So-net無料ブログ作成

思うところも多い 映画・ドラマ・バラエティ 1.警部補 矢部謙三2を観て、名探偵コナンの女の子版のようで新鮮さもあり、懐かしさもある [印象に残る 映画・ドラマ・バラエティ]

インターネット回線の訪問セールスを無事解約させ、父にノートPCを注文したと先日ブログに書いたのだが、そのパソコンが、この土日で届くか怪しくなり、それじゃ実家に帰っても意味がなく、ちょうど来週は3連休と、それに目がけて行くことになりそうだ。

突然、時間が空いたため、昨日、録画した番組を観る事に。7月5日からスタートした金曜ナイトドラマ 『警部補 矢部謙三2』(毎週金曜日 23:15から)なのだが、普段はほとんどドラマを観ないのだが、久しぶりにガリレオでドラマを観てから、なんだかいいなと思い。

このドラマ、仲間由紀恵、阿部寛などが出演するドラマ 『トリック』の最新シリーズ。トリック パート1が2000年に放送され、2000年といえば、HKT48 田島芽瑠が生まれた年、そう考えると、ずいぶん、時間が経ったものだ。続編として、パート2、パート3と続き、その後は、映画版があったくらい。

個人的には、パート1が一番面白かったかな。番組を知ったキッカケは、当時の彼女なのだが、これがかなり気に入っていて、DVDを買ったほど。何度、一緒に見せられたか分からない。何度も観ると感じるのだが、細かいネタ振りというか、伏線がいくつもあり、普通、1回通して観ると、ほとんど内容の全てが分かるが、観れば観るほど、その世界にはまるところがある。

トリックの方は、超常現象など怪しげな現象と殺人事件が組み合わされた話で、謎を解きつつ、笑えるところがあり、当時の事件を風刺するようなところも良かった。ちなみに、TORICK パート1は、DVD-BOXでは発売されておらず、DVD1枚あたり、2~3話が収録されている。

そんなシリーズに登場していた警部補 矢部謙三 (生瀬勝久)が主人公のドラマ。このドラマ自体も、シリーズ化しており、2作目になる。トリックシリーズの定番な流れがそのままで、トリックを1から観ていると登場人物も見慣れた人ばかり、さらに加わった出演者も顔を観れば分かる有名人ばかりで、キャストが豪華な印象。特徴的な音使いも、そのまま。

矢部謙三シリーズも含めて、トリックシリーズは、今さらながら、どこに面白さがあるかを考えてみると、メインの部分だけではなく、ちょっとしたシーンにもコダワリが感じられ、気が付かなければ気が付かずに流れるようなものだが、分かると面白いという感じ。ちょっとした謎かけがあり、クイズ番組のような楽しさもある。

今回は、畠山彩奈(11歳)が演じる警視総監の娘が登場するのだが、小さい女の子で小生意気、しかも、頭が切れて謎を解き明かすため、ここら辺が、名探偵コナンを個人的には彷彿とさせる。コナンのような恋愛要素は全くないのだが、矢部謙三のガラの悪さと、それを手玉に取る女の子という組み合わせが、面白い。

ただ、私の場合、トリックを1~3まで観ているため、キャラクターの個性がすでに頭の中に入っており、どういう笑いのタイプかも知っているため、すんなり面白いと感じるのかもしれない。

トリックを知らずに、初めて観ると面白いと感じるかどうかは分からないが、長く続いているだけに、ドラマのスタイルが確立されている安心感はあり、とにかく、コメディだけに間の抜けた展開ではあるのだが、作り自体は非常に細かい。

ま、この時間帯にやってるドラマだから、若者向けよりは、トリックシリーズを知る大人向けといったところだろうか。


 


nice!(181) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 181