So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1114.清水梨央の生誕祭 大きな声援に活気が感じられ、温かい雰囲気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。清水梨央の生誕祭でもあり、客席の場所でペンライトの色も揃え、ファンの力強い掛け声や声援もあるなど盛り上がりが感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『朝起きて、清水梨央になっていたら』がテーマ。様々なメンバーから、清水梨央の声の話が多くあり、『うふふ』、『えへへ』と返されるとなるのだが。答え難い事を聞かれた時にも、この感じで逃げるとなるのも、ユニークさがあり。

清水梨央のSHOWROOMでは、明るく楽しそうに話す姿があり、女の子らしい可愛らしさがあるのだが。自己紹介MCでも、休日に起きたら動画を観ると話すほどで、配信についても、軽快さがあり、得意そうな印象もある。

『キスは待つしかないのでしょうか』の曲中に、清水梨央の『キス、教えてくれる』と台詞があるのだが。このとき、可愛らしさから、今村麻莉愛、地頭江音々、武田智加の3人だろうか、真後ろで倒れており、この崩れ落ちる感じも面白く。

生誕祭では、地頭江音々が司会を務め、企画 『ステップアップチャレンジ3』もあり。箱の中身が知りつつ、知らない感じでのリアクション、書かれた シチュエーションで即興で演じるもあり、大きな声で発声もあるのだが。どれも苦手そうなものばかりで、困った表情もあるのだが、ならではの感じに可愛らしさもある。

即興で演じるところで、ケンカした後に仲直りするというお題だったのだが、相手を選ぶ際、すぐに、小田彩加を呼んでおり。そこに、仲の良さも伝わってくるのだが、生誕祭の手紙も小田彩加から。

手紙には、入ったばかりの思い出も語られ、清水梨央に頼られているようで逆に助けられ、刺激をもらっているなど思いを打ち明けるような内容で、清水梨央も嬉しいと号泣していた。

最後に、ファンへの言葉があり。感謝の気持ちを伝えながら、ファンの応援に支えられて、辛い事も乗り越えられたと涙ながらに話していた。劇場公演でも常に笑顔を絶やさず、独特な穏やかな雰囲気もあるだけに、強くなると決めたという言葉が印象に残っている。

劇場公演後のトークでも、ユニット曲 『ウィンブルドンへ連れて行って』に、清水梨央が選び、小田彩加と地頭江音々の3人となり。生誕祭の司会に地頭江音々、手紙が小田彩加なことからも、関係の近さが伺える。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1113.面白い話も多く、違った一面も可愛らしく新鮮さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。ファンの大きな声援に活気が感じられ、MCでも様々な話で盛り上がり、笑いも多く、明るいにぎやかさがある。

自己紹介MCでも、先日、『選抜総選挙延長戦』として、第9回 AKB48選抜総選挙 81位から100位まで発表された話があり。HKT48メンバーは、83位 秋吉優花、84位 神志那結衣、87位 下野由貴、91位 深川舞子、95位 今田美奈、100位 村重杏奈。票数も発表され、もう少しでランクインという近さがあり。

前半MCでは、秋吉優花がランクインした際に、やろうとしていたことの話があり。選抜総選挙が沖縄で行われたこともあり、野球が好きという 秋吉優花は、ランクインした際に、沖縄県立浦添商業高等学校が応援で叫ぶ『はばちかす』をする予定だったとなり、指原莉乃の小声で『はばちかす』と練習していたなど、これが面白く。

HKT48メンバーに協力を求めつつ、HKTの全体LINEに参考動画も載せ、『わったーがHKTをはばちかす!』をやるとなり。僅差でランクインを逃したものの、ランクインして、やっていたら、会場がどよめくほど盛り上がったに違いない。幕張メッセで発表されたこともあり、秋吉優花の『83位で、はばちかすするか迷ったけど、アウェイはばちかすなのでやめました』に、ユニークさもあり。

ちなみに、『はばちかす』の意味なのだが。沖縄の方言で、名声を高める、最高にするという意味らしく、盛り上げるということだろうか。YouTubeの動画を観ると、独特な雰囲気で惹き付けられるものがある。

ここで、外園葉月の『最近、足がめっちゃ臭い』という話も強烈さがあり。外園葉月の『自分っす』と言ったところで、田中菜津美が、この言葉にハマってしまい 『自分、めっちゃ足くさいっす!』、『自分、常にくさいっす!』と言い出し、終盤の曲 『チームH推し』の台詞でも言ってしまうほどで、これも凄く。

