So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  96.後藤泉の生誕祭、劇場公演、握手会、ぐぐたすを考えてみると [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

DMMで、後藤泉の生誕祭を終盤から観ていたのだが、歌っているときから、しきりに瞬きしており、泣きそうに見えた。普段の強気なキャラとは、雰囲気が違い、特別な日だけに、いろんなことを思い出したりしてるんじゃないだろうか。

過去にメンバーが誕生祭でやった事をくじで引き、2分以内にやるというのも、くじ運が良さそうで、メンバーが大急ぎで加わっての歌が何度かあり、バランスが良くて、盛り上がっていた。

アピールタイムは、結構、滑るメンバーもいるのだが、面白さがあったのだが、やはり、他のメンバーと比較してしまうところに、不安を感じるような話もあり。

目に見える部分だけが、全てではなく、握手会で考えても、熱心なファンで何枚も出す人もいれば、握手券があっても行かないファンもおり、行けないファンも、もちろん、いるはず。

握手会は、各県で行っているものでもないため、住んでいる地域の関係で、行きたくても行けないファンも、かなりいるんじゃないだろうか。CDの販売枚数分だけ、握手券があることを考えれば、握手会に来るファンは限られている。

劇場での声援でも、年齢が上なファンが多ければ、大きな声は出さないだろうし、ぐぐたすのコメント数も、ノリがいいタイプもいれば、短いコメントは得意じゃないと控えるタイプもいそうだ。

熱烈なファンの予備群のような、見えにくいファンの存在が分かれば、応援される方は、自信につながるに違いない。ただ、弱さに惹きつけられる部分もあり、今日の生誕祭は、違った一面が見れて、観ている方の意識が変わった気がする。昨日の若田部遥 誕生祭に続き、今日の後藤泉 誕生祭も印象に残るものだった。

ぐぐたすを観ていて感じるのが、平日では、朝、晩に投稿するメンバーが大半で、これは、本人が学校へ行ってるため、昼間は投稿できないのだが、この空白の時間帯に投稿できれば、新たな広がりがあるんじゃないかということ。

現在は、スマホやタブレット端末があり、無線で繋がるため、どこでも観れる。しかも、ぐぐたすの投稿だと、短時間で読めるため、意外と仕事の合間、学生なら授業後の休憩時間でも観れそうな気がする。

最近、WiMAXで場所を選ばず、気軽に使える タブレット端末で、DMMの劇場公演を観ているのだが、これが、なかなかいい。これまでの曲を聴いたり、ラジオを聴いたりとは違った良さがある。

曲を聴くとなると、CDやMP3に入れて聴くのが定番。それは、全く同じ曲を同じように聴くことになるのだが、劇場公演は、同じ演目で、同じ曲だが日々違う。それは、その都度、人が歌い踊っているからで、これが、考えてみると、なかなか贅沢。

話は変わって、『HaKaTa百貨店2号館 DVD-BOX』を手に入れ、毎日観ており、まもなく、全部観終わるところなのだが、やはり、面白い。


  

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(108) 

nice! 108

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。