So-net無料ブログ作成

PS4 異世界でリアル感が凄い ファークライ4 1.武器も豊富で、あらゆる乗り物を勝手に乗り回し、レンジャーな感じのワイルドさもあり、過激ながら遊べる要素も多い [PS4 異世界での自由さが凄い ファークライ4]

fc01.jpg

PS4 『ファークライ4』をプレイして、感じたことなのだが。このゲーム、先月末に発売され、FARCRY シリーズの4作目。このシリーズで、プレイするのは、今回が初めて。

ファークライ3から意識はしていたのだが、映像を見る限り、当時、好んでプレイしていたアドベンチャーな アンチャーテッド シリーズよりも過激で、暗そうなイメージがあり、避けていた。

今回、プレイしたところ、アンチャーテッド シリーズとは全く違う。アンチャーテッドは、基本的には一本道で、自由に動き回るという感覚はなく、限られた環境でミッションをクリアするというものだった。ところが、この『ファークライ4』は、オープンワールドで自由に動き回り、ミッションがあれば、そのエリアで任務を果たすというもの。



ヒマラヤの秘境が舞台になっているのだが、チベットやネパールを感じさせる雰囲気の中で、住民が生活しており、主人公もそこを拠点に活動し、住む場所もある。戦いつつ、帰る場所もあるというのが、いいところ。

このゲームは、オープンワールドで、広大なエリアを自由に動き回ることができるのだが。秘境ということで、大自然な環境で、イノシシ、ヒョウ、シカ、クマなど多彩な野生動物がおり、それらを捕まえ、材料にすることで様々なカスタマイズを行い、植物を採取しては、特殊効果の薬を作り、身体的な能力アップで戦闘に役立てる。

内戦状態で、王立軍と反乱軍の戦闘が絶えないため、例えば、ブタを狙い、低い姿勢で近づき、ライフルを構え狙いを定めているところに、散発的な銃撃戦が始まり、獲物を逃すようなこともよくあり。何が起こるか分からないところに、全体が動いている感覚もある。



面白さとしては、武器が豊富で、片手武器の『サイドアーム』、両手で扱う『武器』があり、この二つは、キャンペーン進行中に敵から奪うなどし、解放したベルタワーの数で利用できるようになる。もう一つの『シグネチャー』は、強力な武器ながら、購入条件があり。それぞれのカテゴリーで、武器が豊富にあり、しかも、その武器もカスタマイズできる。

これとは別に、手りゅう弾もあれば、投げナイフ、火炎瓶、そして、肉もある。肉は、獣からナイフで切って手に入れるのだが、これを投げると、周りにいる動物、クマやヒョウなどが集まり、敵に襲いかかる。

広大なマップになると、その分、開放感はあるが、移動距離も長くなる。このゲームでは、移動に使える乗り物も多く、四輪バイク、セダン、トラック、バギーなどいろいろあり、空なら ジャイロコプターやグライダー、海や湖では、ボート、ホバークラフトなどもあり、高いところから滑り降りるロープウェイのようなものもある。

この他にも、乗り物はいろいろあるのだが、車内では、陽気なラジオが日本語で流れ、指導者への皮肉が込められた内容。壊れた車も、修理することもでき、乗り物の面白さから、広大なマップでの移動も苦にならない。



このゲームの凄いところは、乗り物も含めて、あるものは、何でも利用できること。しかも、乗り物に乗りながら、武器を使うこともでき、敵の拠点に、派手に乗り込むこともできる。

この他、これは違うと感じるのが、怪我の描写。どのゲームにも共通するのが、敵に対しては、派手なアクションで、ダメージの大きさが見た目で分かりやすいのだが、プレイヤー側のダメージは控え目。

それが、この『ファークライ4』では、プレイヤー側の怪我も、痛そうでリアル感がある。爆発で飛んできた破片が手を貫通し、腕に銃弾がめり込んでいたり、火炎瓶の炎が腕に燃え移ったり、突き指のようなものだろうか、変なカタチに指が曲がったりもする。

そんな怪我を治す際には、刺さったものは引き抜き、火は払いのけ、指を引っ張る。これが、音もあり、妙にリアルで痛い。プレイヤー側が、こんな感じで痛そうなのは、他にないんじゃないだろうか。


 


nice!(157) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 157