So-net無料ブログ作成
検索選択

PS4 広い世界と物づくり 自由さが半端ない 大人のRPG フォールアウト4 5.やれることが豊富にあり、終わらない感じに良さもある [PS4 荒廃した世界が楽しめる フォールアウト4]

PS4 『フォールアウト4』で、様々なミッションやサイドミッションもあるのだが、拠点の防衛を強化しても、敵の襲撃があったり、ミッションをクリアしたところも、敵がいる状態にもなり、これが、意外に良く。

オープンワールドで広いため、歩いていると、あちらこちらにマップに表示されるような 敵のアジトがあり。そこの敵を一掃し、あちらこちらにある アイテムを手に入れ、倒した敵からも、装備を奪い取るのだが。

アイテムを持って行こうにも、一人で持てる量に限りがあり、同行させた仲間に持たせるも、とても、全ては持って行けず。この大量にあるアイテムというのが、惹きつけられるポイントになり、広がりを失わないところでもあり。

持てる量に限りがあると、何度か行き来するのも面倒なため、すぐに使いそうなものだけを持ち、後は、放置。気が向いたときに取に行こうとするのだが、すると、マップ上で、敵を倒して、クリアと表示されたところが、いつの間にか、その文字が消えており、行ってみると元の敵が棲みついた状態に。

最初、バグが何かかと思ったりもしたのだが。そうではなく、どうも、依頼を受けたミッションとしては、クリアしたことになるものの、時間が経つと敵は戻ってくるようで。これが、敵のすべてが戻ることもあれば、一部だけ戻ることもあり、違いがある。

クリアすれば、行かなくてもいいじゃないかと思われそうだが、アイテムの取り残しもあれば、鍵開けのレベルで開けられない金庫などもあり、買えば高い弾薬の補充にもなる。内部が入り組んでいるものも多いため、何かあるんじゃないかと感じさせることもあり。

銃の弾薬は、銃のタイプ別に細かく分かれ、何mmの弾と分かれており、それらを買うと高いため、敵を倒して奪った方が手っ取り早く。不要な武器は、売ることもできるため、クリアしたかどうかを別にしても、攻撃する価値がある。

ミッションを終え、それで、戻ることがないほど完全に終われば、達成感はあるものの、その分、やることが減り、徐々に世界が狭くなる。そうならないところに、このゲームの飽き難さもあり、何かを手に入れて、それを使うという 一連の流れが、しっかりあり、それが、大きな魅力なのかもしれない。

他のゲームでも、やり込み要素として、いろいろあるのだが。このゲームは、豊富なアイテムからの拠点づくりが凄く、こだわれば、有料のダウンロードコンテンツもあり、シムピープル並みになり。長く遊べるゲームとしては、世界感の好みがあるにしても、『フォールアウト4』が、自由度の高さもあり、一番かもしれない。

 


nice!(205) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1058.似た者同士な話も面白く、にぎやかで温かさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観たのだが、チームT2 + 研究生の『手をつなぎながら』公演。選抜総選挙を終えたばかりで、変わらない 大きな声援もあり、MCのリアクションからファンの温かさも伝わってくる。

自己紹介とお題ところでは、『総選挙について』がテーマ。どのメンバーもファンに感謝の気持ちを伝えながら、思いを新たに明るく話す姿に、たくましさも感じられる。

今村麻莉愛からは、13歳なため、出演できる時間に制限があり、選抜総選挙で2位の発表前にはけ、3連覇できるかのドキドキも味わえず、悲しいとなるのだが。一方、同じ様に小さな女の子の堺萌香は、ネット上で、はけなくていいのと書かれるも、こちらは、18歳となり。このギャップに、面白さもある。

その後、後半MCで、『お互いの直して欲しいところ』がお題なのだが、ここでも、堺萌香の話で盛り上がり。小田彩加からは、ボケた際に、『おだー』と押してくる 堺萌香の力が凄く、そこを直してとなるのだが、堺萌香の『愛だよ』もあり、直りそうもなく。

