So-net無料ブログ作成
検索選択

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  996.様々な話で盛り上がっており、怖い話も思わず笑える面白さがある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、様々なメンバーが出演する『ただいま 恋愛中』公演。昼と夜の2回公演で、様々な話で盛り上がっており、客席からの笑いも多く。

昼公演も夜公演もなのだが、自己紹介MCの栗原紗英と松本日向が面白く。松本日向が、キャッチフレーズで、『みんなのハートも、日向の衣で包んだんで~』と言うのだが、栗原紗英を見つつ、再び『包んだんで~』となると、反対側の端にいる 栗原紗英が、回りながら『わ~』と動き出し。栗原紗英の『もう、やらせないでよ、これ!』に、松本日向の『裏でやりたいって、言ってきたんです』もあり。

前日の劇場公演では、『包んだんで~』というところで、駒田京伽(ひろか)と栗原紗英が、二人で回っており、このときも、面白さがあったのだが。2期生 駒田京伽、3期生 栗原紗英、そして、4期生の松本日向なため、後輩のキャッチフレーズでの遊び心も伝わってくる。

昼公演では、武田智加のちょっかいが、厄介という話も可愛らしく。地頭江音々に、よくちょっかいを出していたところ、最近、無視されるとなり。度々、ちょっかいを出され、それに、どうしたらいいのとも言われていた。

SHOWROOMでも、地頭江音々と武田智加の二人で配信しており、一緒にお菓子作りしていたり、前日にも、お互いのメイクをするとなり、言い合いながらも楽しそうで。この感じが、姉妹のような雰囲気で、仲の良さも感じられる。

MCで司会を務めていた 田中菜津美に聞かれ、地頭江音々は長女、武田智加は末っ子と答えており。長女には長女らしさがあり、末っ子だと末っ子な感じもありそうで、育った環境で共通するキャラがありそうな。

夜公演では、栗原紗英が話していた メイク中の月足天音という話も面白く。可愛くなるための工程が凄いようで、半目で、口も半開き、たまに、白目にもなるとなり。メイクしやすい表情でとなると、こうなるということだろうか。メイクの話というのも、女性ならではでもあり、こういう話を聞くと、他のメンバーは、どんな感じなのかというのも気になる。

その後のMCでも、この話が続いており。月足天音が、楽屋にいた4期生に、『私、ホントに白目むいてる?』と聞くと、一斉に、『むているから』と言われ、物静かな 衣装さんからも、白目が気になってたとなり。こうなると、他のとの違いも伝わってくるのだが。今田美奈や田中菜津美の『ちょっとスキがあるくらいの方が、アイドルは、可愛いよね』というのも、説得力がある。

ユニット曲後のMCでは、客席からの質問に答えており。推し変されたら、どう思うかという質問では、その質問をしているファンの姿から、地頭江音々推しも分かり。堂々と推し変してますよねという感じで、話が進んでおり、客席の盛り上がりも凄く。最後は、元のメンバーに戻ると言われていたのだが、この盛り上がりからも、他人事ではない感じも多かったのかもしれない。

思わず笑ってしまったのが、『帰りにお塩を買っていかれた方が...』という 松本日向の話。メイクさんから教わったようで、部屋に、立て鏡、クローゼット、四角い角があると、霊がいるとなり、そこで、お塩の話につながるのだが。

ありがちな部屋でもあり、周りのメンバーから『だいだいおる』と言われ、さらに、村川緋杏(びびあん)の『四つ角がないって言ったら、丸い家しかない』に客席からも笑いがあり。松本日向の楽しそうな表情や話し方からも、怖さがあまり感じられないのだが、ここから話が広がり。

霊を見たことがあると振られた 清水梨央から、現在、中学生なのだが、学校の帰りに、以前、通っていた小学校を通り、そこの門におじいちゃんが立っていたのが、次の瞬間、姿が見えず。この話で、井上由莉耶(ゆりや)の『おうちに出たんじゃないんだね』も、話の流れから家の中での話と思い込んで聞いていただけに、この感じも分かるところもあり。