どのくらい臭いかということで、坂口理子から『ぴーちゃん嗅いでみて』と言われ、隣にいた 駒田京伽(ひろか)の『イヤ!』に、外園葉月の『イヤって、やめてくださいよ』もあるのだが。特に『手をつなぎながら』公演では、イケメンなイメージもあり、低めの声に格好良さも漂うため、そこで、足が臭いに大きな笑いが起きていた。

後半MCでは、楽屋で話していたという 上野遥の可愛らしい話もあり。前日に、家族でお買い物に行き、人ごみが嫌いというパパも一緒となるのが久しぶりという話なのだが。上野遥の『パパが凄く大好きで、ママとパパでどっちが好きと言われたら、迷わずパパを選ぶんですけど.....』となり、これに、メンバーも驚きながら『可愛い』となるのだが。

上野遥かの『小さい時から、パパと結婚すると思ってるし、今も、世界中で、パパが一番格好いいと思ってます』もあり、周りのメンバーの驚きも凄く。年頃の娘と父親というのは、仲が悪そうなイメージがどこかあるのだが、これだけ、パパが大好きと言われ、お父さんは、嬉しくて仕方ないんじゃないだろうか。

ここで、矢吹奈子の『お父さんだったら、嬉しい!』もあり、言い方が可愛らしいのだが。さらに、田島芽瑠の『私も、はるたんのお父さんになる』も怪しさがあり、違う方向になるところに面白さもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(193) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1112.体育の日限定公演 体育の話も様々で、運動を改めて感じさせるところもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。昼と夜の2回公演で、昼公演は、体育の日限定公演でもあり、学校の体育も懐かしさがあり、運動しなければという思いにもなるなど特別感がある。

昼公演の自己紹介とお題のところでは、『体育について』がテーマ。メンバーそれぞれから、学校の体育話があるのだが、運動が得意という 坂本愛玲菜、清水梨央、宮﨑想乃などがいる一方で、他のメンバーは、それほどでもなく、しかも、さぼった話もいくつかあり。

このさぼった話、学校での姿も想像させ、面白かったのだが、やはり、良くなかったようで、武田智加、月足天音、山下エミリーの話が思いっきりカットされていた。それでも、村川緋杏(びびあん)から月足天音へ、『お前は、山を走れ!』がかろうじて残り、それも面白く。

体育が嫌いで、さぼりたいというのも、どこかリアルさがあり。劇場公演の姿から、どのメンバーも運動神経が良さそうな イメージがあるのだが、体育は別物というのも感じられる。

前半MCでは、いろんな意味で震えていたという 坂本愛玲菜の話もあり。SSAで行われた HKT48のコンサートでちょっとした運動会があり、メンバーが赤と白に分かれ、ピラミッドとなるのだが。そこで、HKT48に入ったばかりで研究生だった 坂本愛玲菜が、一番上に選ばれ、その下に、本村碧唯と宮脇咲良がおり、『いろんな意味で震えてました』に笑いも起こり、5段ほどのピラミッドも凄く。

夜公演の自己紹介とお題のところでは、『今の自分を伝える俳句』がテーマとなり。自己紹介MCでは、この『手をつなぎながら』公演のお題が変化に富んでおり、そこに面白さもあるのだが。今回の俳句も、言い難いことを伝えていたり、指を折りながら、一生懸命考える姿もあるなど新鮮で。

前半MCでは、最近、変わったという 外園葉月の話が続いており。ユニット曲 『ウィンブルドンへ連れて行って』に、栗原紗英、外園葉月、武田智加の3人が出演しており。年少な武田智加が横にいるため、栗原紗英が頑張ろうと思っていると、外園葉月がツインテールで登場し、栗原紗英の『やられたと思った』、武田智加の『ロリロリしかった』もあるのだが。

後半MCには、外園葉月 本人が登場し、『麻莉愛が、ずっと葉月にツインテールしてくださいお願いしますとずっと言っててくれたから、もう、せざるをえん、あんなちっちゃい子に言われたら』もあり。お願いすると応えてくれるところも、ある意味、イケメンさとも言えそうで、ギャップも大きく、盛り上がりもある。

外園葉月の渋々という雰囲気もありつつ、ここで、突然、司会を務める 小田彩加の『エミリーさん、元気ですか?』に大きな笑いもあり。『後ろ姿が静かだったんで声をかけてみました』となるのだが、穏やかなしゃべりながら、いきなりさもあり、こういうところにも独特な感じもあり。気が抜けないような、そんな面白さもありそうな。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

無料ながら細かい作りが凄い ガンダムオンライン 5.当時よりも面白くなっており、よりやりやすくなっているような [かなり遊べる無料ゲーム ガンダムオンライン]

再び ガンダムオンラインを始めたところ、様々な違いもあり、面白いと以前に書いたのだが。例のWindows OS 日本語版 32ビットでプレイできない状態が先月末から現在も変わらず続いており、今月中旬に対応が完了する予定とあり、これだけ長く続くのも珍しい。

