So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  100.ちょうど1周年の研究生公演 立て続けのサプライズで今後が楽しみだ [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日のHKT48の劇場公演では、研究生公演が、ちょうど1周年。最近、生誕祭が続いていたこともあり、通常の公演に近いカタチかなと思っていたが、サプライズが次々、驚かそうとしたら、逆に驚かされたような展開に。

来月には、公演内容が大きく変わり、すでに決まっていた 『パジャマドライブ』に続き、これまでの『PARTYが始まるよ』も、11月17日から、『脳内パラダイス』に替わる。

劇場公演では、参加するメンバー数が16名と決まっており、記念すべき1周年公演に出られないメンバーもいるのだが、公演でアンコールの後、全研究生メンバー 24名が登場。

若田部遥のぐぐたすで、曲を聴きながら、誰が歌っているかを当てるという遊びをしているとあったのだが、私も近いかもしれないが、劇場公演の参加メンバーのリストを見ずに、公演が始まったところで、歌って踊る姿から誰が参加しているかを考えている。

これは、しようと思って始めたのではなく、自然にそうなっていた。おそらく、お気に入りのメンバーなどを探しているうちに、そうなったんじゃないだろうか。

そのため、アンコールでメンバーがザッと戻ってきたところで、始めに観ていないメンバーが登場し、見間違いかと思ったほど。全体の映像で、研究生が勢ぞろいなのが、すぐに分かったのだが、24人が揃うと、なかなかの迫力。

アンコールでの勢ぞろいは、メンバー内では分かっていただろうから、公演を観ている人へのサプライズになるのだが、しばらくして、今度は、劇場のスクリーンが下りてきて、そこで、公演が『脳内パラダイス』になるという発表。

アンコールでは、1周年ということで、始まった当時からの思い出が溢れていたんだと思うのだが、泣いているメンバーもおり、そこに、この発表でサプライズ返しになり、観ている方も驚いた。

今後の期待が、大きくなる流れで、一瞬、研究生からチームへの昇格かとも思ったのだが、公演内容が新しくなる方が、個人的には楽しみな話。

研究生ではあるのだが、それぞれが個性的なキャラで、フレッシュさもあり、リリースしたシングルのセンターもいるなど、トータルで見れば、チームHにも引けを取らない印象がある。公演も大きく変わり、今後が楽しみだ。


  

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(273) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 273