So-net無料ブログ作成

ハッキングで多彩な面白さがある ウォッチドッグス 1.ハッキングによる潜入もスリルがあり、やり方も様々で自由さがあり [PS4 ウォッチドッグス 斬新な潜入の面白さ]

watchdogs01.jpg

バブル景気で沸いた日本を舞台に暴れまわる 『PS4 龍が如く0』以来、しばらく、PS4で遊んでいなかったため、面白そうなものはないかと手に取ったのが、『PS4 ウォッチドッグス コンプリートエディション』。

これは、今年、6月25日に発売され、これまでにリリースされた有料コンテンツを含むコンプリード版。もともとのタイトルは、2014年に発売されたのだが、シリーズモノではない新規タイトルでは、その年、世界で最も売れた大ヒット作という話。

このゲーム、ネットワークに侵入するハッキングに、大きな特徴があり、昨年、発売された当時は、どんなゲームなのかというイメージが掴めず、面倒そうにも感じられ、面白くなさそうに見えたのだが、実際にプレイすると、人気が分かる面白さがある。



どこら辺が面白いかというと、反社会的な犯罪者な感覚が刺激的でもあり、ハッキングによる侵入の斬新さもありつつ、様々なゲームの面白さも詰まっており、シカゴを舞台にしたオープンワールドも雰囲気もあり、自由に遊べる良さがある。

犯罪者な感覚と言っても、犯罪を助長するようなものかというと、そうとも言えないところがあり。確かに悪さもするものの、物語の流れとしては、復習やさらわれた妹を助けるため。

アメリカのシカゴが舞台なのだが、高層ビルが建ち並ぶ大都会もあれば、郊外には、のどかな風景もあり、その他にも、さびれた街並みも非常にリアルに再現されている。晴れや雨などの天候の変化もあり、時間の変化もある。



先に進まないと乗れない乗り物もあるのだが、ほとんどの乗り物に乗ることができ、微妙な違いも凄い。普通のセダンやワゴン車もれば、スピードがでる高級車、大きなトラックなど様々あり、しかも、新品なのか、まもなく廃車というような古い車なのかの違いもある。それらが、ちゃんと走りも違い、いい車のキレのある走りもあれば、今にも壊れそうな、動きも鈍く、エンジン音もカラカラしり、こだわりがある。

しかも、乗れるものは、ほとんど何でも乗れるため、バイクもあれば、モーターボートもあり、電車などにも乗ることができる。

路上に駐車しているものの他に、仲間に連絡して、車を用意させたり、信号待ちなどで停車している車からドライバーを引きずり降ろし、盗むこともできる。ただ、露骨に盗んで乗ると、警察に通報される。

警察に追われると、手加減がないため、強烈なカーチェイスになる。パトカーで追いかけられるだけではなく、警告の後に発砲され、路上には、タイヤをパンクさせるスパイクベルトを広げ、待ち構えていたりと散々な目にも遭う。

主人公は、ハッキングにより、信号や上げ下げする橋、破裂させることで道路に穴ができたり、交通網に手を加えることもできれば、路上を歩く人のケータイにアクセスしたり、ハッキングの幅も広い。

街を行き交う人々のケータイから口座番号を盗むことで、ATMからお金を勝手に引き出すのだが。そのお金で、武器、道具、衣類などを買ったり、他にも、ソフトドリンクやお酒など、使い道もいろいろある。

口座番号も簡単に盗めるということでもなく、エリアにより、盗めたり盗めなかったり。基本的にセキュリティがかかっているため、それを管理するセンターにハッキングを仕掛け、解除する必要がある。

口座番号の他に、通話を盗聴して、会話を聞いたり、チャットを盗み見たり、その人の経歴を調べるなど様々な情報も手に入る。それが、外見上のリアルな人の動きだけではなく、それぞれの事情も感じられるため、より人間味も感じられ、社会の中にいる臨場感もある。

情報を集めることで、これから犯罪を犯しそうな相手というのも分かり、犯行を起こしたところで、それを叩きのめせば、住人の反応も違ってくる。住人が好意的になれば、流れるニュースなどでも擁護する話になり、姿が見られてもスマホで撮影されるなど人気者な状態になり、通報される可能性も低くなる。逆に、住人を巻き込むなど悪さばかりだと、評判が悪くなり、見掛けると通報されて、手ごわい警察がやってくる。評価の良し悪しで、やり易さの違いもある。

ハッキングでは、セキュリティの解除や情報収集のために、大がかりな施設に仕掛けることもあり。防犯カメラから侵入し、それを伝って、施設の奥にたどり着き、セキュリティを突破して、サーバーにアクセスする。このときに、パズルゲームのような部分があり、それをクリアすることで、目的の情報にたどり着く。

施設は、武装した集団が守っており、ハッキングだけでも済むこともあれば、銃撃戦になったりすることも多く。この武器での戦闘というのも、非常に良くできている。ハッキングなしで、あちらこちらにトラップを仕掛け、ライフルで狙撃しつつ、敵を全滅させて、奥に進むということも、もちろん、できる。

主人公には、様々な仲間もおり、渋い雰囲気に大人な感じもあるのだが。妹を人質に取られた主人公が、利用されつつも、出し抜いてやろうとするところもあり、物語としての展開の面白さもある。

このゲームのメーカーも、ユービーアイ ソフト。特にメーカーを意識している訳でもないのだが、最近でも、『アサシンクリード ユニティ』、『ザ・クルー』、『ファークライ4』と、ここのゲームを選ぶことが多い。

『アサシンクリード ユニティ』は、フランス革命時代での暗殺劇で、密かに潜入してターゲットを倒すというところに醍醐味があり、武器や防具などの装備品の細かさも凄く。『ザ・クルー』は、全米を再現し、走り回るというもので、カスタマイズも細かく。『ファークライ4』は、東南アジアの雰囲気で、反乱軍と共に戦いつつ、ワイルドなサバイバル感もある。

『ウォッチドッグス』も含め、どの作品も共通して言えるのは、それぞれに違った特徴がありつつも、オープンワールドで動き回れる世界が広く、リアル感もあり、自由に遊べる細かさと幅の広さがあることだろうか。自由度が高いということは、それだけ、遊び方も様々で、長く遊べるという話にもなる。

2014年の新規タイトルとしては、『ウォッチドッグス』は大ヒットなのだが。ユービーアイ ソフトのお馴染みの良さのようなものも感じられる。


     



nice!(292) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 292

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。