岡本尚子の玄関に何かがいたという話も、以前、話していただけに、変わらないところに真実味もあり、怖そうな雰囲気になるのだが。続く、村川緋杏の玄関に気配を感じたという話では、近所の人が階を間違えたようで、『すいませんでした!』と帰っていったとなり。これには、秋吉優花の『不審者じゃん、それ』、松本日向の『霊じゃないです~』もあり、怖い話から笑い話になるのも、にぎやかさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(223) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  995.ファンとの距離も近そうで、振りの話も面白さがあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、様々なメンバーが出演する『ただいま 恋愛中』公演。昼と夜の2回公演で、前日に続き、久しぶりな感じでの面白さがあり、ファンとの距離も近そうで。

ユニット曲 『純愛のクレッシェンド』では、村重杏奈、神志那結衣、松本日向の3人。シリアスな雰囲気の曲なのだが、松本日向の『誘いましょうか』が、関西弁な感じで明るさもあり、たどたどしいところも可愛らしく。

昼公演の自己紹介とお題のところでは、『最近の自分のニュース』がテーマ。ここで、今村麻莉愛が身長の話をしており、HKT48に入り、10cmほど伸び、129cmから140cmくらいになったと話していたのだが。およそ一ヶ月半ぶりの劇場公演でもあり、身長が急に伸びていたりするんじゃないだろうかと見ていると、そんなこともなく、相変わらずの女の子な可愛らしさ。

ユニット曲後のMCでは、駒田京伽(ひろか)の歯医者の話で盛り上がっていたのだが。口の中に、変なシコリがあると思い、べろべろしていると、『それ、僕の指です』と歯医者から言われ、気まずいとなり。考えてみると、歯の治療というのも細かい作業でもあり、そこで、舌で邪魔してくるというのも面白さがある。

客席からも大きな笑いと拍手もあり、秋吉優花と渕上舞も口を押さえて笑っていたのだが。笑わせようという雰囲気を感じさせないところで、面白い話をする印象があり、これは、持ち前のキャラや話ぶりからだろうか。大きな笑いを起こせば、お客さんのノリも大きく変わりそうで、笑いで打ち解けるということかもしれない。

田中菜津美の髪型も変わり、HKT48が結成された当初のような ショートヘアで、当時とは違った オシャレさが感じられ、大人っぽく。感想のところでは、振りの話も面白く。長らく劇場公演がなく、振りが飛んでしまったところで、渕上舞推しファンの振りコピで、助けられたとなり。渕上舞推しというところで、確かに信頼度も高そうな。

立場が逆転しているところに、面白さがあるのだが。村重杏奈も不安があり、そのファンを見つつ、ちょくちょく間違え、それも気になっていたようで。植木南央からは、つられて間違えちゃうからとなり、『キッチリ、振りを....』と言われ、客席からの笑いもあり。この盛り上がりに、一体感もあり。

夜公演の自己紹介MCでは、『最近、本気になったこと』というお題なのだが、『無敵の深川』という話も面白く。修学旅行で旅館に泊まり、アイドルを忘れて本気で枕投げをしたところ、みんなを倒してしまい、『無敵の深川』と恐れられたとなり。りぼん好きで、天然なキャラだけに、これにギャップもあり。

同じ学校の同級生で、HKT48に入る前から仲良しという 豊永阿紀は、修学旅行で行った USJでジェットコースターに目覚め、ソラリアプラザで行われているVR体験の話もあり。4Dで、スタッフがおいでくれた風に思うのも、優しさも伝わってくるのだが。

