So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  747.イベントの話が多く、仲の良さにもいろいろあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演を観ていたのだが、チームHの『最終ベルが鳴る』公演。5年目、最初の公演で、にぎやかさがあり、前日まで行われていた イベントの話で盛り上がっていた。

自己紹介とお題のところでは、 『箱推宮 4生会』の話。駒田京伽 (ひろか)のところでは、冨吉明日香との『宮崎と宮崎』の公開収録の話があり。これは、『HKTバラエティー48』の人気コーナーで、1年8ヵ月も続いていることに驚きもある。公開収録では、HKT48劇場の定員 300人を超える 400人が集まり、人気ぶりが伺えるのだが。宮崎から仕事が一つも来ないというところに、客席からも笑いがあり。

飲食ブースなど販売のところでの話がいくつかあり。メンバーが売り始めると、どんどん数が出るという話なのだが、綿あめを売っていた 井上由莉耶 (ゆりや)の明らかに食べそうにない人が買ってくれるという話もあり。これは、食べる食べないの問題でもないのかもしれない。

このイベント中、田島芽瑠と手をつないでいたという 梅本泉の話も乙女心が感じられる良さがあり。HKT48クッキングみたいなものに、田島芽瑠の付き添いで梅本泉も出たというのだが、田島芽瑠が手をつないできたため、『....いつも通りだなと思って』と梅本泉もつないだようで。

すると、宇井真白が、『いつも握ってるの?素晴らしいね』という話に、雲行きも怪しく。この二人、入った当時からの仲で、岡本尚子との『ましぽんず』もある。手をつないできたところで、抵抗するのも面倒という話なのだが、これだと、よく手をつないでいるという話になりそうだ。

周りのファンから、『手をつないでるじゃん』、『今日も熱いね』と言われ、いつも言われるなと聞いていた梅本泉に、田島芽瑠から、『言われる、言われる』となり、梅本泉から手をつないだことになっていたという話。すると、これを話している梅本泉に、田島芽瑠の『いじわる、もう』もあり。

この話、乙女心も感じられ、手をつないで欲しいけど、つなごうとしないからということになるのだが。手をつないでいるところで、カタチとしては整っており。こうなると、どちらが先でも、あまり変わらないような。

梅本泉と田島芽瑠は、『HKT48のおでかけ』でも、水族館デートがあり、この仲のいい感じは、お馴染みでもあるのだが。梅本泉のポジションが、いつもと違い、目の合うところも違うと盛り上がると、『こっちが真剣にやってるのに、気になる』という松岡菜摘なのだが。こちらも、キャプテン 穴井千尋との話が面白く。

ユニット曲 『おしべとめしべと夜の蝶々』では、穴井千尋が責める方で、それを松岡菜摘が受けるという役柄なのだが。曲の最後、抱き締めて終わるところで、松岡菜摘が、曲中とは逆に、『俺んとこ来ないか? 』と穴井千尋にささやいたところ、『行く行く』と明るく言われ、意外と軽いという話に。

この『俺んとこ来ないか? 』は、氣志團の曲 『ONE NIGHT CARNIVAL』から。イベントのカラオケもあり、この部分の台詞を言いたいがために、『ONE NIGHT CARNIVAL』を入れ、台詞の後は、田島芽瑠に歌ってもらったというから、どれほど好きかも感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(232) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 232

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。