま勝ってしまい、『いいってことよ』も面白く。

公演中、本当に中西智代梨が鼻血を出してしまい、これまでの話もあるだけに、このタイミングで出るのも凄く。最後、当時を振り返った映像が流れ、6年の月日も感じられ、メンバーが泣きながら歌う姿に感動する。

6周年特別記念公演では、兼任していた STU48の劇場支配人を辞任、HKT48の活動に専念という話もあり、7周年は、専用劇場で迎えられるようになど、HKT48の今後について触れ、大事な話だったのだが。その前に、マイクを求めて松岡菜摘が行き来するのも面白く。

昼に行われた1期生の『手をつなぎながら』公演を観て、現在、同じ公演をしている 小田彩加から感想もあり。魚の骨の痛みを忘れるくらいという話もユニークなのだが。魚の骨の話を伏せつつ、司会を務める 冨吉明日香が、当時も観に来ていたといい話でまとめようとすると、小田彩加が話を戻し、指原莉乃のツッコミもあり、自由な感じも良く。

熊沢世莉奈を愛でる会に、指原莉乃が体験入部も盛り上がり。愛でる会のメンバーの熱い思いが語られる中、それに対する指原莉乃のリアクションから、より熱狂さが強く感じられ、違った一面が垣間見える。

指原莉乃の『りーぬから飲みに行きましょうって、LINE来た』に、愛でる会メンバーの引いた感じもリアルで、客席からの低い『えー』に、村重杏奈の『望みを捨てろ!』もあり、大きな笑いが起きていた。

最後、研究生の昇格発表があり。豊永阿紀がチームH、運上弘菜と地頭江音々がチームK4、小田彩加、堺萌香、清水梨央、武田智加、月足天音、松本日向、宮﨑想乃がチームT2。

それぞれのチームが16名になり、演目も変わるという話もあるなど、6周年を迎えて、大きな変化がありそうで、新たにというところで新年を迎えたような感覚がある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(266) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1129.6フェス 当時を感じさせる懐かしさもあり、生バンドも豪華で凄く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、6周年を迎え『6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~』と題して、イベントが行われており。DMMでは、昼に『脳内パラダイス』公演、夜に『生バンド歌謡ショー』があり、雰囲気も良く、盛り上がっていた。

『脳内パラダイス』公演では、SKE48に移籍した 谷真理佳も加わり、2期生のみで行われ、当時の研究生公演を観ているようで懐かしく。息切れがという話もあるのだが、見た目が当時と変わらず、若々しさがある。

自己紹介MCでは、当時のキャッチフレーズをメンバーが次々とやり、盛り上がっていたのだが。3年7ヶ月ぶりの谷真理佳も、変わらないハイテンションで存在感があり、目の前のファンに『今、ぴーちゃん推してるのね』と話し掛けつつ、時代が変わるという話も面白く。ユニット曲 『くるくるぱー』では、長ネギを振り回す姿もあり、これもお馴染みで、懐かしい。

アンコールの掛け声では、卒業した2期生を含め、メンバー一人一人の名前があり、ファンの温かさも感じられたのだが。21人から14人になり、ポジションも埋まらないという話に思うところもある。

夜公演の『生バンド歌謡ショー』では、プロによる生バンドも豪華で、よりライブ感が増しており。途中で、メンバーによるバンド演奏もあり、楽器を弾く姿に新たな一面も感じられ、新鮮さがある。

村川緋杏(びびあん)の『麻莉愛知らないでしょ、海外のロックなアーティストとか...』に、今村麻莉愛の『ロックの神様と言えば、レッド・ツェッペリンでしょ、それから、ディープ・パープルに、ヴァン・ヘイレン.....』があり、それを後ろで聞いてたバンドマンの満面の笑顔も印象的。これは、前日の夜に、台本が送られ、絶対に覚えてと書いてあったとなり、よく覚えたと拍手もあり。