ガンダムオンラインなのだが、定期メンテナンス後に始まるイベントが良く。3年前のアカウントは、削除してしまったため、最初からで、新規ユーザー向けに大盤振る舞いがあり、装備を整えられるのだが、その流れで、イベントにも乗れるような、やりやすさがある。

アカウントを作成して始めると、豊富な資金があるため、これで、ガシャコンを回し、高性能なモビルスーツの設計図を手に入れ、機体を作れれば、強い状態でやれるのだが。ガシャコンは、当たり外れがあるものの、最初に資金がある状態では、70回ほど引くことができ、これで、大したものが出なければ、アカウントを削除して、2時間後に削除し、再び アカウントを作成してを繰り返せば、それも良さそうな。

現在、行われている イベントでは、戦闘で獲得したポイントを使い、報酬のルートを選択しながら、アイテムが貰える仕組みになっており。ここで、それなりのモビルスーツの設計図も手に入るため、結構、やりがいが感じられる。

このゲームの大きな特徴に、多彩なモビルスーツと細かいカスタマイズがあり。一般的に強いものの方が良さそうでも、見た目の好みもあれば、得意な戦闘スタイルにあったものがいいなど、自分に合う合わないもあり。ここに、多くのユーザーが参加する大規模戦でも、モビルスーツの偏りが少ない理由もありそうな。

このゲーム、キーボードだけでも、プレイできるようにはなっているものの、やはり、ゲームパッドがなければ、滑らかな動きができず。キーボード操作だけで、プレイしてる人は、初心者以外、誰もいないんじゃないかと感じるほど、操作に違いがあり。

久しぶりのガンダムオンラインでもあり、ゲームパッドを使いながらで、それなりに動けるという程度で、特に操作に長けている訳ではないのだが。それでも、思いの他、ポイントは稼げており。

ガンダムオンラインでは、敵のモビルスーツを攻撃し、弾が当たるなどしても、完全に倒されなければ、全くポイントが入らない。もちろん、一人で、相手を完全に倒されば、攻撃の数も多く、倒しているため、ポイントを大きく稼げるのだが。ちょっと当てた程度で、引きさがったとしても、他のユーザーがその敵を倒せば、ポイントが入る。

一人で敵を倒すまでとなると、操作の慣れも必要で、1対1ではないことも多く、難しいのだが。とりあえず、一人にならず、みんなで戦いながら、多数の敵に弾を当てつつ、無理せず、後退を繰り返せば、不慣れでも意外にポイントが稼げる。

マップも多彩で仕掛けもあり、サイコガンダムが登場して状況も一変するなど、変化に富んでいるため、単調な感じになり難く。ここが、当時よりも良くなっており、再びながら、意外に楽しめている。


  


nice!(197) 
共通テーマ:日記・雑感

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 96.実話をもとにした映画だけに重みもあり マシンガン・プリーチャー [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

2011年に公開された映画『マシンガン・プリーチャー』を観たのだが。誤解されそうなタイトルなのだが、内容も真面目で、実話からの映画で凄さもあり、それだけに難しさのようなものも感じられる映画だった。

物語は、アフリカの紛争地域で、ウガンダの反政府武装勢力 神の抵抗軍(LRA)が、子供達を拉致しては、少年兵にしており。そこに、アメリカからボランティアでやってきた 元麻薬密売人で牧師の主人公が、現地で孤児院を営み、子供達を助けるというもの。

麻薬の密売人から始まり、荒れた生活を送る中、信仰を持ち、建設業を営みながら、家族に囲まれ幸せそうな生活になり、足を洗って真っ当な人生という感じなのだが。そこから、戦う牧師に豹変し、子供達を守れれば、手段を選ばないとなるところに男らしさも感じられ、激しさもある。

これが映画の中だけの話ではなく、主人公は実在の人物で、教会や孤児院を現地に建設し、現在も活動しているところに凄さがあり。拉致された子供達が運ばれるところを襲い、救出するなど、救うために戦うというのが印象に残る。

主人公には、米国に家族もおり、行ったり来たりするのだが、紛争地域と平和な生活とのギャップもあり。ウガンダの子供達を救うため、資金繰りに困り、自分の会社も家族に相談する事なく売却するなど、家族ではなく、子供達の救済に専念しており、そこに複雑さもある。

映画では、エンドロールのところで、サム・チルダース本人が語りかけるのだが。テロリストに誰かが誘拐され、それを助けると言った時に、家族から手段を問われるかという話がある。そこに、悠長なことは言っていられないという 現実の厳しさも伝わってくる。




nice!(184) 
共通テーマ:日記・雑感