So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1377.笑いに雰囲気があり、発想のユニークさもある [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を生中継でも観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。ファンの大きな声援に活気や温かさがあり、MCも様々な話でキャラが垣間見え、明るいにぎやかさがある。

二日連続の公演でもあり、間に他の公演がないからだろうか、前日の印象をそのままに、新たな話が加わるため、メンバーの名前と顔も覚えやすいように感じられる。

自己紹介MCでは、市村愛里の話に、村上和叶が自然に入ってくる感じも良さそうで。『もし、一つだけ魔法が使えたら、どんな魔法がいいか』というお題で、市村愛里の『自分の実現したい夢とかをすぐかなえれる魔法が欲しいんですけど....』があり。

『ちっちゃい夢だと、この汗を絶対かかないで、和叶みたいにね....』に、村上和叶の『かいてますけどね、かいてる....』があり。『デカイ夢が、私、逃走中という番組が好きで。逃走中に、ホントに、いつか出てみたいんですよ』に、『逃走中でたらさ、また、汗でさ、バーコードになる』と村上和叶から言われており。

確かに汗を多くかきそうな番組なのだが、『逃走中の方が上だから、全然、いいんだけど』となり、夢の優先順位があるのも、ユニークなのだが。さらに、ここで、逃走中のハンターに捕まるシーンをやりたいとなるのも、バラエティ班な雰囲気がある。

隣の水上凜巳花にハンター役をしてもらうことになり、市村愛里に手で押されつつ、ステージの端まで二人で行くのだが。水上凜巳花から『手汗がひどい、この人』と言われ、市村愛里の『言うな、言うな』に笑いも起こり。手汗は、緊張などでかくことが多いため、違った汗の話になるのも面白さがある。

前日に、小学校の卒業式だったという 工藤陽香の『私が、一番、使いたい魔法は、不老不死です』に、客席からの大きな笑いもあり。『あはは』もあれば、『おぉ』もあり、この笑い声が様々なところに独特な感じもあり。

坂本りのから『何、不老不死って』と聞かれ、工藤陽香の『絶対死ななくて、絶対ふけない』に、『まだ、若いのに』となるのだが。工藤陽香の『理由は、大人は、本当に、本格的な仕事で、すごい大変そうだし、ちょっと死ぬのは、嫌だからです!』に再び笑いがあり、ファンからの『俺も!』も面白く。

『本格的な仕事』という表現も、女の子な目線の良さあり、大変そうと思い見ているところに優しさも伝わってくるのだが。この時の客席からの温かい笑いに、大人な思いも感じられ、雰囲気がある。

田中伊桜莉のところでは、『私、キュウリが好きなんですよ。なので、キュウリの漬物が、長時間漬けなくても、すぐに漬けられて、美味しくなるような魔法が使いたいです』があり、笑いもあるのだが。

16歳でキュウリの漬物な話にギャップがあり、8月31日生まれで、『野菜の日』にもかかっている。実現できそうなところに他のメンバーとの違いがあり、明るく話す姿に、漬物を食べてみようかなという気にもなる。
.

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(252) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1376.大きな声援も響き、元気で明るく、初々しさがあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、研究生の『脳内パラダイス』公演。今回が2回目の公演なのだが、12人の公演で緊張も伝わってくる中、ファンの大きな声援や笑いもあり、盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『挑戦したいこと』がテーマ。挑戦したいことも、メンバーにより様々ななのだが、スポーツや食べ物など興味があるものも感じられる。

冨吉明日香が面白いと話していた 市村愛里のところでは、富士山の話なのだが。市村愛里の『私の挑戦したいことは、富士山に登りたいんですけど。小学校4年生のときに、一回、登ったことがあるんですけど、そのときに、骨折しちゃったんですよ。なんか、行きは、順調だったんですけど、結局、登り切れなくて、8.5合目ぐらいで、下山したんですよ』となり。