3日ほど、プライベートで、ずっと一緒だったという 深川舞子と豊永阿紀の話もあり。久しぶりの劇場公演で、『今日は、久々の敬語なので、間違わないように』と豊永阿紀が話しており、言葉も使い分けているのが分かるのだが。同級生ながら、1期生と4期生で離れた先輩後輩でもあり、そこに、ユニークさもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  994.長い休演を感じさせない 大きな声援もあり、盛り上がりに温かさも感じられる [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する『ただいま 恋愛中』公演。HKT48劇場での劇場公演は、一ヶ月半ぶりなため、懐かしくもあり、久しぶな感じも強く。客席からは、相変わらずの大きな声援で、温かさも感じられる。

HKT48劇場がある 西鉄ホールが、確定申告で長らく使えず、3月11日には、AKB48劇場での出張公演 『東日本大震災復興支援公演』があり。どのMCでも盛り上がっていたのだが、メンバーとカメラの距離が近そうで、話の流れからメンバーの表情を捉え、微妙な雰囲気も伝わってくるところで、面白さがあり。

昨日は、ようやく、HKT48劇場での劇場公演が始まり、改めて、ホールな広さが感じられる。広い空間に開放感がありつつ、応援するファンの姿も見え、コンサートな感覚に近く、豪華さがある。客席の後ろからメンバーが登場するというのが、やはり、凄く。休演が続いていただけに、より新鮮に見える。

先日まで、STU48 オーディションの一環として、SHOWROOMでも配信があり。STU48の劇場支配人も指原莉乃が務め、劇場が船上なところに大きな特徴があるのだが。HKT48も、旧劇場が使えなくなったことで、大きな西鉄ホールになっており、劇場が違うという点では、近いものがありそうな。

やっと劇場に戻ってきたという感じが、どのMCにもあり。山内祐奈からは、HKT48の楽曲の振りも消えており、立ち位置の問題じゃないという話もあり、井上由莉耶(ゆりや)の『久しぶりに冷房をつけたら、めっちゃほこりっぽかった』など、休演の長さに加え、長く留守にしていた感じも伝わってくる。

今田美奈と坂本愛玲菜のおばちゃんの自転車話も面白かったのだが、ペットの話が興味深く。メス同士を飼ったはずのハムスターから、子供が生まれたという 今田美奈の話もあれば、インコがオスがいないのに卵を生んだという 坂本愛玲菜の話もあり。ハムスターは、子供だと、オスメスの判断が難しいようで、そこで、間違えてというのもありそうで、インコは、メスだけでも卵を生むことがあるものの、やはり、生まれないようで。

坂本愛玲菜の髪型が、ショートに変わっており、爽やかで可愛らしいのだが。休演前のイメージもありつつ、間も空いているため、全く違うところに新鮮さもあり、驚きもある。髪が長い頃に比べ、乾かず時間が半分ほどとなり、貰ったダイソンのドライヤーがとなるのも面白い。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(194) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 58.ちょっと古さもありつつ、楽園も厳しい ザ・ビーチ [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

前日に続き、青春ドラマなものでは、2000年に公開された映画『ザ・ビーチ』もあり。映像や演出に古さも感じられるのだが、理想と現実を突きつけられるような物語でもあり、ためになる部分もありそうな。

映画『タイタニック』で人気を博した主演俳優 レオナルド・ディカプリオが、その後、出演オファーが殺到し、100本以上。次の映画が注目される中、出演したのが、この映画になるのだが。サントラが好評で大ヒットという話はあるものの、この映画自体は、振るわなかったようで。

物語は、タイを一人で旅する若者が主人公で、レオナルド・ディカプリオが演じているのだが。安宿で伝説のビーチの地図を手に入れ、フランス人カップルと共に、楽園を求めて旅に出るというもの。やっとたどり着いた楽園には、若者による独自のコミュニティーが存在し、3人は、そこで生活するようになり。様々な出来事が起こり、理想の楽園がほころび始める。

若者が、何かを求めて異国を一人旅というのが、言葉も通じないだけに無鉄砲な感じもあるのだが。実際に、外国人のバックパッカーを見かけたりもするため、そうない話でもないのだろうか。

