So-net無料ブログ作成

短時間で意外と面白い ガンダムジオラマフロント 2.今度はオープンβテストで登録で誰でも参加、思い返してみるとコツは防壁と輸送機だろうか [遊べる無料ゲーム ガンダムジオラマフロント]

3月24日から、基本プレイ無料のPCオンラインゲーム 『ガンダムジオラマフロント』のオープンβテストが始まり、今度は、23日の午後4時までにユーザー登録すれば、誰でも参加できる。



前回のクローズドβテストでは、予想外に面白かったため、楽しみでもあるのだが。今、思い返してみると、攻守のポイントは、見過ごしがちな『防壁』と『輸送機』だろうか。

このゲームでは、基地を作るのだが、攻撃されて、心臓部のフロントコアが3分間破壊されなければ、負けにはならない。このフロントコアを守るために、様々な防衛施設を配置するのだが、時間稼ぎでは、『防壁』が一番。

防壁は、敵が侵入できないようにブロックするためのもので、これを破壊するのは時間がかかり、レベルを上げればかなり強固なものになる。その間、迫撃砲などで攻撃すれば、敵の兵力も落ち、攻撃の手を緩めることにもなる。

ボーナスステージなどでは、先に進むと防壁を張り巡らしたものが多く見られ、これで囲まれたものには、かなり手こずった。防壁を段階的に強化すれば、個数が決められた防壁でも、かなり強固な守りになりそうだ。

しかも、他の施設のレベルアップには、時間がかかっていたが、防壁だけは、待ち時間が無く。資源はかかるものの、やる気になれば、すぐにでも防壁を強化できた。

前回は、施設がレベルアップするのは、よくあるだけに、当然のように行っていたが、防壁までレベルアップできることには気づかず、ようやく、手を付けたのが、大分、先に進んでからだった。クローズドβテストでは、4,5回、基地が落とされており、防壁を強化していれば、持ちこたえられたかもしれない。

もう一つが、輸送機。これが違うと、攻撃する際に、出撃するエース機や量産機の数が違う。1回の攻撃で、エース機が1機から2機になり、量産機が3から4になれば、攻撃力は、かなり違う。

最初は、ミデア輸送機なのだが、これが、ホワイトベースになると、出せる量産機が1つ増え、援護射撃もできるようになり、さらに、母艦 プトレマイオスまで行けば、エース機が2、量産機が4にもなる。

この話は、クローズドβテストたから感じたものなため、もしかすると、オープンβテストでは違いがあるかもしれない。ただ、それほど時間が経っていないことからも、大きな変化はなさそうな気はするのだが。


nice!(81) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 81