話が続き、『その帰り道に、お父さんと登ったんですけど。前にお父さんが歩いてて、すごい崖とかなんですよ、富士山って、ホントに。だから、最初、ゆっくり降りて、とととととなって、だーんと』に、周りのメンバーも笑い出していた。

市村愛里の『ここの指を折ってしまって、怖くなっちゃったので...』に、村上和叶から 『脚じゃないの』と聞かれ、『脚じゃないの、手なの.....』となり。骨折したという話で登山なため、脚や腕などを想像していたのだが、骨折した部分が、右手の指となるのも、ユニークさがある。

ユニット曲後のMCでは、5期生のSNSの話があり。市村愛里の『メールも、ハイサーイから始まってるでしょ』、長野雅の『ツイッターも、ハイサーイって』があり、川平聖の『沖縄の人っていう イメージしかないと思うから、そっから、プロ意識だよ』となるのだが。

『ハイサーイ』という言葉の響きも新鮮さがあり、沖縄の挨拶なのだが。小川紗奈から『楽屋で言ってるの聞いた事ない』があり、周りのメンバーからも聞いた事がないとなるのも面白く。沖縄の話となると、秋吉優花の『ハバチカス』も連想させる。

5期生による研究生公演なため、先輩も後輩もなく、独特な和気藹々とした雰囲気があり。これは、2期生のR24にも感じられることなのだが。同期ならではの通じ合うものもありそうで、気を遣わずに済むところに自由な陽気さも伝わってくる。

研究生公演では、MCの話などから、徐々にキャラクターが分かり始め、どのメンバーがまとめ役になるかが見えてくるなど変化があり。R24では、状況に応じて、どのメンバーも対応できそうで、個性が大きく出ているところに違いがあるのだが。

同期による 二つの公演が、同時に行われているところに面白さがあり。しかも、2期生が研究生の時に、行っていた公演が、この『脳内パラダイス』公演なため、どこか重ねて見てしまうところもあり、初々しい5期生の姿に懐かしさがある。

今回、工藤陽香、田中伊桜莉が休演していたのだが、先輩メンバーが入るようなことになると、どんんなことになるのかも興味があり。他の劇場公演と状況が違い、元気な5期生の中に飛び込むようなことになるため、想像できないところもある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(187) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1375.苦手なものも様々で、ホワイトデーの話も興味深く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。ファンの大きな声援に勢いが感じられ、MCもホワイトデーなど様々な話で盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『私の一番、苦手なもの』がテーマ。苦手なものというのも、お馴染みなものもあれば、初めて聞くような 意外なものもあるのだが。それぞれの苦手なものに、個性的なキャラも感じられる。

堺萌香のナスが苦手もあり。堺萌香の『今日のお弁当に、ナスが隠れてて。カボチャの天ぷらを食べようとして、ひょいと持ち上げたら、下にナスが眠ってて。カボチャの天ぷらのころもに、ナスの色がついてて、すごく、なんか、攻撃された気分になっちゃう』に笑いもあり。

苦手というよりも、攻撃された気分と表現するところに、ユニークさもあり、苦手とは違った感じも伝わってくるのだが。ナスの色は、なぜ、落ちやすいのかが気になり調べたところ、ナスの色素が水溶性で、水に溶けやすいためとあり。

ナスの皮から揚げれば、油でコーティングされ、色落ちが防げるという話もあるのだが。お弁当の場合、温かいまま詰めるため、湯気で色が出てしまうということだろうか。ナスといえば、紫色が定番で、黒っぽくもあり、他の野菜とも違った色の印象から、苦手に感じる人も多そうな。

ユニット曲後のMCでは、秋吉優花から前日の駒田京伽(ひろか)の話があり。秋吉優花の『私が、全然、財布を出さないから、会計のときに、払ったみたいなことを話してたけど。全然、そんなことなくて。印象操作なんです、あれは』に、客席からの低い声で 『えぇー』があり、これが思った以上に大きく。

石安伊の『これも、印象操作じゃない?』もあり、秋吉優花の『ブーイング、多くない?』に笑いも起こり。ユニット曲 『純愛のクレッシェンド』で歌詞が飛んでしまい、作詞してしまったとも話していたため、『さっきのユニットで、敵を増やしてしまった』となるのも面白く。