最初の目的が、伝説のビーチを求めてなため、若者3人が旅し、アドベンチャーな感じもありつつ、緩い青春ドラマという印象。これが、しばらく続くため、ここで、ちょっと違うなと観るのをやめてしまいそうな感じもある。

ただ、楽園にたどり着くと、外の世界とは隔絶された コミュニティの話になり。一見、誰もが生き生きと楽しそうで、理想的な暮らしに見えるのだが。自給自足だけに自然の怖さや厳しさもあり、コミュニティ自体も周囲との微妙なバランスで成り立っていたり。

突然、自分達だけでは、どうにもならない深刻な事態に陥ると不安が広がり、ギクシャクし始めるのだが。さらに狭い世界なため、男女関係で揉め出し、それが周りに知られていたりもする。楽園での生活が上手く行かなくなり、主人公が心理的に闇に引き込まれ、怪しくなるのも興味深い。

この映画を観ると、楽園は楽園で過酷で大変なため、最後は、ありふれた日常が一番と思える。そこが、いいところかもしれない。


 


nice!(198) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 57.コメディな面白さもあり、何が大事かも感じられる映画 きっと、うまくいく [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2009年に公開された インド映画 『きっと、うまくいく』を観たのだが。異文化な新鮮さもあり、インド映画ならではの歌と踊りのシーンもあるなど豪華さがある。3時間近くの長い映画ながら、展開も早く惹き付けられ、コメディな中に社会や教育へのメッセージもあり、飽きずに楽しめた。

不安や恐れに対して、『きっと、うまくいく』と唱えて、乗り越えるところにポイントがあり、それが、映画のタイトルにもなっている。恐れというのも、ルールに従わないことへの不安などで、それよりも、大事なことがあるという感じなのだが。

物語は、インドの工科大学を舞台に、3人の学生による青春ドラマ。自由奔放で、問題を度々起こしながらも、テストをすれば、1位という天才な学生 ランチョーが主人公。一方、二人の友人は、期待を一身に受け、やりたいこともできず、家族のために大学へ。境遇や考え方が違う3人が、様々な出来事を通じて、それぞれがあるべき姿を取り戻すような、そんな話。

青春ドラマというと、男女の恋愛もありがちな気がするのだが、この映画では、男同士の友情がメインなため、それが、ほとんどなく。それでも、男ならではの子供っぽいイタズラや遊び心があり、そこに愉快な明るさがある。

子供の頃、思いつきでいろいろやり出したり、正論を振りかざして、大人を困らせたり。誰にでも、そんな経験がありそうなのだが、それが主人公の姿と重なり、共感できる人も多いんじゃないだろうか。

工科大学なため、学生はエンジニアを目指しており。エンジニアになれば、高収入で安泰な人生という発想も、感覚的な違いが感じられ、経済発展が進むインドならではかもしれない。

親が勝手に進路を決め、無理やり勉強させるというのも、将来を思ってとなるのだが。子供も大人になるにつれ、やりたい事もあれば、価値観の違いもあり。ただ、そのために、家族が一生懸命になればなるほど、負い目に感じ、従わざるを得ず、その葛藤が描かれている。ここにも、貧しさを逆手に取り、コントな笑いもある。

この映画は、当時、インド映画歴代興行収入1位を記録し、映画監督 スティーヴン・スピルバーグが、3回も観たと大絶賛するなど評価も高く。日本では、2014年に公開され、日本で公開されたインド映画としては、大ヒットという話もある。

この映画を観ると、何のために学校で学ぶのかを考えさせられ、やりたい事をやるから必死になり、それが成功につながるのも改めて感じられる。日々の生活の中で、窮屈に感じている人が観たら、主人公のように自由になりたいと思うかもしれない。

いい映画なのだが、気になるところもあり。映画の中で大笑いしているシーンがあるのだが、日本人の感覚では、ほとんどの人が引きそうで、日本映画だったら、かなり叩かれそうな。ここら辺は、文化が違うということだろうか。





nice!(213) 
共通テーマ:日記・雑感