So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  541.メンバー同士の話も面白く、一人MCでは違った印象もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『最終ベルが鳴る』公演。最近は、『パジャマドライブ』公演が多く、久しぶりに観た感覚もあり、この感じも良さそうで。

自己紹介とお題のところでは、『もし、過去に戻れるなら、やり直したいこと』がお題なのだが。駒田京伽 (ひろか)の話は、自分が過去でやり直したいというよりは、相手がという感じもありそうで。

先日、公演後に、田中優香から 『お疲れ様、愛してるよ』とチョコを貰い、その日は食べ忘れ、翌日に食べようと思ったら、山下エミリーに食べられ、『私のだと思って』と言い訳する 山下エミリーに、『あほちんたんですよ』ともあり。『あほちんたん』というのが、聞いたことがなく、妙な響きが耳に残る。

神志那結衣のプロフィール写真では、3回、撮影しており、3回とも、前日に父とケンカして、目が腫れたり、インフルエンザで目が腫れ、その都度、『おかまと言われ』とオチがあるところが面白く。以前、『HKT48のおでかけ』で、ニューハーフの人達から、言われていたことを思い出すところもあり。

ユニット曲 『20人姉妹の歌』後のMCでは、5分ほど、田中菜津美の一人MCがあり。読書好きな おばあちゃんや下着、マネージャーな話なのだが、お客さんからも笑いが起きていた。ステージに一人で立ち、他のメンバーのリアクションもなく、話に加わることもなく、この中で、しゃべり続けるというのは凄く。

他のメンバーがいると、毒のあるしゃべりもあるのだが、一人で話していると、トークのスタイルが違い、語り掛けるところに可愛らしさや愛嬌も感じられる。最近、劇場公演では、メンバーが1分間トークすることもあり、もしかすると、こんな感じなのかもしれない。

公演後のトークでは、田中菜津美と若田部遥が登場し、『明治座、早く帰って来て』と締めくくっており。残るメンバーで、劇場公演の出演スケジュールが、大変そうなのだが。その分、普段のメンバーの組む合わせとも大きく変わりそうで、これはこれで、面白くなりそうな。

昨日、放送された 『HaKaTa百貨店 3号館』も観ていたのだが、ゲストは、お笑いコンビ よゐこ 有野晋哉。興味深いのが、『気になる男子へのアプローチ』なのだが、ゲーム、アニメ、漫画、特撮、アイドルなどのマニアとして知られるだけに、お題の難しさもありそうで。

相手との距離感、好きかどうかを測って欲しいという話なのだが、指原莉乃を男子役に、ほとんどのメンバーが、好きと言わせようするストレートな感じなのだが、その中で、矢吹奈子は、ジャンケンの罰ゲームで下の名前を呼ばせ、その様子から好意があるかどうかを見るとあり、中1の小さい女の子なのだが、賢さも感じられる。

『HaKaTa百貨店 ANNEX』では、『HaKaTa百貨店のプロデューサーなら、誰を売り出す』というお題に、矢吹奈子が大好きという、上野遥と駒田京伽を挙げており。上野遥は、ピンクのままで前面にという話なのだが、駒田京伽になると、好きさが強そうで、考えられない感じに、強い気持ちも感じられる。

『HKTバラエティ48』で、駒田京伽と『宮崎と宮崎』という人気コーナーを一緒にやっている 冨吉明日香が出演しており、『すごい変わってる子』と言われ、ホテルの部屋も暗くしているという田島芽瑠の話もあり。典型的な引きこもり体質な話なのだが、このギャップがユニークなのだが。

このメンバー同士のトークのテンションに落ち着きがあり、真面目な雰囲気。劇場公演で、笑って話している感じとも違い、リアルさがある。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(282) 

nice! 282

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。