前半MCでは、上野遥からお返しの話があり。上野遥の『今日、ホワイトデーじゃないですか。私は、5期生の上島楓ちゃんという子から、個人的にバレンタインをくれたんですよ。お返しをしなければなと思って、やっぱり、お菓子かなとか、ものとかがいいかなとか思ってたんですけど.....今朝、ファンの方からのコメントで、なんか、お揃いのものとかにしたらっていう情報を得たんですよ』に、周りのメンバーからも『いい、いい』となり。

そこで、お揃いをインスタで調べたところ、カップルの写真しかなく、全く参考にならないに客席からの笑いもある。どんなものがあるかを探す際に、ヤフーなどの検索サイトを使うのではなく、インスタで検索するというところに、新しさも感じられる。

『今どきの子達は、何をおそろいにしてるのかなと思って』と上野遥が聞いたところ、今村麻莉愛から 『ケータイカバーとか』があり。上野遥の『遥、ピンクしか...』に、岩花詩乃の『趣味なすりつけてる』となり、笑いが起きていた。

前日には、月足天音からも、賢そうに見えて九九がという 上島楓の話もあり、この日は、上野遥からホワイトデーの話で、再び、上島楓の話なのだが。先輩メンバーとお揃いとなれば、関係も近くなりそうな話でもある。

感想のところでもホワイトデーの話があり。武田智加から『今日、ホワイトデーじゃないですか。こないだのバレンタインデーのときに、スタッフさんに、ちょっとしたお菓子を渡したら、今日、丁寧にお返しをくださってですね。しかも、普通のお菓子とかではなくて、サンリオの可愛らしい、ちょっと子供っぽい感じのくださったんですよ』に客席からの温かい笑いもあり。女の子だけに、かなり考えて用意したのも伝わってくるのだが。

この日、集合時間に起きてしまい、すごい遅刻をしたと武田智加が前半MCで話しており、熊沢世莉奈から 『それで、遅刻もね、許してくれたんじゃないかなと...』もあるのだが。この話からも、お返しするタイミングで怒れないというのもありそうで、バレンタインデーの良さも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1374.様々な話で盛り上がり、急な話も面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。声を揃えたファンの大きな声援もあり、MCも様々な話でバラエティに富んでおり、にぎやかさがある。

自己紹介とお題のところでは、『最近のニュース』がテーマ。話題の話や身近な出来事もあれば、気づいてしまったこと、起こってしまったことなどがあり、話の幅も広く。

荒巻美咲のところでは、マンモスの細胞核の話があり。荒巻美咲の『めっちゃ昔のマンモスの化石の細胞核が取り出されて、それが動いたらしくて、それが、すごい気になるんですけど...人間がたくさんいる時代に、マンモスが出て来たら、どうなるんだろう....』があり、可愛らしい話でもあるのだが。

運上弘菜からも 『みるんさんと全く同じで、マンモスの細胞の、核ですかね、何かが動いたっていう トレンドに入ったニュースなんですけど。それをおとついくらいに、ツイッターでいいねを押したら、ファンの人に、いいね欄が特殊過ぎるって、ツィートされてるのを見てしまって....』に笑いが起きていた。

マンモスの話は、様々なニュースサイトでも取り上げられているのだが。永久凍土で見つかったマンモスの脚から筋肉と骨髄の組織を取り、そこから細胞核を抽出。それをマウスの卵子に注入したところ、細胞核 43個中 5つで細胞分裂の直前にできる 紡錘体(ぼうすいたい)が見られ、その中の一つでは、新たに細胞核を作ろうとしているように見えたという話。

細胞分裂までは進まず、マンモスの細胞核は、その後、死滅しているのだが。約2万8千年も前のマンモスの化石から取り出した細胞核で、もし、遺伝情報に問題がなかったら、細胞分裂ができたかもしれないところに凄さも感じられる。冷凍保存の人間が蘇るという話も、そう無理なものではないのかもしれない。