どんな感じで押されるか、ステージ上で堺萌香が再現となり。押された 小田彩加が低い声で『うわぁ』と言いつつ、3mほど後ずさり。これを見ていた周りのメンバーは、大げさに感じたようで、『絶対、ウソだ!』となるのだが。

そこで、栗原紗英の『やってみて、紗英も』となり、『もう、さえぴょん』と押されたところ、栗原紗英が回転しながら、小田彩加よりも派手に飛ばされ、ここで、本当に凄いらしいとメンバーの反応も変わり。小さく華奢なように見えても、少林寺拳法を習っていたこともあり、力の入れ方が違うのかもしれない。

山下エミリーの『あだ名、力士にしよう』が、堺萌香の外見から全く結び付かないところで、ギャップがある面白さがあり。さらに、山下エミリーに促され、今村麻莉愛も、『力士のことなんですけど...』と話し始め、そこから、力士で話続け、客席からの笑いも大きく。

今村麻莉愛と堺萌香は、身長が近く、どちらも、小さな女の子で可愛らしさがあるのだが。お互い、その身長でいじってくるとなり、13歳で、これから伸びるという 今村麻莉愛、まだ伸びると信じている 堺萌香で、それぞれに言い分もある。

最後、堺萌香の『いじるのはやめて、お互いに、がんばろうって言い合いましょ』もあり、これも大人な感じで、お互いが手を差し出し、仲直りの握手となるのだが。栗原紗英の『強いぞ、強いぞ』もあり、堺萌香が手を強く握ると、今村麻莉愛が『痛い!』となり。今村麻莉愛が笑いながらの『もう、一生いじってやる!』に、客席からの拍手や笑いがあり、盛り上がっていた。

仲直りしそうで、しないという流れも、かなり面白く。身長でいじり合うのも、見た目の分かりやすさがあり、年の差もあれば、先輩後輩も逆転しているなど、面白くなる要素も多そうで。

その後、月足天音の食い込んでいたパンツ話も、恥ずかしそうな雰囲気もありつつ、言いそうにない話で笑いもあるのだが。運上弘菜と月足天音で揉めていると、栗原紗英の『みんな仲良くして!力士も誰もかも、みんな仲良くして!分かった!』があり。ここで、普通に力士と呼ぶのも面白いのだが、このお姉さんな感じも印象が良く。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(195) 

ライブ配信 SHOWROOMが凄い! 5.選抜総選挙を終え、それぞれの話もあり、そこに良さも感じられる [ライブ配信 SHOWROOMが凄い!]

17日に行われた『第9回選抜総選挙』を終え、翌日には、メンバーのSHOWROOM配信が次々とあり、ファンへ感謝の気持ちを伝えていたのだが。メンバーが思い思いで配信ができるため、素直な気持ちも感じられ、メンバーを支える 家族の温かさもあるなど、改めて、SHOWROOMの良さが感じられる。

昨年の選抜総選挙では、SHOWROOMの配信が選挙期間に限られ、そのときも、年に1度の大きなイベントを終えたばかりで、メンバーそれぞれの思いが感じられたのだが。今回は、ちょっと状況が違っており。

昨年10月から、AKB48メンバーによる個人配信が解禁され、SHOWROOMを通じて、より長く、ファンとのコミュニケーションが取れている。だからだろうか、ファンとの絆というか、信頼関係の違いのようなものもありそうで。

選抜総選挙でランクインした メンバーは、一部なため、大半のメンバーが、目をうるませたり、目が腫れていることから泣いていたのも分かるのだが。選抜総選挙で感じたことを話していたり、他のメンバーへの思い、各グループのメンバーが集まることでの話など様々。

それらの話を聞いていると、メンバー同士や友達、家族とも、こんな感じで話さないんじゃないだろうかという 独特な距離感もありそうで。不特定多数と話しつつ、観ている人のほとんどは、どんな話も受け止めてくれそうな ファンなのも、伝わってくる。

映像で観れると、声の感じや話し方もあれば、話す際の仕草もあり、目の前で話している状態に近く。これは、会えるアイドルという コンセプトをさらに進めたような印象があり、そこに、SHOWROOMの凄さも感じられる。

中には、ランクインを目指し、知名度を上げるため、これから何をするべきかをファンと一緒に話し合う メンバーもおり。しかも、何をするかも具体的で、ファンを増やすために、ファンからの意見なため、より直接的で。全て行うのは、無理にしても、ファンからの話に気づかされたことも多そうで。

こういう話は、メンバー同士では、ライバルでもあるため、触れ難そうで、ファンの事は、ファンに聞くのが、一番なのも分かる。選抜総選挙を終えたばかりだからこそ、メンバーとファンが親身になり、こういう事も語り合えるのかもしれない。


nice!(204) 

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1057.突然の発表など驚きも多く、抱き合う姿に感動もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日、放送された『第9回AKB48選抜総選挙』を観ていたのだが。HKT48からは、1位 指原莉乃、4位 宮脇咲良、28位 田中美久、31位 森保まどか、34位 渕上舞、35位 朝長美桜、37位 矢吹奈子、38位 冨吉明日香、40位 田島芽瑠、49位 坂口理子、50位 田中菜津美、54位 植木南央、59位 松岡菜摘、62位 本村碧唯、79位 豊永阿紀、80位 松岡はなの16名がランクイン。

中でも、1期生で初ランクインを果たした 田中菜津美に驚きがあり。ファンは新しいメンバーに流れると言われていたのだが、積み重ねたものが実を結ぶことを証明してくれたような、そんな気がする。NGT48に勢いがありつつも、次々とHKT48メンバーが入り、健闘も感じられた。

やはり、気になったのが、20位 NMB48 須藤凛々花の結婚発表。その後、SHOWROOMで行われた 裏生配信でも登場し、そこでも、『ホントにガチなんで、後日、自分の口で説明します』と話していた。

先日、放送された『HKT48のおでかけ』では、投票してくれる ファンの話もあり。推しメンが違う ファンにもビラを配り、投票を呼び掛けたり、大量に投票する ファンは、同じ推しメンに手伝ってもらい投票するなど、ファン側の大変さが感じられ、選抜総選挙が特別なイベントなのも伝わってくるのだが。それだけに、結婚発表に違和感があり、このタイミングしかないような 何かがあるのだろうか。

NMB48 山本彩は、Twitterで謝罪のコメントを出し、モデルプレスの記事には、元AKB48 高橋みなみの現役メンバーを案じながら、誰かは知っていたはずと運営側の対応を疑問視とある。もし、目の前に多くのファンがいたら、大変な事になっていたかもしれない。

速報で、歴代最多の5万5061票で1位となり、驚かされた NGT48 荻野由佳もあり、5位にランクインしていたのだが。恋愛禁止がルールとしてある中、突然の結婚発表だけに衝撃が大きく、どうしても、そちらに意識が向いてしまうところもあり。観る側の雰囲気が、途切れたような、そんな感覚がある。

1位は、24万6376票を獲得した 指原莉乃。2位 渡辺麻友と10万票の大差をつけ、昨年よりも票を伸ばし、前人未到の3連覇。今回が、選抜総選挙への参加が最後なのだが、群を抜く票の多さから、指原莉乃を推すファンの凄さが伺える。

指原莉乃のスピーチでは、沖縄での野外イベントが中止になり、ファンへの謝罪があるのだが。1位でメンバーを代表する立場でもあり、HKT48やSTU48で運営にも関わるだけに、メンバー側と運営側を代弁しており、言葉の重みも感じられる。

