So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  283.アニメに強いメンバーが揃い ピーピング・ライフとコラボ、子供は幽霊が見えるのか [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日、放送された 『HKT48のおでかけ』を観ていたのだが、『福岡発の脱力系CGアニメ ピーピング・ライフとHKT48が夢のコラボ!』という新企画なのだが、今回のメンバーは、岡本尚子、熊沢­世莉奈、駒田京伽(ひろか)、山田麻莉奈など、アニメ好きでは知られたメンバーが特に揃っている。

山田麻莉奈は、声優で観るアニメが決まるという話もあり、大好きな声優 小倉唯が声を当てている作品は全部観ており、新しいアニメ番組が始まる前に、前作のアニメを見直すなど、余念がない。声優が好きということで、技術的なところにも興味があるのだろうか、声があり絵が後にくる プレスコの話もするなど詳しいところも伺える。

コラボ作品では、通常、1対1が基本のピーピング・ライフだけに、ヒロインをメンバーから決めることに。そこで、さりげなく、好きな言葉を言ってもらい、『うっぷん』という言葉の響きが好きという 冨吉明日香が選ばれたのだが。

ここで、『昇龍拳』と言った 駒田京伽が、やりたかったと泣き出してしまい、本気さが感じられるのだが、思わぬ展開に。ところが、この流れが、いい感じで、スタジオの格闘ゲームとコラボしたいという話につながり、盛り上がっていた。

駒田京伽の話としては、ニコニコ動画が大好きで、ストリートファイター2からの『昇龍拳』、パソコンも使うとなると、今どきの若者っぽさが感じられるのだが、どちらかというと、ネットな感じが、女子よりも、男子に近い印象もあり。ここは譲れないというところのポイントが、他のメンバーとも違っていそうな雰囲気もある。

この企画、来週に続くというものではなさそうで、CGアニメには時間もかかるということだろうか。番組でも、DVD1枚分のCGアニメに、8カ月はかかるというから、簡単な話ではなさそうで。アニメ好きでも、好きな作品の話で盛り上がるという感じでもなかったため、出にくそうだが、そんな中でも、山田麻莉奈がおでかけセンターでリードしており、本領を発揮していた。

4月27日に放送された 『HKTバラエティ48』も観ていたのだが、こちらも、面白い企画で、HKT48の3rdシングル 『桜、みんなで食べた』の振付を各メンバーが考え、誰が一番かを決めるというもの。

穴井千尋、森保まどか、熊沢世莉奈、坂口理子、岡田栞奈、矢吹奈子が、個性や特徴を活かしたものや、ギャップがあったりとバラエティに富んでおり、坂口理子のセクシーな動きでは、お尻の1/3が見えていると盛り上がっていたのだが。

ここで、矢吹奈子が、振付というよりも、走り回って遊ぶという子供らしい感じで、ステージから裏に入り、また出てきたところ、『幽霊を見た』と言いだし、メンバーが騒然となる場面もあり、人生で、2回目という話なのだが。番組の趣旨とは違った方向に、突然なったところに、幽霊を見たという話にリアル感がある。

赤ちゃんなどは、普通に見えるが大人になると見えなくなるという話もあり、小さな女の子だけに、見えたりもするのだろうか。これは、生まれたばかりの赤ちゃんは、視力が低く、30cm以上離れるとハッキリ見えないことから、目が泳ぎ、そんな風に言われるんじゃないだろうか。

ただ、小さい子供が、幽霊を見たという話と、それにまつわるエピソードでは、奇妙なものもあり。幽霊がいないと断言できない以上、いるかもしれないし、いないかもしれない。個人的には、日常生活に邪魔にならない程度なら、いてもいいかなとは思うのだが。

この番組では、駒田京伽と冨吉明日香の宮崎弁コントがあり、これが、結構、面白い。博多弁は、劇場公演などでよく耳にするのだが、宮崎弁の掛け合いが新鮮で、しかも、雰囲気も変わり、妙なテンポが面白く。U字工事を連想させるのだが、地域が違い、独特な地元感がある。

この番組の最後には、田中菜津美と秋吉優花の『STAP細胞』でボケるというのも、みかんつながりな二人なのだが、秋吉優花の狙っているような違和感を感じさせないボケに、慣れたようにツッコミを入れる 田中菜津美というのも、テンポが良く、相性が良さそうだ。


nice!(184) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 184

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。