一列目の二人からマンモスの話があり、次の駒田京伽(ひろか)で、どこまでおごると急に現実的な話になるのも、面白さがあり。以前、後輩の栗原紗英、小田彩加などにおごった話があったのだが、今回は、同じ2期生で年下にも、おごるのかという話になり。

駒田京伽の『秋吉優花ちゃんとご飯に行ったんですよ、私から、ご飯に行こうと誘ったんですけど、お会計のときに、私が年上なので払うべきか、でも、同期なので割り勘するべきかというのをすごく悩んだんですけど。いっこうに、財布を出す気配がなかったので...』に大きな笑いがあり、後ろの下野由貴も口を手でおおいながら大笑いしていた。

『私の番かなと思って、私から誘って、行こうと言ったので、出させるの申し訳ないなと思って、私が払ったんですけど....思ったより、確定申告で戻って来てなかったので....』に再び大きな笑いがあり。アイドルからの現実的な社会人感で、マンモスからの振り幅も凄く、急に引き戻されたような感じが面白く。

ユニット曲後のMCでは、神志那結衣のインスタの話があり。神志那結衣の『昨日のインスタに、おとといの夕方から昨日にかけて、お母さんとケンカしてて。めずらしく、ケンカをしちゃって、仲直りをしようと思って、言葉でごめんなさいというの恥ずかしいから、花束を買って』に、本村碧唯の『えぇー可愛い』、下野由貴の『逆に、そっちの方が恥ずかしくないの?』、田中菜津美の『確かに』となり。

『花束を買って、そこに、メッセージカードで、ごめんね 結衣よりって書いて、それを玄関に置いといて。勝手にお母さんが見て、結衣ちゃん、ごめんね、そんなこと言わなくていいのにっていうエピソードがあったんですけど』と話ながら、抱き合うような仕草があり。田中菜津美から 『いい家庭』、下野由貴の『めちゃめちゃ素敵』もある。

その花束をインスタに載せたとなり、神志那結衣の『なんか、めずらしく、あれ、このメンバーがいいねしてくれてるっていう人がいて。見たら、南央ちゃんだったんですよ。南央ちゃん、花好きだなと思って.....』に笑いがあり、田中菜津美の『そういうことね』、下野由貴の『ちなみに、その花は、大丈夫ですよね?』に再び笑いがある。

花束にメッセージを添えてというところに、女性らしい発想も感じられ、優しさも伝わってくるのだが。そこから、以前、道に咲いていた花に水をあげた画像をSNSに掲載したところ、ケシの花だったため、警察から植木南央へ連絡が来たことがあり。いい話から、そこにつながるところも、ユニークさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(190) 
共通テーマ:日記・雑感

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  1373.学校の話が次々あり、名前で勝つも面白く [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームT2の『手をつなぎながら』公演。ファンの大きな声援や笑いがあり、MCも様々なメンバーの学校話が面白く、盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、『学生時代の思い出』がテーマなのだが。宿題やテストなど学校の話もあれば、学生の頃にやっていたことなどもあり、メンバーのユニークなキャラクターも感じられる。

月足天音の遅刻しそうだからという話も面白く。月足天音の『すごい朝が苦手で、毎日、遅刻しそうなくらい、朝が苦手なんですけど。それを予防のために、前日に、次の日の服とか、体操着を着て寝てたことです』があり。前日に着る服を用意するという話だろうかと聞いていたため、先に着て寝るところに奇抜さがあり、起きたらすぐ行けるとなるのも想像すると面白さがある。

荒巻美咲のケータイ話もあり。荒巻美咲から 『中学校って、だいたいケータイを持って行ってダメじゃないですか....誰かのケータイが鳴って、急遽、バックを検査するみたいになって。私、持ってきてないし、ケータイ自分のも持ってないくらいなのに、こっちの班の人が、美咲のこと疑ってて...めっちゃ悲しかったの覚えてるんですけど』となり、今なら強く言い返せるという話からも、心に残る嫌な思い出なのが伝わってくる。