もし、指原莉乃ではなく、他のメンバーが1位になっていたら、こういう話にも触れていたかどうかもあり、違った感じになっていたんじゃないだろうか。選抜総選挙で、どちらが1位かを共に競っていた AKB48 渡辺麻友の卒業発表もあり、二人が抱き合う姿が印象に残っている。


nice!(195) 

PS4 広い世界と物づくり 自由さが半端ない 大人のRPG フォールアウト4 4.しばらくやっても広がりがあるのも凄く、大人向けで渋くも面白さがある [PS4 荒廃した世界が楽しめる フォールアウト4]

『フォールアウト4』は、結構、やっているため、どんなゲームかは分かるのだが。全体の枠が掴めないような広がりがあり、いくつもの組織があり、どちらに付くかという判断も迫られ、SFならではの謎かけもあるなど、かなり遊べる。

最近は、シングルプレイにもマルチプレイの要素を加えたり、マルチプレイありきなゲームも多いのだく、シングルプレイのみというのは、今時な感じがしないところもある。それでも、この『フォールアウト4』は、いつまでも何が起こるか分からない雰囲気があり、宝探しな楽しさ、拠点づくりの面白さもあり、これほど、いろいろやれるゲームは、他にないかもしれない。

荒廃した世界が舞台なのだが、その中でも、状況が一辺倒な感じではなく。生き残った人々が、細々と暮らしていたり、武装したギャングのようなグループが集まっていたりは、ありがちなのだが。そこに、人型のミュータントの群れもあれば、住人が多く住む大きな街もあり、善良な市民が武装しての健全な集落、残ったハイテク施設の中だけで生活する人々など、いろいろある。

そのそれぞれから、様々な物語があるのだが。例えば、誘拐事件のような話から助けに行くと、それが人造人間らしいとなり。人造人間に反感を持つ者もいれば、誘拐された人を助けたいという者もおり、最後の選択で、どちらに付くのか判断を迫られる。

これも、単純にどちらかという感じではなく、こういう事情から、こうなっているという話になるため、どちらにも言い分があり、どちらが正しいということでもない。この他にも、協力を求められたときに、報酬を要求したり、揉め事では、脅しもあるなど選択肢も緩くなく、シビアさがある。

主人公は、愛犬 ドッグミートの他、冬眠前から使えているロボット コズワース、人造人間の探偵 ニック、記者のパイパーなどを連れて行くことができ、戦闘時には、一緒に戦い、荷物も持つため、便利なのだが。会話の選択肢次第で、例えば、ニックを連れた状態で、人造人間に好意的なものを選ぶと喜んだりもする。

普通のゲームなら、このくらいやれば、全体像が見えるというか、ありがちなパターンが感じられるのだが。このゲームでは、いくつもある組織別にも、様々な展開があり、各地域でも、違いもありつつ、いろいろ起こる。

これが、広大な空間で起こるため、世界の広がりが感じられるのだが。もちろん、その都度、歩き回るのでは、かなり時間がかかるため、一度、立ち寄った街などには、近くに敵がいたりしなければ、瞬時に移動できるようになっている。

さらに、このゲームでは、いつでもセーブでき、クイックセーブもあるため、戦闘中にも、どんどんセーブし、ギリギリな際どいものでも、先に進めることができる。それをやりつつも、簡単には終わらないボリュームがあり、しかも、レベルが低いことから、開けられないものもあるため、その地域を制圧しても、何かが残る感じもあり、完全にクリアとならないのも良く。

このゲームをやっていると、SFな世界感も良く、自由度の高さに加え、様々な物語もありつつ、バラエティーに富んでおり、飽きさせない。これだけ遊べると、他のゲームとの差がある分、見劣りするところもある。

オープンワールドのゲームは、今まで、いくつもやっているのだが、遊びの幅の広さでは、これが一番かもしれない。クリアしたいという思いから、攻略サイトを見て進める人も多いと思うのだが、これだけいろいろやれるゲームは珍しく、無理に終わらせようと急ぐのも、勿体ない気もする。

 


nice!(202)