48グループに限らず、曲も様々なのだが。中でも、どんな曲か分かるものでは、ゴールデンボンバーの『女々しくて』があり。田中菜津美、深川舞子、駒田京伽(ひろか)、坂口理子、冨吉明日香なのだが、それぞれ低めの声で歌いつつ、田中菜津美と駒田京伽が男性な髪型で、坂口理子はかつらを飛ばし、深川舞子と冨吉明日香が顔が白く 樽美酒研二が2人。

曲の途中、ステージ上でシートを敷き始め、お面を取った深川舞子に、田中菜津美がおでんの卵を食べさせ、ダチョウ倶楽部な展開になり。曲が終わり、冨吉明日香のお面を外すと、中もちゃんと塗っており、『結局、誰?』となるのも面白い。

6周年でロックに掛けているのだが、エアギターやファンを煽る姿で、村重杏奈が群を抜てロック感があり、これが凄かったのだが。最後の曲で、出演メンバー全員がジャンプして、終わった瞬間、村重杏奈の『ちょっと待って、悪意がある』があり。

ジャンプした瞬間、誰かが村重杏奈のかつらを引っ張ったとなり、松岡菜摘ではなく、深川舞子となるのだが。『村重選抜作ってやったのに!』となり、客席からの大きな笑いもある。バンドメンバーが紹介され、はける時にも、エアギター担当で村重杏奈も続き、これも盛り上がっていた。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感

電力自由化で怪しいセールスマン 身近にあった話で、基本料金無料が3ヶ月だけとは、どこにも書かれておらず [電力自由化で詐欺な話]

電力自由化により、これまで地域で決められた電力会社のみとの契約だったものが、電力会社を選べるようになり、基本料金無料もあれば、ガスやスマホとセットで電気料金がお得になったり、プランもいろいろなのだが。ここで、詐欺のような話が身近にあり。

友人から聞いた話で、自称 電力会社のセールスマンとのやり取りなのだが。様々な電気会社を比較した資料を持ちつつ、いろいろ説明し始めたところ。友人が基本料金無料の『Looopでんき』について聞いたところ、そのセールスマンから『基本料金無料は3ヶ月だけと小さな文字で書いてあります』と言われたと話しており。

その話を聞きつつ、変だなと思い、Looopでんきの公式サイトで調べたところ、そこには、『ず~っと基本料金0円』とある。ただ、『燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は、別途かかるとあり、これは、これまでの電気料金にも請求されており、特別なことではない。

Looopでんきのサイトで、どこにも、3ヶ月だけ基本料金無料とは書かれていない。他の電力会社を大手から順に30社ほど調べたが、Amazonプライムが年会費が無料、抽選で何かが当たったり、もれなく、オリジナルタオルが貰えたり、ポイントが貰えたりはあるのだが、3ヶ月だけ基本料金無料という話が全く見当たらない。つまり、どこかの電力会社のキャンペーンと勘違いして話したという可能性は、極めて低い。

そのセールスマンの名刺も見せてもらい、本社の住所をGoogle Mapで調べたところ、住宅地の一軒家、さらに、支店は自転車店らしく、営業所も一軒家だった。すぐに、ネットで調べられる時代なため、株式会社と言いつつ、実に怪しい。

電力自由化に関する詐欺では、電気の使用量を測るメーターが、本来は無料で設置されるものなのだが、これを偽り、費用を請求するという詐欺が横行し、話題になったが。今回のような調べればすぐに分かるようなウソというのは、お粗末な印象もある。ただ、契約に関する事なため、笑って済まされるようなものでもない。

3ヶ月というのは、インターネットサービスプロバイダとの契約で、よくある話なため、それを電気会社にもあるかのように悪用したのかもしれない。友人も不快に感じていたため、国民生活センターの『トラブルメーカー箱』に書き込むよう勧めた。

このトラブルメーカー箱は、こんなトラブルがあったという実際に体験した事を書き込んで知らせるもので、情報に対して、答えがあるようなものではない。これは、寄せられた情報から、調査や分析などを行い、消費者被害の防止に役立てるというもの。

もし、深刻なものなら消費生活センターへ相談した方が具体的な助言もあるためいいのだが。ちょっとした事でも、怪しいと感じたら、情報提供した方が、大きな犯罪を未然に防ぐ事にもなり、良さそうな。


nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感