次の石安伊のところでは、『ケータイが禁止で、でも、私は、持っていた方の側なので.....』となり、荒巻美咲が石安伊を見つつ『あぁ~』と声を上げ、松本日向の『悪い子!悪い子!』もあるのだが。

普段、テストの時は、ロッカーにケータイを置くところ、その日は、そのままカバンに入れたままとなり。テスト前にトイレで機内モードにし、電源も切ったとなるのだが。テスト用紙が配られ、黙想しているところで、ブーと音が聞こえたとなり。

自分のケータイではないと思いながらも気が気ではなく、足元のカバンを見たら震えているに、客席からの笑いもある。電源を切っているため鳴らないはずなのにという話から、荒巻美咲から 『足が震えてたんじゃなくて』とも言われていた。

ケータイを学校に持ってきてはいけないという話に、今どきな感じもあるのだが。見つかれば怒られるものでもあり、ケータイは音が鳴ったり、振動するため、密かに持ってきても不安が残るのも分かる。

後半MCでは、名前から入るという話が、かなり面白く。『学生時代の思い出』というお題について、栗原紗英がLINEで友達に聞いたところ、5つも考えてくれたとなり、その中の球技大会なのだが。球技大会は、男女で分かれ、女子は女子、男子は男子でやるとなり。

栗原紗英の『私達のクラス、2組だとしたら、2組女子みたいなくくりなんですけど。なんか、チーム名弱いねってなって。なんか、チーム名から、強くいきたいねって...私達のチーム名が、チーム 女豹だったんです』に、外園葉月の『こわいわ.....確かに、強そう』もあり、客席からの『フゥー』もある。栗原紗英のおっとりしたイメージからのチーム 女豹なため、真逆な感じで、ギャップも大きく。

『めっちゃ強そうやん、一組女子 vs チーム女豹』と話しながら、栗原紗英も笑い出しており、外園葉月の『もう勝っとる』となるのだが。『絶対、勝てるやんってなったんですけど、初戦敗退だったんですよ』に客席からの大きな笑いもある。

最後、栗原紗英から『全然そんなの、紗英、覚えてなかったんですけど。なんでかなと思ったら、紗英、球技が下手過ぎて、見学してたらしい。女豹の見学者...』に再び大きな笑いが起きていた。

司会を務める 小田彩加から『紗英さんの学生時代って、もう、モテそうですよね』があり。栗原紗英の『自慢になるから言いたくないんですけど、後輩にモテた。しかも、後輩の女子が、ホント、ホント、女子が、私が階段を通るとキャーみたいな....まぁ、二人なんですけど』に笑いもあり、小田彩加の『二人もいたら十分』、外園葉月の『5,6人いる感じやったよ』もあるのだが。

ここで、月足天音の『私は、学生時代、全然、モテなかったんですよ。だから、うらやましいな...』に、坂本愛玲菜の『だって、遅刻しそうやったんやろ』があり。これに、笑いながら月足天音の 『キンコンカンコーンって鳴るじゃないですか、それに滑り込みやってて...』に、栗原紗英からも『あ~モテんな』、外園葉月の『モテんやつやな』とも言われていた。

鐘の音の最後の余韻で間に合うという話に、伝わってくるリアルさもあるのだが。栗原紗英の『いるよね、そういう子』に、外園葉月の『おらんやろ、見た事ないんやけど』に大きな笑いがあり。栗原紗英から『ここにおるやん!』、月足天音の『絶対やってましたよね!』となり。

これに、『やってない、やってない、しっかり机の上に座っとった』と外園葉月が言い返したところ、荒巻美咲の『机の上に座っとった?』、坂本愛玲菜の『机の上に座っとったら、それは、いかん!怒られるやつや』もあり、周りのメンバーも大笑いしていた。

女性目線の学校の話だけに新鮮さもありつつ、面白い話が続き、メンバーの違った一面も感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(199) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -